北海道ツーリング2010夏 その5

6月14日(月)
9:30旭山動物園入場。
P1090707.jpg
4年ぶりだがテナガザルの館、オオカミの森、エゾシカの森が新しく出来た所か?
遊園地は遂に閉鎖されていた。
新しい舎を作るのだろう。
まだまだ変化の大きい動物園で飽きない。
今では上野動物園も抜いて来場者数日本一だそうだ。
14:00動物園を出て旭川市内に移動。
旭川市内にあるやたらセクシーな銅像。
P1090782.jpg

P1090783.jpg

16:00三代目京ラーメンで、
P1090784.jpg
野菜醤油ラーメン(600円)。
P1090785.jpg
かなり薄味、安くて量が多く地元向けの良店。
18:00比布町に到着、今日の宿はぶんぶんハウス(300円)。
町営のきれいで安いライダーハウスだが、比布町には1km離れた国道沿いのコンビニしかご飯を食べられる所が無いのが難点。
今日の走行距離:75.58km



6月15日(火)
6:15出発、道北に行く事にしたのでまずは留萌に出る。

神居古譚のサイクリングロード
P1090799.jpg

国道233号
P1090805.jpg

11:00秩父別の道の駅、秩父別温泉ゆう&ゆに浸かる(500円)。
ナトリウム-塩化物泉、お湯はもう一つ。
レストランであかずきん麺(750円)。
P1090814.jpg
トマトが名産で麺にもソースにも使われていてトマトジュースも付く。
トマトの酸味が穏やかなのだと思う、たくさん使われていてもキツクなく美味しかった。
15:00北竜の道の駅でまた温泉(500円)。
ここもナトリウム-塩化物泉だが塩素臭は無い。
露天は源泉そのまま、内湯はゴミを取る為ろ過しているみたい。
お湯はこちらの勝ち。
17:30留萌到着、今日の宿はライダーハウスみつばちの家(無料)。
留萌の街中にあって電気、ガス、水道が使える。
だだっぴろく連泊制限も無いのでシーズンになると何十人も泊まり、常連さんも居つくそうだ。
変な人が来なければこれで運営出来るのだろう、もしくは広いから棲み分け可能なのかな?
今日の走行距離:110.86km

北海道ツーリング2010夏 その4

6月12日(土)
昨日一緒になったチャリダーは京都から自走で35日目、北海道は25日目というツワモノ。
P1090520.jpg
でも20才の若者らしく昨晩は携帯を弄って夜更かししていたようだ。
私が出発する時間になってもぐーすか寝ていた。
5:45出発(いや、俺が早過ぎるんだな(^^;))。
次の行き先は旭川にした。
襟裳岬が寒すぎたので暖かい所に先に行こう。

美蔓パノラマパーク。
P1090537.jpg
天気は快晴で気持ちがいい、昼前に半袖になった。

11:00昼飯は新得のつけもの食堂勘吉匠でヒレカツセット(1039円)。
P1090547.jpg
漬物会社の工場横の直営店で漬物食べ放題。
P1090549.jpg
ヒレカツもなかなか美味しい、満足。
そして狩勝峠を登る。
標高644mの峠、キツイ。
でも久しぶりの登りだから楽しい。
日本新八景に選ばれた峠の風景。
P1090563.jpg
峠を下って何十km('A`)ナゲー、17:30山部に到着。
今日の宿は山に4km登った所にある、ライダーハウス旅人情報交換所(無料)。
P1090589.jpg
バスの中が改装されて寝られるようになっている。
持ち主がご不在で管理されてない状態だった。
とりあえず掃除。
無料系のライダーハウスは退出時に掃除するのがマナー、掃除しなくても自分が汚した分は元に戻すのがマナー。
私はきれいな方が気分が良いので先にする。
晩飯は5年前にお世話になった山部自然公園太陽の里ふれあいの家に行った。
そして石焼ジンギスカン定食(1100円)。
P1090594.jpg
自転車だからお腹空いてるでしょう、とご飯を大盛りにしてくれた。
そしておまけと乗せてくれたジンギスカン以外の肉。
P1090596.jpg
さらに何故かもらったお赤飯。
P1090597.jpg
石で焼くジンギスカンはやはり美味しかった。
冷凍の肉だけど数割味が良くなる。
お腹一杯になって帰る時に、5年前にも来た事があってその時にも随分と良くして頂きましたとお礼を述べた。
すると、「おばさん、色んな人が来るから覚えてなかった、ご免ね」と言われた。
でも来る度に良くしてくれました、本当に良い人です。
寝床に帰って19:30、暗くてメモ付けも出来ない、日が暮れると共に寝るかと思ったら一番星が目に入った。
20:30、夜空には満点の星。
今日の走行距離:138.92km



6月13日(日)
7:30富良野のファーム富田に到着。
まだラベンダーは咲いてない、7月中旬頃だそうだ。
ラベンダーソフト(250円)。
P1090624.jpg
美味しい。
8:30北に進む。
サンタのヒゲ 1/2カット(1000円)。
P1090625.jpg
600円ぐらいが適正価格だろう。
さらに走り、深山峠を越えるとモザイクのように畑が続く風景が現れた。
P1090628.jpg
この先がパッチワークの丘で有名な美瑛だ。
今日はじっくりとここを回ろう。
午前中は留辺蕊、
P1090638.jpg
午後はパッチワークの丘巡り。
P1090642.jpg
この一帯は良い景色だらけで楽しかったけど坂道ばっかりで足が疲れた。
それに暑い、気温27度以上だ。
14:15、5年前に食べた富山食堂に向かった。
店が見つからない、ガソリンスタンドで聞いてみると2年前にご主人が亡くなり閉めてしまったのだそうだ(T_T)。
仕方がないので美瑛の道の駅でびえい豚の豚丼(800円)。
P1090692.jpg
ボリュームもあるし、美味しい、道の駅の食べ物としては当り。
15:00今日の宿、美瑛のライダーハウス岳に到着(800円)。
夜は飲み会。
飲み好きの初老のライダーの方と、既に3回も遭遇しているナイスバディの女性ライダー(29才)Tさんとで楽しく飲んだ。
今日の走行距離:99.68km

北海道ツーリング2010夏 その3

6月10日(木)
襟裳岬までは45km、近づくに連れて寒くなっていくようだ。
岬まで後1~2kmという所まで近づくと新緑の景色が枯れた荒野に変わった。
P1090366.jpg
そして霧が出てきた。
8:30襟裳岬到着。
P1090377.jpg
夏は濃霧で見れない事が多いという。
襟裳岬は日高山脈の尾根が海中に沈んでいく所でダイナミックで荒々しい、なかなかの景色だ。
札幌から245km、来てよかった。
しかし風速10m以上の風が吹く日が年間290日、この日も強風、頭が冷えて頭痛がしてくる程寒い。
タンポポも蕾でまだ春も来てない。
9:30出発、黄金道路。
P1090411.jpg
難所ばかりで道路を作るのに黄金を敷き詰めたかと思う程お金が掛かっている事から付けられた名前。
とにかくトンネルだらけの海岸道路だった。
現在も数箇所工事中で新しいトンネルを作っていた。
フンベの滝。
P1090419.jpg
地下水が染み出して滝になっている珍しい滝。
涼しげでなかなかの景色。
大樹町の半田ファームでソフトクリーム(280円)、
P1090424.jpg
しぼりたて牛乳(120円)。
P1090426.jpg
良質の新鮮な牛乳とそれで作っているソフトなので嫌な味ゼロ。
さすがに北海道は格が違う、レベル高い。

236号で撮った1枚
P1090439.jpg
気温は北上する程に上がって行くのでこの辺りでは半袖になっていた。
襟裳岬の道程では南下する程寒く、北に行く程暖かくなるという体験ができた。

18:00今日の宿、ライダーハウス、大正カニの家(無料)に到着。
P1090442.jpg
きれいなログハウスで温水シャワーが使えて電気もトイレもある。
これで無料なので、ライダーハウスの人気投票1位に輝いている。
連泊は3泊まで、これは居ついてしまう人が出ないようにする処置だそうだ。
洗濯機を置いてないのも居心地を良くしすぎない為だそうだ。
このライダーハウスは町の青年会の人達で持ち回りで管理していてる。
今日の当番の方の話では泊まる人の中には実際に勝手な人がいて、ルールの説明をしてたら、何でお前にそんな事言われなきゃいけないんだと言われたり、連泊してヌシ化して勝手にルールを作って仕切りだした人がいたりしたそうだ。
無料で泊まらせてもらっているのだから勘違いしないように気をつけたいものだ。

晩飯はCEVAで豚丼大盛り(500円)。
P1090448.jpg
本当は900円だけどライダー値引きで半額近くにしてもらった。
どうもありがとうございます。
今日の走行距離:160km



6月11日(金)
今日はゆっくり周辺を観光して連泊する事にした。
愛国駅から幸福駅と見学。
P1090471.jpg
駅舎中に貼り付けてあるメモや名刺やプリクラがなんかキモイ。
願掛けとか呪いみたい。
中札内の道の駅の裏手でル・ヴェール十勝という店を見つけた。
ガトーショコラ(250円)、ロールケーキ(250円)、コーヒー(400円)。
P1090484.jpg
250円とは思えない立派なケーキ、盛り付けも凝ってる。
ガトーショコラはずっしりしてチョコレートの味がしっかりする。
ロールケーキはふんわりしていて軽い食べ応え、横のアイスが美味しい。
こんなちゃんとした物を出して儲けが出るのか心配になった。
花畑牧場到着。
P1090499.jpg
4月に建物を改装したらしく新しくてきれいな建物と飲食スペース、工場見学と見所は多い。
生キャラメルを食べたいなら来て損は無い。
今日の宿も大正カニの宿、晩飯はCEVAでセバカレー(600円)。
P1090519.jpg
これも本当は800円する所をライダー価格にまけてもらった。
毎日ありがとうございます。
今日の走行距離:72.82km

北海道ツーリング2010夏 その2

6月8日(火)
6:20ツーリングに出発、36号線を南に走る。
気温は10度台中盤、天気は快晴。
今回の旅の目的はまだ行った事の無い場所ともう一度行きたい場所だ。
なので、最初に襟裳岬に向かう。

旧島松駅遁所。
P1090148.jpg

道の駅 花ロードえにわ
P1090156.jpg

50km走ってウトナイ湖到着。
ウトナイ湖はラムサール条約で保護された白鳥が飛来する湖だ。
10月頃が最盛期。
遊歩道を歩いてみたが流石に時期外れで何もいない。
昼飯は道の駅で植苗牛のステーキ定食(1450円)。
P1090184.jpg
牛の一頭買いをしている店で、確かに肉質が良い。
これならお安い。
道の駅の前からウトナイ湖畔に出てみたら白鳥が居た。
P1090193.jpg
渡らずに居ついちゃったのかな?人馴れして全然逃げない。
アヒルのでかいのみたいだ。
13:00再び南下。
道の駅付近から急激に気温が下がってきた。
実はこの日の苫小牧(すぐ近く)の最高気温は13度、最低気温は8度。
何故こんなに寒いのかというと南風が冷たい海水で冷やされて冷風となって吹き付けるからなのだ。
走って海沿いまで来たのでその影響が出てきた。
235号に入るとさらに気温が下がってきた。
空は晴れているのに冷蔵庫に入ってるみたいだ。
14:00むかわの道の駅、四季の館
温泉のある総合保養施設(入浴料500円)。
ナトリウム-強塩泉、塩素臭少な目。
寒かったので温泉が嬉しい。
16:00外に出るとさっきより寒い。
とにかく走る、途中川の水から凄い湯気が上がっていた。
急激に気温が下がっている。
指きりグローブから出ている指先がかじかむので手袋を買って凌ぐ。
P1090231.jpg
17:00富川に到着。
今日の宿、ライダーハウス西陣(1000円)。
西陣は本業はすし屋で「今日は機嫌がいいから俺にまかせてくれたら良い物食べさせてあげる」とおっしゃったのでおまかせした。
毛ガニ。
P1090236.jpg
「普通なら5000円はするんでないかい?」と、言っていたが本当にそのぐらいの大きさ、まだちょっと時期が早いから殻が柔らかくて身が少ないと言ってたけど超詰ってます。
生ししゃも寿司。
P1090239.jpg
むかわの名産はししゃも。
一般に売っている子持ちシシャモはほとんどがカラフトシシャモという代用品で本物のししゃもは漁獲量が少なく結構高い魚(焼いたの3匹で1000円ぐらいが相場)。
味もかなり違うようだ。
他にししゃもを焼いた物と毛ガニの卵とホッケのフライとご飯と味噌汁が出てきました。
P1090245.jpg
出しすぎです(^^;
味はもう言う事無し、美味い、新鮮、港町。
生ししゃもは地元でしか味わえないのでこちらに来た時は是非食べてみてください。
そして御代は1300円\(^o^)/
いや絶対西陣さん損してるって。
食べたら部屋に行き新しく買った寝袋で早速寝る。
今日の走行距離:98.30km



6月9日(水)
4:30にはもう外は明るくなっていた。
北海道の夏は日照時間が長い。
朝は3:30には明け始めて夜は19:30まで明るい。
5:00出発。
昨夜からの夜霧が凄くて自転車も地面も何もかも濡れていた。
気温は10度台前半、昨日に引き続き手袋をして走る。
長袖を持ってきてもよかったぐらいの寒さだ。
日高地方は競走馬の産地で牧場が道の両脇に並んでいる。
濡れた牧草はカモミールみたいな良い香りがする。
235号を南下中だがずっと向かい風、景色は雄大で変化が少ない。
新冠町でサラブレッド銀座。
P1090287.jpg
競走馬の牧場が軒を連ねる8kmの道路、ネーミングはサラブレッド街道にした方いいんじゃないか。
サラブレッドは農耕馬とは全然違い、美しい姿形をしていた。
P1090273.jpg
11:00日高三石駅内のくい亭でつぶカレー(600円)。
P1090315.jpg
つぶがたっぷり。
13:30に襟裳岬の民宿仙波に泊まれるか電話をしてみた。
今札幌に居るので開いてないですか、そうですか。
もしかしてよさこいソーランに参加ですか?
他の旅館は高いから存在が怪しいライダーハウスに行ってみるか。
15:00今日の宿、ライダーハウス情報スペースイン浦河(無料)。
P1090328.jpg
あった。
先客が1人、中年チャリダーさん。
50代でママチャリであちこち旅をしているそうだ。
その癖、格好がセーターにシャツにスラックスと近所に行くような格好をしているのが奇妙。
ママチャリ乗ってる所を見ても近所の人にしか見えない(笑)。
この人が飲みに行ってくると出ていった後、地元の人が現れた。
仕事帰りにビールを買って飲みに来たのだという。
家で飲むとうるさいのだそうだ。
色々話していると気に入られて晩飯をおごってもらう事になった。
飲み屋の天馬でしょうが焼き定食(店の方の好意で作ってくれた)を食べ、お酒も一杯だけ付き合った。
20:00のまだ宵の口にお先した。
どうもありがとうございます。
今日の走行距離:101.79km

北海道ツーリング2010夏 その1

6月6日(日)
11:30新千歳空港到着。
空港の外に出ると物凄く寒い、気温15度。
出発時の沖縄が24度だったので10度近く違う。
最高気温が3~4度しか違わなかったから夏装備で来たけどこの先大丈夫か?
日中でも気温がなかなか上がらないのは誤算だった。
トイレでアームウォーマー、レッグウォーマー、ウインドブレーカーを着て出発、持ってきた防寒着フル装備だ。
東京から北海道にツーリングに行った時は全ての景色がピカピカしていると感じたが、今回はコントラストが浅く薄い色の景色に見える。
それに生えている木が全然違う。
沖縄の景色に慣れてしまっていて違和感を感じる。
千歳の道の駅、サーモンパークで休憩してると北海道の友人、まっつ氏一家に偶然出会った。
バカわんこのルークは随分大人しくなっていた。
P1090096.jpg
もう年だからねえ。
337号を空港から30km走って、東千歳バーベキュー。
冬に食べてあんまり美味しかったのでまた来た。
バーベキュー(850円)、野菜(200円)、ご飯(150円)、コーラ(100円)。
P1090116.jpg
やっぱり美味いです。
お勧め。
その後274号を札幌まで走り実家に帰宅。
今日の走行距離:81.02km



6月7日(月)
今日は札幌市内観光。
昼飯はマジックスパイスで北恵道(涅槃)と自家製ラー油(合計1360円)。
P1090121.jpg
3年振りに食べたけど美味い。
沖縄にはマジックスパイスが無いのが悔やまれる。
札幌ファクトリーに十何年振りに行ってみた。
P1090133.jpg
サッポロビール工場跡地に建てられたショッピングモール。
当然ビールを飲む、左からキャラル、無ろ過、ブラックオイスター(各250円)。
P1090138.jpg
キャラメルは単体では風味が香ばしくて良いけど何の料理とも合わないだろう。

夕方になると冷え込んできた。
半袖の上に防寒着を着込む。
最高気温になるのは日中の2~3時間だけ、朝晩の冷え込み時は去年の秋に九州に行った時と同等の寒さだ。
大分感じが掴めた、行けそうだ。
今日の走行距離:27.17km

まだ引き篭もる

2ヶ月近く旅してた反動で外出欲がゼロ、それでも多少遠出出来る程度に回復してきた。
P1120202.jpg

つけ麺ジンベエであっさり魚介とんこつつけ麺(大:800円)
P1120204.jpg
今までこってり濃厚の方ばかり食べていたが、こちらの方がいい。
あっさりと言いつつ汁はどろっとしていて差は少ない。
沖縄で食べるつけ麺の中では一番好みに合っている。
この店は待たないと入れないのだけどその時読んだ一冊、
P1120203.jpg
こげぱん沖縄ぶらり旅行記。
中身は作者が沖縄旅行した時の話を漫画で綴っている。
沖縄らしさに溢れていて画がうまくて色彩感覚が良い。
興味があったら読んでみてください。

今日は北谷で琉球明太子定食(680円)
P1120264.jpg
ずっと前に明太子丼を食べたが、こちらの方がご飯のお代わりでバランス良く食べられていい。
イナムルチーがたっぷりなのもポイント高し。
そして宮城海岸
P1120268.jpg
今年初シュノーケリング。
稚魚の大群が居て大当たり、そして沖のソフトコーラルは今年も一面に生えていた。
泳げば気持ち良いのはわかってるのに腰が重たいなあ俺。

帰り道、市場通りの裏にある店に入ってみた。
P1120272.jpg
野菜そば(550円)
P1120275.jpg
味は普通、値段は最強食堂並みに安くて定食類のボリュームがありそう。
また来てみるか。

ポジションの移り変わり

2005/3/1
cycle20050301_0.jpg

2010/8/2
cycle20100802.jpg

自転車を購入してから定期的に同じ位置から画像を撮っている。
一枚目の画像は購入当時の物、コンポはULTEGRA6600、その他のパーツはボントレガーのレースライトやレースXライトグレード。
TREK2000は定価22万円だったが良いパーツが付いていた。
ブレーキキャリパーやBB、スプロケット等まできちんとULTEGRAでコストパフォーマンスが高かった。

二枚目は最新の状態。
コンポはDura-Ace7900、その他のパーツは気づいたら軽量パーツで固めていた(^^;。
パーツとっかえひっかえの様子は旧ブログ自転車カテゴリで書いているので興味がある方は覗いてみて下さい。
今では購入時から残っている部分はフレームだけになってしまった。

定点観測していると色々わかる事があって面白い。
シマノのコンポの改良点なんかも見えてくる。
例えばRDのケーブルの引き回しが緩くなるように改良されている。
最近の高いパーツって松崎しげるばりに黒いというのもわかる。
そしてポジションの変化もわかる。
最初のポジション出しは購入した自転車屋でして貰った。
それから5年半経った現在ではハンドルがほんの少し低く遠くなり、サドルも少し後退して高くなった。
全体で1~2cm遠くなって落差が付いたぐらい。
一時期もっと落差を付けてた時期もあったが元に戻った。
前傾を強くしても出力的に不利になるだけで、空気抵抗の低減はフォームで出来る事がわかったので窮屈なのは止めてしまった。
今後はハンドル位置をもう1cm高くしてみたいと思ってる。
そうするとポジション的には購入当時にほとんど戻る。
結局多くの人の経験で導き出されたスタンダードなポジションが一番という事だろう。
ただしそれはこのフレームとフォークでは出来ないのでフレーム買い替え時に行う事になるだろう。

最近食べた物

小禄ジャスコの隣(だるま跡)に出来た新店舗、餃子会議室。
P1120138.jpg
黒とんこつ(620円)
P1120141.jpg
餃子とトマトチーズ餃子
P1120142.jpg
ラーメンは既成のスープに既成の麺という感じで味が薄っぺらい。
店名から餃子に力を入れてるのかと思って餃子を食べてみたがこちらも並。
うーん、もっと頑張ってください。

とみとん内に新しく出来てたHokkaido SNOW LANDでミルクSNOWメープルぜんざい(390円)
P1120171.jpg
量が多く、味も悪くない。
メープルの味が好みがあるかもしれない。
この暑いシーズンお勧め。

大阪王将 西原シティ店
P1120184.jpg
最近餃子の王将が流行っているらしいが、沖縄にも一応王将がある。
餃子定食(690円)
P1120186.jpg
餃子会議室よりも餃子が美味しいです(^^;
餃子の王将程安くはないか。
沖縄には中華料理屋が少ないので割と人気があるようだ。

西原から与那原に行く途中で撮った一枚
P1120189.jpg
北海道で撮った画像と比べるとコントラストの高さに改めて驚かされた。
沖縄の夏の景色は最高だ。

P1120190.jpg
正解

北海道の友人からの贈り物、蘭の舞
P1120197.jpg
北海道の室蘭の酒、ありがとうございます。
純米吟醸酒、本格的な日本酒は数年ぶりだ。
味は吟醸香がありフルーティーですいすい飲める感じ。
冷蔵庫に入れて冷やして飲んだ。

そして別の友人からやきそば弁当を頂きました。
P1120201.jpg
インスタント焼きそばで認めているのはペヤングとやきそば弁当といか焼きそばだけ。
どうもありがとうございます。
でも私、月に一個もインスタントラーメン食べないからちょっと困っております(^^;

Dura-Ace 7900

少し走ったのでDura-Ace7900の感想を書きます。

まず今までの構成からどれだけ軽くなったか、
Dura-Ace7800(FC-R700):2342g
Dura-Ace7900(FC-7950):2115g
で227gの軽量化。
以前にこのブログで出た数値と違うのは今回はチェーン込みだから。
カタログ値が出てないFC-7950は172.5mmで668g、FC-R700は172.5mmで769g。
それ以外のパーツはカタログ値と誤差程度にしか変わらなかった。
227g軽量化しても手で持った時の差は何とも微妙、乗った時はSTIの軽量化が大きいのかダンシングで振ると軽快感を感じた。
軽量化は的確に効く場所以外は自己満足にしかならない。

組み付けはSTIの配線が大きく変わった。
7800比でかなり面倒臭く、通しづらい。
STI自体を取り付ける為のボルトが奥深く、カバーを力一杯捲らなければいけないとか、ブレーキケーブルを通すのにネームプレートのネジを外すとか、シフトケーブルを這わすのにカバーを下から捲って、上の穴から出るように何度も探らなければいけないとか、素人臭い設計だ。
それ以外のパーツは従来と同じだからSTIだけ設計者が変わったのか?
ベテランから新人に代わったような完成度の低さを感じる。
組み付け時に他に注意する点は、ケーブルの長さはブレーキ用、シフト用とも現物合わせでやり直さないといけない事。
ブレーキキャリパーのケーブル受けが低くなってるし、シフトケーブルはハンドルに巻き込むので7800とは同じにはならない。
実際にケーブル部の処理にちょっと失敗している画像。
P1120152.jpg
これだと短い。
もう少し余裕を持たせないとぶつかっているケーブル同士が逃げられないので良くない。
強く擦れてアウターの被服が削れて寿命が短くなってしまうだろう。
全体にもう1~2cmずつ長くした方がよかった。

メンテナンス性は少し悪くなった。
デザイン的に黒い部分は梨時仕上げになっているのだが、これは汚れを取りづらいので歓迎しない。
7800のようにメッキでピカピカしてるのは布で拭いただけで汚れの大部分が落ちるので掃除しやすくてよかった。

変速性能は前も後ろも非常に速く正確。
7800も同様に優れていたので私のレベルでは優劣の判断不能。
アウター時のトリム操作が無くなったのは利点。
機械の都合を人間がカバーするのは本末転倒だった。
インナー時のトリムも無くなれば完璧なので次の世代の改善点として期待する。

変速の操作性だが、前変速は7800よりもレバーを長く押し込まないと変速しないように感じる。
そして後変速はレバーが重たく7800よりも強くレバーを押し込まないと変速しない。
ブラケットポジションでは特にレバー重めで、その為、変速時のクリック感も少なく感触が悪い。

ブレーキはもっとも良くなった箇所。
7800ではガツンと効く性格だったが、7900ではブレーキシューが接触してからのコントロール性が良くなり、使いやすくなった。
最大制動力は7800と同等か落ちてるかもしれない。
が、7800が効きすぎるぐらいだったので問題ではない。
ブレーキシューの素材の変更で雨天時の制動力もアップしているという事だったが期待してはいけない、私の感覚では効かない事に変わりは無く、シューの改善分はコントロール性能を上げる方に回したという印象だ。

STIについてもう少し突っ込んでみよう。
7800と7900のSTIの画像を並べてみた。
P1120180.jpgP1120178.jpg
縮尺は微妙に合って無いのでご注意。
全体的な形状がかなり違う。
下ハンで持つと違和感はほとんど無いがブラケットポジションだと色々変わったように感じる。
胴が太く、上面が平らなので握るというよりも上に手を乗せる感じに近くなる。
カバーのゴムは薄くなったのでちょっと手が痛いかも。
ブラケットポジションでレバー操作をすると、重く、ストロークは短くなったように感じる。
胴が太くなった分、指がレバーの根元寄りに掛かってしまうせいのようだ。
そしてそれよりも問題なのは、レバー根元のメカ部分。
この金属むき出しの部分はレバーを傾けた時に一緒に動く。
親指がこの部分にくる握り方をしている人は、シフトチェンジ時に親指とレバー根元がぶつかってしまう。
またダンシングする際にも中指がメカ部に当たるので感触が悪く、力いっぱい引っ張るような走り方をすると痛くなってくる。
対策は握り方を変えるしかない。
親指がネームプレート側にいくように変更するしかない。
ダンシング時は中指に力が入らないようにするしかない。
操作部なのに持ち方に制限があるのは大きなストレスでありマイナスだ。
7800から大きく後退した点。
これを作った人やテストをした人はこの問題に気づかなかったのだろうか?
7800からはっきりと悪くなった部分はSTIと言ってよく次の世代での一層の改善と洗練を望む。

総評として、7800から乗り換えるべきかというとかなり悩む。
今の時期からなら次の世代まで待っても良いと思う。
私自身の感想として、STIだけ7800にして他は7900という構成に出来れば、それで行きたいぐらいだからだ。

ご挨拶

今までWindowsLiveでブログを書いていたのですが、システム変更でアクセス情報が得られなくなり、他のブログサイトを試用してみる事にしました。
しばらくのテスト期間を経た後、本核的に移転する予定です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR