FC2ブログ

かばと製麵所ポタ

8/4 猛暑の一週間だったが、風邪を引いた(;^ω^)。
夜に窓を開けないと寝れない気温だったが、開けたせいで明け方涼しすぎて、風邪を引いたようだ。
で、それが治ってきた頃、天気も良いし少しは自転車に乗った方がストレスも無くなるので、かばと製麵所まで行ってくる事にした。
何時もは275号を使って行ってたのだが、雨竜沼湿原キャンプツーリングからの帰り道で、農道を通るルートを発見したので、今回はそれで行った。
IMG_20190804_110954.jpg

IMG_20190804_112852 (2)

IMG_20190804_113811.jpg
275号を通ると、歩道が無い新石狩大橋を渡らなければいけないのと、交通量が多くて舗装が悪い道路を走らないといけない。
こちらだと歩道のある石狩大橋を渡った後は、信号が無くて車も少ないルートを走れる。
距離も大して差が無い。
圧倒的にこちらの方がいい。
今後はこちらしか使わないだろう。

かばと製麵所は何時も通り並んでた。
IMG_20190804_114730.jpg

1時間15分後やっととろたまうどん2玉(640円)にありついた。
IMG_20190804_130525.jpg
天ぷらは最近高いから頼むのを止めた。
うどんを食べたら早速帰宅する事にする。
これ以上自転車で走るには体調に不安がある。
暑いので体力の消耗が激しく、熱中症になりかねない。
帰り道の途中で江別の蔦屋書店に寄って、スタバのダークモカチップフラペチーノ(Venti/626円)。
IMG_20190804_140648 (2)
冷たい物が美味しい。
一番大きいサイズにしたが、あっという間に飲み切った。
その後はまだ日が高いうちに家に帰って、シャワーを浴びて部屋の窓を全開にして、寝転がって涼んだ。

支笏湖ポタ

7/28 予想最高気温30度。
支笏湖線に入る前に道路の気温計を見たら、もう29度。
急に気温が上がったから流石に暑く感じる。
前回途中で諦めた支笏湖までヘビーな一日になりそうだ。
P7288100.jpg
と、思ってたら途中で漕げなくなった。
登り坂で漕ぐ気力が湧いてこないのでハンガーノックっぽい。
思い返してみると、昨晩は腹が減らなかったのであまり食べてない。
朝は抜いて来た。
途中のコンビニで惣菜パン2個で栄養補給は十分かと思ったが、暑くて汗が出る程なので、消耗が激しく持たなかった模様。
途中から登りでは押して歩いてなんとか辿り着いた。
支笏湖畔のポロピナイ園地。
P7288107.jpg

今日は暑いので水遊びに来た人達でいっぱいだ。
P7288108.jpg
ここでジュースを買って飲んで一休みして、少し気力が戻った。
湖畔の道路を走って支笏湖温泉に移動。
memere(メメール)で阿寒産鹿肉の噴火ハンバーグセット(1500円)。
P7288116.jpg
これで支笏湖を出るまでは持つだろう。
千歳川。
P7288120.jpg
支笏湖から流れ出す川だ。
緑色はチトセバイカモという藻による物らしい。
ここも涼む人達でいっぱいだった。

13:30頃支笏湖を後にする。
千歳側のサイクリングロードから降りたので楽だった。
まだ体の中のエネルギーが足りてない感じなので、もう一回昼飯を食べる事にした。
千歳の一休そばで丸なすの冷がけそば とろろ飯セット(1080円)。
P7288125.jpg

そして恵庭のミルティーロでミルティーロセット(700円)
P7288128 (2)
桃、プラム、ブルーベリーにしたけど、ここのフルーツ系のジェラートはやっぱり美味しい。
知ってる中では一番だ。
ジェラートを食べ終わってからセットのワッフルとアイスティーが来た。
P7288130.jpg
食べ過ぎか?と思ったが、家に帰ってからこれで丁度良いぐらいだと思った。
暑い時はその分沢山食べないとダメだ。

雨竜沼湿原キャンプツーリング2019 その4

4:40起床。
朝散歩。
P7218064.jpg

P7218066.jpg

道の駅。
P7218073.jpg
昨晩から車中泊してた車たち。
マナーが守られていれば、便利に使えて誰も困らない。

今回の旅で虫対策に試したアイテム、どこでもベープNo.1未来(680円ぐらい)。
P7218074 (2)
確かに虫が寄り付かなくなる感じがある。
顕著だったのは朝テントで目を覚ますと内幕の外側に虫が沢山留まってたのだが、これのスイッチを入れたら何時の間にか居なくなった。
また今回の旅行中ずっと携帯してたが、虫に刺された箇所は一箇所だけだった。
欠点は使用時間で、延べ120時間しか使用できない。
また薬剤は剥き出しなので、一度袋から出すとスイッチを入れなくても揮発していく。
結果ツーリングの度に新しい薬剤と交換する必要があり、ランニングコストは多少高めになる。
でもまあ嵩張らないのは利点だし許容範囲か。

テントを畳んで、6:15出発。
朝飯は途中のローソンで985円分。
P7218075.jpg

P7218079.jpg

9:30江別の蔦屋書店のスターバックスで一休み(330円)。
P7218084 (2)
ここまで45kmずっと向かい風で辛かった。
11:30家の近くまで来たが、丁度昼飯時なのでmari iidaで昆布つけ中華そば(950円)。
P7218089.jpg
美味しいけどちょっと汁がしょっぱい。
菜々兵衛がちょっと塩気が足りないのと対照的だ。
まあ美味しいラーメン屋が近くに二軒あるのは幸せな事だ。
これで今回の旅はお終い。

3日間の総経費:9757円
3日間の総走行距離:157.2km

雨竜沼湿原キャンプツーリング2019 その3

7月20日(土)
12:30ゲートパークを去る。
帰りはほとんど下りなので、未舗装路も難儀せずに進めた。
途中でタヌキに出会った。

P7208018.jpg

P7208019 (2)

昼飯、ザンギ定食(840円)
P7208023.jpg
ザンギがデカいのはいいが、ご飯が少なくないか?
雨竜はお米の産地なのに、そこケチったらダメだろう。
(味は美味しかった)

デザートにいちごおこげパフェ(680円)とコーヒー(200円)
P7208027.jpg

15時、そろそろ出発しようと思ったらスコール。
雨が止んでから275号を札幌に向けて出発。
P7208031 (2)

15:40またスコール。
P7208033 (2)
バス停でやり過ごす。

晴れた。
P7208034 (2)

P7208039 (2)

17時鶴沼公園キャンプ場に到着(フリーサイト600円)。
P7208041.jpg
275号沿いにあり、公園の隣に道の駅と温泉があるキャンプ場だ。
テントが随分と奥の方に偏ってると思ったら、奥の方が駐車場に近いのと、オートキャンプ場の立派な炊事場とトイレに近いので、みんなそちらに張るようだ。
P7208042.jpg
あと275号に近いと車の音が気になるので、離れた奥の方に張るというのもありそうだ。
諸所気にせず空いてる手前側にテント設営完了。
P7218063.jpg
実はこの時、この場所見た事あるなと思ってたのだが、帰ってから調べたら初野宿をした場所だった。
14年前は無料だった気がするが、単に管理棟が閉まった後だったので、お金を払わなければいけない事に気づかなかっただけかもしれない。

まだ明るいので周辺散歩、浦臼神社。
P7208043.jpg

境内を電車が走る神社。
P7208049 (2)

P7208052 (2)
この間テレビで見たけど、ここだったのか。

18時浦臼温泉(410円)。
循環濾過塩素殺菌で源泉は可也薄そう。
泉質はダメだが、公園を見下ろすロケーションとキャンプ場の傍という便利さで文句は無い。
19時温泉内のレストランでハッシュドビーフ(980円)。
P7208059.jpg

雨竜沼湿原キャンプツーリング2019 その2

7月20日(土)
6時雨竜沼湿原に向けて出発。
P7207910 (2)
まだ霧雨が降ってるが、多分昼になれば晴れてくるだろう。

エゾアジサイ。
P7207916.jpg

白竜の滝。
P7207917 (2)

渓谷第二吊橋。
P7207924.jpg

P7207925.jpg

7:30湿原に到着。
P7207947 (2)
木道が整備されてて一周4kmだそうだ。
霧が出てて見通しは悪いが、これはこれで幻想的な雰囲気で悪くない。

P7207951.jpg

P7207954.jpg

P7207955.jpg

P7207959 (2)

ヒオウギアヤメ。
P7207962.jpg

エゾカンゾウ。
P7207966.jpg

エゾノシモツケソウ。
P7207992.jpg

木道の折り返し地点まで来て、展望台も一応登ってみたが、霧で何も見えなかった。
展望台から戻って来た辺りから、霧が晴れて見通しが良くなって来た。
P7208000 (2)
霧有り無しの2パターン見れてラッキーじゃないか。
花盛りの湿原の中をゆっくり歩いて入口まで戻った。

P7208013 (2)

11時頃キャンプ場に戻る。
帰りは泥濘だらけで滑るので難儀した。
お陰で泥だらけだ。
P7208002 (2)
去年の秋登山した時もタイツが汚れたしロングゲイター買おうかな。
ツーリング中に一張羅のズボンが汚れると他に着る物が無くて難儀だ。

コーラ(170円)。
P7208016 (2)
美味い。
運動した後の冷たいコーラは何でこんなに美味いのだろう。

この日は長くなったので次回記事に続く
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR