FC2ブログ

桜散策

5/4

さっぽろ雪まつり

まずはラーメン Qで昼飯(醤油ラーメン900円+煮卵150円+地鶏丼600円)。
P2095654 (2)

P2095655 (3)
780円だった醤油が900円、480円だった地鶏丼が600円と値上がりしてた。
それでも人が並んでるからこれで適正なのだろう。
実際味は美味しい。

雪まつり大通会場に到着、2丁目。
P2095662.jpg

3丁目。
P2095670 (2) 
4丁目。
P2095672 (2)

5丁目。
P2095734 (2)

P2095676 (2)
ステージになってて丁度京都から来たアイドルが歌い踊っていた。
アップにしてみましょう。
P2095673.jpg
この時の気温-6度、馬鹿じゃないの。
終わった時は頑張りに思わず拍手した。
そして入れ替わりで次の人達が出てきた。
P2095679.jpg
今度はへそ出し。
何この我慢大会。

ずーしーほっきー。
P2095683.jpg

7丁目、ヘルシンキ大聖堂。
P2095689.jpg
今年の雪まつりは総じて大雪像のクオリティが今一だったが、その中でこれだけが飛びぬけて出来が良かった。
ただ雪まつりを開催した最初の2日が暖かく、そのせいで細かいディティールが溶けてしまってたのが残念だった。
P2095691.jpg

8丁目。
P2095694 (2)

9丁目。
P2095696 (2)
今年はチコちゃんがいっぱいあった。
代わりに妖怪ウォッチとかミニオンズとかは無くなってた。

出来のいいDr.スランプアラレちゃん。
P2095699 (2)

10丁目。
P2095702 (2)

P2095704.jpg

P2095708.jpg
スターウォーズは食傷気味だ。

11丁目、国際雪像コンクール会場。
P2095711.jpg

P2095712.jpg

P2095714.jpg

P2095715.jpg

P2095716.jpg

優勝作品、
P2095717.jpg
ひれの薄さに驚く、繊細で作りこまれてて見ごたえのある作品だ。

P2095719.jpg

準優勝作品、
P2095720.jpg

12丁目。
P2095723.jpg
これで大通会場は一通りみた。
すすきの会場に向かう為に引き返す。
途中でみた市民雪像。
P2095732.jpg
去年その前にも飛びぬけてハイクオリティーな市民雪像を見たけど、多分同じグループが作ってるのだろう。
 
途中メガドンキ内の花畑牧場でチーズハットグ(450円)。
P2095738 (2)
初めてチーズハットグ食べたけど美味しいな。
チーズが花畑牧場製という事だから特別美味しかったのかもしれない。
パフェ(480円)。
P2095740.jpg
美味しいけどソフトクリームが甘すぎるな。

すすきの会場到着。
P2095742 (2)

P2095744.jpg

P2095751.jpg

P2095753.jpg

P2095754.jpg

P2095755.jpg

P2095758 (2)

P2095760.jpg

P2095769.jpg

P2095770.jpg

P2095772.jpg
今年は大通会場の雪像のクオリティが総じて低かったのと対照的に、すすきの会場の氷像のクオリティが高かった。
気温が高いと大会期間中持たないような攻めた作りの作品がいくつもあった。

日が暮れてきたので、ライトアップとプロジェクションマッピングを見る為に大通会場に戻る。
P2095802.jpg

4丁目会場。
P2095780 (2)

P2095781 (2)
雪像は大雑把な作りだったが、プロジェクションマッピング前提か。
しかし凄い人出だ。
昼よりも夜の方が人が多い。
ライトアップやプロジェクションマッピングが人気になってるのが分かる。

5丁目。
P2095790 (2)

8丁目。
P2095801 (2)
列車が走るアニメーションになっていて、一番凝ったプロジェクションマッピングだった。

10丁目。
P2095805 (2)
こちらはプロジェクションマッピングは無く、ライトアップのみ。
色々期待外れ。
やっと一通り見て、雪まつり会場から離脱。
人が多すぎてとっととここから離れたい。

狸小路。
P2095810.jpg

P2095811.jpg
この間知ったが、札幌の会社が手掛けてるフランチャイズだそうだ。
となればいきなりステーキよりも贔屓にしなければ。
5円ステーキ250g+トッピングハンバーグ120g+ガーリックライス(2278円)。
P2095814.jpg
肉は硬いが味があってなかなか美味しい。
 昔食べた時は味が無くてあんまり評価出来なかったが、この味ならまあまあかな。
トッピングハンバーグやガーリックライスは文句無しに美味しくてリーズナブルだな。
すぐに潰れずに続いてるから、味は改善したのだろうな。
次は高い肉を食べに来てみるか。

余市で飲み食い

去年の12月24日の事、余市に行ってきた。
朝10時の柿崎商店。
IMG_20181224_101645.jpg
何時も人が並んでる店だが、開店直後は狙い目だ。
かに丼(1480円)
IMG_20181224_101807 (2)

ホッケの焼き魚(480円)
IMG_20181224_101927.jpg

北寄貝の塩焼き(1080円)
IMG_20181224_102154 (2)
これだけ贅沢して3000円だからコスパは非常に良い。

食べた後は1Fの売り場を冷かして、
IMG_20181224_104004.jpg

IMG_20181224_104016.jpg

IMG_20181224_104505.jpg
まだ午前中というのもあるが、こちらも人が居ない。
有料試飲場でまずはシングルカスク余市10年(1000円/15ml)。
IMG_20181224_110758 (2)
有料試飲場一押しの酒、ここでしか飲めない。
カスクは樽という意味で、1つの樽から瓶詰されたウイスキーだ。
十年浪漫倶楽部 余市」の余った酒という話を、ここのバーテンダーさんから聞いた事がある。
だから売るほど無いのでここ限定で出してるのだそうだ。
会費一口31500円取った酒だから、仕込みの時点で贅沢に出来たのだと思う。
香りも味もニッカの他の酒とは別格だ。

IMG_20181224_110802 (2)
マンサニーリャはワイン(シェリー)の一種、その貯蔵樽で熟成させたウイスキー。
突き抜けない丸いコクのある味わい。
アルコール度数48度もあるのに刺激的な所が無いのが不思議だ。
面白い味の酒、すごく本数が少ないそうなので、あるうちに飲んでみるといい。

ブナハーブン25年(900円/15ml)
IMG_20181224_111538 (2)
アイラ島のウイスキーだが、スモーキーさもピーティーさも無く、スタンダードな味。
そして熟成年数の長さがしっかり感じられる高級酒だ。
市場価格が700ml一瓶で3万円ぐらいなので、900円は原価で飲んでるような物だ。
勿論この値段なら飲んで損は無い。

IMG_20181224_113237 (2)
コニャック地方のボルドリー地区から収穫された葡萄だけを使ったブランデー。
美味しいんだけどもう飲み過ぎて細かい味がわかんねーやw。

そしてJRで12:30の電車で札幌に帰った。
電車代往復2140円をプラスしても、食べた物と飲んだ物のグレードを考えたらまだお得だ。
なので偶に余市に行く。

苗穂街歩き

2018年11月17日に新駅舎が開業した苗穂駅周辺を歩いてみた(2018年12月1日の事)。
IMG_20181201_122149 (2)
新駅の作りは隣駅の白石駅そっくりだ。
白石駅は2011年に新駅舎になったので、最新の駅舎設計フォーマットがこういう物なのだろう。

苗穂駅の周辺はこんな感じ。
IMG_20181201_100256.jpg
左下の敷地は北海道旅客鉄道苗穂工場、苗穂運転所、日本貨物鉄道の苗穂車両所だそうだ。
旧駅舎にはなかった通路を通って北口に向かう。
IMG_20181201_100405.jpg
北口を出ると、目の前にアリオがあった。
新駅舎が開業して、やっとこのショッピングセンターも報われる日が来た。
苗穂駅近くなのに、出口が反対にしかないという悪立地で、よく13年もやってた物だ。
中に入ると新駅開業のセールをしていて、活気のある状態だった。
お店は1年くらい前に来た時から少し入れ替わってる。
でも空きブースは無い。

昼飯は何食べようかな?とフードコートに行ったら、丸亀製麺の釜揚げうどんが半額だったので、それに決めた(釜揚げ大190円、ごはん130円)。
IMG_20181201_102455.jpg
無料の天かすとネギとショウガを大量に貰ってご飯に乗せ、天丼用のたれをかけて、天かす丼の出来上がり。
IMG_20181201_102605.jpg
ネットで話題になってた激安丼、こんなに天かす食べたら気持ち悪くないか?と思ってたが、食べてみると具が無いので意外にあっさり食べやすい。
釜揚げに油っけが無いので、この組み合わせは丁度良い。
合計で320円でこれだけ食べられればお得感十分だ。

食後のデザートは自然満喫倶楽部でいちごdeいちごパフェ(810円)。
IMG_20181201_104033.jpg
清田の農園で取れたいちごを使ってるそうだ。
いちごは国産のフレッシュな物の味がする。
ソフトクリーム部分も悪くなさそうだが、正直パフェにすると味が判らなくなるので、そのうちソフトクリームだけ食べて確かめてみたい。

食後は隣の札幌ビール工場でビール(600円)。
IMG_20181201_110726.jpg

その後は札幌ファクトリーまで歩いてから苗穂駅に戻って帰宅。
IMG_20181201_114022.jpg

江別 蔦屋書店が広すぎて草

11月25日、江別に新しく出来た蔦屋書店に行ってきた。
PB255315.jpg

PB255317.jpg

PB255347.jpg

PB255320.jpg

PB255327.jpg

PB255328.jpg

PB255329.jpg

PB255334.jpg

PB255339.jpg

PB255343 (2)

PB255346.jpg

小樽散策

先週は晴れてたけど自転車に乗る気にならず。
小樽駅の中にある立ち食い寿司の伊勢鮨で食べたくなったので、小樽に行った。
おまかせ8貫(1800円)
IMG_20180512_125733.jpg

IMG_20180512_130005.jpg

IMG_20180512_130209.jpg

IMG_20180512_130415.jpg
ああ美味しい。
追加でツブとシャコを注文。
IMG_20180512_130843.jpg
全部合わせて二千何百円。
この値段でこの味で文句を付ける所は無い。
寿司屋通りの適当な店に入るよりも、ここで食べる方がお勧めだ。

寿司を食べた後は小樽公園の方に歩く。
IMG_20180512_133006.jpg

ミルク・プラント
IMG_20180512_133445.jpg
テレビで紹介されて初めて知ったが、小樽でソフトクリームで有名な店だそうだ。
となれば行くしかないと、前回小樽に来た時にも立ち寄ったが、その時は期間外で閉まっていた。
バニラ(270円)
IMG_20180512_133900.jpg
味は正直特別美味しいという程でもない。
どうやらニューヨークジャンボという大きなサイズに人気があるようだ。
バニラとは別に北海道ミルクという味があるので、夏頃にもう一回食べにくるか。

その後はルタオ本店の喫茶室でショコラの誘惑セット(1300円)
IMG_20180512_142635.jpg 
何時もパトスに入ってて、本店の喫茶室には一度も入った事が無かったので入ってみたが、パトスの方がいいかな。
レトロな雰囲気が好きならこちらでもいいけど。

旧手宮線を横切って小樽駅に戻り、帰った。
IMG_20180512_150908.jpg


平岡公園の梅

IMG_20180505_153341.jpg

IMG_20180505_153447 (2)

IMG_20180505_155115.jpg

IMG_20180505_154215 (2)

IMG_20180505_153924.jpg

IMG_20180505_155408 (2)

天狗山散策

先週の話。
道を選べばロードバイクに乗れる状況だったが、来週になればもっと快適に乗れるのはハッキリしてる。
まだ雪が残ってるうちに天狗山に登ってみるか(参考:知らない小樽を散策)。

午前中のうちに小樽に到着してまずは腹ごしらえ、三角市場の駅とは反対の端の丸味屋
P3252638.jpg

こまい焼(500円)
P3252642.jpg
珍味でよく見かける魚、多分一夜干しを焼いた物だと思う。
美味い。

エビフライカレー(1000円)
P3252643 (2)
エビフライは多分生海老、カレーは海鮮出汁。
わざわざ小樽の市場で出すだけはあるメニューだ。

飯を食った後は出発。
P3252645 (2)
晴れててとても気持ちがいい。
最高気温は9度になるらしい。

今日登る山はあれ。
P3252649.jpg
標高532mの低い山だ。
既にある程度登ってるので頂上もすぐそこに見える。
P3252654.jpg

P3252657 (2)

P3252662.jpg

P3252669.jpg
登っていくに連れて雪も増えてきて、一番雪の壁が高い所では2mぐらいあった。
小樽駅から7.7km歩いた所で天狗山スキー場の展望台の脇に出た。
P3252683.jpg
多分雪が無いと、ここに道路があって、展望台まで車で行けるのだと思う。
展望台まで歩いて一休み。
ついでに展望台の横にあった天狗山神社にお参り。
P3252684 (2)

雪に埋まってた。
P3252687 (2)

小樽を一望。
P3252690.jpg

帰りは最初ロープウェイで降りようと思ってたが、片道料金720円なのを見てやめて、帰りも歩く事にした。
P3252693.jpg

途中で見つけたフキノトウ。
P3252696.jpg

天狗山を下りて、向かったのは小樽ニュー三幸
P3252697.jpg
今日は15km以上歩いたのでもう一回栄養補給が必要だ。

牡蠣のアヒージョ(1058円)
P3252702 (3)

あんかけ焼きそば(900円)
P3252704 (3)
体が疲れてる時は炭水化物が美味い。

余市散策

朝から電車で余市に、朝飯は柿崎商店で宗八カレイ(280円)
P3182577.jpg

ほっき飯(550円)
P3182578 (2)

その後は旧下ヨイチ運上家に向けて歩く。
余市川
P3182579.jpg

P3182582.jpg

余市湾越しに見えるのは天狗山かな?
P3182590.jpg

旧下ヨイチ運上家に到着。
P3182594.jpg

しかし冬季閉鎖中だった。
P3182596.jpg
次の目的地に向かうか。

浜中モイレ海水浴場
P3182602.jpg
雪が残ってる風景っていいね。

P3182603 (2)

サーフィンする人達。
P3182607.jpg
凄いな、寒くないのか?

P3182609.jpg

讃助で山玉ぶっかけ(通常734円だが588円だった)。
P3182613.jpg
店の外観からチェーン店かな?と思ったが、余市にしかないようだ。
味は意外な程美味しい。
また食べに来ようと思う。
うどん店の2つ隣が今日の目的地、鶴亀温泉
P3182616.jpg
余市に自転車で来る時に何時も通りがかるので気になってた温泉。
微妙に余市市内から離れてるので、来そびれてた。
中に入ってレストランメニューを確認したら、これは食べるしかないというメニューがあったので、腹は減ってないが、早速食べる事にする。
鶴亀丼(1560円)
P3182622.jpg

値段を考えると結構お得なサイズのアワビが乗ってる。
P3182624.jpg
小樽産だそうだ。
他にイクラ、カズノコ、エビ、多分ホタテのワタが乗ってた。
どれも味が良く、可也人にお勧め出来る食べ物だ。

温泉は黄土色で鉄臭い食塩泉(入浴料600円)。
湧出量がそれ程でもないのか、かけ流しなのにぬるい方の湯舟が浮いてる髪の毛やゴミが多め、露天風呂の温度が低い等が気になったが悪くない。
暖かい時期にくればもっと評価が上がるだろう。

歩いて余市駅の裏まで戻ってきた所、
P3182629 (2)
小樽と同じでこちらが生活圏。
余市の駅前は観光用だ。
線路を超えて何時もの余市に戻る。
P3182628.jpg

最後はニッカウヰスキー工場でジン(300円)
P3182630 (2)
このジンは美味い。
多分今後暫くは来る度に飲むと思う。

知らない小樽を散策

昨日はファットバイクに乗ったけど、むき出しになった氷と溶けて流れる水で走りづらく、近場で引き返してしまった。
今日も天気が良いし道路状況は同じような物、歩くか。
P3112510.jpg

電車で小樽に到着。
10時前で飯が食える所と言えばここしかない、三角市場。
P3112513 (2)

アンコウ
P3112514 (2)

味処たけだで刺身定食(1500円)。
P3112520.jpg
海鮮丼が流行ってるけどこちらの方が安くて美味しいな。

腹ごしらえした後は、今まで小樽駅の運河側しか行った事が無かったので、駅の反対側に行ってみる事にした。
P3112522 (2)
小樽駅の出口は運河側にしかなく、駅の外をぐるっと回らないとこちら側には来れない。
それで今まで来なかったが、歩いてみると小樽の生活圏はこちらなのが良く判る。
更に歩いて天狗山ロープウェイ乗り場の看板を見つけたので、そちらに向けて進む。
当然登りで山の上に向かって行く。
振り返ると小樽が一望出来た。
P3112532 (2)

天狗山スキー場到着。
P3112533.jpg
ここからロープウェイが頂上に出ている。
料金を見ると往復1200円だった。
高いな、あそこまでなら歩いて行けると思ってスマホで確認してみると、駅から真っ直ぐ歩けば8~9kmぐらいで登頂出来るようだ。
それなら日を改めてくるか。
私には十分歩ける距離だ。
引き返して小樽公園を突っ切って駅前に戻る途中、
P3112538 (3)

花園の飲み屋街、
P3112542.jpg
ここまで戻ってくれば知ってる小樽だ。
7~8kmは歩いたし昼飯にするか、寿司屋通りで天ぷら屋を見つけたので、ここにする。
P3112546 (2)

海鮮天丼(1700円)
P3112547.jpg
写真だと丼ぶりが小さく見えるかもしれないが、そんな事は無く、大きくボリュームがある。
ただ天ぷらの味は小樽で何時も食べる脇坂に負ける。
量では勝つ。
ランチで天ぷら定食を1000円で出してるみたいなので、次はそちらを食べてみるかな。
安いメニューでお得感が増しそうな感じがする。

その後はあまとうでしょうゆクリームぜんざい(730円/Mサイズ)。
P3112552 (3)
久しぶりに歩いたので疲れてたみたいでこれもぺろりと食べた。
その後は電車に乗って帰った。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR