余市、小樽散策

木金と雪が降ったので、土日は自転車に乗るのを諦めた。
そうだ余市に行こう。
P3268272.jpg

午前10時頃、開店直後の柿崎商店、何時もは人が並んでるが、流石にこの時間は並ばずに入れた。
P3268275.jpg

海鮮丼(1270円)
P3268280 (2)
リーズナブルさでは定評がある店なので、海鮮丼も可也お得な内容だ。
ネタも新鮮で味が良い。
数量限定らしいので、巡りあったら食べる第一候補にするといい。

一緒に頼んだあんこう汁(480円)
P3268281.jpg
どんぶりになみなみとした量。
あんこうが思ったよりも入ってなかったけど、値段を考えると文句付ける所はない。
P3268284 (2)

P3268294 (2)
マッサンブームも終わって、観光客は落ち着いてた。
何年か前は入れた建物が幾つか、耐震上の理由で入れなくなっており、見学出来る所が減ってた。
お目当ては有料試飲場で、午前中だが飲む。
余市蒸留所でしか飲めない、シングルカスク10年(15ml/1000円)。
P3268297.jpg
グラスに注いだだけで、こちらまで香りが伝わってくる程、香り高い。
加水しておらず、味はストロング、だがリンゴのような甘味も感じられる良いバランス。
10年の熟成で仕上がっており、値段以上の素晴らしいウイスキー。

シングルカスク10年が素晴らしかったので、シングルカスク5年(15ml/500円)も頂いた。
P3268298.jpg
こちらはハッキリと荒々しい。
まだ熟成が足りない。
しかし10年と同じで香り高く、名酒の片鱗を見せてる。

有料試飲場での最後は、シングルモルト2000's(15ml/400円)
P3268299.jpg
シングルカスクが一つの樽の中の原酒だけを瓶詰した物に対して、シングルモルトは余市蒸留所で作られた、2000~2009年の原酒を混ぜた物。
シングルカスクは個性がハッキリ出るので、当たりはずれもハッキリしてるが、シングルモルトは蒸留所の味の平均値になる。
最後に飲んだこれは、先に飲んだ2つが素晴らしすぎて、平凡に感じてしまった。
また、何年前にあった竹鶴25年はもう無く、その他の十何年物というウイスキーも無くなったり、販売終了で、ストック分だけという状態になっていた。
マッサン景気で、蒸留所に蓄えてた原酒をすべて製品にして、売ってしまったのだそうだ。
ただ同時に増産もしたので、最近やっと使える新しい原酒が出来てきているという話だ。
有料試飲場を出た後にレストランをみたら、限定シングルモルト余市3種+シングルカフェグレーン+おつまみ(2000円)というのを見つけたらので、また飲む。
P3268302.jpg
これらはノンエイジ(熟成年数の表記が無い、大体は若いお酒)で、瓶詰して売ってる物だ。
一瓶6000~7000円ぐらいで売ってるだけあって、味はどれも良い。
このような形で飲めるので、個性の違いも楽しめる。

普段酒を飲まないので、この辺で酔っぱらってきてるが、目の前に無料試飲場があったので、そのまま更に飲む(笑)。
P3268303.jpg
以前は事実上飲み放題だったが、何時の間にかしっかり管理するようになって、各お酒一杯ずつしか飲めなくなってた。
既によっぱらってるし、ここまでに飲んでる酒が良い物ばかりなので、別に美味しくも感じず(失礼だな俺(^^;)、益々酔っぱらっただけだった。
もう一回柿崎商店で飯を食べたいなと思ってたが、ここまで酔っぱらってると食欲がない。
そうだ小樽に行こう。
P3268305 (2)
一時間に一本ぐらいしか電車が無いから大分待って、その間酔い覚ましになった。

昼過ぎに小樽到着。
ブラタモリにも出てきた海岸段丘。
P3268314 (2)

酔いが醒めてきてお腹が減ってきたので寿司を食べる事にした。
P3268309.jpg

雪にぎり(2700円)
P3268311.jpg
美味しい。
小樽で何度か寿司を食べてるが、当たりはずれがあって、札幌で食べるのに比べて美味しいと思った事はないが、この店は評価する。

小樽に来たからにはスイーツも食べないと、という事で、ルタオ パトスで、フローズン・スモア・パフェ(1080円)。
P3268317.jpg
北海道で1000円越えるスイーツはすごく高価な部類だが、そういうメニューしかないのに、何年もやっていけるのは、それなりの物を出してるからだ。
小樽に来たら一度入ってみる価値のある店だ。

そして朝から食べて飲んで酔いも醒めて暗くなる前に家に帰った。

パームレストを購入したり作ったり

少し前にパームレストを自作という記事を書いたが、その後そのままなんとなく使っていた。
ある日札幌TSUKUMOに行ったら、A-JAZZ ウッドパームレスト ラバーウッドが、セールで1814円だったので、衝動買い。
P3208255.jpg 
使ってみると非常に使い心地が良い。
表面が塗装されてるので滑りが良く、ちょっとヒンヤリする感触が好みに合ってる。
手のひらが当たる部分の角度と奥行も丁度良い。
P3208256.jpg 
なるほど製品は良く出来てる。

こちらは自作1号
P3208260.jpg 
表面のサンディングが甘かったので、A-JAZZのパームレストと交換した時に、ヤスリ掛けと塗装をやり直してリペアした。
リペア後にもう一度使ってみたが、素材が桐ゆえに密度が低く、手触りが暖かい。
塗装に使ったアサヒペンのナチュラルウッドが塗膜が出来ないタイプなので、表面が木質そのままのざらざらした感触で好みに合わない。
横からみるとこう、
P3208261.jpg 
手のひらが当たる部分はもっと削って斜めにすべきだったし、奥行が根本的に足りてない。

という事で自作1号のリペア時に一緒に作った自作2号
P3218268.jpg 
ダイソーで売ってた400×90×12mmの木材で作った。
側面から見るとこう、
P3218269.jpg 
ゴム足を付ける事で斜めにした。
裏から、
P3218270.jpg 
こちらの方が自作1号よりも使い心地が良かった。
形状的には良いが、やはり暖かくてざらざらした手触りが好みじゃない。
もっと密度の高い木で作るか、ウレタンクリアを塗ればいけそうだが、A-JAZZのパームレスト買った方が安いし早い。
という訳で自作は諦めて、別のPC用に、札幌TSUKUMOでA-JAZZのパームレストをもう一つ購入した。
そしたらこれが捩じれてる不良品。
平たい所に置くと、1cm位片縁が浮く。
実は最初に買った物も少し捩じれてて、右前が2mmぐらい浮いてたが、この程度は木だから仕方ないと、ゴム足を一か所貼らないで、ガタが出ないように調整して使ってた。
追加購入分はどうにもならないので返品した。
こんなに捩じれた物が出来る理由は、木材を良く乾燥させずに加工してるからではないだろうか。
つまり手抜きしてるからではないだろうか。
とはいえ値段が手頃だし、最初に買った物は気に入って今も使ってるので、店頭で実物を確認して買えるなら、買ってもよい品物だと思う。
通販で買うのはまったくお勧めしない。

返品後に、別なパームレストを使ってみたくなったので、ネットで検索を掛けたが、評判の良いFILCOのパームレストは、タモ材の割には高価なので食指が動かない、アクリル製や大理石製は形状が気に入らない、柔らかい素材の物は全部感触が好みでは無いだろうと、決め手に欠ける。
Aliexpressでも何度か検索したが、製品がヒットしないので、こういう物を欲しがるのは日本人だけなのかな?と思ってたが、ある日綴りが違うせいで引っかからなかった事が判明(^^;
それでやっと、ウェンジ、アフリカンパドック(カリン)、ウォールナット、Verawood(リグナムバイタ)等の、銘木使用のパームレストを見つけた。
価格的に日本で同じ大きさの木材を買うのに少し上乗せした程度だし、購入者のFeedbackも良いので購入。

Verawoodのパームレスト($37.32)
P3208251.jpg 
横から、
P3208252.jpg 
Verawood(リグナムバイタ)は、世界で一番重い木材で比重が1.28ある。
この製品は実測重量555g。
因みにA-JAZZの実測重量は334g、自作1号は108g、自作2号は119g。
自作品は体積が少ないので、その分割り引いて比較して欲しい。
ともかくVerawoodは重く、密度が高く、表面がすべすべしてる。
無塗装だと思うのだが、塗装した物のような手触りだ。
(↓表面の比較)
P3208267.jpg
手触りが良いし、木目はきれいだし、香木なので良い香りがするし、捩じれもまったく無い。
文句の付けようの無い品物で、メインPCのキーボード用パームレストに決定した。

因みにVerawoodは切り出した直後は色が赤っぽいが、経年で緑がかるらしい。
緑檀という名前で呼ばれる事もあるようだ。

ロードに乗りました

この3連休ずっと晴れて、さらに今日は風も無くなって、どう考えても自転車に乗る日だろうという事で、ロードを復活させた。
P3208247.jpg 
因みに去年は3月27日が初乗り、2015年は3月22日が初乗り、2014年は4月13日。
今までで一番雪解けが早い。
今日の最高気温は7度、陽も出てるので、気温以上に暖かいポカポカ陽気。
車道に雪はまったくなく、気持ちよく恵庭に到着した。

久しぶりにロードに乗った感想、
・軽い!
・ハンドル遠い
・ブレーキ効かない
15kg弱のファットバイクと、7kgちょっとのロードバイクの差は凄まじく(重量以外にも色々な要因があるけど)、同じ乗り物とは思えない軽さ。
恵庭まで25kmあるのに、まったく疲れる事なく到着してしまった。
ファットバイクで25km走ると結構しんどい。
舗装路ではロードが一番だと再確認出来たが、ブレーキだけはファットバイクのディスクブレーキに負けてると感じた。
同じ感覚でレバーを引いた時の制動距離が2倍くらい長い。
ロードでもディスクブレーキは意味があるなと感じた。
今日走ってみて、次期ロードバイクの構想が固まった。
フロントシングルでディスクブレーキロードだ。
フロントシングルは出来ればシマノがパーツを出してくれるまで待ちたいな。
ディスクブレーキ化はフレーム交換が必要だから、今のフレームであと2万5千km走ってからの導入になるかな?

恵庭で昼飯、恵岳房。
P3208239.jpg 
辛いラーメンで検索掛けたら出てきた店。

旨唐味噌らーめん(750円)とちゃーマヨ(50円×2)
P3208242.jpg 
らーめんはキムチ風の辛さで、見た目程は辛くない。
ちゃーマヨは一個50円は安い。
頼まなかったが、ミニチャーハンも150円と安かった。
ラーメンの味は値段なりで際立った所は無いが、地元の人が結構来てるみたいだし、程よいリーズナブルさが良いのだろう。

飯を食べた後は、恵庭温泉ラ・フォーレ(入湯料400円)
P3208246.jpg 
恵庭でまだ入ってなかった温泉。
泉質はモール泉で少し塩味がする。
露天風呂と小さな内風呂だけが温泉。
湧出量に対して無理をしてないので、濾過で薄まってないので、茶色の濃いお湯に入れる。
入湯料もレストランも値段が安いので、地元向けにお勧めの温泉だ。
普段使いにはこの位が良い。

温泉から出た後は、ジジでアイスクリーム。
P3208250.jpg 
上からティラミス、レアチーズケーキ、ヘーゼルナッツ。
ここはコッテリ系のアイスクリームは本当に美味しい。

そして日がまだあるうちに帰宅。
大体60kmぐらいの走行だったが、冬にファットバイクに乗ってたお陰で、足がたれずに走れた。
例年なら初乗りは大体帰り道でたれる。
これからがオンシーズンだ。

madVR 0.91.7のテスト

今回は、新しく追加されたNGUスケーリングを中心にテスト。

記事中で略称を使用する事があります。
アルゴリズム名等の略表記:
Lanczos → Lz
anti-ringing → AR
Anti-Alias → AA
luma doubling = → d=
luma quadrupling = → q=

まずは、chromaのテスト。
image upscalingはLz3+ARに固定。
(以下の画像は別タブで開いて切り替えて見ると違いが判り易いです)
NGU AA,low
NGU AA,low 

NGU AA,medium
NGU AA,medium 

NGU AA,high
NGU AA,high 

NGU AA,very high
NGU AA,very high 

NGU Sharp,low
NGU Sharp,low 

NGU Sharp,medium
NGU Sharp,medium 

NGU Sharp,high
NGU Sharp,high 

NGU Sharp,very high
NGU Sharp,very high 

NNEDI3 16neurons
NNEDI3 32neurons 

NNEDI3 32neurons
NNEDI3 32neurons 

NNEDI3 64neurons
NNEDI3 64neurons 

NNEDI3 128neurons
NNEDI3 128neurons 


次は、image upscalingのimage doublingのテスト。
chroma upscalingは、NNEDI3 32neuronsに固定。

image upscalingの、
algorithm quality:は、
luma quadruplling:disable
chroma:normal

activate doubling / quadrupling...は、
...only if scaling factor is 2.0x(or bigger)
...only if scaling factor is 4.0x(or bigger)

if any (more) scaling needs to be done:は、
upscaling algo:Laczos3 AR
downscaling algo:let madVR decide(※縮小処理が起きないので無関係)
に固定。

NGU AA,low
NGU AA,low 

NGU AA,medium
NGU AA,medium 

NGU AA,high
NGU AA,high 

NGU AA,very high
NGU AA,very high 

NGU Sharp,low
NGU Sharp,low 

NGU Sharp,medium
NGU Sharp,medium 

NGU Sharp,high
NGU Sharp,high 

NGU Sharp,very high
NGU Sharp,very high 

NNEDI3 16neurons
NNEDI3 16neurons 

NNEDI3 32neurons
NNEDI3 32neurons 

NNEDI3 64neurons
NNEDI3 64neurons 

NNEDI3 128neurons
NNEDI3 128neurons 


処理負荷的には、NGU high ≒ NNEDI3 32neuronsになるので、負荷を揃えて追試した。
上の画像は4倍変換を無効にしていたが、こちらは4倍変換有効。
NGU AA d=high q=high
NGU AA d=high q=high 

NGU Sharp double again -> high (d=high q=highと同等)
NGU Sharp d=high q=again 

NGU Sharp direct quadruple -> high
NGU Sharp d=high q=direct 

NNEDI3 d=32 q=32
NNEDI3 d=32 q=32 


まずNGU Sharpだが、リンギングが強すぎる。
それに追試の画像で顕著だが、輪郭がクッキリしすぎて、違和感のある画になる。
ただupscaling refinementで輪郭強調してる人は、NGU Sharpを使う事でアップスケーリングと輪郭強調を同時に行えるので、負荷低減になる。
direct quadrupleは、double againよりも負荷が少ないので、NGU AAにも付けて欲しい。

NGU AAとNNEDI3だが、NGUに軍配が上がる。
幾つか実写動画で確認してみた時は、NGU AAはNNEDI3よりもクッキリしてるが、情報量が少ないという評価になったが、情報量が少なく感じるのは、NGUの方がムラが少ないからのようだ。
リンギングも無いのでchroma upscalingにも使える。
ただしqualityを下げた時の画質低下は大きい。
なので出来れば、NGU AAのqualityはhigh以上で使いたい。
実際に、NGU AA mediumとNNEDI3 16neuronsのchromaの画像だと、どちらが良いとも言えない感じになる。
これはNGU AAのqualityを下げた時の画質の低下が大きいのと、アルゴリズムの向き不向きが重なった結果だろう。
image doublingはNGU AA low以上が使える時はNGU AAで良いが、chroma upscalingはNGU AA lowぐらいまでしか使えない時は、別なアルゴリズムと比較して決めた方が良いだろう。

ふとみ銘泉万葉の湯に行ってきたけどデジカメとスマホのカメラ画質の話

目を治したので久しぶりに遠出しよう、行き忘れてたふとみ銘仙万葉の湯にレッツゴー。
P3128227.jpg
家から20kmぐらいでファットバイクで行くには丁度良い距離。
ここの所の陽気で道は7割がた露出していた。
舗装路を走るとこの自転車の漕ぎが重いのが良く判る。
体感でロードバイクの倍くらい重い。
その代わり雪が残ってる所だろうと、アスファルトの上だろうと、漕ぎの感覚に差があまりない。
この安定感がファットバイクの魅力だけど、舗装路はやっぱりロードに敵う物は無いな、羽根が生えたような走行感は何物にも代え難い。

到着。
P3128232.jpg 

結構人気のある温泉みたいだ。
IMG_20170312_110247.jpg 
今回ネットでクーポンを見つけて、1ドリンク付きで1250円の入館料だった。
ドリンクはアルコールも選べたので、結構お得感がある。
そして感謝祭というのをやってて、ビンゴゲームをやったらおつまみを貰ったので、安上がりで気分良くなれた(笑)。
温泉はモール泉だが塩素入りなので、あまりお勧め出来ないが、施設が一日中居られる作りなので、そういう目的で来るならいい所だ。

夕方までくつろいで日が暮れる1時間前に出た。
温泉ではあんまり食べなかったので、帰り道の途中にあるROYCEに立ち寄る事にした。
P3128233.jpg 
全部で811円だったか、ここのピロシキとBLTサンドはお勧め。
正直温泉の高くてあんまり味に期待出来無さそうな食べ物よりも、こっちの方が10倍マシ。
そういえばクーポンの為にスマホを持ってきたし、デジカメも持ってきたので、撮り比べが出来るな、上がOlympus XZ-10で撮った物、下がZTE Blade V6で撮った物。
IMG_20170312_164353.jpg 
ZTE Blade V6で撮った物の方が明るくてコントラストもオーバー気味に撮れるので、明るさとコントラストが同じになるような調整だけした。
あと以前にホワイトバランスが赤と緑に寄ると書いたが、オートに戻したらほとんど色被りしなくなった。
オートだと色が薄いので以前に撮った時は手動で変更していたのだ。

BLTサンドをアップで(以下上がOlympus XZ-10、下がZTE Blade V6)、
P3128234.jpg 

IMG_20170312_164405.jpg 
ブログに上げる画像の大きさだと違いはあんまり判らないか、もっと高解像度にすると歴然と差があるのだが。

丁度良いので少し前にサイゼリアで撮った撮り比べも載せよう。
P3118217.jpg 

IMG_20170311_102835.jpg 

P3118221.jpg 

IMG_20170311_103626.jpg 

P3118222.jpg 

IMG_20170311_104303.jpg 
スマホで撮った画像の方が、のっぺりしてて立体感が無く、情報量も少ないのは判るが、もう一回り小さい画像にすれば違いが判らないかもしれない。
まあデジカメが売れなくなる理由は良く判る。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR