光デジタルケーブルを試してみた

沖縄は台風通過中。

今の住処はエアコンを使ってる時に、スピーカーから「ジー」という小さなノイズが出る。
原因がハッキリしてるし、エアコンを使ってる時はエアコン自体が音を出すので、このノイズは気にしない事にしていた。

ある日ネットで「Amazonベーシック TOS-Link(トスリンク) デジタルオーディオ オプティカルケーブル 1.8m」というのを見つけた。
609円の光デジタルケーブル。
激安だ。
現在HTPC機とプリアンプの接続は自作の同軸デジタルケーブル。
PCはノイズの塊と言われているので、光デジタルケーブルを一回試してみる価値はあるなと購入。
届いた実物は可也しっかリした物。
ケーブル外径は7mmで太く柔らかい。
プラグはプラスチックモールドだが、大きめで持ち易い。
値段と手触りから導体はプラスチックコアで間違い無い。

早速接続試聴。
ビックリしたのは最初に書いたエアコン利用時のノイズが無くなった事だ。
(後で気付いたがノイズは無くなったのではなく、小さくなっただけだった)
この時期当然エアコン利用中なので、電源を入れて音出し前に気付いた。
同軸デジタルケーブルではノイズが出て、光デジタルケーブルではノイズが出ないという事は、エアコンが出してる(多分)電源ノイズがPCを経由してプリアンプに流れ込む事で起きてた現象という事になる。
この時点で自作同軸デジタルケーブルから光デジタルケーブルへの交換決定。

肝心の音質だが、ナローで情報量が減り、スカスカした感じがある音だ。
ただしバランスは良く、SN比も良い。
エアコン原因のノイズが無いのが音に好影響を与えている。
エアコンを使わない状態なら自作同軸デジタルケーブルの圧勝は間違いないが。
こうは書いても結局はケーブル一本の差、全体的に見れば大同小異、他人には有意差を感じられない程度の差だろう。
ケーブル自作を何度もした経験からAmazonの光デジタルケーブルの音質の原因を考察すると、プラグがプラスチックのモールドでケーブル自体も柔らかいのが音に現れていると判断した。
プラグは重量級の金属製が使えなければむしろこの方が好都合。
安い金属プラグは安っぽい音を出す。
ケーブルはもっと硬い方がナローさが無くなるはず。
ちなみにケーブルでデジタルデーターに差が出るとは思っていない。
光デジタルケーブルで自分の経験則が当てはまるのか不明なので、まずは別の安い製品を買って違いを感じてみるか。

ATH-AD2000のヘッドバンドが破断した

オーディオテクニカのATH-AD2000のヘッドバンドが破断した。
P1010205_20120825103921.jpg
ネット検索を掛けて見ると、同様に破断したという報告があるので、どうも良くある事例のようだ。
それで状態を確認する為に外してみた。
ヘッドバンドの外し方は結構簡単だ。
カバーのネジを2本外してカバーを外すと、中でもう一箇所ネジ止めされているので、それを外すだけだ(後で詳しく解説)。
P1010207_20120825103920.jpg
ネジ穴の所から破断している。
ネジ穴分断面積が小さいので応力が集中して破断したという事か。
設計ミス、強度計算の失敗の類だ。
これでもワッシャーを入れれば補強になって折れづらくなるのにと思ったが、カバーとネジ頭に0.5mmの隙間も無く、ワッシャーも入れられなかった。
なにがしか改造しないと、この欠陥は解消しない。

まずはオーディオテクニカのサポートにヘッドバンドの弦が破断したのでパーツのみ売ってくれと聞いてみた。
ネジを回すだけで交換出来る物なので、修理に出すのは馬鹿らしい。
しかし回答は「修理にて対応させていただく内容であり、申し訳ございませんが部品のご提供は出来かねます。」だった。
既に外してしまった画像を送って自分で交換出来ると説明しても変わらず。
そして修理代金は「ATH-AD2000ヘッドバンド交換修理費用:約\9,500/1本,約\15,800/2本。」
妙に高い修理代金だ。
馬鹿らしいので自分で直す事にしよう。

分解の仕方を解説。
最初にウイングサポート部を外す。
P1010209.jpg
オーディオテクニカHPの「交換のしかた(ヘッドパッド& ヘッドトップ)」を参考。

ハウジング内側の2本のネジを外す。
P1010210_20120825103919.jpg
緩み止めが塗ってあるので、ネジ頭を舐めないように慎重に。

カバーを開けた所。
P1010213_20120825103918.jpg
この状態でもヘッドバンドのネジは回せるが、真ん中のバネを止めているネジを外した方が作業がしやすい。
しかしこのネジにも緩み止めが塗ってあって非常に固かった。
ネジ頭を舐める可能性が1番高いと思う。
以下の作業をやる人以外は真ん中のネジは少し緩めるだけにした方がいいだろう。
少し緩めれば左右にカバーを移動出来る。
P1010215_20120825103917.jpg
以下の作業をやる人はまずヘッドバンドを外した後で、舐める覚悟で根性入れて真ん中のネジを外す。
舐めても外してしまえば、M2.6の6mmネジなので手に入る。
ちなみにヘッドバンドの止めネジはM2の6mmネジだ。
これを両側共やる。

電工用の丸型圧着端子R3.5-4(3.5sq用なら多分何でも良い)を加工
P1010220.jpg
圧着端子は柔らかいのでニッパーでパチパチ切れる。
元々の穴部を切って、2mm径の穴を開ける。
穴開けは電動ドリルがあればあっという間だが、無いのならピンバイス等を買って開ければいい。
そして現物合わせでヤスリで整形。
画像で黒く塗ってるのは錆止めのつもりだったが、それは1番最後だ。
この時点でやっても意味が無かった。

ヘッドバンドの破断部分を金ヤスリで地道に削って差し込む。
P1010221.jpg
実際の作業ではヘッドバンドを削る工程が1番大変だった。
硬い。
形状記憶合金って何製だ?と調べてみたら、チタンとニッケルの合金が一般的らしい。
重量からしてもチタンっぽいし、結構良い合金を使ってるのかも。
とにかく削る工程では新しい金ヤスリを買ってやった方がいい。
使い古しのヤスリだと後悔する事になる。

現物合わせで問題なければ固定。
P1010222.jpg
今回はホットボンドを使った。
圧着端子の穴にホットボンドを突っ込んで、半田ゴテで圧着端子を暖めて、ヘッドバンドを差し込む。
細かい事は気にしない人は圧着端子をカシメても良いと思う。
ヘッドバンドの金属が硬いので、圧着端子の方だけ潰れて固定出来ると思う。
熱収縮チューブを被せて組み付けて出来上がり。
P1010224.jpg
圧着端子の耐久性が未知なので、他の部分のダメージの少ない方法を考えてやってみた。
この方法なら圧着端子が破断しても交換可能だ。
そしてとりあえず元通り使えるようになった。

LEDシーリングライト IRLDHCL3560N-EF1 その後

前回の記事で不安定な状態で取り付けた所まで書いたが、その後改修した。
P1010142.jpg
元々付いてた金具しかネジ止め出来ない状態だったのでそれを生かして、100均のワイヤーネットと引掛けローゼットの金具をタイラップと針金で止めた。
…画像見て思ったけど、念入りに針金巻きすぎだな(^^;
大元が2本のネジでしかも完全では無い止め方だから、こんなに針金使っても無駄だった。
全体
P1010145.jpg
これでまあグラグラしない状態になった。
元々の状態で20年持ってたのだから、これでいいだろう。
LEDシーリングライトの寿命が10年だから、取り替える頃まで持てば十分。



ついでに中途半端に余ってるネタも放出。
最強食堂のチキン南蛮 (480円)
P1010146.jpg
甘酸っぱいタレにご飯が進む、学生向けメニュー。
実際この御飯の量だと足りない。
だから逆に頼みづらい(笑)。

大盛りカレーと沖縄そば (合わせて300円)
P1010149.jpg
弁当屋に売り切れ直前に入ったらこれしか残ってなかった。
唐揚げは余ってたのををサービスで入れてくれた。
300円でこんなに食べれて恐縮するぐらいだ。

8月のポタ

何週間かポタ記を書いてなかったので、もう詳細は思い出せなくなったけど、画像を並べてちょろちょろ書きます。

さとうきび畑
P1000984.jpg

農耕車に注意
P1010107.jpg

久しぶりに八風畑
P1010157.jpg

真夏でくそ暑いのでもちろん黒糖ぜんざい(500円)を頼む。
P1010163.jpg
あっという間に完食。
丘の上を吹き抜ける風にあたってると、微睡むような心地だ。

とよみ大橋
P1010177.jpg
自転車の印象が変わったのに気づかれただろうか?
新車時から使ってたバーテープが千切れてきたので新しい物に交換したのだ。
P1010184.jpg
やたら黒い自転車になってしまった(^^;
ついでにTrek2000時代から通算7200km使ったチェーンも交換。
ついでに後ろタイヤをWTB SOLANO Team 25Cに交換して前後揃えた。
各所オーバーホールもしたので変速感、漕ぎ感が新車時に戻った。
5000km走行したぐらいでもなんとなく重たい感じが出る物だ。
WTB SOLANO Teamは前後共使ってみてハッキリした事は、やはり薄くてボヨンボヨンするタイヤだという事。
6.5気圧でもまだ気圧が高いのかもしれない。
私の体重で6気圧というのは抵抗があるが、一度やってみた方がいいのかもしれない。
今でも空気圧が低いお陰で乗り心地が良くて、サスペンションが付いてるみたいだと感じるから、これがこのタイヤの乗り味という事だろう。
走行抵抗は低く、25C故にグリップは良く、重量が軽いので良いタイヤではある。
ただし寿命は短いだろう。

大城てんぷら店に到着
P1010196_20120819101508.jpg

ミルクぜんざい(230円)
P1010195.jpg
大きさが判るように後ろにティッシュの箱を置いてみた。
そしてこの量でもペロリ。

大きな入道雲
P1010199.jpg
夏真っ盛りだ。

LEDシーリングライト IRLDHCL3560N-EF1

電気屋でLEDシーリングライトが処分価格で売ってたので購入。
アイリスオーヤマ IRLDHCL3560N-EF1 (7800円)
P1010121.jpg
旧機種で現在はCL8N-E1にモデルチェンジしている。
CL8N-E1の方がより明るいが、試すにはこのぐらいの価格がいい。

LEDシーリングライトは、蛍光灯や電球のシーリングライトと違って、発光体を交換しない前提で作られている。
LEDの寿命は非常に長いので交換機構は不要とし、一体型で作る事で低コストで故障しづらい物が作れる。
実際に電球型LED等は熱で中の回路がやられるらしく、10年持つという謳い文句とは裏腹に1年ぐらいで壊れる物が結構あるらしい。
向いてない電球の形にしてるのだから、その軋轢があってもおかしくない。
その点ではシーリングライト型の方が放熱に有利だし、照らす方向に向けてLEDを配置出来るので無理が無い。
LEDの光は素子の正面にしか飛ばないのだ。

という訳で部屋の20W蛍光灯×4の照明と取り換える事にした。
引掛シーリングだろうから簡単だろうと考えてたら何これ…
P1010123.jpg
全部外してみたら、配線直出し+照明器具専用(?)のローゼット+ちゃんと引っ掛けると照明の角度がおかしくなるので針金で固定、という構造だった。
元々別の照明器具が付いていたのを撤去して無理矢理付けたっぽい。
照明器具に1993年製と書いてあったので約20年ぐらいこの付け方で使われていたようだ。
そして外してみて判ったが、もうプラスチックはボロボロ(安定器のカバーが手で割れた)、コードの被覆は焼けてひび割れを起こしてる部分があると、器具として寿命が来ていた。
交換すべき状態だったのだな。
で、とりあえず引掛シーリングを付けるべく、1日掛かりでこうなった。
P1010124_20120813120548.jpg
後になってローゼットの耳を切ったのは失敗と気づいたが、まあ仕方無い。
この状態ではぐらぐらなので後で再改修する事になるけど、この日は日も暮れるのでこのまま取り付けた。
点灯
P1010130_20120813120547.jpg
明るい。
感覚的には、明るさ100% > 20W蛍光灯×4照明 > 明るさ70% ぐらい。
あと明るさ30%時(消費電力12Wぐらい?)でも結構明るい。
電球1個分くらいは明るい。
20W蛍光灯×4照明の消費電力が88W(※1)と書いてあったので、41Wで同等以上の明るさで消費電力は正に半分以下。
(※1:照明器具は蛍光灯の消費電力+安定器等の回路の消費電力。最近のインバーター式の方が回路の消費電力は少ない)
そして明るさ以上に驚いたのが色の良さで、色温度5000Kで照らしてる物の色がきれいに出る。
LEDはもっと偏った色しか出ないという先入観があったので意外だった。
音も静かで蛍光灯は音が出てたのだが、これはまったく聞こえない。
多分インバーターなんだろう。
結果は今までの照明からは不満になるような事が1つも無く、交換して大正解だった。
だが一般的な基準で言えば不満点になる事も幾つかあるのでそれも書こう。
まずリモコンの反応範囲が結構狭い。
照明の方にきちんと向けないと反応しない。
次にリモコンにボタンが3つしかないのはシンプルでいいのだが、明るさを増す方向のボタンも付けて欲しかった。
1段明るくしたい時は調光ボタンを3回押さないといけない。
そして消灯時の明るさを記憶する機能とプルレススイッチ機能が無いのは壁スイッチでON/OFFしたい人には不満点になるだろう。
上の問題の幾つかは後継機種のCL8N-E1で解決しているらしい。
アイリスオーヤマのLEDシーリングライトの全般的な傾向として、機能が無い事でコストダウン、発光効率の高いLED素子を使って低消費電力という感じなので、使い勝手を重視する人は別メーカーの方がいいかもしれない。
私は使い方に合った良い買い物が出来たと感じた。
電気代が気になる人は点灯時間が長いリビング照明のLEDシーリングライト化を検討してみてはと思う。

関連記事:
家電ウォッチ 家電製品ミニレビュー
アイリスオーヤマ 「ECOLUX LEDシーリングライト CL12DL-CSL1」

WD10JPVT

AMD A8-3870KとGigabyte GA-A75M-UD2H」の記事中で、消費電力低減に拘るならHDDの消費電力にも拘らなければと書いたので、2.5インチHDDを試してみる事にした。
Western Digital WD10JPVT
P1010029.jpg
2.5インチHDDは容量が少なくて今まで使わなかったが、何時の間にか1TBの物が出るまで時代は進んでいた。
これだけあれば録画用、作業用には十分だ。

さて早速組み込んで計測。
メインPCに搭載してあるHDD3台で、それぞれに録画した時の消費電力を測った。
まずは常駐物をTvRockとK10statとドライバ類だけ残してHDD全てスタンバイ状態、この時の消費電力29.8W。
以下の計測は他のHDDがスタンバイ状態になっているのを確認して行なった。

◆WD10JPVTに録画
地デジ録画時:34.0W
衛星録画時:37.3W
HDDアイドル時(ヘッド退避前):30.6W
HDDアイドル時(ヘッド退避後):30.3W

◆WD20EARS-00MVWB0(3プラッタ)に録画
地デジ録画時:37.0W
衛星録画時:40.7W
HDDアイドル時(ヘッド退避前):33.7W
HDDアイドル時(ヘッド退避後):32.0W

◆WD30EZRS-00J99B0(4プラッタ)に録画
地デジ録画時:38.2W
衛星録画時:41.8W
HDDアイドル時(ヘッド退避前):35.8W
HDDアイドル時(ヘッド退避後):33.1W

WD20EARS-00MVWB0は今までに測った事のあるHDDの中で1番低消費電力だった物。
WD10JPVTはそれから更に3~3.4W低減している。
WD30EZRS-00J99B0との比較だと4.2~4.5W。
推測した5~7Wに満たなかったが、2.5インチHDDの方がはっきりと消費電力が低い結果が出た。
HDDアイドル状態で1Wも消費してないというのはレベルが違う。
ちなみに衛星録画時の方が消費電力が高いのはアンテナへの給電と、ビットレートが高い分PT2の消費電力やHDD書き込みの為の消費電力が増加してる為と思われる。

静音性の面では、スマドラ入りWD20EARSと裸のWD10JPVTが同じ位の五月蝿さだったので3.5インチHDDの比では無い程静か。
これは静音に拘る私に嬉しい結果。

以上から導入決定となったので、本格的に騒音対策してメインPCに組み込む事にした。
システムの入ってるSSDと共にマウンタにネジ止め、スマドラ内に設置。
P1010112_20120809000249.jpg
SSDの裏面がマウンタよりも奥まってしまう為、手持ちの薄いアルミ板を重ねて高さを稼ぎ、熱伝導グリス併用で効果的に放熱させる。
P1010116.jpg
まだ厚みが足りないのでホムセンでアルミ板を買ってきて最終調整。
最終厚25.5mmになった。
スマドラに入れた後は耳を付ける位しないと動作音が判らなくなった。
温度も元々消費電力の低い2.5インチHDDだから問題なし。
剥き出し時よりも1度低いぐらい、WD20EARS-00MVWB0をスマドラに入れた物よりも3度低いぐらい。

3.5インチHDD比で容量単価が倍も高い2.5インチHDD、しかし低消費電力性と静音性では明らかに優れていた。
その2点に拘る人なら利用する価値がある。
容量単価もSSDと比べれば1/10。
データー保存用は3.5インチ、常時稼動用は2.5インチというのが良い使い方か。

ちゅるげーそば

今週は風邪を引いてしまったので、ブログ更新はさらっと済ませます。

ちゅるげーそば
P1010092.jpg
中城の東側の下道に出来たお店。
元々は屋我そばがあった所なのだが、この道を見つけてすぐに閉まってしまい、入る機会の無かった所だ。
お店は沖縄の古い民家を改装して使っているので雰囲気良い。
P1010097.jpg
宜野湾そばの姉妹店だそうだ。
ちゅるげーそば(680円)
P1010099.jpg
ランチタイムはじゅーしーサービス。
麺が3種類、スープが2種類の中から選べる。
今回はお店の人にお勧めを聞いて、細麺こってりにした。
味は今までに食べた事のある沖縄そばの中で1番脂っこい。
沖縄そばというより豚骨ラーメンに近いイメージ。
ちなみに一緒に出てきたじゅーしーも脂っこかった。
基本的にこういう方向の味付けなのだろう。
でも美味しい。
沖縄そばとしては脂が多いけど、ラーメン基準で考えれば普通ぐらい。
脂っこさに合わせて味が濃いからパンチのある味で、これにハマる向きもあるだろう。
ロケーション込みでお勧め出来る店だ。


ついでのグルメネタ
マンゴーのお礼で実家からアイスクリームを送って来ました。
P1010103.jpg
どうもありがとうございます。
でもこんな高いの送って来なくていいのに。
私相手に勿体無い。
だいたい現地に行って食べる派なんだから(笑)。
でも味はやっぱり美味しいかった。
乳製品は北海道。

さらについでに、
P1010104.jpg
・・・普通。
ペプシの変な味シリーズは意外に変な味じゃないのでネタ的に弱い。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR