中華自転車ライト購入

新しいロードバイク用のパーツを買いあさってる時に目についたのでついでに買ってみた(1823円)。
P9111102.jpg
実測重量114g、アダプター込みで140g。

Cateye VOLT400と並べてみた、
PA011403.jpg

PA011402.jpg

PA011404.jpg
ちょっとだけVOLT400よりも嵩張って重量もある。
性能の方だが、買った商品ページだと1200lm/3時間とか嘘が書いてるので、LED素子が違うだけで他は共通と思われる他製品の400lm/2時間半辺りが実性能と思われる。
バッテリーは2500mAhなので2時間半で割ると、1000mAh/h電流を流してる。
CREEXMLのページのData SeetだとT6で25度下で1000mAh流すと388lm。
因みに他製品で使われているXPGだと同条件で347lm(R5)、XPG2だと同条件で450lm(S4)。
他製品は商品ページによってXPGだったりXPG2だったりするが、製造時期によってどっちかが使われているという感じだろう。

何時ものようにガレージで投射してみた。
左から中華ライト、VOLT400、両方同時、
PA011391_3.jpg
(画像をクリックすると大きな画像が見れます)

ガレージ内で出来るだけ距離を取って投射した所、
PA011391_4.jpg
(画像をクリックすると大きな画像が見れます)

VOLT400はやはり照射角が広すぎる。
400lmあっても拡散し過ぎて薄暗くしか照らせない。
この傾向は外で使うとよりはっきりする。
その為自転車用には今一なライトだが、実はVOLT400は手持ちで使うと良いライトだったりする。
2~3m先を照らすと丁度良い範囲と明るさで照らしてくれる。

対して中華ライトだが、照射角は広くはないが、ホットスポットが広く、照射範囲内は明るく見やすい。
距離を取って投射した方で分かり易いが、VOLT400はホットスポットの周りが暗くて見ずらいが、中華ライトはそんな事はない。
地面にも明るい光が行ってるのもいい。
あと光の色が白に近いのもいい。

自転車用ライトとしては、新しく買った中華ライトの方がバランスが良いので、乗り換える事にした。
中華製品は壊れやすかったりバッテリーがダメになり易かったりとか信用出来ない面もあるが、この値段なら2年ぐらい使えれば十分だ。

豊平峡ポタ

そろそろ豊平峡ダムが紅葉する頃なので行ってきた。
新しいロードバイクで登りのテストをするのにも丁度いい。

定山渓に到着した所、
P9301330.jpg
定山渓は紅葉の時期になると札幌から来る人で賑わう。

Vergine Baccano
P9301332.jpg
石窯焼きのパンを売ってるパン屋さん。
今までも店の存在は知ってたが、パン屋さんだとは知らず、通り過ぎてた。
P9301333.jpg
ランチメニューでサンドイッチがあるのでそれを食べる事にした。

で支払いをした時に店員さんに「これは?」と言われたのがこれ、
P9301335.jpgP9301336.jpg
旧100円玉。
久しぶりに見た。
私が子供の頃でも偶に見る程度の物だったからなあ。

クロワッサン(180円)
P9301337 (2)
美味しい。
バターの風味を感じる、真面目に作ったクロワッサンだ。
多分原価高いはず。

石焼ローストラムサンドイッチ(コーヒー付きで1000円)
P9301338 (2)
これも美味しい。
ただしローストラムが簡単に食いちぎれるような硬さではなく、汚い食べ方をしないと駄目だった(^^;。
サンドイッチはちょっとお高めに感じる値段だが、パンの値段は普通なので、定山渓に来たらまた利用させて貰おう。
定山渓で美味しい店は貴重だ。

昼飯を食べた後は豊平峡に向かう。
ここの坂が急なので、ダンシングしたりして、新しいロードバイクの性能を試してみた。
座ったままペダルを漕ぐと良く進むフレームだけど、ダンシングではそれ程剛性を感じない。
BeOneは激坂でダンシングするとフレームの硬さを感じるけど、MC566は多分ハンドルとペダルの間で撓んでる。
撓む理由はシートチューブ周りを華奢に作ってるせいかな?
フレームの上側がしなるので、フレームの下側でしか捩じる力に抗う事が出来ない。
BeOneは何処も太いチューブだったから、ハンドルを抉るようにすると、フレーム全体で抗う。
MC566は座ってクルクル回す、現代的な乗り方をする人向けのフレームだ。

豊平峡ダムに到着。
P9301344.jpg

P9301348 (2)

P9301350.jpg

P9301355 (2) P9301356 (2) P9301357 (2) P9301359 (2)
本格的な紅葉は来週かな?
謎の祠
P9301362.jpg
水面から梯子が伸びてるという事は今でも大切にされているのだろう。

新しいロードバイクで走ってみた

P9241319.jpg
コースはトラブルの時の事を考えて、白石サイクリングロード。
走り出してすぐ、まあ軽い事。
しばらくファットバイクに乗ってたから感覚が違いすぎて戸惑う。
ダンシングするとフラフラして怖い。
BeOneと比べてもクイックなハンドリング。
ブレーキは妙に重い。
フライングスネークからClarksのZERO-Gに交換したが、このブレーキケーブルはあんまり良くないかも。
ギヤ変速の方も少し重いが、こちらは気になるほどではない。
あとリヤの調整が今一で素早く変速出来ないギヤがあった。
(この時はまだ前記事の変速調整の真っ最中だった)
でもこのぐらいなら今日の走行に支障がでるほどでは無いので、このまま先に進む。

白石サイクリングロードを走り切って、まだ全然走れるので三川まで足を延ばす事にした。
馬追辺りの景色、
P9241295.jpg

P9241299 (2)

P9241302 (3)

駐輪場に生えてた山葡萄。
P9241301 (2)

サラダ
P9241305 (2)
何時もは飛び切り美味しいが、今日は普通に美味しいぐらいかな。
毎日新鮮で超美味しい野菜が手に入る訳でもないだろうから、こういう時もあるだろう。
スープスパイス ポーク青山椒(セットで1450円)
P9241308.jpg
青山椒の辛味が効いてて和風というか不思議な風味、でも不味くは無い。
フライドポテト(330円)。
P9241310.jpg
マクドナルドのフライドポテトみたいなのを想像してたら小さなジャガイモを4つ割りしたフライドポテトだった。
これはこれで美味しい。

腹一杯食べたが、今日は天気が良いのでアイスも食べたい。
牛小屋のアイスでアイス2種類&ソフトクリーム(490円)。
P9241313 (2)
黄緑色の物は抹茶に見えるけど栗味。
茶色の物もチョコに見えるけど、アイスレモンティーみたいな味。
でもどちらも美味しかった。

帰り道。
P9241316.jpg

P9241314.jpg

まだ日が高いうちに帰宅。
さらっと80kmぐらい走った。
ロードはやっぱり速いし疲れないなあと思った。
新バイクの乗り心地だが、BeOneに比べると前輪からの振動が強いのが印象的だった。
BeOneは前輪からくる振動がマイルドで、後輪からくる振動が強かったが、MC566は前後から同じ強さの振動が来る。
MC566の方が前後のバランスが取れてるとも言えるが、もっとマイルドな方が嬉しいのも事実。
フレーム剛性は今回走ってみた感じでは十分にありそうだ。
踏んだ分だけ進む感じがあるし、撓んでる感じは無い。
ただし今回のコースは平坦で真っ直ぐ。
もっとシビアなコースを走ってみないと素性は出ない。
でも実は沖縄と違って札幌の周辺ってアップダウンが連続してコーナーも多いコースってない。
北海道中探しても多分無い。
そう考えるとレーシーなジオメトリのMC566は北海道向きでは無いかもしれない。

新しいロードバイク

まずはBeOne Raw Carbonの最後の状態。
P8160885.jpg
総走行距離:26112km
5万kmぐらいは使うつもりでいたのに半ばで壊してしまった
可哀想な事をした。

新しいロードバイクを買うに当たって最初に検討したのは、ディスクブレーキロード、しかしこれは以下2点で諦めた。
・ロード向けコンポーネントに丁度良いのが無い(新型アルテグラが良さげ)
・スルーアクスルが採用されてる場合、キャリアダボ穴が無いとキャリアを取り付ける方法が無い
まず、コンポーネントは入手性を考えるとシマノ一択。
新型デュラエースのディスクブレーキ向けコンポーネントは既に発売されているが、凄まじく高価、レバーだけで7万円ぐらいする。
じゃあ新型アルテのディスクブレーキ向けコンポーネントだけど、これが来年初頭ぐらいまで遅れそうという話。
現行品はまだ洗練されてなくて、レバーがでかくて重くて今一つ。
問題がこれだけなら、来年まで待って完成車買えばいいのだけど、もう1つのスルーアクスルでキャリアダボ穴が無いフレームに、リアキャリアを付ける方法が見つからなかった所で断念した。
ある程度以上の価格のカーボンフレームになると、キャリアダボ穴はまず無い。
クイックリリースだとホイールの付け外しの度に微妙にずれて、ディスクブレーキの調整が必要になるので、スルーアクスルはマスト。
しかしスルーアクスルに付けられるキャリアやアダプターが探しても無い。
何か手はないかと色々調べてみたが、現状ではディスクブレーキロードに乗るなら、普段用と旅用の2台持ちにするのが一番良い方法という結論に達した。
で、ファットバイクと合わせて3台持つ気にはなれないので、ディスクブレーキロードは諦めた。
スルーアクスルに付けられるリヤキャリアが何時か出るだろうから、その時に検討し直そう。
という訳で方針転換して、普通のロードフレームから探す事にした。
普通のロードなら今のコンポが移植出来るので、フレームだけ買えば良い。
そして、メーカー品の出物が無かったし、数年後にディスクブレーキロードに買い替える気満々なので、価格重視で中華カーボンフレームを買った。

MIRACLE MC566(+ヘッドパーツで送料込み67842円)
P9091036 (2)
MIRACLEは中華カーボンの会社の中ではHongfuDengfuと並んでユーザー評価の高い会社。
このフレームは2013年に発売されたHongfu FM066SLのコピー品か、もしかしたら同じ物という事だ。
(上の3つの会社は実は同じ会社ではないか?という噂がある)
因みにDengfuにもR01というそっくりさんがある。
会社の評判もフレームの評判も定まってる安全牌、各所の仕様がドノーマル(シートポストが27.2mm径、BBがBSA、ヘッドセットがインテグラルの1/8~1/2)、私に合うサイズがある、軽量、でこれにした。
謳い文句の東レのT1000だが、一般人には本当に使ってるか知る方法は無いが、今は中国でもT1000が輸入出来るので、使っててもおかしくない。
(因みに現在はT1100Gが輸出国規制のあるカーボンで、Aliexpressでこれを使ってる製品を見たら、嘘だと思って構わない。)

重量を測ってみた、
フレーム:934g(58サイズ)
フォーク:349g(未カット)
シートポスト:209g(27.2mm径×400mm、付属品、使わないので画像無し)
フレーム+フォークの重量はBeOne Raw Carbonと大して変わらない。
塗装すると何十グラムも重くなるので、それを考えるとBeOneは相当軽い。
安く買ったけど良いフレームだったなあと実感する。
ただしBeOneはBB30だったので、FSAの51gのBSAアダプターを突っ込んで使っていた。
ヘッドセットがセミインテグラルだったので金属カップの圧入が必要だった(その分重量増)。
あとシートポスト径が31.6mmだったのでシムを使っていた。
(シム分重くなってもボントレガXXXライトシートポストを使う方が軽かった)
この辺で実質100gぐらい軽くなるか。

MC566とBeOneの比較画像、
P9181238.jpg
MC566の方がリヤセンターが短く、全長も短い。
トップチューブがシートチューブに向けて細くなっている。
チェーンステーは上から見るとボリュームがある。

P9231269.jpgP9231269_1.jpg

P9231270.jpgP9231271.jpg
MC566のシートステーは可也薄っぺらい。
シートクランプはフレームの付属品。
31.6mm径で実測重量13g、ボルトをチタンに変えたので更に1~2g軽くなってる。
カーボン製で幅が広く固定力は今の所問題は無さそう。

P9231275.jpgP9231275_1.jpg
フロントディレイラーの所にある青いパーツはチェーンキャッチャー(1132円)。
シートチューブが角断面になって今まで使ってた物が使えなくなったので購入。
調整はBeOneに付けていたタイプの物の方がし易い。

P9231277.jpgP9231277_1.jpg

P9231279.jpgP9231280.jpg
ボトムブラケット部はMC566の方がボリュームがある。
しかしBeOneは軸受け部がBB30用の金属スリーブ+BSAアダプターで肉厚の金属で固めていた。
対してMC566の軸受け部はDi2のワイヤーを通す為に穴だらけだった。
実剛性はどちらが上か見た目だけでは判別出来ない。

P9231282.jpgP9231282_1.jpg
ヘッドチューブ部はBeOneの方がボリュームがある。
ケーブル受けがBeOneはカーボンで成形されていて、手が掛かっていて高コストな作りだ。
MC566は穴が開いてるだけで、樹脂製のブッシュをはめ込む作り。
ブッシュはブレーキケーブルをアウターごと通す用と内蔵部分はアウター無し用の2種類、ギヤケーブル用とDi2ケーブル用の2種類が付属する。

P9181247.jpg
フォークは単売もしている他機種と共通の物。
東レのT800を使用していて、オフセットは43mmとなっている。

MC566の造形からは明確な設計意図が感じ取れる。
まずトップチューブもダウンチューブもシートチューブもシートステーも平べったい形をしている。
これは縦剛性を下げて横剛性を上げる為だ。
ダンシングやコーナーリングやもがきで撓まないように、そして地面の凹凸からくる突き上げには撓むように、という考えだ。
シートチューブ上部の各チューブの接合箇所は華奢に作られている。
これはシートチューブをしならせる為だろう。
しなる事でサドルへの突き上げを減らす狙いだろう。
そしてボトムブラケット部はBSAの幅いっぱいにして、チェーンステーにボリュームを持たせる事で、駆動ロスを減らしている。
軽くて乗り心地が良い割に踏んだら進むという作りにした代わりに空力特性はバッサリ捨てた。
欲張ってないのは、価格からすれば妥当な選択だ。

組立、まずBeOneから移植する為のパーツを外していった所、ボトムブラケットがダメになっているのを発見した。
手で回してみるとゴリゴリする。
GW頃に確認した時はこうではなかったので、交通事故で壊れたのか、単に寿命なのかどちらかだ。
BB-R9100を購入(3150円)。
あとMC566はフロントディレイラーが直付け式なので、FD-7900-Fも購入(中古で2999円)。
ケーブル類は変速ケーブルが再利用出来なかったので、ブレーキケーブルも合わせて新品にする。
Clarks Zero-G ロードギアケーブルキット(1942円)とClarks Zero-G ロードブレーキケーブルキット(1942円)。
P9181251.jpg
ホイールはリヤが振れてたので振れ取りして、ついでに前後ハブ共グリースアップ。
そしてパーツを組付けていくのだが、変速の調整が難航している。
まずリヤディレイラーハンガーが最初から曲がっていた。
新品時から曲がってるのは良くある事なのか、この辺が中華なのか経験が少なくて分からないが、修正器具を持ってて良かった。
ついでにネジ穴が渋かったのでタップも立てた。
ディレイラーの調整ボルトを一番緩めた状態でもハイ側が1/4しかギヤ板の外側に行かなかったので、ワッシャー(内径10.5/外径18×1mm)を入れて調整範囲が取れるようにした。
P9241325.jpg
それでもイマイチ変速がスムーズにいかない箇所があるので、今の所テンションアジャストボルトを締めこんで様子を見ている。
次にフロントだが、アウター時にどう調整してもケージと接触する。
アウターのギヤ板のうねりが大きくて、一回転のうちにケージの外側と内側の両方に当たる。
新品のケージだとこういう物だったか既に記憶の彼方で覚えてない。
交通事故の時に何処かにぶつけて歪んだ可能性は否定出来ない(^^;。
まあ使ってくうちにケージが広がって擦らなくなるだろうと、深く考えずにこの状態で調整完了にした。
私の使ってるデュラエース7900は既に3万7千キロも使ってるので、ストックのチェーンを使い切ったら全交換するつもりなので、それまで使えれば十分。

完成
cycle20170924.jpg
アクセサリー無し、ペダル有りの重量は6.64kg。
普段走行時に付けてるアクセサリーとツール缶込みでの重量は7.03kg。
BeOneの時から大体予想通りに軽くなった。
因みに現在右レバーがST-5700でスプロケットがCS-6700なので、フルデュラにすると更に100gぐらい軽くなる。
また、最新のデュラエース9100シリーズにしても100gぐらい軽くなる。
7900から9100では、11速化によるギヤ板の追加とブレーキキャリパーにブースターが追加された事による重量増で、他のパーツの軽量化分が相殺されているので、ほとんど総重量に差が無い。
コンポーネントの重量はここ数年横ばい状態だ。

長くなったので走った感想は別の記事にします。

以下比較用の過去に乗ってた自転車の画像
cycle20111209_1_20170927225935b53.jpg

cycle20101104_20170927225933635.jpg

自転車用品を色々購入

新しいロードバイクを組む為と、駄目になった自転車用品の補充の為に色々購入した。

ヘルメット(4578円)
P8260942.jpg
自転車用ヘルメットは前の物もその前の物もAliexpressで中華ヘルメットを購入している。
今回の事故で実際に頭を守れる事が実証されたので、今回も同じように購入した。
なにせ安い。
ただし今まではGiroのロゴが入ったパチモノだったのでブログでちゃんと紹介しなかった。
Aliexpressは昔はパチモノばっかりだったが、取り締まりがきつくなって、最近はオリジナル製品ばかりになってきている。
このヘルメットはもしかしたら何処かのメーカーのコピー品かもしれないが、カラーリングとロゴがオリジナルなのでブログに載せる事にした。

シマノ SH-M089 (5475円)
P8300950 (2)
パールイズミのクエストが旅行中に2度底が剥がれたので、流石に買い替える事にしてネット検索掛けたら、これが安かったので購入した。
2016年に発売された限定カラーだそうだ。
しかしオレンジ色過ぎて売れなかったのだろう、投げ売り価格になっていた。
44サイズを選択して、ナロータイプだったが、横が少し狭いだけで履けた。
このくらいの狭さなら何か月か履いて伸びてくれば丁度良くなるだろう。
私は足の横幅が広く(Eタイプ)、自転車用シューズを買う時は何時も悩む。
それでふと思い立って手持ちのシューズのインソールのサイズを測ってみた。
・PearlIzumi Quest EU45:286x93mm
・Shimano SH-M089  EU44:282x92mm
・Northwave Arctic Celsius Arctic 2 GTX EU44:283x96mm
この中で横幅が新品時から狭く感じなかったのはノースウェーブのシューズだけだ。
ノースウェーブのシューズはEEタイプでシマノのナローはDタイプだそうだから、測定結果から推測するにEU44のEタイプだとインソールのサイズは282×94mmになりそうだ。
当たり前だけどきっちりサイズが決まってるのだな。
パールイズミのクエストは多分Cタイプか。
ノースウェーブやシマノのワイドタイプならEU43でも履けそうだ。
次に自転車用シューズを買う時の参考に書き残しておこう。
話を戻してSH-M089だが、実測重量757g(EU44)でパールイズミのクエストよりも29g軽い。
重量差の理由は、クエストは内側にコルクのインソールがあったが、SH-M089はアウトソール直という差だろう。
その分SH-M089の方が軽くてペダルとの距離が短くなって踏み心地がダイレクトになる。
ただしインソールがヘタって薄くなると底の形が伝わってきて不快になるかもしれない。
今の所は踏んだ力が逃げない割には歩き易くて良いシューズだ。
踵のホールドはパールイズミの靴の方があった。

Santicのレーパン2つ(左:2372円、右:3749円)
P9020952.jpg

P9020954.jpg
レーパンをここ1年で2つ破棄したので、ついでに買った。
Aliexpressからの購入だが、Amazonでも売ってる。
左はレビューでサイズチャート通りに買うと緩いと書いてあったのでXLにした。
右はサイズチャート通りにXLを買った。
因みにレーパンは日本サイズXL、EUサイズLを普段は買う。
そしてこれでサイズ的には丁度良かった。
右は今はちょっときついがこれくらいなら緩む。
パッドの比較、
P9020953.jpg
赤いパッドはSanticのオリジナル品、黄緑のパッドはイタリアの製品。
赤いパッドはお尻の所がやたら分厚いが、股の間は薄い。
アップライトで座る想定の作りなのだろう。
黄緑のパッドは均一に厚みがあり、ロードのように前傾姿勢で乗ってもクッションが効く。
生地を3種類ぐらい使い分けてて高級感があるし、ヘムグリッパがシリコンでは無く、伸びづらい生地で止める形なので被れなさそう。
価格差1.5倍でも右のレーパンがお勧めだ。
どちらも股上が浅めなのだけが惜しい点。

超軽量折り畳み傘(1980円)
P9071009 (2)
傘のみの実測重量102g、傘袋混みで104g。
親骨の長さは55cmで六本骨。
P9071010.jpg
親骨の長さ50cmで80g台というのもいくつかあったが、あまりにも小さくて実用に難がありそうなので、許容範囲の親骨55cmで六本骨にした。
ちなみに五本骨は六本骨よりも直径が小さくなるのでご注意を。
あと耐久性も当然下がるでしょう。
次の長期ツーリングの時に持っていく予定だ。

サドル(3103円)
P9081013.jpg
サドルも壊れたので新しいのが欲しかった。
ファットバイクに付けてるサドルを持ってくれば良いので急ぐ必要はなかったが、壊れたサドルと同じに見える物が安く売ってたので買ってみた。
同じものかな~と思ってたが、実測の重量が結構違う。
触った感じクッションが多い気がするので、この重量増は歓迎。
あとレールが7x9㎜ではなく、7x8mmぐらいの中途半端な形状だった。
隙間が出来るがボントレガーのシートポストに取り付けられたので、取り敢えず使ってみよう。
それで壊れても3000円なのでがっかりしない。

P9081014.jpg
ファットバイクに雪が無い時期でも乗る魅力がある事が分かったので、雪が無い時期は4インチタイヤ、雪がある時期は4.8インチと使い分ける事にした。
今年の冬履かせる予定だ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR