ロードに乗りました

この3連休ずっと晴れて、さらに今日は風も無くなって、どう考えても自転車に乗る日だろうという事で、ロードを復活させた。
P3208247.jpg 
因みに去年は3月27日が初乗り、2015年は3月22日が初乗り、2014年は4月13日。
今までで一番雪解けが早い。
今日の最高気温は7度、陽も出てるので、気温以上に暖かいポカポカ陽気。
車道に雪はまったくなく、気持ちよく恵庭に到着した。

久しぶりにロードに乗った感想、
・軽い!
・ハンドル遠い
・ブレーキ効かない
15kg弱のファットバイクと、7kgちょっとのロードバイクの差は凄まじく(重量以外にも色々な要因があるけど)、同じ乗り物とは思えない軽さ。
恵庭まで25kmあるのに、まったく疲れる事なく到着してしまった。
ファットバイクで25km走ると結構しんどい。
舗装路ではロードが一番だと再確認出来たが、ブレーキだけはファットバイクのディスクブレーキに負けてると感じた。
同じ感覚でレバーを引いた時の制動距離が2倍くらい長い。
ロードでもディスクブレーキは意味があるなと感じた。
今日走ってみて、次期ロードバイクの構想が固まった。
フロントシングルでディスクブレーキロードだ。
フロントシングルは出来ればシマノがパーツを出してくれるまで待ちたいな。
ディスクブレーキ化はフレーム交換が必要だから、今のフレームであと2万5千km走ってからの導入になるかな?

恵庭で昼飯、恵岳房。
P3208239.jpg 
辛いラーメンで検索掛けたら出てきた店。

旨唐味噌らーめん(750円)とちゃーマヨ(50円×2)
P3208242.jpg 
らーめんはキムチ風の辛さで、見た目程は辛くない。
ちゃーマヨは一個50円は安い。
頼まなかったが、ミニチャーハンも150円と安かった。
ラーメンの味は値段なりで際立った所は無いが、地元の人が結構来てるみたいだし、程よいリーズナブルさが良いのだろう。

飯を食べた後は、恵庭温泉ラ・フォーレ(入湯料400円)
P3208246.jpg 
恵庭でまだ入ってなかった温泉。
泉質はモール泉で少し塩味がする。
露天風呂と小さな内風呂だけが温泉。
湧出量に対して無理をしてないので、濾過で薄まってないので、茶色の濃いお湯に入れる。
入湯料もレストランも値段が安いので、地元向けにお勧めの温泉だ。
普段使いにはこの位が良い。

温泉から出た後は、ジジでアイスクリーム。
P3208250.jpg 
上からティラミス、レアチーズケーキ、ヘーゼルナッツ。
ここはコッテリ系のアイスクリームは本当に美味しい。

そして日がまだあるうちに帰宅。
大体60kmぐらいの走行だったが、冬にファットバイクに乗ってたお陰で、足がたれずに走れた。
例年なら初乗りは大体帰り道でたれる。
これからがオンシーズンだ。

charge COOKER MAXI2 (2016)の感想

札幌の雪も解けてきて道路が見えるようになってきた。
charge COOKER MAXI2に一冬乗ったので感想を書こう。
P3058211_01.jpg 

良い所:
1:値段の割りに良いパーツ構成
私が購入した時期で購入価格の12万なら間違いなくお買い得だった。
日本での価格19万円でも、同じ価格帯の他のファットバイクと比較して付いてるパーツが良く、お買い得感があった(去年のモデルどうしでの話、後述)。
変速機にSRAM GXを付けてるのは、この価格帯ではcharge COOKER MAXI2だけ。
他メーカーだと一つ下のグレードのNXが付いてるのが普通だ。
またフロントシングルも、2016年度のファットバイクだと、この価格帯ではこれだけだった。
今MTB系のスタンダードがフロントシングルになりつつある。
リアが11速になったので、フロント変速は要らなくね?と考えるのは自然な事だが、実際には前変速機のケージが無いと、チェーンが外れるという問題があった。
それをSRAMがナローワイドという技術で克服した。
前変速機が無い事にどんなメリットがあるのか、この自転車に乗るまで理解してなかったが、右手だけで変速が出来て、今前変速は重い方か軽い方かとか、トリムがとか、そんな事を走行中に考える必要が無いのは、この上なく楽で操作性が良い。
本来変速機とはこうあるべきだ。
また壊れる部分が減るのはMTB系には大きなメリットだし、少し軽くなるというメリットもある。
フロントシングルがとても気に入ったので、ロードの次の変速機もフロントシングルにしたいと考えてる。
ツーリング志向の私にはその方が合ってる。

2:鉄フレーム
鉄フレームは細いので、太いタイヤとの対比になって、デザイン上の特徴になってる。
またコストダウンにも貢献してるだろう(=値段が安い理由)。
乗り心地はアルミやカーボンと違って、たわみがあって衝撃をいなす感じがある。
ファットバイクの性格にあった乗り心地で良い。
しかし流行はアルミフレームやカーボンフレームに移っている。
ファットバイクでも重量が軽いのが売りになるからだ。

3:4.8インチタイヤが入る
太いタイヤが入るのは、ファットバイクにとって、本質的なメリットだ。
エアボリュームが増えるので乗り心地を良く出来るし、空気圧をより下げればタイヤのグリップを上げる事が出来る。

4:BB幅が100mm
4インチタイヤを履かせてるファットバイクは大体BB幅100㎜で、4.8インチタイヤを履かせてるファットバイクのBB幅は大体120mm。
勿論幅がある方がペダル間の幅も増える。
私は背が高いから100mmは問題ないし、多分120mmでも問題ないだろう。
でも正直初めて乗った時は幅の広さに戸惑った。
ペダル間の距離は狭い方が良いに決まってるので、BB幅100mmで4.8インチタイヤを履かせられるのは良い所だ。

悪い所:
1:塗装が弱い
charge COOKER MAXI2を買った理由の一つはデザインだ。
しかしこの塗装が弱い。
P3058213_01.jpg 
ここ以外にもタイヤを外した時にQRを挟む所の塗装が剥げたし、ディスクブレーキ台座を調整した時にネジ止め部の塗装が割れた。
あと同じ色に塗装されたステムも何時の間にか点状に塗装剥がれが出来てた。
鉄に塗装してるのになんで?という程弱い。
しかし私の乗ってるロードバイクも塗装が弱いし、多分お買い得な自転車というのは、押しなべてこういう物なのだろう。
丈夫な塗装は金が掛かるから、コストダウンポイントなのだろう。
買って暫くしないと判らない事だから、評判にも反映されにくい。

2:タイヤが雪道向けでは無い
MAXXIS Mammothはオンロード向けのタイヤだと思う。
空気圧を0.8気圧ぐらいまで上げて乗ると、舗装路でよく進む。
しかし雪道で走るのなら別途タイヤの購入が必要だ。
ファットバイクのタイヤは高価なので、雪道で走る為に別途購入するなら、この自転車のコストパフォーマンスは微妙になる。
2017年モデルのKONA WOの方が何処も交換せずに、そのまま雪道で使える。

3:前後クイックリリース
MTBはスルーアクセル方式に移行しており、ファットバイクもそれに倣っている。
二年前ならファットバイクでQRの物がもっとあったらしいが、去年にはもう時代遅れになったようだ。
多分QRと、同じく流行遅れになった鉄フレームの2つの仕様が、この自転車が売れ残った理由だろう。

以上。
総評は私が買った時はお得なモデルだったが、2017年モデルが出揃った今ではお得感が減ってる。
今年のファットバイクのモデルは、スタンダードな仕様が固まってきたのに合わせて、去年モデルよりも全体的にお買い得感が増してる。
もし今の時期に私がcharge COOKER MAXI2を買うなら11万円じゃないと手を出さないだろう。
それよりもお金を出すならKONA WOの2017モデルを選ぶ。
そして実際の所charge COOKER MAXI2を既に持ってる今、自転車のグレードアップで何か買うなら、Canyon Dudeを選ぶ。
とまあなんかあんまり褒めてない感じになったが、実際は気に入ってるので一冬乗り続けた。
冬季の足としてよく役立ってくれたし、もっと良いバイクに買い替えても劇的に走り易くなるとも思えないので、多分来年もこれに乗る。
出したお金に対して納得の行く結果が出てるので満足している。

野幌森林公園ライド

P2058029 (2)
東西4km、南北6kmの大きな公園。
実は中を一周した事が無く(20kmある計算だ)、未舗装路を走れるファットバイクなら行けるなあと思ってたが、今までのタイヤだと行く気にならなかった。
が、タイヤ交換したら行く気になった。
本当に雪道が走り易くなったので公園の中でも走れそうな気がしてきた。

公園内の遊歩道、
P2058039 (2)
冬はクロスカントリースキーをする人達の遊び場になってる。
P2058047 (2)
バードウォッチングや散策する人も結構居て、その人達が踏み固めた場所は普通にファットバイクで走行可能だった。

公園の反対側まで来てこのまま一周しようかと思って進んだが、踏み固められた場所が狭まってきて(札幌からは反対側なので人が少ない為)、更に慣れないライドで疲れてきてラインが取れなくなって、踏み固められてない所にはみ出すようになってきたので、引き返す事にした。
もっと腕を磨かないと駄目だな。

公園を出て、腹が減ったので、一灯庵でタイカレーベジタブル(1080円)。
P2058059.jpg
激辛が、寒い所にずっといたので、丁度良かった。

まだ陽が落ちるまでに時間があるので、アルトラーチェに足を伸ばした。
P2058064.jpg

スーパー5(720円)
P2058061.jpg
今日は晴れてて気持ちの良い一日だった。

Schwalbe Jumbo Jim 26x4.8 LiteSkin

Schwalbe Jumbo Jim 26x4.8 LiteSkin (7686円)
P1237994.jpg 
実測重量1231g。
4インチタイヤよりも4.8インチタイヤの方が雪道に向いてるという事と、更なる軽量化をしてみたいという事の、両方の理由で一本購入した。
4インチバージョンの方は実測1080gぐらいらしい。
4.8インチはそれよりも150g増し。
完成車付属のMAXXIS Mammoth26x4.0からは70g減。

Jumbo Jim 26x4.8はcharge COOKER MAXI2のリヤに入ったという報告がネット上にあるので、今回リヤに入れるのは試さずに、
自転車の場合滑ると危険なのはフロントの方だから、フロントに入れる事にした。
ホイールに嵌めた後で、並べてみた所。
P1288003.jpg 
左が4.8インチ、右が4.0インチ。
あんまり差がないかな?

組み付け後、左が4.8インチ、右が4.0インチ。
P1298023 (2) PC037425 (2)
太いのは判るけど、凄い差には見えない。

縦幅は結構増えてる。
P1298025.jpg  PC037430.jpg
横幅はホイールのリム幅の影響を受けるので、そんなに増えないという事か。

横から、
P1298013.jpg
横から見るとタイヤが一回り大きい。
4.8インチ化の恩恵は、エアボリュームの増加か。

これで少し走ってみたが、明らかにスリップしずらくなった。
しかしこれは多分ノブ形状の差だ。
MAXXIS Mammothはセンターノブが低く、どちらかといえば、オンロード向けのタイヤだ。
実は前から滑るのはタイヤの形状のせいではと思っていたが、交換してみてそれがはっきりした。
多分4インチタイヤでも、それこそDILLINGER4とかに変えれば、滑らなくなるだろう。
ともかく雪道用には別のタイヤにした方が良い事が判った。
Jumbo Jimへの交換はちょい軽くなったし、雪道で走り易くなったし、良い事づくめで大成功だった。

ファットバイクの軽量化

この間購入したcharge COOKER MAXI2 (2016)、ある程度乗って慣れてきたし、パーツ交換で軽量化してみる事にした。

Aliexpressでハンドル購入($31.65)
P1087935.jpg 
660㎜×90mmで実測233g。
ステム一体型の軽量カーボンハンドル。
中華にしてはデザインが良いので、パチ物だろうと思って調べたが、Italy Nessというメーカーは見つからなかった。
Italy Nessのブランドで中華製の色々な製品が見つかるだけだった。
なので今のところ中華製品のブランドだと考えている。
このハンドルを、ボルト類を手持ちのチタンボルトとレニーボルト(アダプター取り付け用のネジ穴の埋めネジに使用)に交換して、実測重量225g。

Aliexpressでシートポスト購入($22.32)
PC257653.jpg 
またもやボントレガートリプルXライトのパチ物を購入して、400mm×Φ27.2mmの実測重量167g。
軽い。
でも作りは悪い。
PC257656.jpg 
前回買ったΦ31.6mmは、底から見た時のカーボンの厚さは均一で、使用に問題が無さそうだったが、今回届いた物は酷い。
また今回も、臼が嵌る部分にクリアコートが掛かってるせいで、サドル組み付けに問題があって、紙やすりで剥がす必要があった。
最近私のブログで、Aliexpressでの購入品が頻繁に出てくるが、粗悪品が届く確率が高いので、人にはお勧めしない。
届いたシートポストだが、使って折れたら元のシートポストに戻せばいいだけなので、使ってみる事にした。
以前ロードバイクで使ってたボントレガーレースXライトサドル(実測重量152g)と組み合わせて、実測重量319g。

さらにチューブを、元々付いてたMAXXIS 26X3.8/5.0(平均重量429g)から、Schwalbe 26×3.5/4.8(平均重量400g)に変更して、前後で58gの軽量化。

さらにディスクブレーキのローターボルトや色々なパーツの取り付けボルトをチタンボルトと交換して、合計で何十gの軽量化。

以上全部やって、不要なパーツも外した後の状態が、こちら、
P1147970.jpg
実測重量15.05kgになった。
購入直後の状態+ペダル重量から、700gぐらいの軽量化を果たした。
あとはタイヤを前後軽量タイプに変更すれば、数百g単位で落とせるので、14kg台にする事は可能だ。
その後はホイール交換で何百g落とせるので、ギリギリ13kg台にする事が可能かもしれない。
でもホイール交換する程お金を掛けるなら、Canyon Dudeを買えばいきなり12kg台になるので、その方が効率的な金の掛け方かもしれない。

この状態で既に何度か走ってるが、自転車において軽さは正義というのはファットバイクでも通用するのを実感した。
走ってて軽快で、取り回し易い。
サドルの座り心地は、完成車付属品の方がクッションが多くて良かったので、これだけ元に戻したい気持ちもあるが、このまま使ってれば慣れてしまう気もする。
P1147974.jpg 
シートポストは歪な断面をしてたにも関わらず、使用感に変な所は無い。
これは拍子抜けだ。
このまま使い続けられそうだ。
ハンドルは剛性が高く高評価、
P1147971.jpg 
元々のアルミステム+アルミハンドルよりも可也硬い。
ステム部の横幅が広いし、ハンドルクランプ部に相当する箇所もごつい。
そしてカーボン製なので、軽量にも拘わらず、高剛性が実現出来てる。
これは可也のめっけもんだった。

ここまであまりお金を掛けずに出来たので、軽量化大成功という所だ。

新札幌ポタ

昨日は50年ぶりの大雪。
今日は晴れた。
PC247613 (2)
まだ雪が踏み固められてないので、遠出は無理なので、リニューアルオープンした新札幌のサンピアザまで出発。
PC247617 (2)
タイヤの空気圧は0.5気圧にした。
走り出してすぐに今までの空気圧は高過ぎだったと気づいた。
初めてファットバイクの浮遊感のある乗り心地というのが分かった。
雪道のデコボコをいなしてくれて、体が疲れない。
グリップも今まで以上にある。
今までの空気圧ではスリップしまくってた新雪も、踏み固めるように何とか進んでいける。
成程雪道では空気圧を非常に下げるべきだ。

新札幌到着、いきなりステーキ
PC247618.jpg 
並んでて、食べるまでに30分ぐらい掛かった。
国産牛本格熟成!リブロースステーキ(247g/2668円)とガーリックライス(200円)
PC247635.jpg 
注文時グラム数を言うと、その大きさに切って秤に乗せて、これでどうでしょう?と聞いてくる。
並んでる間ずっと見てたが、客の指定したグラムよりも、何時も50gぐらい大目に切ってた。
私の時も200gで注文したら、最初300gちょっとの肉を秤に乗せて、そこから1/4ぐらい切って、また秤に乗せて、これでどうでしょう?と言った。
300gの肉を200gにするなら1/3切ればいいのは、ちょっと考えれば判る話。
つまりそういう風にやるように指導されてるのだろう。
ここで注文する時は食べたい量よりも少なめに注文するのがコツだ。
注文後は10分ぐらいで出て来た。
ステーキソースが付いてきたが、肉の塩味がしっかり付いてたので不要だった。
肉は20日間熟成した物だそうだが、今まで食べたドライエージングビーフ程、味が凝縮された感じは無い。
普通の肉よりは濃いというぐらい。
値段も考えれば十分美味しい部類。
もっと安い肉も食べてみたいので、何度か通ってみよう。

Cfarmで野菜キーマカレーポーク麺(950円)
PC247642.jpg 
ステーキを食べた後、フードコートをうろついたら目に付いたので食べる事にした。
味は普通、量が少ない。
次は無いかな。

更にサンピアザの中をあちこち歩き回ってると、ジェラッテリア ミルティーロ発見!
PC247643.jpg 
帰ってから調べてみたら、今年の3月に札幌PARCOに出店して、3店目としてここに開店したみたいだ。
恵庭まで行かなくてもここのジェラートが食べられるのは喜ばしい事だ。
トリプル(540円)
PC247646.jpg 
抹茶と黒ゴマとキナコを選んだ。
どれも美味しい。
札幌市内で食べられるジェラートなら、フルーツ以外を選んでもお勧めレベルの美味しさだ。

いっぱい食べて満足したので一度家に帰った。
そしてまだ時間が早いので、タイヤの空気圧をもっと下げて試してみようと思い立ち、空気圧0.3気圧にして、家の近くを走ってみた。
PC247650.jpg

0.3気圧まで空気圧を下げると、タイヤを指で押しても凹む程柔らかくなる。
この柔らかさが効いてか、さらに浮遊感のある乗り心地になった。
その代わり曲がる時とかに腰砕け感が出てきた。
タイヤがへにょっとなる感じ。
あまり空気圧を下げると、ホイールからタイヤが外れる可能性が出てくるそうなので、もう下限間近かもしれない。
前回雪道で適正な空気圧を0.5~0.7気圧ではないかと書いたが、前言撤回、0.3~0.5気圧が雪道で適正な空気圧に訂正する。
この辺で常用する所を探していこう。

北広島ポタ

まずは昨日の話、ネットで検索して、ファットバイクで雪道を走る時は、タイヤの空気圧を可也低く設定する物だと知ったので、タイヤの空気圧を色々試す事にした。
最初に走った時の空気圧は0.9気圧。
ファットバイクの空気圧は、1気圧以下が標準という事は既に知っていたので、体重のある自分ならこの辺が適当だろうと思って決めた圧。
これは高いと感じたので、昨日は0.8気圧にして走ってみた。
PC177547.jpg 
気温は-3度くらい。
路面は凍結して固く走り易かった。
0.8気圧にしたタイヤは、0.9気圧よりもクッション性が良く、デメリットは見当たらなかった。

久しぶりのいせのじょう。
PC177556.jpg 
辛口白菜ラーメン(650円)
PC177552.jpg 
焼きぎょうざ(300円)
PC177550.jpg 
このラーメンと餃子は人にお勧め出来る美味しさ。

そして今日、タイヤの空気圧を0.7気圧にして、北広島まで走ってみる事にした。
白石サイクリングロード
PC187579.jpg
キレイに除雪されて、平らに踏み固められて、非常に走り易かった。
0.7気圧にしたタイヤは、0.8気圧よりも更にクッション性が上がって、グリップも上がったのが感じられる。
道のデコボコが怖くない。
もし滑っても、スライドする速度が立て直し可能な範囲なので、怖さがない。
ただし走行抵抗も増えてるように感じる。
雪道じゃない所を走るなら、この空気圧は低すぎかもしれない。
雪道ならもっと低い空気圧も試す価値がありそうだ。
多分0.5~0.7気圧ぐらいの間に適切な所がありそうだ。

サイクリングロードは、北広島の入り口で行き止まりになっていた。
そこからは274号を使って北広島駅前近くまで進む。
PC187584.jpg
今日は気温6度まで上がったので、道の雪が緩んできた。
だけど湿った重い雪や、シャーベット上になった雪は、新雪よりも走り易かった。

かず屋
PC187588.jpg 
ミッシュランガイド2012でビブグルマン店になった店。
しかし食べログ等の評判はそんなに良くはない。
私もずっと素通りしていた。
味噌ラーメン(780円)
PC187593.jpg 
餃子(340円)
PC187594 (2) 
どちらも普通。
食べログの評判通りだった。

PC187597.jpg 
何故かライオン
PC187597 (2) 
ホームページを見たら、東本願寺の公式キャラクターらんおんくんだそうだ。

アルトラーチェ
PC187600.jpg

クマ
PC187602 (2) 

きびとろぷりん
PC187603.jpg 
賞味期限が今日までの処分品が、半額の140円だったので購入。
美味しい。
家にお土産にする為に追加購入。

スーパー5
PC187604.jpg 
今日は暖かかったので、汗かいたので、ジェラートが美味しい。

帰り道の途中
PC187607.jpg

アップで、
PC187609.jpg
北海道の冬の遊びの定番、そり滑り。
ミニスキーは全然見なくなったな。
後で気付いたが、ファットバイクはヒャッハー!といいながら、この坂位は下れるはず。
まあ人が遊んでる所ではやらないけど、もう少し慣れてきたら、川の土手とかでやってみるか。

自分用パーツ実測重量

charge COOKER MAXI 2 (2016)の各パーツの実測重量。
ハンドルとステム:389g
P1087945.jpg 

コラムキャップ:14g
P1087946.jpg 

コラムスペーサー5mm×3:10g
P1087947.jpg 

ハンドルグリップ:43g(両方で86g)
P1087954.jpg 

サドル:319g
PC257664 (2) 

シートポスト:324g
PC257661 (2) 

シートクランプ:26g
PC257659.jpg 

フロントホイール(ディスクローター、リムテープ付き):1.75kg
PC017417 (3) 

リヤホイール(スプロケット、ディスクローター、リムテープ付き):2.41kg
PC017407 (3) 
ネット検索してみると、リムテープは60gぐらい。
スプロケットのSRAM XG-1150 10-42tはカタログ値394g。
160mmのディスクローター:127g
PC287670.jpg 

180mmのディスクローター:143g
PC277667.jpg 
ローター取り付けボルト6個で12g。
ここからホイール単体の重量を求めると、
フロントホイール:1.53kg
リヤホイール:1.82kg
フロント&リヤ:3.35kg

タイヤ MAXXIS Mammoth 120tpi 26x4.0  1.30/1.31kg
PC017409 (3) 

クイックリリース前:71g
PC017411.jpg 

クイックリリース後:62g
PC017412.jpg 
短い前の方が重いのは、シャフトが太いせい。
MTBでは、前輪の負荷が大きいので、前輪側の強度を上げるのがセオリーらしい。

charge COOKER MAXI 2 に乗った

昨日は一日で積雪65cmの大豪雪、12月に降った量としては29年前の68cm以来の量だそうだ。
今日も少し降ったが、日中晴れてきたので、charge COOKER MAXI 2に試乗する事にした。
まず家の前で少し乗ってみて、サドルを少し下げた。
PC117524.jpg
ペダル軸からサドル上辺までの距離を、ロードは78cmにしていたが、ファットバイクは75cmにした。
雪上は不安定なので足付きしやすくする為だ。
で、早速失敗したなと思ったのがペダルをSPDにした事だ。
雪が詰まる。
泥なら力を入れて押し込めば何とかなるが、雪で同じ事をすると固まって氷になって、まったく入らなくなる。
ファットバイクで雪道走ってる人が大体フラットペダルにしてる理由が分かった。
まあ取り敢えず出発。
道路の状態はこんな感じ。
PC117504 (2) 
画像のように圧雪になってる所は問題無く走れる。
アイスバーン気味になってる所も同様。
しかし新雪が積もってる所は駄目だった。
タイヤが埋まると途端にペダルが重くなるし、雪の下のデコボコにハンドルを取られて転びそうになる。
というか一回転んだ。
今日は雪が降った後だから、コンディション的には悪い。
こういう状況ではファットバイクでも基本駄目という事が判った。
まあバイクも走ってないような状況で、それよりもタイヤが細いファットバイクが走れる訳がない。
この辺ちょっと期待し過ぎたが、納得の行く所だ。

ついでに前回の記事で紹介したNorthWave Celsius Arctic 2 GTXもこの日初使用だったが、期待通りの防寒性を発揮してくれた。
PC117494.jpg 
気温-3~-4度くらいだったが、足が冷たく感じる事は無かった。
また、水が染み込む事もなかった。
これからもっと寒くなるので頑張って欲しい。

うちから2.5km離れたベスに到着、スープカレー(1410円)
PC117510.jpg 
スープの緑色はほうれん草だそうだ。
ベスは最近えびスープやトマトスープ等、スープの種類を増やしてる。

次は7.5km走って、厚別の六花亭でデザート(全部で590円)
PC117514.jpg 
ここまで走ってみて、感覚的にはロードで走った時の倍くらいの時間と疲労度だ。
道路状況が良ければ一日に50kmぐらいは走れそうな気がする。
それから乗る前はこんなに軽いギヤは使わないだろうと思ってたが、実際には軽いギヤを結構使う。
雪の登り坂は、ギヤを下げてシッティングで、ゆっくり上がるのが一番だからだ。

六花亭から出るとまた雪が降ってきたので帰る事にした。
PC117518 (2) 
家に戻って整備してみたが、自転車のあちこちに氷がこびり付いて取りようが無かった。
溶かせば早いが、車庫内の温度は外気温とあまり変わらないので、溶けない。
シャッターを閉めれば5度くらいになるので、そのうち溶けるとは思うが、何時間後だ。
となるとキレイに水分を取る事は実質無理なので、早い段階で鉄製のフレームや部品が錆びるだろう。
大事に使うのが無理なら、逆に使い倒していこう。

自転車の冬用ブーツとファットバイク用空気入れ購入

PC077465.jpg 
EU44サイズで実測1044g。
今まで冬用として、Craft Neoprene Bootieを利用していたが、これは防寒性能不足だった。
モンベルのアルパイン用の分厚い靴下を履いて、普通の自転車用シューズ履いた上から、Craft Neoprene Bootieを付けた状態で、なんとか0度に耐えられるという所。
底が完全に開いてるからどうしようもないのだろう。
あと水を通さないから上面が蒸れるという問題もあるし、一番気に食わなかったのは、脱着が面倒くさい所だった。
で、ファットバイクを買ったのに合わせて、自転車の冬用ブーツを購入。
カタログスペックでは適応温度-25~5度の厳冬期向けブーツだ。
ゴアテックスで覆われており、底にはSPD用の金具がついてる。
内側はボア生地が張ってあって、履いただけで暖かい。
海外レビューでも評判が非常に良いし、性能には問題が無いだろう。

実物を手にして唯一気になった点がここ、
PC077469.jpg 
靴ひもが妙に長い。
コードロックで止めるタイプだから、こんなに長い必要は無いのになんでだ?
マジックテープの下でまとめて、外側から見えないようにしないといけないので、長すぎると面倒くさい。
ちょっと悩んだが、結局短く切った。
PC077470.jpg 
これで使いやすくなった。
これから一冬活躍してもらいたい。

PB186894.jpg 
ファットバイク専用の空気入れ。
どの辺が専用かというと、まずメーターが2気圧(30psi)までしかない。
PB186895.jpg 
ファットバイクのタイヤは0.3~2.0気圧までしか空気を入れない物で、ロード用の高圧ポンプだと適正な空気圧にする事が難しいので、さっくりと購入した。
因みにお金をあんまり掛けない方法で、単体の気圧計を買うという方法もある。
こちらだと1000円ぐらいの出費ですむ。
そちらを選ばなかった理由は、手持ちの空気入れは、バルブアダプターをKUWAHARAのHIRAMEに交換してあるので、仏式バルブ専用なので、MTBでよく使われる米式バルブ対応にするのが面倒だったのと、一度に入れられる空気の量がジョ-ブローファットが大分多いというのがあった。
PB186897.jpg 
ロード用のポンプと並べると胴が太いのが判ると思う。
外径から断面積を求めると3倍近い差がある。
一度のポンピングで入れられる空気の量が3倍近く多いという事だ。
実際にジョ-ブローファットで空気を入れてみたが、成程通常ポンプだと大変だろう。
このポンプでも何十度もポンピングしないとタイヤが膨らんでいかなかった。
ファットバイクのタイヤのエアーボリュームは想像以上だった。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR