FC2ブログ

大滝村ツーリング その4

5月3日
7時起床。
暖かいと思ったら既に気温15度。
そういえば夜中に暑くて寝袋のチャックを開けた。
今日は朝から晴れてるので、もっと気温が上がりそうだ。

朝飯。
P5030634.jpg
焼き鳥缶とコーン缶で炊き込みご飯。
この組み合わせはやっぱり美味い。

9時出発。
ロッヂには3泊で計4000円置いて来た。
3日間ロッヂを独り占めしたので、名簿の記入金額を参考に、ちょっと多めにした。
外気温は既に23度。
上はアンダー無しで長袖ジャージ、下はレーパンのみという出で立ち。
昨日走ったサイクリングロードを走る。
P5030639.jpg

目の前に橋脚が現れたら、サイクリングロードが終了した。
P5030642.jpg
元々は線路だった所をサイクリングロードにしたという所か。
ここが起点(終点)。
P5030644.jpg
全長5kmあるかどうか。
普段から地元の方が散歩に使っている。

ここから美笛峠を越えるまではダラダラとした上り、まだ体力が十分あるし、獲得標高も250mしかないので、さらっと乗り越えて後は千歳まで下り基調、ゆっくりと進んだ。

13時千歳、丸亀製麺で1390円分。
P5030657.jpg
今日は100km走るから存分に食える。
あさりバターうどん美味し。

大曲の地球のアイスでレモンチーズ(700円)。
P5030662 (2)
ソフトクリームにフロマージュブランの角切りとレモンの蜂蜜漬け。
美味しい。

16時頃帰宅。
これで今回の旅はお終い。
結局ロッヂにずっと籠ってるだけの旅だったが、偶にはこんなのもいい。
自然に近い所でのんびり出来て良かった。

この日の走行距離:102.91km
この日の経費:2291円

4日間の総走行距離:290.1km
4日間の総経費:14948円

大滝村ツーリング その3

5月2日
昨晩は特に冷え込んだ。
ダウン上下にダウンソックスで寝袋に入って、温かいと感じないぐらいだった。
6:45にロッヂの外にある気温計を見たら4度。
という事は最低気温は2~3度ぐらいだっただろうか。
標高が330mの山の中なので、冷え込むのだろう。

7:30外は雨、テラスで朝飯。
乾燥野菜を入れたワンタンスープパエリア風ご飯
P5020592.jpg
乾燥野菜は便利。
野菜があると食事の満足感が違うので、1つ持っていくといい。

飯を食べ終わった後でも雨は止まない。
8:15で気温は6度。
9時頃8度。
10:15頃12度。
この時間でも雨が止まないので、今日は帰るのを諦めた。
どうせ帰っても外出自粛だから、ここでボーッとしてるのと大差無い。

狸だと思って撮って、帰って見たらただの太った猫だった一枚。
P5020599.jpg

暇なので便所の紙を燃やす(このロッヂで指定されてる廃棄方法)。
P5020602.jpg

さらに養蜂のゴミ(蜂の巣のカス)を見つけたので、紙ゴミと一緒に燃やす。
P5020604.jpg
予想通り蜂の巣は良く燃える。
更に蜂の巣のカスをかき集めて燃やす。
P5020605.jpg
キャンプ場で皆焚火してるのが不思議だったが、暇つぶしに丁度良いのか。

13:15雨が上がって道路が乾いて来た。
ちょっと出掛けるか。
午前中散歩してて見つけたサイクリングロードを走ってみる。
丁度時期で水芭蕉があちこちで咲いてた。
P5020618.jpg
サイクリングロードは435号と並走していて、隣町まで続いてるのを確認した所で、引き返す事にした。
明日札幌に帰る時に走ってみよう。
反対側は多分北湯沢駐車場公園までだろう。

大滝ナイアガラの滝。
P5020624.jpg
看板は無いので、googleマップを頼りに行くしかない。

帰ってからセイコーマートの弁当(688円)。
P5020627.jpg
昼飯は食べてるのだが、腹が減ったのでしょうがない。
冬の間に太ったから、本当はダイエットしないと駄目なんだけど(;^ω^)。

14:30頃気温19度。
晴れてきて暑い。
朝方あんなに寒かったのが嘘のようだ。

16時ふるさとの湯。

水谷ロッヂのある優徳地区には無料温泉とコンビニがあり、土日のみ開店だが農協直売所もある。
この周辺では飛び抜けて暮らしやすい地区だ。
ちなみに次に近いコンビニは20km離れた壮瞥だし、スーパーは35km離れた伊達市だ。
よってこのロッヂも、もっと便利に使われてても良さそうな物だが、ネット情報が少な過ぎるせいか、去年もその前の年も十人くらいの利用者しかなかったようだ(名簿から)。
勿体無いので、次回督峻別山に登る時や、この近辺に来る時には、また利用させてもらうつもりだ。

19時晩飯を食べた後もっかい温泉に入る。

この日の走行距離:9.23km
この日の経費:3270円

大滝村ツーリング その2

5月1日。
昨晩は寒かった。
寝袋(モンベル#2)に、持ってきたダウン上下を着て、やっと寒くなく寝れた。
起きて外を見たら雨が降ってた。
自転車はまた雨に濡れてた。
このフレームは旅行に行く度に濡れてる気がする。
天気運の無いフレームだ。

朝飯。
P5010480.jpg

本当は督峻別山にも登ろうと思って来たのだが、まだ大分雪が残ってるので止めた。
P5010568.jpg
帰ってからネットで検索したら、雪が無く登山出来るのは6月からだった。
画像の通り見晴らしの良い山なので、登ればいい景色が見れそうだ。
またリベンジしに来よう。

代わりに自転車に乗る事にした。
洞爺湖温泉まで27kmなので、ゆっくり走るのに手頃な距離だ。
9時出発。
北湯沢 白絹の床。
P5010496.jpg

11:15洞爺湖到着。
P5010506.jpg

洞爺湖温泉は人が全然居ない。
P5010509.jpg
宿も飲食店も臨時休業で半分以上閉まってる感じだ。
ちょうど昼飯時なので食べる所を探した。
有名な望羊蹄は開いてたが、お値段が高いのでパス。
味だけなら札幌でいくらでも互角の店がある。
とうやマルシェも開いてた。
洞爺湖に来る度入ってるが、やっぱりここにするか。
座って注文すると、まずサービスでワカサギの佃煮。
P5010518.jpg
おいしゅうございます。
次は噴火湾のほたて刺身(800円)。
P5010520.jpg
こちらも美味しい。
あとお安い。
サービスで帆立の稚貝を蒸した物。
P5010521 (2)
いやサービスし過ぎ(;^_^A。
もちろん美味しい。
すき焼き定食(1980円)。
P5010522.jpg
ボリュームある。
お陰で腹一杯になった。
お店の人に人出を聞いたら「一割も無い」という答えだった。
大変でしょうけど頑張ってください。

わかさいも本舗でケーキとコーヒー(770円)。
P5010531.jpg

洞爺湖から壮瞥に入る坂を下って、左に入ると、遊歩道がある。
P5010543.jpg

その奥に壮瞥滝。
P5010549.jpg
多分人工滝だけど、水量が多くてなかなか見ごたえはある。

大滝に帰って、16時三階滝。
P5010581_1.jpg
(上の画像はクリックすると大きな画像になります)
以前と変わらずダイナミックで良い滝だ。

17時晩飯。
P5010587.jpg
今日もご飯を炊きながら一杯飲む。
昨日使い忘れた、うっちー氏からトレッキングポールの御礼に貰った、ダイソーのアルミ製風よけを使ってみる(どうもありがとうございます)。
実測重量197g。
袋込みだと206g。
意外に軽いが、ちょい嵩張る。
ツーリングの時は、荷物を最小限に抑えたいので、使いどころが難しい( ̄▽ ̄;)。
風よけの効果は文句無しです。

P5010589.jpg

晩飯の後は、18時にふるさとの湯で汗を流し、その後夜遅くまでスマホでネットを見てから寝た。

この日の走行距離:72.74km
この日の経費:4982円

大滝村ツーリング その1

今年はGW中の旅行は自粛しろとのお達し、でも定期的に旅に出ないと駄目な性分なので、人と接触しない所ならいいだろと、計画を立てる事にした。
ネットで検索すると宿の大半もホームページのあるキャンプ場も休業要請で休み。
しかし無料無人のキャンプ場で、臨時休業のお知らせが出てない所を見つけた。
1日で到着可能だし、もし臨時休業してても代替方法が周辺にある。
(というか無料無人だから、最悪そこにテント張って一泊して、次の日帰ればいい)
天気予報を見ると3泊4日後に雨だから、このキャンプ場に3日籠るか。
これで決定。
そしてこの旅行記が2か月経ってから公開されるのは、不要不急の旅行をした事への非難を躱すのが目的である。
これが公開される頃には、自粛ムードも収まってるだろうという期待を込めて、投稿予約の日時を決めた。

4月30日。
11時、千歳の吉野家でライザップ牛サラダエビアボガド(660円)。
P4300433.jpg
これ自体は意外と満足感のあるメニューだったが、この日は距離走ったので、米を食べなかったのは軽い失敗だった。

昼飯を食べた後は、支笏湖に向かって走る。
P4300434.jpg
今回はテナヤブーツと最長3泊4日分の食料(出発前に買った約2000円分)があるので、荷物が何時もよりも多い。

12時半、支笏湖到着。
ここでGoogleマップで経路を見てみると、残り44km。
まだ半分か、今日は100km走る事になりそうだ。
P4300452.jpg
(画像は支笏湖畔から見た恵庭岳)

支笏湖畔を20km走った後は、美笛峠(標高569m)の上り。
今年に入ってからまだそんなに走ってないので、65㎞走ってからの峠越えが出来る体になってなく、当然のように途中から押して歩いた。
P4300454.jpg
ハンガーノックの兆候も出てきたので、念の為持ってきたカロリーメイトを3袋食べて凌いだ。

16時、督峻別キャンプ場に到着。
しかし5月11日まで閉鎖となっていた。
そういう事はちゃんとホームページに書いといてくれ。
誰も居ないのでテントは張れるが、水が出ないしトイレも入れない。
まあ水は数キロ離れた三階滝公園で汲んでくればいいし、トイレもそっちにある。
一応スマホで周辺の宿泊所を検索したら、大滝村 水谷ロッヂが出てきた。
情報が少なく、詳細がほとんど分からない。
なので出発前の検索では見落としてた。
が、2009年頃までは自由料金で泊まれたらしい。
まだ陽があるうちに、確認しに行ってみますか。
大滝村 水谷ロッヂ。
P4300463 (2)
山間の集落の片隅にある小屋だった。
入ってみると誰も居なかったが、貼り紙を色々見て、宿泊手続き出来た。
P4300464.jpg
現在は1泊300円以上(以前は金額下限無し)。
電気水道トイレ(汲み取り式)が使える。
寝具は持参しないと無い。
他に泊まる人は居らず、以後ずっと私一人だった。

17時、大滝区共同浴場ふるさとの湯。
なんと無料の温泉浴場。
公式には伊達市民のみが使ってよいという事になってるが、「気にせず入りな」と言われたので、お言葉に甘えて入った。
今日はたくさん走って疲れたし、夕方から寒かったので、凄く気持ち良かった。

18時晩飯。
P4300472.jpg
ご飯を炊きながら、缶詰をツマミにバーボン水割りを飲む。
バーボンはどうしてキャンプ中に飲むと美味しいのか。
カニ缶とマッシュルームの水煮で炊き込みご飯。
P4300474.jpg
火が弱過ぎたみたいで、水が飛びきってない上に、芯のある出来上がりだったが、それでも美味しかった。
キャンプ一発目の炊飯は要領を忘れてて失敗しがちだから、無難なメニューにしといた方がいいな。

この日の走行距離:105.11km
この日の経費:4405円

奈良旅行 その4

4月11日(土)
6:45にチェックアウト、朝食(2400円)。
P4110383 (2)
(これにプラス茶粥、粕汁)
昨日の方が豪華だったかな( ´•ω•` )。

食べたらすぐに電車に乗る(関空まで1500円)。
飛行機減便で、午前中の一便しか無いので、早朝から移動しないといけない。
(下は南海電鉄の特急ラピート
P4110387 (2)

P4110389 (2)

空港は土曜日の為か、人が多い感じだ。
機内も大体席が埋まっていた。
行きとは大違いだ。
昨日大分歩いた疲れか、寝て起きたら、新千歳空港に着いた。

12:45空港で旅行最後の昼飯とするか。
レストランはどこもガラガラ、何時も行列の一幻でさえすぐ入れる。
海老善という店で、ウニ丼にじゃがバターとアスパラとトウキビの天ぷらとビールのセットで3500円で出してた。
P4110401 (2)
空港ならお得じゃね?
という事でこれに決定。
P4110404 (2)
ウニ丼の味は普通。
何時も港町で旬時に食べてるので、それと比べちゃイケないか。

デザートはISHIYA CAFEで空港限定の白いパフェ(1000円)。
P4110407 (2)
見た目と違って中には色々入ってる。
新千歳空港では今の所一押しスイーツ。
札幌の街中で〆パフェブームで出してるパフェよりも、大分上の味だ。
そして家に帰った。

今回の旅行を振り返ってみると、奈良は二泊三日では全然足りないと感じた。
札幌⇔奈良間の移動で最低6時間掛かる。
有名なお寺で入館料を払って入る所を回るだけでも、丸一日掛かる。
博物館や国宝館にも入って回ると、プラス一日かそれ以上掛かるだろう。
古都だけあって、国宝も沢山あるので、観光のボリュームは結構ある。
初めて奈良に来るなら三泊四日ぐらいがいいか。
それで足りなかったらまた来ればいい。

この日の経費:6880円
3日間の総経費:66108円

奈良旅行 その3

4月10日(金)後半。
14時昼飯、平宗(ひらそう)。
柿の葉寿司を販売してるが、食事も出来る店。
大和地鶏煮麺膳(1727円)。
P4100256.jpg
高いけど味は良い。

14:30甘い物を食べるか。
P4100259 (2)

猿沢豆花で猿沢豆花とタピオカミルクティーのセット(1320円)。
P4100261 (2)

その後は観光再開、興福寺 中金堂
P4100270 (2)

東大寺 南大門
P4100283 (2)

P4100291.jpg

P4100292.jpg

古びた感じが凄くいい。
P4100294.jpg

東大寺(入館料600円)。
P4100299 (2)

P4100302 (2)

大仏
P4100313 (2)

虚空蔵菩薩
P4100322 (2)

如意輪観音
P4100347 (2)

広目天
P4100325.jpg

多聞天
P4100343.jpg
客が数人しか居ない。
こんな空いてる状況で奈良の大仏を見れるって、一生に一度も無いんじゃね?
大仏は芸術作品だった。
大きさではなく、造形の出来の良さが人気の理由だろう。

16:45バスに乗って唐招提寺に来たが、既に入館終了。
ではと近くの薬師寺に行ったが有料ゾーンは同じく入館終了。
17:10まで入れた、薬師寺の玄奘三蔵院伽藍の回りの境内だけ見て回って、観光終了となった。
P4100361.jpg

晩飯、タリカロ
P4100369 (2)
奈良のグルメで検索したら、辛いけど美味しいカレーの店と書いてあったので、やって来た。
夜のタリカロカリープレート(2475円)。
P4100375 (2)
夜のカレーメニューはこれだけのようだ。
ライスとルーとヨーグルトが各1回ずつおかわり出来る。
つまりほぼ2倍食べられる。
結局ライスと、一番辛いが一番美味かったチキンカレーと、ヨーグルトをお代わり。
腹一杯。

ホテルに帰ってから、また大浴場に行ったが、この日は沢山歩いたので風呂が気持ちよかった。
そして明日は早いのですぐ寝た。

この日の経費:9022円

奈良旅行 その2

4月10日(金)
朝食はホテルのレストランで(2400円)。
P4100067 (2)
(これにプラス茶粥、精進汁、野菜の蒸篭蒸し)
普段はビュッフェスタイルだそうだが、時節柄定食形式に変更になってた。
だがお陰で味が良いし、品数も十分以上に多い、柿の葉寿司や奈良漬等の名物も入ってる。
内容からいって、リーズナブルだ。
食事は外で食うよりも、ホテルの朝飯に金掛けた方が良さげだな。

朝飯の最中にスタッフさんに、客は何時もの何割ぐらいかと聞いたら、「1割も無いです。この時期は例年200人以上泊まるのに、今は十何人とかです」と答えた。
観光関係は本当に厳しい状況だろう。

8時過ぎに出発、今日はバスの1日券(500円)で回る。
まずは奈良公園。
P4100077 (2)

大きなクスノキ
P4100083 (2)

P4100098 (2)

P4100102 (2)

P4100107.jpg
奈良公園の中央にある神社。
有料ゾーンには入らずに見て回った後、裏手の若草山に登る。
今回は時間が足りないので、博物館系はすっぱり諦めた(一番入りたかった奈良県立博物館は臨時休館だったし)。
代わりに奈良公園の遊歩道を歩く事にした。
道は自動車で走れる程広く整地されている。
P4100129.jpg
トイレや休憩場があちこちにあり、更には交番も3箇所にある。
可成り人気のある遊歩道なのが伺える。
若草山登頂342m。
P4100134 (2)

P4100135 (2)

P4100137_panorama.jpg
(上の画像はクリックすると大きな画像になります)

ここから春日山原始林の中を歩き、鶯滝。
P4100171 (2)

春日山石窟仏。
P4100198.jpg

地獄谷石窟仏。
P4100217 (2)

首切地蔵。
P4100226 (2)

朝日観音。
P4100235 (2)

夕日観音(可成り遠くからしか見れない)。
P4100247 (2)
13:30頃下山。
10kmぐらいは歩いただろうか。
午前中で大体回れると高を括っていたので、思ったよりも時間を食った。
結果この後の観光が割を食ったが、私は摩崖仏や石窟仏が好きなので、悔いは無い。

この日の記事は長くなったので2回に分けます。

奈良旅行 その1

これは4/9から4/11の話。
何故コロナ禍真っ只中の時期に観光旅行したのかというと、元々は母と叔母が京都奈良旅行一週間を計画していた。
それの飛行機チケットと奈良の宿を私がネットで予約した。
これが2月初めの話。
3月になるとコロナが問題になり、北海道では逸早く緊急事態宣言した。
この頃に叔母から旅行取り止めの申し入れがあり、観光先の予約解約(これも私がネットで取った物)。
そして母の飛行機チケット(叔母は現地集合)は、行きはANAだったのでキャンセル出来て、全額払い戻し。
帰りはLCCだった為、キャンセルしても払い戻し無し。
奈良の宿も早割で安く取った為、キャンセルしても払い戻し無し。
なのでそのまま放置してたら、3月中頃に国内のコロナが小康状態になった時に、予約分が勿体無いから奈良だけ行ってくると言い出した。
叔母は行かないので、代わりに妹が一緒に行くという。
ならばと2人分の行きの飛行機と、1人分の帰りをLCCで予約。
そして旅行2日前になって、東京や大阪等7都市で緊急事態宣言発令のニュースを見て、やっぱり行かないと言い出した。
手間掛けてるこっちの身にもなれと(さらには飛行機代は私のプレゼント)内心怒ってたが、行けと言ったら行く物でも無いので、じゃあ私が行って来ると言った。
何かぶつくさ言ってたが、何もかも私が手配してる手前強く言えないし、私も聞く耳無し。
そして旅行前日に、それまで不可だったLCCの飛行機チケットの払い戻し受付が開始されて、結果無駄に払ったのは宿代1人分だけで、旅行に行く事が出来た。
(念の為書きますが、飛行機チケットは本人以外が使う事は出来ません。私が乗る分の飛行機チケットは2日前に取り、母と妹の分は前日払い戻しました)

そしてこの記事が旅行から1ヶ月以上経ってから公開されるのは、これを読んだ人から不要不急な旅行をした事の非難と、感染疑いを躱すのが狙いだ。
潜伏期間は既に過ぎており、結果感染はしなかった。


4月9日(木)
平日午前中の千歳空港。
P4099923.jpg
コロナの影響で明らかに何時もより人が少ない。
試しに国際線ロビーに行ったら誰もおらず、全ての便が欠航してるようだった。
P4099930 (2)

子供を遊ばせる場所も閉鎖中。
P4099932.jpg
お土産物屋は暇を持て余していた。

関西国際空港行きの便(往復12510円)に搭乗、席は1割強埋まってるかどうか。
P4099936.jpg
普段は一日5便出てるのが一日1便に減便。
にも拘らずこの空き具合。

関西国際空港到着。
P4099943.jpg


到着したらちょうど昼なので空港で昼飯を食べる事にした。
ぼてぢゅうのお好み焼き(ドリンクセットで1133円)。
P4099958.jpg
味は普通、値段も別に安くない。
551蓬莱の肉まん(190円)は美味しかった。
P4099956 (2)
人気があるのは分かる。

その後関空から奈良まで電車(1500円)に乗る。
P4099945.jpg
新今宮で乗り換えて大阪から奈良に向かうに従って、どんどん田舎の畑の風景になるのが不安だったが、奈良はちゃんとした都市だった。
16時奈良駅。
P4099968 (2)

今日から2日間の宿は、駅前のホテル日航奈良(2泊2名で32128円)。
P4099972.jpg

部屋はツインで最上階だった。
P4099970 (2)
元々2名予約だったので広い部屋だ。

まだ日があるので奈良の街中をうろつきまわる事にする。
P4099979 (2)
奈良の道は大体碁盤の目状になってる。
(中学校の頃平城京とか歴史で習ったと思うがそれだ)
迷う心配が無くて歩きやすい。
思ってたよりも歩いてる人は多く、にぎやかな地方都市って感じだ。
P4099986 (2)
ただ閉店は早くなってたようで、後で晩飯を食べる所を探す時に、目当ての店がネットの記載よりも早く閉まってて、何処も入れなかった。

P4099992.jpg

P4090012.jpg

奈良公園まで歩いて来た。
P4090028.jpg
18時でもまだ明るいので、南の方に来たなと感じる。
あと全然寒くない。
興福寺をぐるっと回った後は日が陰って来たので、ならまちに行ってみたが、ならまちは割と普通の町並みだった。
P4090027.jpg
歴史を感じるにはもう一つ趣が無い。
完全に日が暮れたので、この日の観光は終い。
晩飯は駅近のやまと庵はなれで、きのこ釜飯一合、大和肉鶏、やまと豚バラ、梅の宿一合(もらったクーポンで10%引きで2329円)。
P4090056 (2)
ホテルに帰る途中で駅中にスーパーがある事に気づいたので、ドリンクとアイスを購入。
何でも近くにあって便利なホテルだ。
大浴場に行ったら、終始私一人だった。
おかげで気兼ねなく風呂を満喫した。

この日の経費:50206円

モンベル ダウンハガー800 #5 ロング

モンベル ダウンハガー800 #5 ロング (19064円)。
P2119881 (2)
ここで買い替えようか考えてると書いたら、今年の春夏の新製品でモンベルの寝袋がモデルチェンジ
するとアナウンスされた。
新製品は、
  • 値段が上がった。
  • ジッパースライダーに噛み込みを軽減するパーツが付いた。
  • ロングモデルは198cmまでの身長に対応するようになった(旧製品は190cm)。
  • ロングモデルはサイズアップ分重量が増えた。
辺りが変更点のようだ。
検討した結果、この差なら新製品じゃなくてもいいので、処分価格となる旧製品を購入する事にした。
この時まだ、オンラインショップのアウトレットページには旧製品が載ってなかったので、実店舗に行き、既に値引きされてるのを確認して購入。
値札は税込み20240円(2割引き)だったが、モンベルのプレミアゴールド会員なので、差し引き上の購入価格になった。

広げた所。
P2119886.jpg
実測重量は寝袋のみだと428g。
スタッフバッグが24g。
因みにカタログ重量だと、重量:447g(スタフバッグ込重量470g)。
U.L.スーパースパイラルダウンハガー #7 ロングが529gだったので、それよりも100gも軽い。
ただし軽い代わりに小さく窮屈で、体感では#2 ロングよりもちょっと小さく感じる。
多分羽毛量はU.L.スーパースパイラルダウンハガー #7 ロングと差が無くて、生地が薄くなった分(15デニール⇒10デニール)と、小さくなった分(対応身長193cm⇒190cm)で、100g軽いのではなかろうか。
小さくなった分隙間が減るのと、羽毛層は厚くなるので、それで#5の暖かさが確保されてる感じか。
次の夏のツーリングに持っていくので、その時に色々はっきりするだろう。

室蘭岳登山キャンプ その4

5:45頃起床。
昨晩はよく寝た。
周辺を散歩。
P9168718.jpg

カタツムリ発見。
P9168722.jpg

朝飯。
P9168726 (2)
アマノフーズのフリーズドライ食品を持ってきたので食べよう。
クリームシチューはレトルトに負けてるかな。
P9168728 (2)
カレーは結構美味い。
P9168729 (2)
カレーは一度買って食べてみても損は無い。

この後撤収作業に入ろうとしたら雨。
天気予報を見たら日中は降ったり止んだりの天気のようだ。
9:15雨が止んだのを見計らって撤収。
P9168733 (2)

10:35苫小牧のマルトマ食堂に到着したが、祝日で休みだった。
なので向かいのぷらっとみなと市場に入って、
P9168739.jpg

とりあえず逢海でガンガン焼き盛り合わせ1980円。
P9168742 (2)

ああ美味しい。
P9168744 (2)

11:50苫小牧駅。
まだ早いけど雨が降る前に帰るのが得策だろう。
13:21の列車で札幌に帰った(1270円)。
これで今回の旅はお終い。

この日の走行距離:31.57km
この日の経費:4150円

3日間の総走行距離113.19km
3日間の総経費:23757円


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR