FC2ブログ

ファットバイクのクランクセット交換

ファットバイクのフレーム交換で大幅に軽くなった結果、フロント28Tだと重い方のギヤが足りなく感じるようになった。
まあ最初の状態で走った時から足りないとは思っていたのだが。
それが顕著になってきたが、生憎今付いてるFSA Comet megatoothは3アームで86mm BCDのFSA独自規格、しかもFSAも早々にこの規格を見捨ててて、ダイレクトマウントに移行してしまってるので、チェーンリング交換は可也難易度が高い。
いっそ今主流のダイレクトマウント方式のクランクに丸ごと取り換えた方が早いし、今後のパーツ入手性も期待出来る、ついでに軽量化もするか、という事でTruvativ STYLO Carbon DUB CranksetSRAM DUB Bottom Bracket購入(クランクセット+BB×2+補修パーツで40582円)。
PB155177.jpg
DUBというのはSRAMが今年初めに発表したスピンドル径28.99mmの新規格。
MTBは従来の24mm径のスピンドルから30mm径のスピンドルへ移行中にある状態だが、SRAMはそれに迎合せずに独自規格に進んだ。
SRAMはMTBで現在天下取ってるから独自規格を後出ししても失敗しないと踏んだのだろう。
本来新規格にはなかなか手を出さない性分なのだが、DUBは何故か最初からファットバイク用のクランクがラインナップされてて、ファットバイク用のクランクを次に多く出してるRace Faceよりも選べる状態で、購入価格も安く済むので、こっちにした。
実測重量は、
Truvativ STYLO Carbon dub Crankset 175mm,30T:570g
SRAM dub Bottom Bracket BSA100:85g
FSA Comet megatooth  175mm,28T:793g
FSA MegaExo 100mm BSA:102g
だったので、合計で895gが655gになって240g減だ。

取り付けはSRAMのサイトに各国語で書かれた取り付け説明書があるので、戸惑う事は無い。
ただしボトムブラケットはシマノのホローテックと見た目よく似てるが、径が違うので取り付け工具を新しく買う必要がある。
私はIce Toolz ボトムブラケットツール M097(2365円)を購入した(他にパークツールの製品等がある)。
PB155186.jpg
DUB用は46mm径で12ノッチだ。
これはBSA30やCinchと同じで、因みにシマノのホローテックは44mm径で16ノッチ、Dura-Ace、XTR用は39mm径で16ノッチ、Ultegra用は41mm径で16ノッチ。
他の注意点は、説明書にも書いてあるが、プリロード調整機が華奢なので締めすぎない事。
PB155193.jpg
プラスチックにイモネジがねじ込んであるだけなので、締めすぎると簡単に舐める。
多分一番ダメになりやすい部品なので、念の為補修パーツも同時購入しておいた。

交換完了。
PB155199.jpg

チェーンリングをアップで、
PB155201.jpg
刃先が複雑な形状をしている、従来のNarrow-Wideを進化させたX-Sync2とかいうテクノロジーだそうだ。
この形状によって、今まで以上にチェーンが外れづらいらしい。

上から見た所、
PB155196 (2)
確認してないけど多分Qファクターが数㎜狭くなって、チェーンラインも数㎜内側によってる。

ここまで大分パーツを交換したので重量を測ってみよう。
PB165214.jpg

PB165212.jpg
11.78kg。
新フレームで組んだ直後は12.31kgだったので0.53kg減だ。
個別の計算と大体合ってた。
ついに11kg台突入だ。

ファットバイクのブレーキ交換

今使ってるブレーキのTektro HDC-330には特に不満は無かったが、シマノのBL-M9000左右セットが15385円で売ってるのを見つけたので、軽量化の為交換する事にして購入。
PB105126.jpg

さらにBR-M9000BR-M8000をネットフリマで未使用品を購入(合計で9200円)。
PB135141.jpg PB105132.jpg
実測重量はBL-M9000が左右で124g、BR-M9000が81g、BR-M8000が101g。
この他にパッドのG02Aが15g、J02Aが20g、ブレーキホースセットのSM-BH90-SBMが前後セットで84gだった。
キャリパーを両グレード手に取ってみた感想としては、XTで十分だと思った。
20g減に価格差倍の価値は無い。
レバーはXTとXTRは機構が違うので、効き目を取るか軽さを取るかで選択肢が変わってくると思う。
レバーのXTとXTRは価格差も小さい。

組み付けは少し前に今のフレームにブレーキを移植してたので、やり方を覚えてるのでスムーズにいった。
あとAliexpressから購入した、複数メーカー対応のブリーディングキット(1248円)を使ってみたが、便利だった。
PB165210 (2)
オイルは50mlが2本、BL-M9000左右セットに付属していた(SM-BH90-SBMもセットに付属、単体×2の値段よりも高いのはこれらの為)。
実際には左右で1本で十分だった。
ブリーディングのコツを書くと、オイル1本分を全部漏斗に注いでやる事、ケチケチしない方が気泡が抜ける。
最終的には一定量しか減らないので、残りを再利用すればいい。
完了。
PB135157.jpg

ついでにシマノの上位グレードのブレーキは効くという話なので、フロントを180mmから160mmに変更してみた。
PB135156.jpg
これでローター重量が142gから102gになって40g減。
アダプターが無くなった分で31g減。
ただしこれは暫く走ってから180mmローターに戻すかもしれない。

少し残念な事があって、レバーのストロークがTektro HDC-330よりも長い。
PB135154.jpg
底付きする所まで握ると指が挟まる。
レバーが短いので、取り付け位置の調整で回避するようだ。
Tektro HDC-330はXTRの半分ぐらいのストロークだったが、こちらの方が好みに合ってた。
ストロークが短い為、ガッツンガッツン効くブレーキだったが、重たいファットバイクには合ってた。
対してXTRは握りに合わせてリニアに効く、コントロール性の高いブレーキだ。
最後まで握ると制動力は十分に高い。

外したTektro HDC-330だが、ホースにSM-BH59を使った方に少しのオイル漏れがあった(;^ω^)。
やっぱりホース外径が0.4mm細かった分密閉しきれてなかったようだ。
Tektro向けの外径5.4mmのホースを注文したので、これでやり直すつもりだ。
あと重量を測った所、チタンボルトに交換後で621gだった。
PB155207.jpg
ブレーキ交換でおおよそ230g減という所だ。

由仁町ポタ

暫くファットバイクに構っていたが、紅葉の最後の週(この日は11/4)と思われるので、久しぶりにロードバイクで走った。
PB045067.jpg

PB045075.jpg

PB045079.jpg

PB045084.jpg

PB045085.jpg

PB045089.jpg

PB045093.jpg

昼飯はおにぎりあぜっこ(画像全部で1739円)。
PB045102.jpg
おにぎりは大1個に小2個にしたが、小3個がちょうど良いみたいだ。
昔よりも食べられなくなったからそれに合わせて調整していこう(覚え書き)。

デザートは牛小屋のアイス(400円)。
PB045105.jpg
この日が今年の営業最終日だった。
アイスは相変わらず美味しい。

帰り道。
PB045108.jpg

PB045115.jpg

PB045117.jpg
この日は終日晴れて気温も17度まで上がり、季節外れの自転車日和だった。

新しくなったファットバイクの為に買った物

ファットバイクのフレームを変えたら、シートチューブ側のボトルケージにボトルが入らなくなった。
PA315003.jpg
MTB系のフレームはスローピングしてるので、よくある問題のようだ。
ボトルケージの位置をずらす方法を検索すると、シマノ SH-BA01を使う方法が引っ掛かるので、ネットフリマで購入(1200円)。
PA315004.jpg
実測重量はスチールプレートが7g、カバーが6g、ボルト4本が9g。
カバーは使わなくてもいいが、その場合は10mm長のボルトを8mm長に交換する必要が出てくる。
あと錆びやすくなるだろう。
ボルト4本は低頭の物が付いてるが、長さが同じなら通常のボルトに交換しても問題ない。
PA315009 (2)
手持ちのアルミボルトに交換して組みつけた所、カバーに穴が開いてて、低頭で無くても干渉しない。
ワッシャー付きは無理だろうけどね。
ボトルケージを付けた所、
PA315011 (2)
高さは5cm下がった。
重量は15g増になった。
ボトルはスムーズに出し入れ出来るようになった。
PA315012 (2)

新規購入ヘッドキャップ(676円)。
PB135143 (2)
実測重量8g。
今付けてるのはフレーム購入時に付属した物、
PB135145.jpg
実測重量17gだったので9g減になった。
重量よりも見た目が気に入らなかったので交換したが…、
PB135146.jpg
うーんいまいち合ってない(;^ω^)。
艶消しが白っぽく浮いてる。
暫く使うと馴染むかもしれないから、取り敢えず置いとく。

Aliexpressでシートポスト購入(3561円)
PB145158.jpg
φ31.6mmで実測重量158g。
今まで付けてた物は、フレーム交換時に外した時に実はこうなっていた。
PB145173.jpg
ヒビが入ってるみたいで、触ると凸型に変形していた。
カーボンの質と厚みが足りなくて、シートクランプの締め付けに負けてしまったのだ。
このシートポストはφ27.2mmで新しいフレームに付けるにはシムが必要だったし、このまま使い続けると折れるかもしれないので、早速新しいのを注文していた。
新しく届いたシートポストを底から見た所。
PB145160.jpg
薄い、実測2.3㎜厚。
400mm×φ31.6mmで158gのシートポストとなればこの厚さになるか。
商品説明だとカーボン繊維はT800になってるし、触ってみた感じも硬そうなので、取り敢えず使ってみる事にした。
取り付けた所。
PB145171.jpg
ボルトは元々チタンだったので交換せず。
櫓のボルト穴周辺が弱そうなのが気になる。
PB145161.jpg
どの位トルクを掛けられるか不明なので、段階的にトルクを上げて試さないと割れそうだ。
シートクランプの方は5Nmで締めた。
これが大丈夫じゃないと実使用に耐えないので、様子見だ。
重量は223g(シートポスト167g+シム56g)から158gで65g減になった。
ついでにシートクランプのボルトもチタン製に変更して、5gから3gになって2g減になった。

以上全部合わせて61g減になった。

野幌森林公園ライドリターンズ

野幌森林公園にまた行って来た(11月初旬の事)。
PB035024.jpg
野幌森林公園は一周すると未舗装路を15km以上走れる。
家の近くにこんな場所があるのは幸運な事だ。
そうでなければファットバイクを冬季以外は持て余してしまうだろう。
PB035030.jpg

PB035032.jpg

PB035034.jpg

PB035038.jpg

PB035040.jpg
長距離走ってみると軽量化した効果を感じられた。
疲れない。
以前に一周した時と比べて、まだまだ全然走れる気がする。
急坂でも、なんか軽いかな?と感じる事があった。
こう感じられただけ軽くした効果があったという物だ。

昼飯はステーキ宮でハンバーグとゲンカステーキのランチセットBig(1609円)。
PB035043.jpg
ステーキ宮は初めて入った。
昔こっちに住んでた時は多分この店はなかったが、帰ってきたらチェーン店をあちこちで見るようになってた。
味は普通、可も無し不可も無し。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR