SAPPHIRE HD5450 512M DDR3 PCI-E HDMI/DVI-I/VGA

Core i5-2500Kの内蔵グラフィックが十分に高画質では無かったので、別途VGAカードを買った。
画像上がSAPPHIRE HD5450 512M DDR3 PCI-E HDMI/DVI-I/VGA、下がHIS H465P512P
P1010535.jpg
P1010538.jpg

ヒートシンクが凄く小さい。
こんなので大丈夫だろうかと思ったがプロセスの微細化が進んで、より低発熱になってるし、もともとローエンドのカードだから問題ないようだ。
実際使用してみて動画再生時、室温+25度ぐらいだった。

GPU-Zでの情報
gpuz_hd5450.png

HTPC用途に選ぶVGAカードの要件は、動画再生に十分な能力がある前提で、ファンレスで低消費電力である事。
静かにしたいので音の発生源になる可能性は排除する。
さて取り付けて早速手持ちで一番GPU負荷の高くなる動画を再生してみる。
ローエンド帯のVGAカードなので処理能力が一番心配だ…。
…GPU Load 99%張り付きで動画カクカクワロス。
Radeon HD4650と同じ設定だと、処理能力がまったく足りてない(^^;
GPU負荷を下げる為設定を色々弄くって効果のあった事を書きます。

・画質補正機能を全部オフ
HD5450は画質補正機能有効に耐えられる能力を持っていない。

・Aeroオフ
GPU負荷が下がります。

・GPUをオーバークロック
自己責任で。

・HDMI出力をYCbCrからRGB888に変更
接続しているプロジェクター(VPL-HW10)との相性で、HD4650の時は色差出力を利用していたが、HD5450はRGB888(限定)でも大丈夫になった。
この変更で動画再生時のGPU負荷も下がった。
さらにHD5450の色差出力は暗部に変な模様が現れる出来の悪い物だった。

・MPC-HCでEVRカスタムプレゼンタを使用している場合は、レンダラ設定→表示→「完全な浮動小数点演算をする」をオフ

・MPC-HCでEVRカスタムプレゼンタを使用している場合は、補間方法に「Bilinear」を設定
Bicubicにすると極端にGPU負荷が上がる事がある。
ただこれは画質も落ちるのでケースバイケースで。

・上でも足りない場合は、MPC-HCでEVRカスタムプレゼンタからEVRに変更
EVRにするとMPC-HCの機能のパン&スキャンやレンダラ設定の機能が使えなくなる。
つまり動画の加工が一切出来なくなる。
GPU側の画像加工プログラムの負荷がすっぽり無くなるのでGPU負荷も下がるという訳。
画質についてはEVRカスタムプレゼンタとEVRは違うのでこれもケースバイケースで。

以上のうち下2つを除いた設定をして私のシステムの場合、最大負荷83%程度でなんとか問題無く再生可能になった。
その状態でいつもの画質チェック、HD4650と違いがなかったので画像は無し。

処理能力の足りなさからHD4650に戻す事も少し考えたが、出力形式を色差からRGBに変更出来た事による画質改善を秤に掛けて、このまま行く事にした。

総評は、HD5450はRadeon系の最高画質を出したいという向きには力不足の代物。
Catalystの画質補正機能もMPC-HCの機能も制限されてほとんど使えない。
ただ画質は少し割り切れる人ならEVRで出力すれば、ほぼ快適に使える。
私はHD65X0発売までの繋ぎだ。

2011/3/2追記
何時の間にかMPC-HCのYV12 Chroma Upsamplingのチェックが外れているのが判明。
チェックを入れてみるとGPU能力が足りなくてまともに動かない(^^;
結局EVRカスタムプレゼンタからEVRに変更して使ってます。
結論、HD5450は高画質に再生したいという向きが選ぶ物ではありません。

Core i5-2500K の動画画質チェック

Core i5-2500Kに搭載されているHD3000という内蔵グラフィックは性能が高く、ゲーム性能や3D性能ではローコスト帯のVGAカードに匹敵する能力を示します。
オールインワンのCPUとして一般に非常に高く評価されています。
このブログでは一般レビューでは触れられてない動画再生画質のチェックをして、HTPC用途でもVGAカード不用かを試験します。

前知識として以下の過去記事を読んでおいて下さい。
Radeon DxVAとffdshowのインターレス解除性能比較
PowerDVD10 ffdshow TMT5 の画質チェック

まず設定可能な項目について、
インテル グラフィックス・メディア・アクセラレーター・ドライバーの設定画面
2500k_igmcp_ss00_h.jpg

2500k_igmcp_ss01_h.jpg

2500k_igmcp_ss02_h.jpg
最初の画像はディスプレイタブの項目、接続している各ディスプレイ毎に設定できる。
色温度の設定やEDIDを見る設定は無いようだ。
出力形式を選ぶ所もなかったので基本的にRGB8:8:8で出力されていると思う。
HDMI接続時にはxvYCCのチェックが出てきた。
これはx.v.Colorと呼ばれている物と同義で、対応していれば受け付ける色空間が増える。
が、別にDVDやBlu-rayを再生した時の色が変わるという事ではない。
xvYCCは色差出力である事を意味するので、HDMI出力は常に色差出力かもしれない。
2~3番目の画像はメディアタブの項目、動画に関係する設定で全てのディスプレイに対して同じ設定が適用される。
画質補正機能の豊富さではRadeonやGeForceと比較しても見劣りする所はなく、ノイズ低減処理も輪郭強調も肌色調整もダイナミックコントラストもある。
ただ私はこれらの補正機能に興味が無いので以下の画質チェックの際は全て無効にした。

早速画質チェック、デコーダはCyberLink Video/SP Decoderが問題なく動作しているようだったのでこれを使用。
Video Essentials DVDの1シーンを使ったアプコン性能のチェック、プレイヤーはPowerDVD8
2500k_pd8_vs.png
斜め縞、縦縞共にくっきりしていて非常に良い。
普通の動画等も含めて色々見てみたがRadeon(UVD2)のアプコンよりもくっきり感があると感じた。
Radeon(UVD2)は少し滲ませてジャギーを抑えていると感じさせる部分があるが、HD3000はその辺気にしてない感じだ。
過去チェックした物で言うとffdshowのリサイズ手法のSplineと良く似ている。

HQVを使ったインターレース解除性能のチェック、プレイヤーはMPC-HC。
(PowerDVDは原寸大で表示しずらいのでこのチェックはMPC-HCで行ってます)
2500k_hqv_ss01.png
「1」の横縞がちゃんと出ているので動き補償適応インターレース解除である事がわかる。

2500k_hqv_ss03.jpg
観客席の干渉縞はRadeon(UVD2)と同じレベルで消える。
逆テレシネ(プルダウン)検出はきちんとしている。
またHQVの別のテスト項目を見ても非常にレベルが高く見えた。
2500k_hqv_ss02.jpg
しかしこれはHD3000のドライバーがHQVに対してチューニングされた物だからだった。

2Chで拾った縦にスクロールするスタッフロール動画を使ったインターレース解除チェック
Core i5-2500K HD3000
2500k_001m2v_ss01.png

Radeon HD4650
hd4650_001m2v_ss01.png

Radeon HD3870 (拾い物をトリミングしてます)
15303 hd3870

GF9500GT (拾い物をトリミングしてます)
15304 gf9500gt

この単純な動画でもHD3000はインターレース解除ミスが多発している。
DVDでPVのような場面転換や動きの激しい物を見るともっと出る。
簾多発で実用レベルでは失格だ。
HQVは画質チェックに良く利用されるので特別にチューニングされるのは良くある事なのだ。
VGAドライバーが3Dベンチソフトに対してチューニングするのと同様だ。
騙されてはいけない。

総評:
内蔵グラフィックで十分な高画質が得られるという域には達していなかったが、Intelの内蔵グラフィックの動画画質はかなり上がっていた。
実際の所、ちょい見で高解像度の動画なら不満は感じないと思う(解像度が高いと相対的にインターレース解除ミスが目立たない)。
また、ディスプレイ設定項目はわかりやすく、柔軟で、多くの環境への対応度が高いのは評価できた。
これが最大多数派のIntelに一番求められている部分だろう。

おまけ:
Core i5-2500K HD3000のインターレース解除対応色空間
2500k_dxva_ss02.png
NV12、YUY2、UYVY、YV12、そして画像では切ったがIMC1~IMC4に対応している。

Radeon HD4650のインターレース解除対応色空間
hd4650_dxva_ss02.png
NV12でのみベクター適応が使えるのでRadeonはNV12にするのがベスト。

HTPC機更新 ( Core i5-2500K、TH67XE )

パーツが届いた。
P1010527.jpg
Intel Core i5-2500K
BIOSTAR TH67XE
IOデータ DY1333 2GB x 2

メモリはメインPCから外してあった物なのでCPUとMBだけが新規購入。
31500円くらいの出費。
選択理由としては、HTPC機不調と同時期にこのCPUが発売されたのは買えという神様のお告げだと感じたので悩む事なく選択。
マザーボードはMicroATXでPCIとeSATAがある物を探して、これが内容的に良さげで安かったので決定。
入れ替え作業は比較的簡単に済んだ。
最初SSDのみを繋いで起動しようとしたら起動しなくて慌てたがHDD2台も繋げたら問題無く起動するようになった。
使っている電源が少し古い物のせいで、起動時の消費電力が低すぎると起動しないようだ。
最近の電源はPC自体の低消費電力化に合わせてこういう事が無くなっているそうなので買い替えを検討しよう。
Windows7は再インストールしなくても新しいハードを認識するという話を聞いてたのでそのまま立ち上げたら問題なく起動。
そしてある程度勝手に新ハード用のドライバーがインストールされるので、その後足りない分を手動インストールしてお仕舞い。
3時間で終了。
P1010531.jpg
PCは随分簡単になった。

幾つかベンチを走らせてみたが、内臓グラフィックのHD3000の性能はRadeon HD4650の半分程度、CPU性能はQ8200の1.8倍程度といった所だった。
CPU性能は事前にレビューをチェックして、2倍程度あると見積もっていたが、最近のベンチは64bitで動かしているので、32bitで動かしている場合はレビュー記事よりも低くなるようだ。
ちょっと残念。

体感では反応が良くなった感じがある。
よくIntelはもっさりしてると言われるが確かにこれと比べるともっさりしてたと思う。
といってもこれもIntelだから(笑)、欠点を克服しているという事なのだろう。

消費電力や発熱はQ8200よりも気を使う必要はなさそうだ。
技術の進歩を感じる。
アイドル時はCPU電圧が大分下がるし、重い処理をさせればそれなりに発熱するが想定範囲内だ。
満足のいく更新だった。

<さあ、早くHD3000の画質チェック記事を書く作業に戻るんだ!

…はい、このブログに求められてるのはそっちですね。

XTR PD-M980

2ヶ月前くらいにCRCで安く売ってたので購入、今頃届いた。
今まで使っていたのはPD-M970、交換ついでに並べて画像を撮った。
P1010506.jpg
P1010512.jpg
P1010513.jpg
PD-M970とPD-M980の違いに付いてはCYCLE YOSHIDA商品ページが詳しい。
楕円軸になって上から見た時に軸が細くなっている。
ペダルの厚みが減っている(ペダル軸と踏み面の距離が1mm減っている)。
3万kmぐらい使ったPD-M970で削れている箇所が最初から平らになっていて踏み面が増えている。
ペダル軸の幅が増えてベアリング位置の幅も広くなっており、撓みが減っていると思われる。
比べると設計の最適化をこれ以上ない程やっており、性能の為の形状としてはもう弄りようがないのではないかと思う。
軸のXTRロゴが無くなったのもクリートの裏が接触して擦れて消えるぐらいのギリギリに設計したからだろうな。
実測重量は(括弧内はカタログ値)、
PD-M970:326g(325g)
PD-M980:305g(310g)
で、21gの減量。

使用感は軸の回転が滑らかで、嵌め外しの感覚が節度があって心地よく、踏んでも引いても撓む感じは無く、何も不満は無い。
さすがXTRグレード。
しかしPD-M970との比較で言うとプラセボか、新品のカッチリ感分の差じゃないか?、ぐらいの差しか感じられなかった。
なんとなくしっかりした踏み心地というぐらい。
21gの重量差なんてのは漕いでもまったくわからない、だいたい靴下が50g以上あるからこっちを脱いだ方がよっぽど軽くなる(笑)。
今PD-M970を使っている人は急いで取り替える理由の無い物だが、下位グレードからは取り替える意味が十分ある品物だ。
P1010517.jpg

HTPC機不調

HTPC機の調子が悪い。
起動時に出画しない事が去年の年末に1度、今年に入ってから3度。
症状が出た場合、CMOSクリアすると今の所100%直る。
普通に考えるとVGAカードがダメになってるのが有力、次点がマザーボードがダメになってる事か。
他にも現在の構成で処理能力不足を感じる局面が出てきたので、すっぱりと更新する事にした。
パーツ発注…、現在ここまで(^^;
本当は今回の記事のネタとして全貌を書く気だったのだけどパーツがまだ届いてない。
先週の金曜日の13:30に発注して今日発送ってどんだけゆっくりやねん(在庫あり商品)。
今時珍しいわ。

という事で先週はPCの不具合に付き合っててネタ作り出来なかった上に、今日は晴れて自転車に乗ったけどカメラを忘れたので、ちゃんとしたネタ無し(笑)。
JUSCOで見かけたわんこ
P1010491.jpg
すごく大人しかったので撫でて少し遊びました。
P1010490.jpg

沖縄産のピーマン
P1010494.jpg
内地産と比べると凄く大きくて肉厚、ピーマン臭さがぷんぷんして美味い。
比較対象に年賀状を並べてみたのでその大きさがわかって貰えると思います。

比謝川辺りポタ

実家から良い肉を送ってきた。
P1010454.jpg
どうもありがとうございます。
正月に食べろという事だったが三が日はカレーを作ってしまったので(笑)、明けてから焼いて食べた。
P1010455.jpg
高い肉は相変わらず凄い脂。
TVでプロがステーキを焼くときに脂を捨てながら焼いていたので真似したら好みに合う味になった。
サシの入った高い肉って私には意味ないな(^^;

沖縄は冬になると天気の悪い日が続いて寒くなる。
それでもたまに晴れる日があり、真冬でも20度近くまで気温が上がる。
そんなポカポカ陽気に誘われてブラブラ自転車散歩。
P1010459.jpg
比謝川辺りで道を間違え迷った。
P1010460.jpg
正面に見えるのは渡具知。
河口沿いの道は短かかったけど癒される風景の連続でなかなか良い道だった。
P1010473.jpg

昨日は超寒かったので阿里にお粥を食べに行った。
鳥粥(大250円)
P1010483.jpg
ワンタンスープ(300円)
P1010484.jpg
この日の寒さを反映したのか塩も胡椒も強くて温まる味。
ワンタンスープは豆板醤をたっぷり入れて汗掻きながら食べた。
今日は朝から雨で12度、寒い。

獅子舞・・・だと・・・?

P1010440.jpg


今日も自転車に乗って、沖縄的には寒かったので久しぶり銭湯に行こうと営業日を検索したらこんな記事を見つけた。
番台の笑み 近づく別れ 那覇・旭湯 夏に廃業
ちょうど一年前の記事だ。
最後に行ったのは去年の春頃だからその後閉店してしまったのか。
うちから一番近い銭湯なのに残念だ。
ここが閉店すると那覇市内は日の出湯だけになる。
閉まった旭湯の前で画像を撮ってから日の出湯に行くかと出発した。

営業中・・・だと・・・?
P1010444.jpg
廃業案内の張り紙とか無く、普通に営業中、前の道路も拡張工事とかしてる気配なし、まだしばらくはやってそうだ。
ヨカタ\(^o^)/

琉Q伝説もえちん

やだよさんがもえちんに反応してるので取り上げよう(笑)
琉Q伝説もえちん
P1010434.jpg
萌える★ちんすこう、沖縄のお菓子ちんすこうと萌えキャラのコラボですね。
旅の思い出…「沖縄観光案内」トレカ入り★ですか、開けてみますか。
…、
P1010437.jpg
予想外に破壊力の高いトレカに少し立ちくらみを覚えましたorz
「もえちん★宅」って観光関係ないじゃん!「もえちんが住んでるのは那覇市の小禄だよ。」ってご近所かよ!JUSCOで擦れ違ってるかもしれないのかよ!左上も意味不明!この突っ込み所の多いのが萌えか?

という訳で2D萌えは性に合わないので急遽内容を変更して、3D萌えにします。
素顔が意外と可愛いマングーチュ
mangutyu.jpg
琉神マブヤー2の最終回で偶然マスクが取れた所。
ちなみにマスクが取れるという設定は無く、事故で取れたのを撮り直しせずにそのまま使ったようだ、しにてーげー(笑)。
マングーチュの中の人が以前と替わっているのに気づいたので配役を確認すると椎名ユリアさんという人だった。
ブログも発見、18歳、本当に可愛いね。

新年あけましておめでとうございます

去年の年末の沖縄の風景
P1010426.jpg
豚肉の塊売りをあちこちでやっていた。
沖縄のお正月料理には欠かせないのかな?

キャベツとレタスが豊作っぽい
P1010425.jpg
画像はレタスが3玉100円、キャベツも小さいのなら3玉で120円ぐらい。
やたらと安い。
全国的には高いらしいので沖縄のみ豊作だったようだ。

12月31日から急激に冷え込んで日中でも13度くらいの、(沖縄的には)激寒気温のまま年が明けた。
今年も初買い物はJUSCOでギフトカード22000円分を2万円、そして毎年恒例の福袋は
沖縄県産品福袋(2011円)
P1010430.jpg
意外な事に今までで一番お買い得感のある内容だ(^^;
そしてこれだけでもネタ的には大当たり(笑)
P1010431.jpg
今年もよろしくお願いします。


今週の男の料理(不定期)
ミックスベジタブルで洋風炊き込みご飯
P1010427.jpg
材料
米2合
ミックスベジタブル200g
固形スープ2個
醤油

砂糖

胡椒
バター
研いだ米を通常の水加減にしてミックスベジタブルと調味料を入れます。
酢じゃなくても酸味のある物ならなんでも良いので入れてください(私は自家製梅酒を入れてます)、食味が軽くなって箸が進みます。
炊き上がりに胡椒とバターを入れて混ぜれば出来上がり。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR