豊平峡ダムポタ

9月中旬に寒波が襲って超寒かった日。
朝から支笏湖に向かって出発。
P9146389 (2)

真駒内滝野霊園
P9146380.jpg
景色が嘘くさ過ぎて絵に見える(笑)。

赤とんぼ
P9136354.jpg

ガーン
P9146394.jpg

行先変更、定山渓、そして豊平峡ダムに向かう事にした。
P9146395.jpg

豊平峡ダム
P9146410.jpg

P9146423.jpg

P9146426.jpg

P9146427.jpg
草木に秋の彩が見え始めている。
寒い季節が来る前のこの一時の美しさを大切に味わおう。

帰り道、豊平峡温泉で昼飯。
P9146438 (2)
カレーは値段も手頃で味も良くていいけど、タンドリーは普通かな。

自転車のバーテープをオレンジに変えた。
P9146444.jpg
なんか安っぽい感じになった。
でもまあいい、どうせすぐ汚れて味のある色になると思う。
そして定山渓温泉で立ち寄り湯に入り、帰宅した。

森のゆポタ

9月初旬の白石サイクリングロード。
P9066316.jpg

途中でサイクリングロードを降りて、アルトラーチェへ。
P9066319.jpg

スーパー5(630円)
P9066322 (3)
由仁町ポタの時に牛小屋のアイスに感銘を受けて、アルトラーチェと比べなければと思い、一週間後にやってきた。
さて久しぶりに食べてみると実にクリーミーで上質。
素材感を感じられるのは牛小屋のアイスだけど、アルトラーチェが負けてるとは言えない。
このクラスになると好みの問題。
私はアルトラーチェの方が好きだった。

アイスを食べた後は森のゆへ。
P9066324 (2)
近くの温泉ではお気に入りの一つ。
お湯への拘りがいい。
今回は食事とセットで1000円というのをやってたので、昼飯も食べた。
P9066329.jpg
レストランは普通。

そして帰宅。
最近家の玄関前で日向ぼっこしてる猫に迎えられた。
P9066334.jpg
前の家の飼い猫だそうな。

SilverStone FT05

手前:SilverStone FT05
奥:abee S2
P9206500.jpg

P9206501.jpg

P9206502 (2)

メインPCのケースは長らくabee S2を使ってたが、R9 290を入れるのはやはり無理がある。
P9206526.jpg
一番の問題は排熱で、元々静音志向の窒息ケースなので、エアフローを増加させようとすると、音が大きくなる。
最初から高エアフロー設計のケースとは違うという事だ。
で、数か月物色して、ATXが入って外寸が十分小さいケースという条件に当てはまったので、SilverStone FT05を発売を待って買った。

以下レビュー。

開封直後からあった塗装剥がれ
P9206503.jpg

上部の空間
P9206506.jpg
大抵のケーブルが閊えない程度の余裕がある。

側板の外し方
P9206513.jpg
ボタンを押すとラッチが外れて上に引き上げられる。

拡張カードエリアのネジカバーの外し方
P9206524.jpg

全体的にあんまり工作精度は良くないと感じた。
abee S2みたいにハメるとネジ穴の位置がピッタリでるような作りでは無い。
マザーボードの取り付けネジ位置は微妙にズレがある。
側板のガタも多い。
値段の割に高級感は無い。

パーツ組み込み終了
P9206541.jpg


P9206538 (2)
裏配線は太いケーブルを這わせる場所が無いし、タイラップを引っ掛ける穴も無いしで可也制限が大きい。
私は結局24ピンケーブルを裏配線するのを諦めた。
あと2.5インチHDDの取り付けは片側引っ掛けでもう片側がネジ止めという形だけど、胴の細いドライバーが無いと、マザーボードやスリムドライブアダプターを外さないとネジが回せないという事になる。
下側の取り付け箇所は手締めネジが使えるが、上側は使えない。
3.5インチHDD取り付け箇所は、電源からのケーブルがとぐろを巻く事になるので、予想以上に狭っ苦しい。

電源と3.5インチHDDの隙間
P9206534.jpg
電源はSS-650KM3、奥行き16cmの電源。

色々と組みづらい部分を書いたが、実際の所、今まで使ってたabee S2に上の画像のように詰め込む事に比べれば、ずっと組み易かった。
無駄な配線を詰め込む場所が無いのが問題なだけ。
それも18cmファン×2を外して14cmファン×2に変更すれば作れそうだ。
私はオーバークロックしないので、それで風量は十分に間に合う。

組み上げて稼働しているが、風量が圧倒的に増えたし、以前のように排熱をまた吸い込むという問題も無くなったので、高負荷時に静かに使えるようになった。
あとこれを選んだ最大の理由でもあるが、やっぱり見た目がいい。
結局PCケースを選ぶ決め手はこれだ。

道南ツーリング2014 その7

8/15(金)
朝飯。
P8156011 (2)
画像プラス焼魚。
宿を出る時に「ご飯が美味しかったのでまた来ます」と言って出た。

弁慶岬
P8156016.jpg
この辺から、道沿いに人工物がどんどん増えてきて、都会に近づいてきてるのを感じる。

昼飯は元祖かき小屋 吉野商店
かき(1200円)と白貝(1000円)とガス代(300円)。
P8156053.jpg
カキの味が濃く、文句無しに美味い。
以前はカキ食べ放題をやっていたらしいが、今は6個か1㎏で1200円という設定のようだ。
現在の価格だと、それ程割安感は無い。

13:00岩内に到着。
P8156072.jpg
海の向こうに見えるのが積丹半島。
これで今までのツーリングと合わせて、北海道の海岸線を一周した(はず)。

岩内から札幌に行く道は面白くないので、倶知安の方に逸れる事にした。
P8156097 (3)

羊蹄山。
P8156119.jpg
何時も雲が掛かってる。

湧水場。
P8156121.jpg
羊蹄山の周りには他に京極と真狩村に湧水がある。
全て名水。
P8156126 (3)

これで心残りは無いので、帰る事にした。
小沢のワイス温泉(500円)
P8156135.jpg

P8156139 (2)
かけ流しで、源泉温度46度という事で、多分加水も加温もしてないだろう。
湧出量豊富でシャワーやカランの湯も温泉水だそうだ。
無色透明無味のお湯。
良く温まる。
登別カルルスのお湯に似ている。
今回の旅では素晴らしい温泉にも沢山巡り会えた。
道南はライダーハウスが無いので、今まで行き辛かったが、今回回ってみたら自然も食も温泉も宿も、良い物に沢山巡り会えた。
また来ないと駄目だな。

温泉から上がった後は2km走って小沢駅に到着。
自転車を輪行袋に入れる。
電車が来るまで一時間ぐらいあったのでちょっと散歩。
トンネル餅(400円)。
P8156144 (2)
お土産にしよう。
今回の旅はこれでお終い。
P8156152.jpg

この日の走行距離:120km
7日間の総走行距離:549km

道南ツーリング2014 その6

8/14(木)
朝飯
P8145866.jpg
奥尻島に来たら、またここに泊まりたいと思う宿だった。

7:50出発。
奥尻島の北側を回って港に戻る。
標高330mの峠を通る山道だ。
港で貰ったパンフレットに狸が出ると書いてあったが、走ってたら本当に道路上に2匹居た。
ハッキリ見える所まで近づいたら、道の脇の草むらに逃げてしまったので、撮る暇はなかった。

球島山展望台
P8145873 (2)

山頂から奥尻島が一望出来る。
P8145876.jpg

うにまるモニュメント
P8145909.jpg
これで奥尻島の主要観光スポット終了。
奥尻島は一周64kmの島で、一泊で自転車で回るのに丁度良い大きさだった。
素晴らしい海と豊かな自然を見に、また来たい島だ

12:05奥尻港からフェリーに乗り、14:00瀬棚(2等船室2010円)。
港前の富美栄食堂で瀬棚海鮮カレー(900円)。
P8145941.jpg
期待出来ないお店の外観と裏腹に美味しい。
瀬棚海鮮カレーは町興しでやってるメニューで、地元産の食材を使うのがルールだそうで、イカと帆立が当然のごとく美味しい。
それを抜きにしてもカレールーや添え付けのスープの味もなかなか良かった。

14:30札幌方面に向かって出発。
ここからは帰り道だ。

三本杉岩の前の不気味な石像
P8145949 (2)

窓岩
P8145959.jpg

歌シリーズ
P8145965.jpg
サブちゃんやね。

P8145966.jpg
BOOMやね。

P8145989.jpg
そんなヒロシに騙されてやね。

P8156032 (3)
諦めたんやね。

16:30モッタ海岸温泉(500円)
P8145984 (2)
国内有数のラジウム泉(北海道では一番)。
かけ流しで加水も加温も無しの源泉100%。
飲泉可。
乳白色で硫黄臭のする塩味のお湯。

17:30今日の宿島牧ユースホステルに到着(一泊2食付き5800円)。
今までに泊まったユースの中で一番オシャレな建物。
晩飯。
P8146001 (2)
今までに泊まったユースの中で一番美味しい食事。
積丹ユースを抜いて、食事の美味しいユース一位。
量も丁度良い。
食後に自家製梅酒(200円)と果実酒(250円)も頂いたが、これも美味しかった。
函館、木古内、奥尻、島牧と今回は良い宿に巡り会った。

今日の走行距離:78.12km

道南ツーリング2014 その5

8/13(水)
江差の町を朝散歩。
P8135612.jpg

P8135621.jpg

9:30ハートランドフェリーに乗船(2570円)
P8135624.jpg

P8135669.jpg

12:00奥尻島
P8135676 (2)

賽の河原公園
P8135707.jpg
道南霊場という謎の場所。
食事処さくらばなでなべつるカレー(1296円)
P8135714.jpg

アワビ入り
P8135717 (2)
お店に見覚えがあるので店員さんに聞いてみたら、やっぱり火野正平さんがこころ旅で来た場所だった。

宮津弁天社
P8135753.jpg

社からの帰り、階段を降りた時に海の水に手を浸けた。
P8135758 (2)
何故かそうすべきと思ってやったが、きっとご宣託だったのだろう。
水は温かった。

素晴らしい海の色
P8135752.jpg
今まで北海道で一番海がきれいなのは積丹だと思ってたが、奥尻はそれよりもキレイ。

13:30まつや食堂で塩ラーメン(650円)
P8135761 (2)
塩ラーメンは飽きやすいが、これは最後まで美味しく食べられた。

なべつる岩
P8135765.jpg

高さ10mの海岸堤防
P8135782.jpg
北海道南西沖地震の奥尻の津波被害の後に作られた物だと思う。

奥尻最南端の青苗に到着、時空翔
P8135799.jpg
北海道南西沖地震の慰霊碑。

島の西側に入る。
P8135829.jpg
奥尻の道の風景はどことなく沖縄本島を思い出させる。
道路の起伏の感じや、山の緑や、海のキレイさが似てるのだろう。

16:45神威脇に到着。
今日の宿の民宿カサイ(一泊二食付き8500円)。
P8135831 (2)
調べた限り、奥尻は一泊二食付き8000円が最低価格のようだ。

神威脇温泉(420円)
P8135835.jpg
この辺は奥尻島唯一の温泉地。
宿をここに決めた理由はこれ。
お湯は源泉かけ流しで塩味のする金臭いお湯。
ここも良泉。

夕暮れの神威脇
P8135844.jpg
ここに住んでみたいなと思った。

晩飯
P8135847 (2)
運ばれてきた時にわおっと歓声を上げてしまった。
量も凄いし内容も凄い。

まずはウニとアワビとカニカマの入った茶碗蒸し。
P8135845 (3)
カニカマは要らないだろ(^^;。

左からナマコ、アワビ、イカフライ
P8135850 (2)

アワビ刺
P8135853 (2)

生ウニ
P8135854 (3)
ご飯に乗っけてウニ丼にした。

ウニとツブと地魚入りの鍋
P8135864 (2)
奥尻島はウニとアワビの産地。
民宿カサイさんはお父さんが漁師なので、魚は普通よりも良いのが出せるとの事。
まさしく宿代以上の物を食べさせて頂いた。
お見逸れいたしました。

今日の走行距離:55.22km

道南ツーリング2014 その4

8/12(火)
5:30出発。
佐女川神社の鳥居
P8125360.jpg

知内で青函トンネルの出口
P8125385 (2)

そこで見付けた特殊車両。
P8125396.jpg
多分青函トンネルの点検用だろう。

7:30知内温泉ユートピア和楽園(420円)
P8125404.jpg
北海道最古の温泉との事。
露天風呂はアブが何匹もいて落着けなかった。
内湯に移動。
P8125405.jpg
こちらも良い風情。
お湯は飲用可なので飲んでみたら、ほのかな酸味のある、割と美味しいお湯だった。
勿論かけ流し。
名湯。

福島で青函トンネル記念館(400円)
P8125415 (2)
展示の半分は道南の歴史だった。
面白かったけど。

白神岬
P8125436.jpg
北海道最南端。
周辺の景色は荒々しく見ごたえがある。
P8125428.jpg

12:00松前に到着。
レストラン矢野で海苔だんだん(1300円)
P8125458 (2)
岩海苔の海苔弁。
実は今回の旅行で一番食べたかった物。
美味しいけど1000円ぐらいが適正価格かな。
あと付け合わせが、本場の松前漬けと若布と山椒の美味しい漬物なんだけど、海苔弁がそれだけで食べたい味付けになってるので、不要になってるのが惜しい。

松前城
P8125468.jpg

おぐらで鴨せいろ(1600円)
P8125484.jpg
2012年のミシュランガイドでお勧め店に紹介された店。
帰ってから調べたら地元の食材を使ったメニューが評価されたらしい。
鴨せいろは合鴨に臭みがあってもう一つだった。
蕎麦自体は美味しいと思った。

海岸線をひた走る。
P8125491.jpg
台風後の荒れた海とレジャーに興じるファミリーの対比が面白い。

P8125499.jpg
この辺りの海岸沿いの道は何故か去年鹿児島辺り走ってた時とイメージが重なる。
道南は北海道っぽくない所がある。
P8125515.jpg

P8125528.jpg

18:15江差到着。
P8125529.jpg

辻旅館(素泊まり4000円)
P8125533 (2)
江差、上ノ国はこの辺が宿の最低価格のようだ。

開陽丸
P8125550.jpg

江差駅
P8125573 (2)
2014年5月12日に木古内-江差間が廃線になった。

この日の走行距離:135km

道南ツーリング2014 その3

8/11(月)
7:00晴れ間が見えるので出発してみる。
8:00トラピスチヌ修道院。
P8115232 (2)

シスターの手作りクッキー(250円)
P8115244 (2)
若いシスターの手作り(*´Д`)ハァハァとか思いながら食べたら、昔は若かったシスター達が作ってる写真が展示されてたorz。
そして雨が降って来た。
気温は高く、雨でも問題無い感じだったので、そのまま函館駅に向かった。

朝市内のうにむらかみで塩水バフンウニ丼(S:2700円)
P8115252.jpg
一膳サイズの小さいうに丼。
しかしミョウバンを使わず塩水で保存した美味しいうに。
苦味は全く無く甘い。
流石はうにで有名な店なだけはある。
同時に頼んだ平目刺身(540円)とホヤ酢(780円)。
P8115255.jpg P8115257 (2)
こちらは新鮮だけど味が無く普通。

10:30五稜郭公園
P8115271.jpg

箱根関所
P8115276.jpg
雨は降ったり止んだり。
台風は過ぎてるから、これ以上天気が悪くなる事はないだろうと、函館を出る事にした。

12:30ラッキーピエロでエビエビラキポテ(360円)とラッキーエッグバーガー(390円)。
P8115294.jpg
これでラッキーピエロともお別れかと思うと寂しい。
安くて美味くて量もあってと、良い店だった。

14:15トラピスト修道院
P8115321.jpg

聖ベネディクト
P8115327 (2)

聖ベルナルド
P8115328 (2)

ソフトクリーム(350円)
P8115330 (2)
美味しい。
自分ランキング上位に入った。
真面目に作った味で、ソフトクリームの基準に出来る。
今回のツーリング中に食べたソフトクリームの中ではナンバーワン。
添えてあるクッキーもトラピストクッキ-で美味しい。

16:00木古内に到着。
今日はここまで。
小雨が止まないし、この先は長い。
寿旅館(素泊まり2500円)
P8115337 (2)
安いが値段以上の部屋と設備、良い宿を見付けた。

今日の走行距離:68.33km

道南ツーリング2014 その2

8/10(日)
この日は天気予報で台風が通過する事が判ってたので、徒歩で函館観光をする事にした。
市電の一日乗車券が600円。
これを使えば函館の端からでも不便は無い。

8:30朝市。
一花亭たびじで、活きいか踊り丼(1890円)
P8105037 (2)
動画で(残酷映像が嫌いな方は見ない方がいいです)。

ハリストス正教会
P8105118.jpg

聖ヨハネ教会
P8105119.jpg

天主公教会
P8105082.jpg

パンツァードラグーン
P8105088.jpg

レイモンハウス
P8105098.jpg

シューリンガードッグ(596円)
P8105105 (2)
ケチャップとマスタードをかけて食べたが失敗だった。
ソーセージの味が消されてしまった。

旧函館区公会堂
P8105142 (2)

昼飯、同楽舎で担々麺辛め(850円)。
P8105173 (2)
真っ赤だが見た目よりは辛くない。
味わうのに丁度よいぐらい。
酸味がある。
とりあえず汁を全部飲み干す程美味だった。
人が並ぶのは納得。

12:15店を出ると雨が降ってた。
P8105175 (2)
谷地頭温泉で雨宿り(400円)。
黄土色で塩味のする温泉。
塩素が入ってるのが勿体無い。

16:00五島軒でカレーセット(2600円)。
P8105186.jpg
 
P8105190 (2)
値段を考慮すると普通。

17:15もう一度レイモンハウスでソーセージ盛り合わせ(1296円)。
P8105200 (2)
何も付けずに食べると肉の味の良さがよく分かる。
幾等でも食べられそうな味だ。
値段にも知名度にも納得の美味しさ。

MILKISSIMO
P8105212 (2)
るろうに剣心も食べにくる人気店。
トリプル(520円)
P8105209.jpg
以前に新千歳空港店で食べた時よりも美味しかった。

この頃には、大分風が強くなってきたので、帰る事にした。
市電を降りて、駅前の山内温泉(420円)で汗を流し(ここもお湯は糞熱かった)、ライダーハウスパゴパゴ(2泊目以降1300円)で台風の一夜を過ごした。

この日の走行距離:0km

道南ツーリング2014 その1

8/9(土)
9:40電車輪行で八雲駅到着。
10:00八雲遊楽亭で温泉に浸かる(500円)。
P8094914 (2)
かけ流しで茶色く濁った塩味のするお湯。

11:00ハーベスター八雲
P8094953.jpg
昼飯(全部で1680円)。
P8094933.jpg
高いね。
味は普通。
何故人が並ぶのか分からない。
唯一お目当ての牛乳も薄い気がする。
食後にソフトクリーム(350円)。
P8094945 (2)
うーん何か違う。
もう一回牛乳を飲んでみたが、やっぱり薄い。
牛乳が薄いせいで、ソフトクリームも薄い。
長らく自分内ランキング1位のソフトクリームだったが、今回はランク外。
生産地限定ゆえに味のバラつきが大きいのは仕方が無い事だ。

15:00大沼公園
P8094996 (2)
本当に大きな沼。
遊歩道は一角を歩くだけなのに1時間掛かる。
P8094987 (2)

17:00ラッキーピエロ峠下総本店でNo.1セット(702円)。
P8095012.jpg
チャイニーズチキンバーガーとラキポテとウーロン茶のセット。
ボリュームがあり、味も良い。
函館限定だからこのクオリティでやっていけるのだろうけど、札幌にも欲しい店だ。
追加でラッキーガラナ(130円)。
P8095014.jpg
ちょい薄めのガラナ。

19:00今日の宿、湯の川にあるライダーハウスパゴパゴ(1500円)
P8095023 (2)
全室個室のライダーハウス。
多分元々は近くの函館大と函館高専の学生向けアパートだったのだろう。
老朽化してライダーハウスに鞍替えしたのだと思う。
客は私も含めて2名しかいなかった。
函館は中心街に近い所に安宿が数軒あるからこちらまで人が来ないのだろう。
穴場だ。

こっちに来た理由は湯の川温泉に入りたかったから。
今日は永寿湯(420円)に入った。
いや、実際にはお湯が熱すぎて入れなかった。
足を浸ける事すら出来なかった。
帰ってから調べたら低温の湯船で湯温48度、中温で51度、高温で54度あるのだそうだ。
掛け湯するだけで体が真っ赤になって、そのまま浴室に座ってると汗がダラダラ出てきて、風呂に入った気分は十分に味わった。
泉質は透明無色でわずかに酸味がある。
源泉かけ流し。
函館の名湯だ。

この日の走行距離:91.46km
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR