小樽散策

先週は晴れてたけど自転車に乗る気にならず。
小樽駅の中にある立ち食い寿司の伊勢鮨で食べたくなったので、小樽に行った。
おまかせ8貫(1800円)
IMG_20180512_125733.jpg

IMG_20180512_130005.jpg

IMG_20180512_130209.jpg

IMG_20180512_130415.jpg
ああ美味しい。
追加でツブとシャコを注文。
IMG_20180512_130843.jpg
全部合わせて二千何百円。
この値段でこの味で文句を付ける所は無い。
寿司屋通りの適当な店に入るよりも、ここで食べる方がお勧めだ。

寿司を食べた後は小樽公園の方に歩く。
IMG_20180512_133006.jpg

ミルク・プラント
IMG_20180512_133445.jpg
テレビで紹介されて初めて知ったが、小樽でソフトクリームで有名な店だそうだ。
となれば行くしかないと、前回小樽に来た時にも立ち寄ったが、その時は期間外で閉まっていた。
バニラ(270円)
IMG_20180512_133900.jpg
味は正直特別美味しいという程でもない。
どうやらニューヨークジャンボという大きなサイズに人気があるようだ。
バニラとは別に北海道ミルクという味があるので、夏頃にもう一回食べにくるか。

その後はルタオ本店の喫茶室でショコラの誘惑セット(1300円)
IMG_20180512_142635.jpg 
何時もパトスに入ってて、本店の喫茶室には一度も入った事が無かったので入ってみたが、パトスの方がいいかな。
レトロな雰囲気が好きならこちらでもいいけど。

旧手宮線を横切って小樽駅に戻り、帰った。
IMG_20180512_150908.jpg


平岡公園の梅

IMG_20180505_153341.jpg

IMG_20180505_153447 (2)

IMG_20180505_155115.jpg

IMG_20180505_154215 (2)

IMG_20180505_153924.jpg

IMG_20180505_155408 (2)

天狗山散策

先週の話。
道を選べばロードバイクに乗れる状況だったが、来週になればもっと快適に乗れるのはハッキリしてる。
まだ雪が残ってるうちに天狗山に登ってみるか(参考:知らない小樽を散策)。

午前中のうちに小樽に到着してまずは腹ごしらえ、三角市場の駅とは反対の端の丸味屋
P3252638.jpg

こまい焼(500円)
P3252642.jpg
珍味でよく見かける魚、多分一夜干しを焼いた物だと思う。
美味い。

エビフライカレー(1000円)
P3252643 (2)
エビフライは多分生海老、カレーは海鮮出汁。
わざわざ小樽の市場で出すだけはあるメニューだ。

飯を食った後は出発。
P3252645 (2)
晴れててとても気持ちがいい。
最高気温は9度になるらしい。

今日登る山はあれ。
P3252649.jpg
標高532mの低い山だ。
既にある程度登ってるので頂上もすぐそこに見える。
P3252654.jpg

P3252657 (2)

P3252662.jpg

P3252669.jpg
登っていくに連れて雪も増えてきて、一番雪の壁が高い所では2mぐらいあった。
小樽駅から7.7km歩いた所で天狗山スキー場の展望台の脇に出た。
P3252683.jpg
多分雪が無いと、ここに道路があって、展望台まで車で行けるのだと思う。
展望台まで歩いて一休み。
ついでに展望台の横にあった天狗山神社にお参り。
P3252684 (2)

雪に埋まってた。
P3252687 (2)

小樽を一望。
P3252690.jpg

帰りは最初ロープウェイで降りようと思ってたが、片道料金720円なのを見てやめて、帰りも歩く事にした。
P3252693.jpg

途中で見つけたフキノトウ。
P3252696.jpg

天狗山を下りて、向かったのは小樽ニュー三幸
P3252697.jpg
今日は15km以上歩いたのでもう一回栄養補給が必要だ。

牡蠣のアヒージョ(1058円)
P3252702 (3)

あんかけ焼きそば(900円)
P3252704 (3)
体が疲れてる時は炭水化物が美味い。

余市散策

朝から電車で余市に、朝飯は柿崎商店で宗八カレイ(280円)
P3182577.jpg

ほっき飯(550円)
P3182578 (2)

その後は旧下ヨイチ運上家に向けて歩く。
余市川
P3182579.jpg

P3182582.jpg

余市湾越しに見えるのは天狗山かな?
P3182590.jpg

旧下ヨイチ運上家に到着。
P3182594.jpg

しかし冬季閉鎖中だった。
P3182596.jpg
次の目的地に向かうか。

浜中モイレ海水浴場
P3182602.jpg
雪が残ってる風景っていいね。

P3182603 (2)

サーフィンする人達。
P3182607.jpg
凄いな、寒くないのか?

P3182609.jpg

讃助で山玉ぶっかけ(通常734円だが588円だった)。
P3182613.jpg
店の外観からチェーン店かな?と思ったが、余市にしかないようだ。
味は意外な程美味しい。
また食べに来ようと思う。
うどん店の2つ隣が今日の目的地、鶴亀温泉
P3182616.jpg
余市に自転車で来る時に何時も通りがかるので気になってた温泉。
微妙に余市市内から離れてるので、来そびれてた。
中に入ってレストランメニューを確認したら、これは食べるしかないというメニューがあったので、腹は減ってないが、早速食べる事にする。
鶴亀丼(1560円)
P3182622.jpg

値段を考えると結構お得なサイズのアワビが乗ってる。
P3182624.jpg
小樽産だそうだ。
他にイクラ、カズノコ、エビ、多分ホタテのワタが乗ってた。
どれも味が良く、可也人にお勧め出来る食べ物だ。

温泉は黄土色で鉄臭い食塩泉(入浴料600円)。
湧出量がそれ程でもないのか、かけ流しなのにぬるい方の湯舟が浮いてる髪の毛やゴミが多め、露天風呂の温度が低い等が気になったが悪くない。
暖かい時期にくればもっと評価が上がるだろう。

歩いて余市駅の裏まで戻ってきた所、
P3182629 (2)
小樽と同じでこちらが生活圏。
余市の駅前は観光用だ。
線路を超えて何時もの余市に戻る。
P3182628.jpg

最後はニッカウヰスキー工場でジン(300円)
P3182630 (2)
このジンは美味い。
多分今後暫くは来る度に飲むと思う。

知らない小樽を散策

昨日はファットバイクに乗ったけど、むき出しになった氷と溶けて流れる水で走りづらく、近場で引き返してしまった。
今日も天気が良いし道路状況は同じような物、歩くか。
P3112510.jpg

電車で小樽に到着。
10時前で飯が食える所と言えばここしかない、三角市場。
P3112513 (2)

アンコウ
P3112514 (2)

味処たけだで刺身定食(1500円)。
P3112520.jpg
海鮮丼が流行ってるけどこちらの方が安くて美味しいな。

腹ごしらえした後は、今まで小樽駅の運河側しか行った事が無かったので、駅の反対側に行ってみる事にした。
P3112522 (2)
小樽駅の出口は運河側にしかなく、駅の外をぐるっと回らないとこちら側には来れない。
それで今まで来なかったが、歩いてみると小樽の生活圏はこちらなのが良く判る。
更に歩いて天狗山ロープウェイ乗り場の看板を見つけたので、そちらに向けて進む。
当然登りで山の上に向かって行く。
振り返ると小樽が一望出来た。
P3112532 (2)

天狗山スキー場到着。
P3112533.jpg
ここからロープウェイが頂上に出ている。
料金を見ると往復1200円だった。
高いな、あそこまでなら歩いて行けると思ってスマホで確認してみると、駅から真っ直ぐ歩けば8~9kmぐらいで登頂出来るようだ。
それなら日を改めてくるか。
私には十分歩ける距離だ。
引き返して小樽公園を突っ切って駅前に戻る途中、
P3112538 (3)

花園の飲み屋街、
P3112542.jpg
ここまで戻ってくれば知ってる小樽だ。
7~8kmは歩いたし昼飯にするか、寿司屋通りで天ぷら屋を見つけたので、ここにする。
P3112546 (2)

海鮮天丼(1700円)
P3112547.jpg
写真だと丼ぶりが小さく見えるかもしれないが、そんな事は無く、大きくボリュームがある。
ただ天ぷらの味は小樽で何時も食べる脇坂に負ける。
量では勝つ。
ランチで天ぷら定食を1000円で出してるみたいなので、次はそちらを食べてみるかな。
安いメニューでお得感が増しそうな感じがする。

その後はあまとうでしょうゆクリームぜんざい(730円/Mサイズ)。
P3112552 (3)
久しぶりに歩いたので疲れてたみたいでこれもぺろりと食べた。
その後は電車に乗って帰った。

今年の雪祭り

P2092351 (2)

ぼのぼの
P2092353.jpg

今年は市民雪像のクオリティーが高い。
P2092354 (2)

P2092355.jpg

カップヌードルの麺が流れてる所が滑り台。
P2092358.jpg
デザインと機能が融合しててなかなかの出来。

P2092361 (2)

毎年ハイクオリティーの国際雪像コンクール。
P2092363 (2)

P2092367 (2)P2092369 (2)

P2092374 (2)

これもハイクオリティーな市民雪像。
P2092377.jpg

今年は沢山あったミリオンズ。
P2092379.jpg

晩飯、担々麺。
P2092382 (2)

大雪像で何故かバーンスタイン。
P2092391.jpg
何故?

今年一の出来のファイナルファンタジー。
P2092398 (2)

プロジェクションマッピングも良かった。
P2092394 (2)

ゴールデンカムイ。
P2092407.jpg

駅前通りを歩く。
P2092411.jpg

ススキノ会場。
P2092422 (2)

今年は寒くて氷像が溶けてないので、ここでもクオリティーの高い氷像が見れた。
P2092427.jpg

P2092428 (2)

晩飯その2、にぎりめし。
P2092432 (2)

P2092436 (2)
美味しい。
ススキノゼロ番地にある店。
お勧め。

P2092440 (2)

P2092441.jpg

私のお気に入り「百姓一揆」。
P2092442 (2)
ちょっとツボに入った。

花見

厚田海浜プール
P5069273.jpg

厚田のかねとも寿司の持ち帰り寿司(1500円)
P5069275.jpg

戸田記念墓地公園
P5069277.jpg

P5069280.jpg

ロイズ本社ローズガーデン
P5069291.jpg

森林総合研究所北海道支社
P5069302.jpg

P5069308.jpg

小樽 手宮公園
P5069315.jpg

P5069320.jpg

P5069326.jpg

P5069331.jpg

P5069342 (2)

小樽 ルタオ パトス
P5069349.jpg

P5069350.jpg

P5069352.jpg

余市、小樽散策

木金と雪が降ったので、土日は自転車に乗るのを諦めた。
そうだ余市に行こう。
P3268272.jpg

午前10時頃、開店直後の柿崎商店、何時もは人が並んでるが、流石にこの時間は並ばずに入れた。
P3268275.jpg

海鮮丼(1270円)
P3268280 (2)
リーズナブルさでは定評がある店なので、海鮮丼も可也お得な内容だ。
ネタも新鮮で味が良い。
数量限定らしいので、巡りあったら食べる第一候補にするといい。

一緒に頼んだあんこう汁(480円)
P3268281.jpg
どんぶりになみなみとした量。
あんこうが思ったよりも入ってなかったけど、値段を考えると文句付ける所はない。
P3268284 (2)

P3268294 (2)
マッサンブームも終わって、観光客は落ち着いてた。
何年か前は入れた建物が幾つか、耐震上の理由で入れなくなっており、見学出来る所が減ってた。
お目当ては有料試飲場で、午前中だが飲む。
余市蒸留所でしか飲めない、シングルカスク10年(15ml/1000円)。
P3268297.jpg
グラスに注いだだけで、こちらまで香りが伝わってくる程、香り高い。
加水しておらず、味はストロング、だがリンゴのような甘味も感じられる良いバランス。
10年の熟成で仕上がっており、値段以上の素晴らしいウイスキー。

シングルカスク10年が素晴らしかったので、シングルカスク5年(15ml/500円)も頂いた。
P3268298.jpg
こちらはハッキリと荒々しい。
まだ熟成が足りない。
しかし10年と同じで香り高く、名酒の片鱗を見せてる。

有料試飲場での最後は、シングルモルト2000's(15ml/400円)
P3268299.jpg
シングルカスクが一つの樽の中の原酒だけを瓶詰した物に対して、シングルモルトは余市蒸留所で作られた、2000~2009年の原酒を混ぜた物。
シングルカスクは個性がハッキリ出るので、当たりはずれもハッキリしてるが、シングルモルトは蒸留所の味の平均値になる。
最後に飲んだこれは、先に飲んだ2つが素晴らしすぎて、平凡に感じてしまった。
また、何年前にあった竹鶴25年はもう無く、その他の十何年物というウイスキーも無くなったり、販売終了で、ストック分だけという状態になっていた。
マッサン景気で、蒸留所に蓄えてた原酒をすべて製品にして、売ってしまったのだそうだ。
ただ同時に増産もしたので、最近やっと使える新しい原酒が出来てきているという話だ。
有料試飲場を出た後にレストランをみたら、限定シングルモルト余市3種+シングルカフェグレーン+おつまみ(2000円)というのを見つけたらので、また飲む。
P3268302.jpg
これらはノンエイジ(熟成年数の表記が無い、大体は若いお酒)で、瓶詰して売ってる物だ。
一瓶6000~7000円ぐらいで売ってるだけあって、味はどれも良い。
このような形で飲めるので、個性の違いも楽しめる。

普段酒を飲まないので、この辺で酔っぱらってきてるが、目の前に無料試飲場があったので、そのまま更に飲む(笑)。
P3268303.jpg
以前は事実上飲み放題だったが、何時の間にかしっかり管理するようになって、各お酒一杯ずつしか飲めなくなってた。
既によっぱらってるし、ここまでに飲んでる酒が良い物ばかりなので、別に美味しくも感じず(失礼だな俺(^^;)、益々酔っぱらっただけだった。
もう一回柿崎商店で飯を食べたいなと思ってたが、ここまで酔っぱらってると食欲がない。
そうだ小樽に行こう。
P3268305 (2)
一時間に一本ぐらいしか電車が無いから大分待って、その間酔い覚ましになった。

昼過ぎに小樽到着。
ブラタモリにも出てきた海岸段丘。
P3268314 (2)

酔いが醒めてきてお腹が減ってきたので寿司を食べる事にした。
P3268309.jpg

雪にぎり(2700円)
P3268311.jpg
美味しい。
小樽で何度か寿司を食べてるが、当たりはずれがあって、札幌で食べるのに比べて美味しいと思った事はないが、この店は評価する。

小樽に来たからにはスイーツも食べないと、という事で、ルタオ パトスで、フローズン・スモア・パフェ(1080円)。
P3268317.jpg
北海道で1000円越えるスイーツはすごく高価な部類だが、そういうメニューしかないのに、何年もやっていけるのは、それなりの物を出してるからだ。
小樽に来たら一度入ってみる価値のある店だ。

そして朝から食べて飲んで酔いも醒めて暗くなる前に家に帰った。

今年の雪祭り

今年も雪祭りを見に行ってきた。
P2098072 (2) 
平日の夜だがこの人出、北海道の冬の一大イベントだ。

奈良・興福寺 中金堂
IMG_20170129_155932_1.jpg
最初に見た大雪像だが、これが今年一番出来が良い雪像だったかな?
プロジェクションマッピングが雪像の形を生かしたしっかりした物で、見応えがあったのも好印象。

ピコ太郎
P2098078.jpg
外人にもすごく人気のあった雪像。
ピコ太郎の世界的な人気が本物だという事が良く分かる。

カップヌードル
P2098079.jpg

スターウォーズ
IMG_20170129_155932_3.jpg
TVのニュースで一番取り上げられてる雪像だが、実物の出来はそれ程でも。

国際雪像コンクール優勝作品
P2098082 (2) 
毎年ここだけクオリティーが違う。
今年も作り込みの素晴らしい作品ばかりだった。

ムエタイ
P2098083.jpg 
テンカオ(膝蹴り)してる所。

アップで、
P2098084.jpg
殺る気だ(笑)。

ポーランドから来た人達の作品
P2098086.jpg 
何を押してるんだろうと思って裏から見ると、P2098093 (2)
訳が判りません(^_^;

P2098088.jpg

P2098090 (2)
芸術的な作品が多いのが国際コンクールの特徴か。

インドネシアから来た人達の作品
P2098091.jpg
脳みそを吸ってる所か?と思ったら作品名「母の愛」だった・・・。

同じ場所にあった無駄に芸術的に雪が積もった噴水。
P2098096.jpg

大雪像・凱旋門
P2098102 (2)

台湾-台北賓館
P2098110 (2)
ステージになってて、丁度誰かが歌っていたのだが・・・
P2098105.jpg
死ぬぞ

 トット商店街
P2098113 (2)
ファイナルファンタジーのアレキサンダーかと思ったが、黒柳徹子さんがモチーフだそうだ。

こちらが本物のファイナルファンタジー
IMG_20170129_155932_5.jpg
毎年一番出来の良い大雪像がある、4丁目広場だが、今年はデッサンが狂った感じで今一。
これで一通り見て回った。
今年は大雪像も小雪像も面白いモチーフの物が無く、あまり見所が無かった。

帰り道
P2098114 (2)

P2098118 (2) 
雪祭りに合わせてライトアップされた街中が今年一番の見所かな。


ノースサファリサッポロに行ってきた その2

ゴマフアザラシ
PB197079 (2)
妙な宇宙人感。

アルパカ
PB197103.jpg

グリーンイグアナPB197115.jpg

コモンリスザルPB197119.jpg

ヨツユビハリネズムPB197125.jpg

リスザルと仲良くなった。
PB197132.jpg
ズボンが汚れてるのはマーラに寄りかかられたせい(笑)。
リスザルは小学生低学年の男子並みにいたずら好きで落ち着きが無く、服のチャックを開けようとするし、カメラに異常な興味を示して触ろうとする。
ダメっと言って手を出したら癇癪起こして血が出る程指を噛まれた。
サルに噛まれたのは人生二度目だ。

コモンマーモセット
PB197160.jpg

フタユビナマケモノPB197168.jpg

ドヤ顔PB197170.jpg

ニホンザル
PB197180 (4)

カピパラPB197187.jpg

ビルマニシキヘビ
PB197189.jpg  

続く
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR