ファットバイクにリヤキャリアを付けた

つけたリヤキャリアはIBERA PakRak IB-RA5(3499円)
P9101052.jpg
カタログ重量770gで実測重量825g。
このキャリアを選んだ理由は、下側の取り付け部の幅が8インチ(20cm)と明記してあって、ディスクブレーキを避ける為の下駄を外せばキャリア用のダボ穴と幅が合ったからだ。
後は安いのと軽いのが理由。
軽い理由は大体アルミで出来てるからだ。
ただネジが下のキャリアダボ用の2本以外はアルミっぽいので、これはどうかと思う。
耐久性も締める時の力加減にも注意が必要になるけど、この価格帯の物には相応しくない。
取り付け時、下のキャリアダボ穴は下調べ通りにピッタリ幅が合ったが、上側が少し手こずった。
P9101048.jpg
幅が合わないので内側から付ける事になったのと、最初はステーが干渉してこの角度に出来なかったので、金鋸で切る必要が合った。
でもまあ安い物なので気兼ねなく切った。
キャリアは現物合わせで加工が必要になる事が多いそうなので、あんまり高い物を買うべきでは無いと思う。

キャリアを取り付けたので試走してみるか。
そういえば豊平川をずっと下ってみた事が無いので、行ってみよう。
P9101062.jpg

P9101055.jpg

P9101068.jpg

2回程未舗装路を走る事になったが、川沿いを大体ずっと走って、石狩浜に到着した。
P9101083.jpg
成程ここに繋がるんだ。
それはそれとしてファットバイクって本当に砂浜も走れるんだ。
P9101084.jpg
ただしこの時はタイヤを1.5気圧にしてたのと、4インチタイヤだったので、走り易くは無かった。
砂を掘りながら走る感じだった。
4.8インチタイヤで0.3気圧とかにすれば可也普通に走れただろう。

P9101087.jpg

帰路
P9101090.jpg

P9101094.jpg

家に戻ってキャリアに問題が無い事が確認出来たのでサイドバッグを付けてみる。
P9101096.jpg
漕ぐ足の踵とも干渉しないのでオールOK。
これでツーリングに行ける。

ファットバイクに乗る

ロードを壊してしまったので、日常の足としてファットバイクを使う事にした。
P8190909.jpg
タイヤを前後ともMAXXIS Mammoth 26x4.00にして、空気圧を1気圧に設定。
サドルをロードと同じ高さに変更(冬は足着きを良くする為に低くしてた)。

これで試しに100m程走ったらいきなりチェーンが切れた。
P8190907.jpg
チェーンコネクターのピンが吹き飛んでた。
実は春にオーバーホールした時に、チェーンコネクターを外してチェーンを洗って、11s用のチェーンコネクターは再利用不可というのを無視してそのまま戻してしまっていた。
ピンが吹き飛んだ所を見ると本当に再利用不可のようだ。
ストックしてた新品と交換した。
P8190908.jpg
チェーンコネクターは何百円もするから、外す度に新品と交換となるとランニングコストが無視出来ない、何か手を考えないと。

これで走って問題無いようなので、せっかくなのでオフロードを走ってみようと、野幌森林公園に行って来た。
P8260921.jpg

走って驚いだのは舗装路も未舗装路も漕いでる感じがまったく変わらない事だ。
P8260914.jpg
普通の自転車なら舗装路の方が漕ぎが軽い物だが、ファットバイクは舗装路でも未舗装路でも漕ぎの重さが変わらない。
未舗装路では道の凸凹で振動は来るが、それもエアボリュームの大きいタイヤのお陰でマイルド、怖くない。
ロードでは絶対無理な砂利道でも何て事なく走れて、ぬかるみでだけ多少タイヤが滑ってハンドルを取られる事があるぐらいだ。
それも雪道に比べれば大した事は無い。
なるほどこういう自転車ならオフロードが楽しいのか。
野幌森林公園は一周15~16kmぐらいあるのだが、楽しく走れる事が分かったので、このまま一周する事にした。
北海道博物館の辺りから入って、大沢口、江別側をぐるっと回って、瑞穂口まで来た所で道が無くなった。
P8260928.jpg
土が露出してないが、どうやらこの木が無い所が道のようだ。
多分誰も歩かないのだろう。
こんな草むらでも走れるからビックリだ。
更に進むと階段があった。
P8260929.jpg
この先は瑞穂の池か、反対側から来た時も階段があったので、間違いないだろう。
テクニックがあれば自転車でも下れるのだろうけど、まだ怖いから止めとこう。
引き返して出口を探して、そこから帰った。

別の日、札幌ビール園
P9020960.jpg

札幌ファクトリー
P9020962.jpg
ヘルメットも事故の時に壊れたので新しく買った。

更に別の日、白石サイクリングロードを走って北広島まで行って寿司
P9030978.jpg

P9030980.jpg

帰り道、サイクリングロードの途中にある遊歩道に自転車で入った所
P9030987.jpg
普通は自転車を降りて歩いてくる所なのだが、苦も無くここまで来れた。
坂道も階段じゃなければ進めるので、遊歩道なら大体何処でも走れる感じだ。
今まで走ってみる事を考えてもみなかった所も走れるので、何度も走った所でも新鮮な発見がある。

アルトラーチェでスーパー5
P9030997 (2)
とはいえ同じ距離を走ってもロードの倍疲れるのはファットバイクの欠点だな。
お陰で飯が美味いが。

ファームヤードに再訪ポタ

週末が雨で潰れるというのが何週間も続いた後、やっと久しぶりに土曜日晴れたらと思ったら、夏になってた。
P7089718.jpg
最高気温30度らしい。
恰好は半袖でまったく問題無く、汗を掻くぐらいだ。
P7089721.jpg

キッチンファームヤードに到着。
P7089724.jpg
また食べに行きたいと思ってたので、今日行ってきた。

セットのサラダ。
P7089727.jpg
これが本当に美味しい。
野菜が甘いってのはこういう事かってぐらい甘味を感じる。

ポークスパイシー バジル(セットで1550円)
P7089729.jpg
期間限定お勧め品で、生バジルが入ってる。
益々只のスープカレーだ(笑)。
味は文句無し。
野菜が美味しくてお勧め出来る店って私が知ってる限りここだけだ。

セットの鉄鍋バターライス
P7089730.jpg
中盛りにしたが、これがバランス的に丁度良い。

イタリアントマトの天ぷら(520円)
P7089733.jpg
チーズが絡めてあり、自家製のバジルソースが添えてある。
当然美味しい。
注意すべき点は出てきてすぐに食べると熱くて口の中が火傷する事だ(笑)。

今回も腹一杯食べた。
メニューの他の物も食べてみたいので(フライドポテトが凄い気になってる)、また来よう。

帰り道でアルトラーチェに寄り道
P7089735.jpg
今日は暑いから並んでる。

スーパーファイブ(+50円のアイスを一個頼んだので770円)
P7089737.jpg
何か月ぶりに食べたけど、やっぱりジェラートではここが一番だな。

ファットバイクのコラムカット

昨日は雨だったので、前からやろうと思ってた、ファットバイクのコラムカットをやった。
P5279514.jpg 
15㎜余ってる。
MTB系はステムとハンドルのライズで調整が効くので、ばっさりカットしてしまおう。

途中はふっとばして切った後、
P5279520.jpg 
ビニールテープを巻いてガイドにして、金鋸で回りに溝を掘ってから切断するだけ。
時間を掛けてゆっくりやれば失敗はまず無い。

冬の間に買っておいたスターナットセッター(1300円ぐらい)を装着。
P5279522.jpg 

トンカチで打ち込む。
P5279524.jpg 

出来上がり。
P5279526.jpg 
事前にちゃんとツールを揃えておけば、失敗のしようがない程簡単な作業だった。

組み戻して出来上がり。
P5279530 (2) 
見た目スッキリ。
重量は十数グラムぐらい減かな。
ファットバイクは雪が無くなってから何もせずに放置してたから、ついでに掃除と整備もした。
これで来年の冬まで仕舞っておける状態になった。

花見ポタ

他の記事を優先した為に若干時期外れになったが、桜が咲いてる時期のポタ記事を載せよう。
P4238635.jpg

白石サイクリングロードの桜。
P5079398.jpg

実は隠れた桜の名所。
P5079404.jpg

P5079407.jpg

帰り道で札幌ファクトリーに足を延ばしたらガンダムのイベントをやってた。
P5079408.jpg
下に降りて画像を撮るのを忘れてしまって、これ一枚のみ。

別の日、白石サイクリングロードの桜。
P5209471.jpg
ソメイヨシノは終わったが八重桜が満開だ。

三川まで走ってキッチンファームヤード
P5209472.jpg
農家がやってるレストラン、11:00の開店時間でこの並び。
でも半分は野菜直売の行列で、2割は持ち帰りのケーキ等を買う為に並んでるお客さんだった。
レストランの方は順番に案内されて、開店後15分ぐらいで席に座れた。
ここはスープスパイスと称してる、ほぼスープカレーな食べ物がメニューのメイン。

チキンスパイシーのセット(1350円)にした。
セットのサラダ。
P5209480 (2)
農家だけあって、野菜が美味しい。
甘くて香りがある。
あと他の店のセットサラダの倍くらいの量がある。

スープスパイス到着、
P5209481.jpg

鉄鍋バターライス大盛り、
P5209482.jpg
スープスパイスにも野菜がたっぷりと入ってる。
量も多い。
味は塩味控えめ、カレー感控えめのスープカレー。
野菜を食べる為のスープカレーだと思って食べに行けば、期待外れは無い。
ライスは大盛りにしない方が普通はいいだろう。
私みたいに、紫アスパラの天ぷら(280円)と、さらさらレッド(玉葱)とイタリアンパセリのかき揚げ(280円)も頼んでしまった人なら、ライスの処理には困らないけどね。
P5209486 (2)
(普通はスープスパイスだけで満腹になりかねないので、こんなに頼まない方が良いです)
上全て美味しかった。
素材の野菜が美味いというのが良く判る味、若者よりも年食って野菜が好きになってきた人にお勧めの店だ。

デザートはイチゴのタルト(450円)とセットコーヒー(160円)。
P5209491.jpg
ケーキも美味しい。
なるほどこれを買いに開店前から並ぶ人が居る訳だ。
車で来た人なら、スープスパイスを食べて、ケーキはお土産に買って帰るのがいいかな。
重ねて書くが上で食べてる量は普通の人だと食べきれないかもしれない量だ。

満腹になって店を出る時には野菜の直売はすべて売り切れ…と思ったらアスパラだけ売れ残ってた。
なので家へのお土産に買った(480円)。
P5209494 (2)
すごく太いアスパラ、私の親指よりも太い。
レジ袋との対比で大きさを想像して欲しい。
札幌のスーパーで買うと倍の値段はするはずだ(そもそもこんな太いのを売ってるの見た事が無いが)。
この日の晩飯はこのアスパラを縦に半分に切って横に三等分した物を天ぷらにした物が出た。
アスパラは太い方が美味しいと聞いた事があるが、確かに今まで食べた中で一番美味しいアスパラの天ぷらだった。

ホイール交換

実は洞爺湖キャンプツーリングの3日目から、フリーハブが刃飛びするようになって、難儀した。
更に書くと走行距離で1万キロ前ぐらいから、自転車を漕ぐとチキチキという音がするようになっていた。
この音は何処から鳴ってるのかよく判らず、何万キロも走って擦り減ったチェーンリングとスプロケットの噛み合わせが悪くなって鳴ってるのか?とか考えてた。
が、実はフリーハブから出ていた。
私が使ってたホイールはWH7850-C24-CLというホイールで、購入したのは8年前。
超円安で海外通販を始めた時からもうそんなに経ったか。
WH7850-C24-CLは2万8千キロ走った所でフリーハブがトラブルを起こして、何とかグリースアップして持たせていたが、4万6千キロ使った所で流石に延命処置も限界が来たようだ。
実は旅行に出る前にスプロケットを2万5千キロ使ったので交換、チェーンも7千5百キロ使ったので交換、34Tのチェーンリングも交換、リヤホイールのハブもグリースアップと、駆動系のオーバーホールは大体してから出てきていたので、もうフリーハブが駄目だとはっきり判った次第だ。

さて、フリーハブの補修部品は18900円もするので、交換する気は無い。
もし交換してもスポークもリムも老い先短いから、お金の無駄になる可能性大。
という事で新しいホイールと交換する事にした。
WH9000-C24-CL(7万円くらい)
P8154549.jpg 
変わんねえじゃねえかとか、Dura-Aceは補修部品が高いから嫌だとか言ってなかったとか、色々突っ込みどころはあると思うが、9100への切り替えで処分特価になってた時に思わず買ったので仕方無い。
WH7850-C24-CLのスポークが、もう何時折れてもおかしくないので、そろそろ家にストックのホイールが欲しいと思ってた矢先の事だった。
これを買って数か月してから、フルクラムの古いモデルのセールがあったから、もうちょっと待てば良かったと悔やんだ事は悔やんだ。

各所違いをチェックしてみよう。
前輪(画像の奥がWH9000-C24-CL)、
P5079370.jpg 
リム高が24mm→21mmに減。
ハブ部(下の画像がWH9000-C24-CL)、
P5079364.jpg

P5079363.jpg
胴が太くなって、フランジ径も増えてる。
スポークの平たい部分のサイズを測ってみると、どちらも1.5×2.5mm。
トータル重量は607g→577g(リムテープ無し)。
リム高が下がった分、リム重量は十数グラム減って、あとはハブを大径薄肉化して重量減と思われる。
剛性の方はリムは縦剛性が減って、ハブ周りは縦横剛性共に増で、トータルでは横剛性増という所か。

次後輪(画像の奥がWH9000-C24-CL)、
P5079380.jpg 
リム高が24mm→23mmに減。
ハブ部(下の画像がWH9000-C24-CL)、
P5079386.jpg

P5079384.jpg
胴は太くなってるが、左フランジが明らかに内側に寄ってる。
右フランジも11速対応で1.85mmフリーが伸びた分、内側に寄ってる。
左がずいぶん内側に寄ったのは、こうしないとスポークテンションが上げられないからだと思われる。
スポークの平たい部分のサイズを測ってみると、WH7850-C24-CLでフリー側2.0×2.8mm/半フリー側1.5×2.5mmだったものが、WH9000-C24-CLではどちらも2.0×2.8mmに変更になってる。
これは左側を内側に寄せた分スポークテンションを高くした為に、太いスポークに変更したのだろう。
トータル重量は812g→811g(リムテープ無し)。
リム高が1mm減って数グラム減、スポークは半フリー側が太くなったので十数グラム増、ハブの大径薄肉化で結果総重量イーブンと思われる。
剛性は縦は増えて横が減る感じか。
多分後輪の横剛性が減った分を、前輪の横剛性を増やして、トータルで余り変わらない乗り味に調整したのだろう。

まずは初期不良が無いか100km程走ってチェックした後で、リムテープを外してベロプラグに交換。
P5119427.jpg 
皆ベロプラグが硬くて入れるのに難儀しているが、タイヤレバーを使って押し込むと割と楽です。
最初はWH7850-C24-CLで使ってたベロプラグを移植しようとしたが、外す時に割れたので新品を買った。
リムテープ(前後で31g)からベロプラグ(36個で7g)への交換で24gの軽量化。
シマノのリムテープはWH7850-C24-CLの時は前後で42gあったが、WH9000-C24-CLに付いていた物は前後で31gに軽量化されてた。
これで走ってみたが、乗り心地は何故か硬くなった。
あと疲労しずらく感じる。
前にも書いたが何処でもちょっとずつ楽になる感じ。

その後にノーマルチューブを超軽量チューブに変更。
ノーマルチューブから超軽量チューブの変更で前後で60~70gの軽量化。
これは明らかに軽く感じるし、乗り心地も良くなった。
超軽量チューブへの交換は掛かるコストに大しての効果が非常に高い。

これで以前と同じ状態になったので、今日80㎞程走って、2つのホイールを比較してみた。
結果、漕いだ時の軽さはWH7850-C24-CLの方があり、反応の良さはWH9000-C24-CLの方がある感じだった。
ただし少しの差でほとんど同じ乗り味だ。
漕ぎの軽さはハブの慣らしがまだ済んでないので、1000㎞ぐらい走った後でハブのグリースアップをすれば、WH7850-C24-CLと同等になりそうな気がする。
気になる横剛性の差は、今の所感じられない。
総括するとまったく新鮮さが感じられないホイール交換だった。

月形ポタ

気温低目で風もあるし、自転車面倒臭いなと思ったが、月形樺戸博物館に行ってないのを思い出したので、出発する事にした。
P4028321 (2)
行きは追い風で楽だけど、これは帰りが辛いな~。
札幌市内は汚い雪しか残ってないが、田舎に行く程きれいな雪が残ってて、景色も良くなってくる。
P4028327 (2)
この時期しか見れない景色、結構好き。

月形に到着。
まず月形温泉ホテルで、本日の焼き魚定食(900円)
P4028329.jpg
魚はエボダイ、カマス、アジの中から選べたので、アジにした。
以前あった、たこ丼は無くなっており、メニューも温泉ホテルの定型文みたいな物しか無くなっていたが、出てきた物は美味しかったので、まあOK。
月形に来た時はきっとまたここで食べると思う。

月形樺戸博物館(大人入場料300円)
P4028332.jpg
明治になって、政治が落ち着いてないので内乱が盛んに起きて、国事犯、反乱分子を大量に収容する監獄が必要になった。
それで作られたのが集治監。
集治監の多くは北海道に作られて、開拓の為の労働に従事した。
労働は過酷で、樺戸集治監だけでのべ4万人の収容者が居たが、そのうち1000人ちょっとが獄死している。
脱走する囚人も多かったが、未開の北海道そのものが、檻として機能したようだ。

すりへった石段
P4028334.jpg
鉄丸や鎖を付けた囚人の出入りですりへったという伝説がある石段。

博物館の展示内容は面白く、人に勧められる博物館だった。
何処かの雑誌で読んだが、北海道の歴史を知る為に行くべき博物館は、夕張の石炭の村博物館と月形樺戸博物館だそうだ。
夕張の方はそんなに面白いとは思わないが、月形の方は納得がいく、北海道の開拓の歴史を知る為に重要な博物館だ。

博物館を出ると15:00、ここから家まで2時間掛かるので、もう帰るか。
今日は陽が落ちると多分寒くなるので、その前に帰りたい。
16:30ずっと向かい風の中を江別まで来て、町村農場でカマンベールフォンデュセット(1074円)
P4028342 (2)
冬季限定メニュー、町村農場で作ったカマンベールチーズを丸ごと一個使ったチーズフォンデュ。
こんなの美味しいに決まってるわ。
P4028347 (2)
熟成してない若いカマンベールを使ってるので、それ程風味は無いが、フレッシュな味。

まだ食べられるので冬季限定になってたラムレーズンとクリームチーズのサンデー(518円)
P4028350.jpg
白い丸いのがクリームチーズ。
これも美味しい、チーズが濃厚さを出して、凄くリッチ。
町村農場は自分の中ではランクがそんなに高くなかったが、今回食べた2品はどちらもとても良かったので、評価が上がった。
また食べたい。

17:00外に出るともう寒い。
今日の恰好だと、ギリギリの気温だ。
体を温める為にもペースを上げて、とっとと帰った。
帰ったらすぐに風呂に入って体を温めた。

ロードに乗りました

この3連休ずっと晴れて、さらに今日は風も無くなって、どう考えても自転車に乗る日だろうという事で、ロードを復活させた。
P3208247.jpg 
因みに去年は3月27日が初乗り、2015年は3月22日が初乗り、2014年は4月13日。
今までで一番雪解けが早い。
今日の最高気温は7度、陽も出てるので、気温以上に暖かいポカポカ陽気。
車道に雪はまったくなく、気持ちよく恵庭に到着した。

久しぶりにロードに乗った感想、
・軽い!
・ハンドル遠い
・ブレーキ効かない
15kg弱のファットバイクと、7kgちょっとのロードバイクの差は凄まじく(重量以外にも色々な要因があるけど)、同じ乗り物とは思えない軽さ。
恵庭まで25kmあるのに、まったく疲れる事なく到着してしまった。
ファットバイクで25km走ると結構しんどい。
舗装路ではロードが一番だと再確認出来たが、ブレーキだけはファットバイクのディスクブレーキに負けてると感じた。
同じ感覚でレバーを引いた時の制動距離が2倍くらい長い。
ロードでもディスクブレーキは意味があるなと感じた。
今日走ってみて、次期ロードバイクの構想が固まった。
フロントシングルでディスクブレーキロードだ。
フロントシングルは出来ればシマノがパーツを出してくれるまで待ちたいな。
ディスクブレーキ化はフレーム交換が必要だから、今のフレームであと2万5千km走ってからの導入になるかな?

恵庭で昼飯、恵岳房。
P3208239.jpg 
辛いラーメンで検索掛けたら出てきた店。

旨唐味噌らーめん(750円)とちゃーマヨ(50円×2)
P3208242.jpg 
らーめんはキムチ風の辛さで、見た目程は辛くない。
ちゃーマヨは一個50円は安い。
頼まなかったが、ミニチャーハンも150円と安かった。
ラーメンの味は値段なりで際立った所は無いが、地元の人が結構来てるみたいだし、程よいリーズナブルさが良いのだろう。

飯を食べた後は、恵庭温泉ラ・フォーレ(入湯料400円)
P3208246.jpg 
恵庭でまだ入ってなかった温泉。
泉質はモール泉で少し塩味がする。
露天風呂と小さな内風呂だけが温泉。
湧出量に対して無理をしてないので、濾過で薄まってないので、茶色の濃いお湯に入れる。
入湯料もレストランも値段が安いので、地元向けにお勧めの温泉だ。
普段使いにはこの位が良い。

温泉から出た後は、ジジでアイスクリーム。
P3208250.jpg 
上からティラミス、レアチーズケーキ、ヘーゼルナッツ。
ここはコッテリ系のアイスクリームは本当に美味しい。

そして日がまだあるうちに帰宅。
大体60kmぐらいの走行だったが、冬にファットバイクに乗ってたお陰で、足がたれずに走れた。
例年なら初乗りは大体帰り道でたれる。
これからがオンシーズンだ。

charge COOKER MAXI2 (2016)の感想

札幌の雪も解けてきて道路が見えるようになってきた。
charge COOKER MAXI2に一冬乗ったので感想を書こう。
P3058211_01.jpg 

良い所:
1:値段の割りに良いパーツ構成
私が購入した時期で購入価格の12万なら間違いなくお買い得だった。
日本での価格19万円でも、同じ価格帯の他のファットバイクと比較して付いてるパーツが良く、お買い得感があった(去年のモデルどうしでの話、後述)。
変速機にSRAM GXを付けてるのは、この価格帯ではcharge COOKER MAXI2だけ。
他メーカーだと一つ下のグレードのNXが付いてるのが普通だ。
またフロントシングルも、2016年度のファットバイクだと、この価格帯ではこれだけだった。
今MTB系のスタンダードがフロントシングルになりつつある。
リアが11速になったので、フロント変速は要らなくね?と考えるのは自然な事だが、実際には前変速機のケージが無いと、チェーンが外れるという問題があった。
それをSRAMがナローワイドという技術で克服した。
前変速機が無い事にどんなメリットがあるのか、この自転車に乗るまで理解してなかったが、右手だけで変速が出来て、今前変速は重い方か軽い方かとか、トリムがとか、そんな事を走行中に考える必要が無いのは、この上なく楽で操作性が良い。
本来変速機とはこうあるべきだ。
また壊れる部分が減るのはMTB系には大きなメリットだし、少し軽くなるというメリットもある。
フロントシングルがとても気に入ったので、ロードの次の変速機もフロントシングルにしたいと考えてる。
ツーリング志向の私にはその方が合ってる。

2:鉄フレーム
鉄フレームは細いので、太いタイヤとの対比になって、デザイン上の特徴になってる。
またコストダウンにも貢献してるだろう(=値段が安い理由)。
乗り心地はアルミやカーボンと違って、たわみがあって衝撃をいなす感じがある。
ファットバイクの性格にあった乗り心地で良い。
しかし流行はアルミフレームやカーボンフレームに移っている。
ファットバイクでも重量が軽いのが売りになるからだ。

3:4.8インチタイヤが入る
太いタイヤが入るのは、ファットバイクにとって、本質的なメリットだ。
エアボリュームが増えるので乗り心地を良く出来るし、空気圧をより下げればタイヤのグリップを上げる事が出来る。

4:BB幅が100mm
4インチタイヤを履かせてるファットバイクは大体BB幅100㎜で、4.8インチタイヤを履かせてるファットバイクのBB幅は大体120mm。
勿論幅がある方がペダル間の幅も増える。
私は背が高いから100mmは問題ないし、多分120mmでも問題ないだろう。
でも正直初めて乗った時は幅の広さに戸惑った。
ペダル間の距離は狭い方が良いに決まってるので、BB幅100mmで4.8インチタイヤを履かせられるのは良い所だ。

悪い所:
1:塗装が弱い
charge COOKER MAXI2を買った理由の一つはデザインだ。
しかしこの塗装が弱い。
P3058213_01.jpg 
ここ以外にもタイヤを外した時にQRを挟む所の塗装が剥げたし、ディスクブレーキ台座を調整した時にネジ止め部の塗装が割れた。
あと同じ色に塗装されたステムも何時の間にか点状に塗装剥がれが出来てた。
鉄に塗装してるのになんで?という程弱い。
しかし私の乗ってるロードバイクも塗装が弱いし、多分お買い得な自転車というのは、押しなべてこういう物なのだろう。
丈夫な塗装は金が掛かるから、コストダウンポイントなのだろう。
買って暫くしないと判らない事だから、評判にも反映されにくい。

2:タイヤが雪道向けでは無い
MAXXIS Mammothはオンロード向けのタイヤだと思う。
空気圧を0.8気圧ぐらいまで上げて乗ると、舗装路でよく進む。
しかし雪道で走るのなら別途タイヤの購入が必要だ。
ファットバイクのタイヤは高価なので、雪道で走る為に別途購入するなら、この自転車のコストパフォーマンスは微妙になる。
2017年モデルのKONA WOの方が何処も交換せずに、そのまま雪道で使える。

3:前後クイックリリース
MTBはスルーアクセル方式に移行しており、ファットバイクもそれに倣っている。
二年前ならファットバイクでQRの物がもっとあったらしいが、去年にはもう時代遅れになったようだ。
多分QRと、同じく流行遅れになった鉄フレームの2つの仕様が、この自転車が売れ残った理由だろう。

以上。
総評は私が買った時はお得なモデルだったが、2017年モデルが出揃った今ではお得感が減ってる。
今年のファットバイクのモデルは、スタンダードな仕様が固まってきたのに合わせて、去年モデルよりも全体的にお買い得感が増してる。
もし今の時期に私がcharge COOKER MAXI2を買うなら11万円じゃないと手を出さないだろう。
それよりもお金を出すならKONA WOの2017モデルを選ぶ。
そして実際の所charge COOKER MAXI2を既に持ってる今、自転車のグレードアップで何か買うなら、Canyon Dudeを選ぶ。
とまあなんかあんまり褒めてない感じになったが、実際は気に入ってるので一冬乗り続けた。
冬季の足としてよく役立ってくれたし、もっと良いバイクに買い替えても劇的に走り易くなるとも思えないので、多分来年もこれに乗る。
出したお金に対して納得の行く結果が出てるので満足している。

野幌森林公園ライド

P2058029 (2)
東西4km、南北6kmの大きな公園。
実は中を一周した事が無く(20kmある計算だ)、未舗装路を走れるファットバイクなら行けるなあと思ってたが、今までのタイヤだと行く気にならなかった。
が、タイヤ交換したら行く気になった。
本当に雪道が走り易くなったので公園の中でも走れそうな気がしてきた。

公園内の遊歩道、
P2058039 (2)
冬はクロスカントリースキーをする人達の遊び場になってる。
P2058047 (2)
バードウォッチングや散策する人も結構居て、その人達が踏み固めた場所は普通にファットバイクで走行可能だった。

公園の反対側まで来てこのまま一周しようかと思って進んだが、踏み固められた場所が狭まってきて(札幌からは反対側なので人が少ない為)、更に慣れないライドで疲れてきてラインが取れなくなって、踏み固められてない所にはみ出すようになってきたので、引き返す事にした。
もっと腕を磨かないと駄目だな。

公園を出て、腹が減ったので、一灯庵でタイカレーベジタブル(1080円)。
P2058059.jpg
激辛が、寒い所にずっといたので、丁度良かった。

まだ陽が落ちるまでに時間があるので、アルトラーチェに足を伸ばした。
P2058064.jpg

スーパー5(720円)
P2058061.jpg
今日は晴れてて気持ちの良い一日だった。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR