自ブログの統計 2015

人気ページランキング (開設から現在まで)
順位 人気ページ 件
1 19:00のニュース (北海道版) 23397
2 19:00のニュース (北海道版) HTPC (画質音質) 9705
3 19:00のニュース (北海道版) HTPCの高画質設定 その3 8079
4 19:00のニュース (北海道版) HTPCの高音質設定 その3 6367
5 19:00のニュース (北海道版) HTPCの高画質設定 第4版 6092
6 19:00のニュース (北海道版) madVR (ffdshowとのリサイズ画質比較) 5680
7 19:00のニュース (北海道版) foobar2000のSoX Resamplerの設定 4201
8 19:00のニュース (北海道版) HTPCの高音質設定 その2 3832
9 19:00のニュース (北海道版) PC関連 2726
10 19:00のニュース (北海道版) Radeon DxVAとffdshowのインターレス解除性能比較 2076
集計対象:63922 件

この記事を書いてる時点でのアクセス数が約183900、年間で32190のアクセスがあった。
去年よりも約9%アクセス数が減った。
例年旧ブログサイトの統計 も載せてたが今年から止める事にする。
インターフェイスが変わって、全期間のデーターの取り方が判らなくなったし、もう順位に変化はないからいいだろう。
統計データーは毎年代わり映えしないので、これで話は終わり。
以下は今日のバードウォッチングの話。

百年記念塔
PC311826.jpg
円山公園でのバードウォッチングが面白かったので、野幌森林公園でもやってみる事にした。
札幌市内にある公園では、多分一番でかい公園。
大きすぎて3市にまたがってるぐらいだ。
雪の積もった冬の公園に、人なんかこないだろうと思ってたら、クロスカントリーしてる人が結構いた。
なるほどだだっ広いからうってつけか。
そしてバードウォッチングで判った事、
・鳥がいないとバードウォッチングは面白くないorz
・高い木ばかりで広い所もバードウォッチングに向かないorz
百年記念塔からまず瑞穂池の方に歩いたが、ほとんど鳥は見れなかった。
声は聞こえるが森が深いので何処にいるのかまったく判らない。
その後江別方面に歩いて行くと、こちらでは少し見れた。
アカゲラ
PC311818 (3)
結局バードウォッチングもネットで検索してポイントになってる公園に出向くのが楽しめるコツだろう。
円山公園はバードウォッチングのポイントとして名前が上がる場所だ。
野幌森林公園も名前が上がるが、多分時期が合ってないのだろうし、野鳥が見れるポイントが何処かにあるのだろう。
下調べせずに来たので今日はダメだった。
まあ鳥はそんなに見れなかったが、雪の野山を歩き回る事そのものが楽しめた。
PC311815.jpg
面白いと感じる事が段々と年寄くさくなってきてるな(笑)。

バードウォッチングデビュー

双眼鏡を買ったので使いたい、そうだ円山動物園に行こう。
動物園の動物を見る為に使う人は結構居る。

…、

行ったら休館日でしたorz
年に3日しかない休館日が今日からorz
という訳で現場判断で急遽バードウォッチングに変更。
PC291715.jpg

持ってきたのは、モナーク7 8x42
PC291717.jpg
重量650g程度あるが、付属のストラップが良くて、首から掛けても重く感じない。
歩く邪魔になるかと思ってたが、首に掛けっぱなしで気にならない。
ラバーコートは滑らず持ちやすい。
防水なので降りかかる雪に神経質にならなくていい。

さて野鳥を見てみるか、…声は聞こえど姿が見えず、素人過ぎて鳥が見つけられませんorz
とりあえずカラスを見てみたら、羽根の一枚々々や顔の冬毛の一本々々まで見えてビビった。
すげえな、こんなに良く見えるんだ。
双眼鏡の方が裸眼よりも集光率が高いので明るく見えるのだが、そのお陰で対象物にスポットライトを当てて見てるような、はっきりくっきりした見え方になる。
それこそテレビで鳥のアップの映像を見る、あれそのままだ。
解像度はテレビよりもこの双眼鏡の方が高い。

鳥を求めて円山の山頂に向かうと、動物園の横辺りで、シジュウカラがあちこちを飛び回るようになった。
円山の鳥は人馴れしてるっぽく、かなり近くまで来てくれる。
それを双眼鏡で見てみるとこれが楽しい。
多分これはやってみないと何が楽しいのか判らないと思うが、やってみると思いの外楽しい。

アカハラ
PC291742 (2)
デジカメで撮った物だが、双眼鏡で見た感じもこのぐらいの大きさと明るさで見える。

エゾリス発見。
PC291727.jpg

餌付けされてるので、凄く近くまで来る。
PC291734 (2)

冬毛でもこもこしてるので、めっさ可愛い。
PC291740 (3)

円山山頂に登頂
PC291758.jpg
上の方に来たら鳥はいなくなった。
風が強くて寒いから麓の方に移動してるのだろう。
せっかくなので望遠鏡を覗いてみたら百年記念塔が普通に見えた。

さて帰ろう。
下山しながら思ったが、雪の斜面はアイゼンかストックが無いと、まともに下れない。
次は軽アイゼン買うかな。

Cafe Blueでチュコバナナパンケーキのドリンクセット(1188円)
PC291773.jpg
まだ口の中が万全では無いので、柔らかい物が食べやすい。
これは丁度良かった。

帰ってから双眼鏡のストラップに接眼レンズカバーを通した。
PC291781.jpg
首からぶら下げてると接眼レンズが上を向いてるので、雪が乗ってしまう。
それを吹き払うと、レンズが曇る。
曇りが晴れるのに時間が掛かる。
とりあえずカバーで雪が乗らないようにしてみよう。
小さなレンズ拭きを携帯した方が良いのかもしれないが、一つ一つ試していこう。

親不知を抜いた

11月初頭に奥歯が痛くなって、歯医者に行くと、親知らずの根元が炎症してるせいだと言われた。
抜いた方が良いと言われたので、正月休みまで待って抜いた。
膿が中で溜まってたらしく、歯を抜いた後にきれいに掃除して、1時間ちょっと掛かった。
2~3日は大変だよと言われたが、その通りで、最初の1日半は口の中が腫れて噛む事が出来ないので栄養補助食品で凌いだ。
PC261690 (2)
これ系はヴイダーinゼリーが有名だけど、COOPやドラッグストアで100円未満で同等品が売ってる。
ちなみに成分はマルトデキストリンで、吸収時間は20~30分ぐらいだったはず。
安静にしてる前提で、1~2時間に1つ飲めばよい。
という具合に摂取して、合計で10個ぐらい消費した後で、やっと噛めるようになって、お粥が食べれるようになった。
そしてその次の日ぐらいから、柔らかくて小さく切ってある物から徐々に、普通の食事がとれるようになった。
ご飯が食べれるようになるに合わせて、顔の腫れも引いてきて、みるみる治ってきてる。
そんな訳で買い物がてら街中に出た。
ついでに撮り貯めた少し前の画像も3枚載せる。
代々木ゼミナール
PC131586.jpg

怪奇な感じが出てる家
PC201638.jpg

COLNAGO Ferrari CF3
PC201656.jpg
2003年に発売されたコラボモデル。
世界限定750台で100万円で販売。

今日、札幌ファクトリー
PC281702 (2)

Sweet Lady Jane。
PC281696.jpg
札幌ファクトリーの近くにあるお菓子屋さん。
そういえば入ってなかったので入る。
ケーキセットを頂く。
PC281701 (2)
ナッツの入った噛まなきゃいけないケーキで失敗した(^^;。
ちょっとずつ食べてなんとかなった。
なかなか美味しいかったので今度家にお土産に買って帰ろう。

双眼鏡購入

Nikon MONARCH 7 8x42
PC231665 (2)
楽天のセールで、市場最安よりも一割は安く買えるのを発見したので、ポチった。
今までに双眼鏡を2つ買っていて、それぞれに不満を感じる所があったので、定評のある物を使ってみたいと思って、以前から物色していた。
不満点の一つは、どちらもアイレリーフが短い双眼鏡なので、アイレリーフが長い双眼鏡を使ってみたいという事。
あとは画質。
持ってる双眼鏡は価格が低く広視野角なので、仕方が無いのかもしれないが、映像の真ん中でピントが合ってても、周辺はピントが合わない。
ピントが合ってる所も解像度が高いとは感じない。
解像度に不満があるなら、もっと高価な双眼鏡を買うしかない、どうせ買うならダハプリズム式がいい(持ってる双眼鏡はどちらもポロプリズム式なので)、あとついでに防水がいい(持ってる双眼鏡はどちらも非防水なので)。
あと画質にダメージが無い範囲で広視野角な方がいい。
という考えで候補に上げていた物のうち、本命視していた物を結局購入した。

SIGHTRON SI525SWA
PC231666 (2)
サイトロンジャパンに製品情報が載ってなかったので、代わりに同じ物と思われるミザールSW-550の製品紹介ページ。
これも楽天のセールで安くなってたのでついでに購入。
前から目を付けていた。
倍率5倍で視野角15.8度の広視野角。
ちなみに最初に買ったSW-422は4倍で視野角17度。
見掛け視野角で比較すると、SI525SWAは79度、SW-422は68度。
SI525SWA(SW-550)は市場で見かける双眼鏡の中では、2番目に見掛け視野角が広い。
ちなみに1番は7x32SWAの91.7度。
見掛け視野角が広い双眼鏡程、映像のサイズが大きくなる。
これは他に代えがたい魅力だ。
だからSI525SWA(SW-550)はアイレリーフが9mmと短く、眼鏡不可でも使ってみたかった。

これまで買った双眼鏡を積んでみた。
PC231673.jpg

PC231675.jpg

PC231677.jpg

PC231678.jpg

PC231683.jpg
上から、
ミザール SW-422 (実測重量:361g)
サイトロン SI525SWA (実測重量:521g)
ケンコー 7x32SWA (実測重量:676g)
ニコン モナーク7 8x42 (実測重量:637g)

値段は下に行くほど高い。
レンズに注目して欲しいが、上の双眼鏡程、フラッシュを反射してレンズが白く濁ったようになっている。
一番高価なモナーク7は対物レンズも接眼レンズも反射が無く透明だ。
これが所謂レンズの差で、値段に跳ね返ってくる所なのだろう。
実際に覗き比べてみると、下の双眼鏡程映像が明るくはっきりしてくる。
上の双眼鏡は埃っぽくてコントラストが低い映像になる。
解像度はモナーク7が一番高い。
他の双眼鏡には無い、良く見えると感じる覗き心地だ。
あちこち見てみたくなる。
モナーク7はアイレリーフが十分長いので、眼鏡を掛けても問題なく映像全体が見えるのもいい。
7x32SWAは購入価格よりも大分良い映像が出てるが、青みがかってるのが欠点。
あととにかく映像のサイズがデカい。
SI525SWAはSW-422よりも少し良いが7x32SWAには負けてる。
SI525SWAは眼鏡をかけると映像全体が見れない(アイレリーフの長さから当然の結果)。
あとSI525SWAはSW-422よりも眼と接眼レンズの距離にシビア。
SW-422はある程度離れた物はフリーフォーカスになるのが楽。
眼と接眼レンズの位置関係にもラフなのはいいけど、モナーク7の方がもっとラフに合わせられる。
SW-422は使い易い双眼鏡なのはいいけど、画質で言えばこの中では一番下。
双眼鏡の画質は本当に値段に応じて良くなるんだなあと感じた。
7X32SWAは1万円ちょっとだとお買い得だったんだなと判った。

さて買ったからには、せっかくなのでモナーク7を冬歩きに持ち出してみるか。

Scythe NINJA4 (忍者四)

AmazonのアウトレットでScythe NINJA4 (忍者四) SCNJ-4000を見つけたので購入。
状態:良い(箱つぶれ、側面に擦れあり)。となっていたが、届いた物に傷は見当たらず。
ただしフィンの端があちこち曲がっていた。
これは指で反対に曲げて簡単に修正出来た。

今まで使っていた、Scythe 忍者参 SCNJ-3000と並べてみた。
PC201604 (2)

PC201606.jpg

PC201609.jpg
外寸は忍者参が120×120×高さ160mmに対して、NINJA4が130×130×155mm。
フィンの実行寸は忍者参が114mmで、NINJA4が118mm。
PC201619 (2)

PC201620 (3)
フィンの枚数は忍者参が38枚に対して、NINJA4が36枚。
計算してみたら、だいたい同じフィン面積だった。
実測重量は忍者参が884g、NINJA4が770g。
●ヒートパイプが8本→6本。
●ベース部のヒートシンクが小型化。
●ヒートパイプの先端のキャップが無くなる(お陰で背が低くなった)。
等から重量低下は順当な所だろう。
製造原価は忍者参の方が大分高いはず。
デスクトップPC隆盛時の品物なだけはある。
実はこの辺の事はカタログスペックで既に分かっていたので、NINJA4発売当初は見向きもしなかった。
が、silentpcreviewの記事で、大分性能が良いという結果が出てたので、最近興味が湧いてきた。
このページで騒音値を揃えた状態での他機種との比較をしているが、シングルファンでのテストでは、一番冷えるという結果が出ている。
ちなみに同じ表の真ん中より少し下に忍者参がある。
より高コストの忍者参の性能が芳しくない理由は、昔2Chでも話題になっていたが、ベース部のヒートシンクとヒートパイプの密着度の低さだと思われる。
PC201611 (3)

PC201612 (2)
密着度が低いので熱が上手く伝わらないという事だ。
この隙間に熱伝導グリスを注入すると冷えるようになるらしい。
対してNINJA4は何かで接着されているように隙間なく密着している。
PC201616 (2)
ScytheのCPUクーラーで非常に評判の良い虎徹もこうなっている。
あと忍者参は8本のヒートパイプを2段にしてるのも良くないらしい。
PC201635.jpg
丸いヒートパイプを交差させても密着度は低い。
対してNINJA4は6本のヒートパイプが平行。
PC201615.jpg
CPUとの接触部のサイズから、ヒートパイプは6本が最適解という事だろう。

組み付け前
PC201595 (2)

組み付け後
PC201627.jpg
組み付けは忍者参に比べればずっと簡単だが、中級の難易度はある。
CPUクーラーとブリッジの向きが決まっており、最後の方で気づいて、ブリッジの向きを変更する事になる可能性が結構ある。
あとはもう馬鹿デカいので、ねじ穴が見えないとか周囲との干渉が酷いとか、そういう事だ。
最後に冷え具合だが、確かに冷えるようで、PCで音楽聞きながらブログの編集作業をしている軽作業状態だと、室温+7~8度くらいで収まる。
忍者参よりも1~3度ぐらい低い感じだ。
ファンレスや静音PCを組みたい方には良い品物だろう。

冬歩き開始

雪があまり降らず気温も高いので、市内なら自転車に乗れそうだが、まあ諦めて歩こう。
PC121563.jpg

kanakoのスープカレー

PB291504.jpg
丸井のそばにあるスープカレー屋。
2回来てるので食べ物画像、チキン野菜+ナチュラルスパイス(1230円)
PB291510.jpg

シーフード+Wえびスープ(1674円)
PC121557 (2)
価格の割に具材の盛りが良い。
トッピングにスパイス追加や旨味を大きく増すWえびスープがあるのが特徴。
オーガニック志向で味は塩っ気が薄く、女史向けって感じ。
立地や内容的にはもう少し流行りそうな店だけど、多分この薄味がもう一つ人気が出てなさそうな理由だろう。
でも穴場の店として覚えておいて損は無い。

札幌ビール博物館まで歩いて、
PC121569.jpg
ビールを飲もうかと思ったらアイスに目が止まった。
PC121570.jpg
塩コショー味と黒ビール味、これは食べとかないとダメだろう。
ダブル(350円)
PC121572.jpg
黒ビールは苦みがほどよく普通に美味しい。
塩コショーはプリッツの味。
ネタに食べるのは有り。

その後はビールを飲んでから帰路に、
PC121575 (2)
冬に歩くのも3年目だが、久しぶりに歩いても辛くないのを感じた。
去年は最初の数回は結構疲れたのを覚えてる。
何でも続けてれば体がそれ向きに変わっていく物だな。

家の周辺で最近食べた物

馬美舞辺母 (ばびぶべぼ)
P7139723.jpg

煮込みハンバーグセット(1130円)
P7139726 (2)
これにドリンクが付く。
一番人気のメニューだそうだ。
歩いて来れる位置なら悪くない。
遠くからわざわざ食べにくる程ではないけど。
雰囲気の良いカフェ的な空間なので価格は妥当な所か。

3SUN
PB281493 (2)
10月に開店した新店。
横にカラオケ3SUNという店が前からあって、その系列が出店したという所か。
試しに入ってみたら厨房にインド人らしき人が3人入っていて、予想外に本格派。
バターチキンカレーのBセット(ナン食べ放題で1050円)
PB281496.jpg PB281497 (2)
味もちゃんとしてる。
歩いて来れる位置なら悪くない。
遠くからわざわざ食べに(略)。
ナンは大きかったので一枚しか食べなかったら、食べ放題しない人は100引きのサービス中という事で、950円になった。
この値段なら損は無いので、お近くの方は行ってみては。

はな月
PC051524 (2)
ゴルフの打ちっ放しと同じ建物に入ってるお店。
ここに蕎麦屋がある事に気づいてない人も多いんじゃないだろうか。
鳥せいろ(850円)
PC051528.jpg PC051529 (2)
蕎麦は風味があって良い。
この値段で家から歩いて行ける所でこれだけの蕎麦が食べられたら文句無し。
ツユも甘くなく好み。

かき揚げ丼(310円)
PC051531 (2)
海老が乗ってるし量も値段に比べて多目だし文句を付ける所ではないけど、天ぷらの油っけを少し感じるのと、タレが結構甘いので、味はもうひと頑張り欲しい所。
でも上の欠点を解消したら絶対この値段で出せないので無茶は言ってる。
良店。

焼肉もうもう苑
PC051534.jpg
今度法事のあとみんなで何処かに食べに行こうという話になってて下見しに来た。
お一人様セット(1200円)
PC051535.jpg
ナムル(350円)
PC051536.jpg
モツ煮込み(710円)
PC051537.jpg
味は普通、盛りは良い、お店の雰囲気はアットホーム。
地元民で繁盛してるようだが納得。

名水ラーメン
PC061543.jpg
12号線沿いで新札幌の近くにあるお店。
塩ラーメン(700円)
PC061545.jpg
美味しい。
多分美味しい理由は羊蹄山の湧水を使ってる事のみか。
あとはスープが美味しい事を理解してるので余計な事をせず、まっとうに作ってる事か。

新札幌
PC061552 (2)
ダイエーの看板が何時の間にかAEONに代わっていた。
私が子供の頃はダイエーといえば札幌のスーパーで一番に名前が挙がる店だったが、時の移ろいを感じる。

UCCカフェメルカードで安納芋と飴煮りんごのワッフル(コーヒーセットで1000円)
PC061547 (2)
このお店で働いている方がUCCコーヒーマスターズ2015サイフォン部門北海道地区優勝したそうだ。
その方が入れた物がどうかは判らないが、コーヒーは豆は安いが雑味の無いすっきりした味に、上手い具合に入れてあった。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR