HTPC機のオーディオ的な調整

さてHTPC機のケースを換えて音出しをしてみた。
…音が軽くなった(^^;
画の方は良好、変わりは感じられない。
とりあえず天板に鉛インゴット3本(2.5kg/本)に加えてNSK2400の足に使っていた鉛円柱3個(約820g/個)も載せてみたら音は重くなった。
機器の足に使うのと上に乗せるのでは同じように効果があるのか。
しかしこれだと音がちょっと下品な感じがある。
鉛インゴット1本をパワーアンプの上に移動してみるとNSK2400の時よりも軽めの音だがバランスは良くなった。
こうなった理由を考えてみた。
ケース重量は2kg重くなってるけど剛性が足りなくて重量が生きてないのかもしれない。
ケースの追加補強と重量増をしてみる事にした。

家にあったSmart Driveのストックを5インチベイに差し込んで重量アップ。
P1020026.jpg
これ1個で内側アルミバージョンだと750g、内側銅バージョンだと1kgぐらい重量がある。
5インチベイを内側から支えてくれるので剛性アップにもなる。
本当はHDDを中に入れるとさらに650g~750gぐらい重量を増やせるのだが、そちらはシステムが安定しているのを確認してからにしよう。
さらにフロントカバーの電源ボタンが構造的にカチャカチャ鳴るので鳴き止め。
さらにフロントカバーの内側に余ってた鉄の板(5インチベイのめくら板)を貼り付ける。
フロントカバーは全体が樹脂製で対策する意味が薄いかもしれない。
こういう時は何もしない方がいい事もあるので元に戻せるようにテープで貼り付けるだけ。
ちなみにケースの木の梁も両面テープでくっついてるだけで剥がせるようにしてある。

補強梁追加。
P1020053.jpg
P1020023.jpg
1枚目の画像の左上の所に合った仕切り板は開け直した時に倒れていた(笑)から取っ払った。
狭くなって作業性も悪くなってたから、その面でも無い方がいい。
代わりに側板の裏側に板を貼り付けて補強する事にした。
P1020057.jpg
4mmベニア板。
今回木ばっかり使っているのは、沖縄のホームセンター、メイクマンで金属加工が出来ないからだ。
ネットで金属加工できる所に頼んで、カットして送って貰うと、このケースを買った値段と同じぐらいお金が掛かってしまう。
格安で買ったケースなので、それだとバランスが悪い。
今回はチープに済ませる。
実際まだ1000円も使ってない。

ファンの横に仕切り板を設置
P1020055.jpg
真横から来た空気がクーラーに当たらずに無駄に排出されているように見えたので入れてみた。
これは大正解、チップセット温度が10度近く下がった。
CPU温度もprime95を掛けた時に、前はすぐに52~3度まで上がったけど今は44度位までしか上がらない。
NSK2400の時以上に冷えるようになった。
よく冷えるようになった分、結果的にファンの回転数が下がった。
PCの場合エアフローが良くなるように試行錯誤する事が音にも好結果を与える。
現在も通気口をあちこち塞いだり開いたりして効果的なエアフローを模索中。

この状態で試聴、
P1020036.jpg
良い感じに腰の据わった音になった。
補強していくと音の雑味が減る気がする。
高級オーディオ機は過剰に頑丈に出来てるからこういう変化が出ないけどPCのケースは弄り甲斐が有る。

番外編:
HTPC機がよく冷えるようになってファンの回転数が下がって凄く静かになったら、メインアンプのコイル鳴きが聞こえてきた(^^;
実は前から鳴ってる(アンプ修理後からなのかどうか記憶に無い)のに気づいていたが視聴位置では気にならなかった。
これも対策。
P1020034.jpg
メインアンプは真ん中に排熱口が開いていて、そこから音が漏れているので上に座布団を被せて、下はロックウールを詰める(空気の流れを無くさないように考慮してます)。
これで視聴位置でコイル鳴きが聞こえなくなった。
通気は夏になったら足りなくなるかもしれないから、これから調整しよう。

Antec Solo (HTPC機ケース更新)

HTPC機は長らくNSK2400というPCケースを使っていた。
P1010972.jpg
ラックに丁度良く収まる横置きケースだが不満点が3つ。
・排気が側面なので棚板に向けて排気する形になり、内部騒音や風騒音が聞こえやすく、排熱効率が悪い。

・HDDをSmartDriveに入れて使用しているのだが、5インチベイが2つしかないのでHDDが2つしか積めない。

・背が低いのでCPUクーラーの選択に自由度が無く、性能の低いCPUクーラーを使う事になる→ファンの回転数を上げなければいけない。

という事で折を見ては不満点を解消するケースを探していたのだが無かった。
HTPC用の横置きケースは5インチベイが1つしか無い物が多く、その1つもDVDドライブ専用のカバー付きばかりだ。
それで縦置きのケースを寝かせばいいかと思い立って、高さと奥行きが450mm以内の物を探しだした。
凄く理想に近い物だったのがabee SC730A、全段5インチベイで幅も奥行きも小さい。
次がAntec Mini P180、5インチベイは3つだけど構造的に剛性が高そうで後で手を入れる必要が少なそう。
しかしどっちも探しだした時には販売終了になっていた。
で、出物待ちしてたらAntec Soloがポイント還元価格で6000円を割る値段で安売りしてた。
1日ぐらい考えてから購入。
奥行きが有り過ぎるけど、このクラスのケースでは珍しい1mm厚スチールで、側板にポリカーボネートを貼ってあり、静音目的に耐えそうな作りだ。
何より安い。
届いて色々チェック、…側板も天板もベコベコワロス(⊃д`)
NSK2400は0.8mm厚スチールだったけど縦横に梁が入っていて補強しなくても十分剛性が高かったが、Soloは側板や天板を支える梁が無いから容易に撓む。
まあ補強しましょう。

そして色々やって中味を入れた状態がこれ。
P1010990.jpg

何か木が見えますが梁です。
P1010991.jpg

裏側も
P1010994.jpg
メイン機を補強した時は側板と天板にべったり鉄板を貼り付けたが、板厚を上げるよりも桟や梁の方が効果的なので、今回は試しに後者の方法のみで補強してみた。
ポリカーボネート板が邪魔でべた貼りの効果が薄そうというのも理由にあった。
作業は現物合わせで梁の高さを決めないといけないので意外と時間を食った。
暇な人以外はべた貼りの方が楽だ。

ついでにSolo自体の組み易さにも触れとこう。
全体的に決して組み易いケースではない。
例えば上の画像と同じ機材をNSK2400に詰めるとこうなる。
P1010989.jpg
レイアウト的にケーブルが基板に被らないように配置できるので見通しが全然良い。
ケースが浅いので手を入れやすく見た目以上に作業のしやすさに差がある。
Soloは電源を横から入れられないのも笑った。
下から入れるしかないので一度基板を外さないと電源の交換不可。
まあケースの大きさがそんなに違わないのにHDDが2台多く積めて、5インチベイが2つ多いって事はそれだけ余裕が無いという事にもっと早く気づくべきだった。

CPUクーラーはScytheのNINJA miniから忍者参に変更した。
P1010980.jpg
P1010981.jpg
参になってファンレスに向いてないクーラーになった気がするが忍者弐がオクでも人気で手に入らなさそうだから仕方無い。
重しとしての性能は間違いなく一流だろう。

そして設置。
P1020008.jpg
迫力ある。
足は付けずに薄いポリプロピレンシートを敷いて直置き。
後ろから、
P1020004.jpg
奥行きはやっぱもっと短い方がいいなあ(^^;
無事起動して少し使ってみたが、予想よりも大分静かになった。
排気が後ろなので騒音が前に回り込まなくなったようだ。
窒息ケースではないか?と購入前は思っていたがフロントカバーのスリットから入って、HDDベイ前にも、5インチベイも穴が空いてるので吸気は十分以上にあった。
ただファン1個だと排気能力が足りないみたいでNSK2400の時よりも高回転で回る。
前からの懸案だった電源交換で、準ファンレス電源をファン付き電源に換えて補う事にしよう。

WD20EARS-00MVWB0

送料込み5470円だったから思わず買ってしまった(^^;
メインPCの1TB HDDと交換しよう、外してみたらWD10EADSの3プラッタ製品だったので並べてみた。
P1010974.jpg
P1010977.jpg
3プラッタ製品の作りはほとんど変化が無い。
4プラッタ製品がWD30EZRSで少しコストダウンされてたのに比べると堅実だ。
実測重量は624g、4プラッタ製品が軽くなったから差が詰まった。

ベンチとかは検索掛ければ幾らでも見られるので、ワットモニターのTAP-TST8がある事を思い出して、消費電力を測る事にした。
まず外付けクレードルをeSATA接続して、HDDを載せずにACアダプタを繋ぐ。
P1010942.jpg
この時点で消費電力1W、ACアダプタは接続するだけで電力消費するので使わない時は積極的に外すべきだ。
次に電源ONで3.1W、HDD自体の消費電力はこれを抜いた物と見なしてよいだろう、以下の計測値はクレードルの消費電力込みの値。

WD20EARS-00MVWB0 (3プラッタ):
起動時最大 15.5W
CrystalDiskMark中 8.3W~10.5W
アイドル中 8.0W
ヘッド退避後 6.2W
スタンバイ状態 4.0W (OSでHDDの電源を切る設定にした時とかの状態)

比較用にWD10EADS他も計測、

WD10EADS-00L5B1 (3プラッタ):
起動時最大 17.2W
CrystalDiskMark中 9.2W~11.5W
アイドル中 9.2W
ヘッド退避後 6.8W
スタンバイ状態 4.1W

WD30EZRS (4プラッタ):
起動時最大 18.6W
CrystalDiskMark中 10.1W~13.3W
アイドル中 10.1W
ヘッド退避後 7.8W
スタンバイ状態 4.1W

WD20EADS (4プラッタ):
起動時最大 19.0W
CrystalDiskMark中 10.2W~11.9W
アイドル中 10.5W
スタンバイ状態 4.2W

WD20EARS-00MVWB0は、同じ3プラッタのWD10EADS-00L5B1から、平均1Wぐらい消費電力が少なくなっていた。
4プラッタ製品と比べると平均2W低い。
また、4プラッタ製品同士では消費電力に有意差無し。
HDDは起動直後よりも温まってからの方が0.3~0.4Wぐらい消費電力が低くなる事も観測出来たので、わずかの差は無視していい。

う~ん、WD30EZRSの記事の時に割高でも4プラッタの物が買いだと書いたが、4プラッタ製品がコストダウンされて、3プラッタ製品が消費電力が下がって性能が上がっているのなら、前程拘らなくてよい気がした(^^;
動作音も非常に静かだし、やったら安く買える時があるので、今が買いだと思う。

追記:
静かだと思ったけど4プラッタ製品と比べるとAAM無効だとゴトゴト音が大きいです。
AAM有効でも定期的にゴトっという音がする時があります。
特に静かにしたい人は気になると思います。

WD30EZRSDTL

我が家のTH67XEIntelのチップセット不良が発症した(^^;
交換までは持つだろうと高をくくって、HDDの一つをSATA3Gb/sポートに繋いでいたけど、ある日転送速度が10~20MB/sしか出なくなっている事に気づいて次の日SATA3Gb/sポートが死んだ。
HDDは一時的に外部でUSB接続にしたが、残り容量も100MBを切ってるしついでにSATA6Gb/sIFカード付きのWD30EZRSDTLを購入する事にした。
P1010921.jpg
バルク品と違って梱包が豪華だな(笑)。
WD20EADSと並べてみた。
P1010922.jpg
P1010924.jpg
プラッタ部の黒い制振鋼板が無くなっている。
基盤も小さくなっている。
重量は738g→678gと50g減。
WesternDigitalのHDDは4枚プラッタの物が作りに金が掛かっていて割高でも買いなのだが、段々コストダウンされてきているようだ。
付属のIFカード
P1010932.jpg
HIGHPOINTのRocket620、単体で購入すると4500円以上するSATA6Gb/s×2ポートのカード。
これが付属して13470円だったら十分安いか。

エラーチェックと対応チェックの為にまずはAMD機のメインPCに外付けeSATAで繋いでみた。
マザーはGA-MA785GPMT-UD2HでAHCIドライバーは最新で問題なく全容量認識してGPTでパテーション作成出来た。
wd30ezrsdtl01.png

ベンチも一応
wd30ezrsdtl02.png

この後全領域検査してからHTPC機に組み込み。
P1010941.jpg
PCIブラケットが全部埋まっちゃった(^^;
私はMicroATXで十分だと思ってるけど2スロット使うVGAカードを刺したい人とかには厳しいのだろうな。
Rocket620はWindows7では自動的にドライバーが読み込まれて3TBの容量も問題無く認識された。
IRSTは最新。

WD30EZRSDTLは上で少しコストダウンされていると書いたが実際の動作音は静かでWD特有のゴトゴト音も抑えられていてかなり静音HDDだった。
発熱も以前の物よりも低いようだ。
IFカード無しのバルクが1万円ぐらいになったら買いだと思う。

2011/3/23追記
消費電力を測ってみました

食べラー

被災された方々に心より哀悼の意を捧げます。




スーパーで数種類同時発売してたので購入
P1010901.jpg
P1010903.jpg
P1010904.jpg
食べるラー油ブームもすっかりおさまって桃屋のもS&Bのも店頭で見かけるようになった。
今回買った4つはS&B製、早速全部食べてみる。
味的にはイタリアンが一番お勧め、違和感なく食べラーでバランスも良い。
ねぎ塩とおろしは予想外の味ですっぱい、おろしの方はもみじおろし味だと言えば伝わるだろう。
ごまは想像通りの味。
イタリアン以外は、他の食べラーと合わせて2~3瓶買ってその時の気分で食べ分けるのがよさそう。
1つだけだと味が単調かも。

ついでにローカル食べラーも紹介
P1010907.jpg
鹿児島産竹の子入り、これも美味しい、油に浸ければだいたい何でも美味しくなるのかね?

ついでのグルメネタ
高良食堂の煮付け(500円)
P1010892.jpg
安いなあ~
名物の一つだけどやっと食べた。
この店はどれも安くて量が多くて味も悪くないので目移りしてしまう。

寿味食堂の寿味豆腐(600円)
P1010898.jpg
辛くない麻婆豆腐。
沖縄は暖かい地方だけど地元民は辛い物が好きではなく、カレーでも中華でも辛くない味付けになっている。
だから普通の食堂では麻婆茄子ではなく茄子味噌炒めがメニューにある。

ついでの関係無いネタ
奥武山公園でカッコイイ自転車発見
P1010889.jpg
自転車屋が新しく出来るのかと思ったらスポーツクラブだそうだ。
ただしこのメーカーの自転車だけ取り扱うとの事。
ZIPPのホイール履いてる100万円越えてそうな自転車を沖縄の誰が買うのでしょうね?(^^;
まあ目の保養ですね。

ゆいレール祭りをやってました(1週間前の事です)。
P1010878.jpg
夕暮れから20:00ぐらいまでこんな感じで、出演者はほとんど地元のアマチュアです。
画像に写っている女の子達も出演者で、あとでみんなでダンスを披露してました。
沖縄の人達の芸能好きは羨ましくなる程。

漫湖散策他

M's curry
P1010827.jpg
糸満に最近出来た本格インドカレーのお店。
ランチ2色カレー(600円)
P1010828.jpg
この内容で600円は安い、味もしっかりしてる。
メニューを見ると単品カレーは750~1000円くらいだから、お客を呼び込む為にかなりサービス価格にしているのだと思う。
場所が外れで、まだお客が入ってないようだが頑張って欲しい。

昨日は南部一周
P1010853.jpg
晴れたよ暖かいよ奥武島のシーサーが工事の為退かされっ放しだよ。
P1010857.jpg
そして釘がぶっ刺さるという珍しいパンクorzがあったけど帰宅。
P1010859.jpg

まだ日が高いので漫湖に行ってみた。
漫湖水鳥・湿地センター
P1010863.jpg
自分家の近くにこういう施設がある事をTVで知った。
意外とまだ行ってない所ってある。
P1010870.jpg
漫湖は今では只の川にしか見えないけど、これは明治時代以降埋め立てられた為で、昔は奥武山公園は湖に浮かぶ島で小禄の坂の下辺りまで湖だったのだそうだ。
埋め立て後もマングローブの植樹の為に土砂の堆積が進み陸地化が進行して湿地部分がどんどん狭まっている。
最近になって水鳥の生息環境を守る為の取り組みが始まったのだそうだ。
昔の大きな湖だった頃を見てみたかったな。
それはそうとワザとやってるよな…
P1010864.jpg

生野菜を食べよう

久しぶりにファーマーズマート糸満に行って野菜を買ってきた。
P1010830.jpg
きゅうり5本で70円
茄子6個で140円
にんじん3本で110円
ベビーコーン12本で150円
お安いです。

野菜を買ったら生食いしたくなったのでEGGO SALAD DRESSING(358円)も購入。
P1010832.jpg
サラダドレッシングと書いてあるが、マヨネーズそのもの。
沖縄では瓶タイプのマヨネーズに根強い人気があり、2~3種類売っている。
早速きゅうりを食べる。
P1010833.jpg
新鮮で水っぽくて美味しい。
EGGOはキューピーマヨネーズと比べると酸味が強く、粘度が低くて柔らかい。
確かにドレッシングっぽい。
サラダにはこちらの方が向いてる。
次はにんじん。
P1010843.jpg
甘くて香りがあって美味しい。
糸満の特産品だけある。
最後はベビーコーン、皮付きが売っていたので面白そうなので買った。
皮を剥いてみると…
P1010836.jpg
中味はこれだけ(笑)。
最初から皮を剥いてある奴を買えばよかったか(^^;
でも、こちらの方が持ちが良いだろうからこれもありか。
ではいただきます。
P1010838.jpg
ベビーコーンって生で食べてもいいのかな?
美味しいから大丈夫みたい。

次の日の朝食
P1010844.jpg

新鮮な野菜をそのまま食べるのは美味しいという結論でした(^^)。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR