パンを焼く その9

●小麦粉にゴールデンヨット
水175ml。
P1030952.jpg
高さ12.5cm。
モルトフラワー、増粘剤、ビタミンCを配合して膨らみやすくした最強力粉。
グルテンの腰は無く、クラムは引きが弱く柔らかい。
パン屋で良く使われるパン粉だそうで、パン屋っぽい甘くて美味しいパンが出来る。
ソフト食パンが好きな人に向いてると思う。
最強力粉という割にはそんなに膨らまないので、膨らませたいならスーパーキングの方がいい。

●小麦粉にゆめちからブレンド
水170ml。
P1030957.jpg
高さ12cm。
水165mlで作ったら高さ11.5cmになった。
この小麦粉はグルテンが強過ぎるので水ちょい多目の方が高さが出るようだ。
ゆめちからは国内初の最強力粉品種、それをブレンドしたパン向け小麦粉。
クラムは特に引きが強く、他の小麦粉に無いぐらいの歯応え。
もちもち感もある。
味には甘味があり小麦の味も感じられる。
ブレンドなので味の個性が薄いがバランスは良いので、引きの強い歯応えが好きな人に向いてる。

ゆめちからブレンド、牛乳190ml(水170ml相当)、バター無し。
P1040044.jpg
油脂無しテスト。
牛乳に脂質7g相当が含まれてるのでまったく無しという訳では無い。
高さ12cm。
少し膨らみが悪いが油脂無しでも十分。
油脂有りよりも引きの強い食感になった。
油脂を入れるとグルテンの形成が阻害されるので柔らかくなるという事だろう。

●小麦粉に1CW
水175ml。
P1040112.jpg
高さ12.5cm。

通常コース、牛乳190ml(水170ml相当)。
P1040074.jpg
一番高い所で14cm。
めっちゃ膨らんだ。
全量牛乳にするとどんな小麦粉でも膨らみが良くなる。
あと脱脂粉乳よりも味が大分良くなる。

スイートパンコース、水175ml、ドライフルーツ75g。
P1040186_20130729094810.jpg
一番高い所で14cm。
ゴールデンヨットで同じレシピで作った時は高さ13cmで柔らかすぎて形が保てなくなった。
1CWは良く膨らむししっかりしてる。

1CW(No.1 Canada Western)はカナダの小麦。
味はスーパーキングに似てる。
日本で買える外国産小麦はカナダ、アメリカ産が主なので当たり前ではある。
市販のパンで食べた事ある味でクラムの引きが強く甘さ控えめ。
膨らみが良く、ゴールデンヨットよりも1CWの方が最強力粉っぽい。
海外産の小麦は生育時に使う農薬が国産よりも圧倒的に少なく、カナダ産は北回りの海路を通って輸入されるのでポストハーベストの使用量も少ないそうで、もっとも安全な小麦という話をネットで見た事がある。
値段も安いし癖の無い食パンを作るのにいい。

●小麦粉に春よ恋100%再び
半額セールをやってたので初めて利用するショップで買ってみた。
通常コース、水175ml。
P1040301.jpg
高さ12.5cm。
前に買った物と適正水分量が違う。
味も違う気がする。
香麦と食べ比べるとこちらの方が美味しいけど、焼き立てがインパクトがある美味しさでは無い。
単一銘柄はバラつきが大きいそうだから仕方が無い事か。
とすると最初に買った春よ恋は当りだったのか。
網走産が良かったのかも。

旅の準備

う~ん……
P1040432_20130728103425.jpg
久しぶり過ぎてツーリングの仕方を忘れてしまった(^^;
荷物はこれでいいんだっけ?
P1040429.jpg
3年空けると何を持って行ったのかも覚えていない。
取り敢えず行く日と行先はほぼ決めたがオロオロするばかりだ。

今週もシュノーケリング

シュノーケリング記事の一番の問題点は水中画像が無いので記事的に寂しい所。
P1040182.jpg
だからと言って水中撮影出来るカメラを購入して撮る気も無い。
P1040320.jpg
ダイビングをやっていた時もカメラを持たなかった。
基本的に物を持つのが嫌いだし自分の目で見る以上の物がカメラで撮れるとも思わないからだ。
P1040342.jpg
だったら開き直って関係無い画像でも載せて記事のボリュームを出すのも一興かなと思いやってみた。
という訳でここまで本文と関係無い(笑)。

宮城海岸
P1040324.jpg
ちょい濁りが多くて残念。
ロクセンスズメダイが異様に群がってきてちょっと怖かった。
餌付けされてるのだろうけど、野生としてそれはどうだ?と思うぐらい目の前に近づいてくる。
ソフトコーラルが一面に生えているポイントは今年も健在。
正直サンゴの養殖とかここ見てると内地の人間を騙(略

大渡海岸
P1040345.jpg
波情報では凪だったけど、それでもここは湾外は波が出る。
午前中だったが魚がたくさん居て見応えがあった。
あっちこっちで群れてて見飽きない。
ふと後ろを振り返ったら可也大きな亀がこっちに向かってやってきていた。
距離は20mも無いように見える、超ラッキーだ。
そのまま見てたらこっちに気づいて方向転換して水の中に消えていった。
今日は亀も見れてラッキーと思いながら岸から上がろうとすると、間際にムラサメモンガラに足を噛まれたorz

Seasonic SS-650KM3

Seasonic SS-660KMがお亡くなりになった。
症状は電源が入らない、たまに入っても直ぐに落ちてしまうという物。
電源が入らない状態でも落ちた後でも+5VSBは通電してるので、多分保護回路のOTPが誤動作してるのではないかと思う。
購入は2年2か月前、安い電源なら仕方無しと諦める所だが、高い電源だからこの位で死んで欲しくなかった。
という事で新規購入、SS-650KM3
P1040284.jpg
懲りずに同じシリーズの電源にしたのは、これよりも出力の質が良い電源がなかなか無いから。
そして日本代理店が売ってる品を買えば5年保障だから。
XP2にしなかったのは、海外での価格差$20が何故か6000円差になってる上に、海外では7年保障なのに日本代理店が扱う物は5年保障に短縮されているから。
要は日本代理店がXP2でぼったくってるから。
KM3の方は購入額と海外価格が3000円差ぐらい。
日本仕様の物はコンデンサが全て日本製に変更されてるので、このぐらいの差なら有り。
ちなみに海外仕様はEnesolという韓国メーカーのコンデンサと日本製コンデンサの混合。

海外レビューで判るSS-660KMとSS-650KM3の差、
・効率が実測で1~1.5%ぐらい上がってる。
・出力電圧に少しうねりが出てるのと、リップルノイズが増えている。
XP2はKM3よりもさらに効率が1~1.5%高く(KMから2~3%高効率)、出力の質はKM3と変わらない。
新設計の回路がこういう傾向と見るのが正しいだろう。
でももしかしたらリップルノイズはコンデンサの差かもしれない。
KMの頃は海外仕様でも全て日本製コンデンサが使われていた。
国内仕様品を測定したデータが無いので本当の所は分からない。

実際に組み込んで判るSS-660KMとSS-650KM3の差、
・ATX20/24pinケーブルにOWL-BRKT18専用の配線が追加された。
・ATX20/24pinケーブル以外フラットケーブルになった。
・ペリフェラル用のケーブルが短くなった。
この電源はオールプラグインで必要最小限のケーブルしか生やさなくていいのが魅力だったのに、OWL-BRKT18専用の配線が強制とか意味が解らない。
もちろんほとんどの人に取って不要な物だ。
海外仕様ではこの配線が無いみたいなので、日本代理店のやった改悪っぽい。
多分SS-660KMのATX20/24pinケーブルが使えるから、安定動作を確認したら取り替えようか。
フラットケーブルになったのは柔らかくて取り回しがしやすくていい。
短くなったのは以下のような感じ。
P1040300.jpg
上がSS-660KMのSATA×3のケーブル、下がSS-650KM3のSATA×4のケーブル。
私の使っているケースは狭いので問題無いけど、大きなケースで裏配線する人は注意が必要かもしれない。

そして組み込んで問題無く稼働。
本当はTAP-TST8で実測消費電力を計った方が記事的には良いのだろうけど、SS-660KMの時でアイドル45.3W、OCCT4.3.1 Power Supply中168Wという構成のPCだから、SS-650KM3だとアイドル44.7W、OCCT4.3.1 Power Supply中166Wてとこだ。
Platinum電源にでも取り替えないとごっそり落ちないので実測はいいや。

最後にオーディオ的な話だが少し差が出た。
SS-660KMよりも伸びやかさがあって、相対的に少し高域寄りの音に変化した。
ただし、フェライトコアを外したので、そのせいかもしれない(フラットケーブルなのでフェライトコアが付かない)。
質的にはSS-660KMよりも上でも下でも無く、単にキャラクターの変化という感じ。

ともかくこれで後5年安心して使えるのは良い事だ。

浜比嘉島ポタ

台風が過ぎ去って適度に雲があって風もあって自転車日和。
P1040223.jpg

という訳で自転車に乗ったのだが海中道路に着く頃には快晴。
P1040224_20130715205155.jpg

気温は間違いなく30度以上、わんこのお散歩も水の中だ。
P1040231.jpg

ウインドサーフィンの準備をする一団。
P1040235.jpg
15~20は居た。
何かの大会でも始めるのかと思った程。

暑い。
P1040245.jpg
地面にこんなにくっきり影が出来るのは空気が澄んでるせい。
台風で島の上の空気も海上の綺麗な空気と入れ替えられたらしい。

アマミチューの墓からの眺め。
P1040250.jpg

シルミチューの脇の砂浜で水遊びを楽しむ地元民。
P1040264_20130715205321.jpg
……これだけ絶景の湾が無料で入り放題って普通じゃ考えられない。
でもこれが沖縄なんだな~。

日本最大の蜘蛛、オオジョロウグモ
P1040279.jpg
実物はでか過ぎてマジ怖い。
自転車で走ってても見つけられる位のでかさ。
今日一です。

結局今日は暑くて死にそうだった。
P1040281.jpg
帰ったら大分日差しに慣らしてるはずの肌なのに、あちこち真っ赤に焼けてた。
明日から大変だ。

シュノーケリングな感じ~

大渡海岸
P1040080.jpg
去年はシーズン終盤しか海に入らなかった事を反省して、今年は早速行ってきた(^^)。
ていうか暑いんだよ(^^;

早速トラブル。
P1040084.jpg
スノーケルが継ぎ目からポッキリ/(^o^)\
もう10年くらい使ってるから寿命だろう。
シリコンホース側にスノーケル上部を無理やりねじ込んだら水漏れせずに使えたのでこの日はそれで凌いだ。

後日新しいスノーケル購入\(^o^)/
P1040099.jpg
透明な物は日に当たると変色する事が判ったので黒にしてみた。

という訳で新しいスノーケルを試す為に真栄田岬へ。
到着、まずは昼飯(笑)。
P1040109.jpg

トマトは水分が出てべちゃっとするからやめよう。
P1040111.jpg

では入水。
P1040106.jpg
凄い透明度。
何度もここに来てるけど今日が一番。
真栄田岬は何時行っても魚が沢山居るのだけど、これだけ視界が抜けてると水族館状態。
この日は最高だった。

そしてお土産。
P1040154.jpg
海の中に落ちてた。
で、使えるかと思ったら子供用で使えなかった/(^o^)\。
P1040152.jpg
どんな感じ~(笑)。

大渡海岸、真栄田岬と行ったからには宮城海岸だろ。
よしレッツゴー。
P1040163.jpg
……無理。
水に入ってる人は一人も居ず。
仕方無いので昼飯(笑)。
P1040169.jpg

そして帰ってきたけど水に入る気満々だったのでどうにかしたい。
思いついたのが奥武山水泳プール。
P1040172.jpg
入場料200円。
数年前建て直したばっかりの綺麗な設備。
50mプールは水深2m以上のマジ競泳用で、10人くらいしか使用しておらず、贅沢に利用出来た。
超いい感じ~\(^o^)/
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR