携帯ポンプ購入とツールボックス導入

Aliexpressで購入した携帯ポンプ($8.59)と、TNIお助けチューブ(367円)
P4212980.jpg 
携帯ポンプは米仏式対応、最大7気圧、長さ12cm、実測重量46g。
似た製品のairboneが有名。
airboneを使ってる人が、大体組み合わせて使ってるので、倣ってTNIお助けチューブも購入した。
TNIお助けチューブの長さは14.4cm、実測重量は10g。

因みに今まで使っていた、バルビエリのカーブワンの実測重量は61g。
P4232983.jpg 
フレームアダプター込みだと71g。

まずは新しく買った携帯ポンプが使用に耐えるか試してみた。
P4232981.jpg 
お助けチューブを介する事で携帯ポンプを地面に押し付けて空気入れが出来る。
これで約300回入れた所で、空気圧を計ってみると、4気圧入ってた。
疲れたので普通の空気入れで6気圧まで入れた後に、携帯ポンプで空気が入るか試してみたら、問題無く入っていった。
小さい分カーブワンよりもポンピング回数が増えるが、空気が漏れないので、空気を入れるのは楽に感じる。
Amazonのお助けチューブのレビューで、仏式バルブに空気を入れようとすると、空気漏れが起きると書いてあったが、試した限りは問題無かった。
十分実用に耐えるので使用する事にした。

短いポンプを購入した理由は、パンク修理セットの取り付け方法を変えたいと思ったからだ。
今まではサドルバックと、ポンプはフレームアダプターで取り付けていた。
P4232986.jpg 
総重量280g。
何年もこの状態だったが、この間サイコンを買った時に購入欲が湧いてきて、手を付けたくなった。

新規購入した携帯ポンプとサドルバッグの中身をツールボックス(43g)に入れる。
P4232989.jpg 
この状態で蓋を閉めてちょっと振ったらカタカタ鳴るので、ぼろきれを一枚入れてクッションにした。
その状態で重量を計ると242g。
P4232991.jpg 

これを18gのボトルケージに差し込んで完了。
P4232993 (2) 
合計260gで20gの軽量化と言いたい所だが、ボトルを挿す所が1つ潰れたので、同等の条件での比較では無い。
まあ北海道で2ボトル必要なのは、ツーリング中と夏の一カ月間だけなので、その時以外はこれで良い。
2ボトル時期の対策に付いては構想があるので、出来次第記事化する予定。

最近食べた物 大盛編

ALLEYSという店が新しく出来ていて、そこの半額券を貰ったので食べに行った。
P3262741.jpg 

ALLEYSバーガー (1382円)
P3262747.jpg 

道産牛サーロインステーキ8oz (2700円)
P3262748 (2) 

全景
P3262749.jpg 
ビールのローグモカポーター (700円)も頼んだ。
実際に支払ったのは上記金額の半額の2419円。
本来の値段と味のバランスで言うと、ハンバーガーは高すぎる。
ステーキは肉の味からして道産牛は嘘じゃないと思うから、妥当な値段。
おしゃれな店なので、ステーキはむしろお得感があるぐらい。
半額だと勿論お得。

P4032826.jpg 
焼肉は好きではないので、今まで素通りしてた店だが、この間家族で食べに来て美味しくて値段も安かったので、ランチを食べに来た。

ジンギスカン定食 (520円)、特上ジンギスカン (520円)
P4032837.jpg
お盆に乗ってるのがジンギスカン定食、これで520円は安い。
肉の量が少な目なので、追加で特上ジンギスカンを頼んだ。
特上の方が肉質が良いが、ただのジンギスカン (330円)との差は大きくなく、ただのジンギスカンの方がお勧め。
更に追加でナムル (310円)も頼んだ。
P4032839.jpg 
ランチ定食のリーズナブルさは素晴らしく、人気があるので、行ったときも30分ぐらい待たないと食べられなかった。
近くにこんな店があったとは。

ローストビーフ星
P4092853 (2) 
ローストビーフ丼のお店。
一回食べとかなきゃとやって来た。

並盛は量が少な目のようなので、
P4092857 (2) 

メガ盛り (1393円)
P4092860.jpg 

スープセット (118円)
P4092861.jpg 
男性ならメガ盛りでもそんなに難しくない量。
味も悪くないけど、値段とのバランスを考えると、ネタで一度食べて終わりって感じ。

ギガビックマック (740円)、ドリンクS (100円)。
P4092883.jpg 
ネタ物は一回は食べとかないと。
持つとこんな感じ。
P4092884.jpg 
味はビックマック。
特に美味しくは無い。
ポテトとのセットは大食に自信が無い人は敬遠した方が賢明。

キャトアイ CC-RD310W

左、新規購入のCC-RD310W (4545円相当)。
P4132910.jpg 
右は今まで使ってたCC-RD300W
実測重量は本体+電池で、CC-RD310Wが13g、CC-RD300Wが19g。
センサー、マグネット、アダプター等全部込みでの実測重量は、CC-RD310Wが33g、CC-RD300Wが47g。
CC-RD310Wはゴムバンド止めをタイラップ止めに変更して、タイラップの余分を切ると実測32gだった。
新型センサーSPD-02(実測13g)。
P4162933.jpg 
スッキリ取り付けられるので、これがこのサイコンの一番の魅力か。
輪行でズレなさそうなのも良い。
センサーとマグネットの距離が5mm以下でサイコンとセンサーの距離が60cm以下が取り付けルールで、大丈夫かなと心配だったが、実際に取り付けてみると、センサーとマグネットの距離が5mmになった時にサイコンとの距離は50cmで楽々クリアだった。

ちなみにCC-RD300WのセンサーSPD-01の実測重量は15g、見た目の差の割に重量差は少ない。
他に何処で重量差が付いてたのかというと、ここだった。
P4142915.jpg 
CC-RD310Wのセンサー台座は2gしかない。
つまり軽量化の内訳は、ハンドル回りで12g、センサー回りで2gという事だ。
CC-RD300Wを使ってる人は、ブラケットだけ買えばあまりお金を掛けずに軽量化出来る。

取り付け後のハンドル回り。
P4162936 (2) 
実際に取り付けて使ってみると、CC-RD300Wよりも一回り画面と文字が大きいのを感じる。
あと文字の黒い色がくっきりしてて非常に見易い。
CC-RD300Wは経年で薄くなってるのだろうか。
それとも液晶の質が上がったのか。
あとクリックした時の表示切り替え内容を、編集出来るようになったのは良い。
要らない情報は出さないように出来る。
ここまで良くなった所だが、逆に悪くなった所は、しばらく使わないと液晶表示が完全にオフになってスリープモードになるのだが、そこからの復帰はボタンを押さないと駄目な所。
CC-RD300Wはしばらく使わないと時刻表示になるが、走り出すと自動的に速度計測に復帰した。
交換した感想は、CC-RD300Wからの交換はあまり意味が無いから人にはお勧めしないが、自分は何年も同じサイコンを使ってたので、気分転換になったからまあいいや、という感じ。

さて軽く走ってくるか。
サイコン交換での15gの軽量化は予想通りまったく体感できず。
今までの経験では100g単位で軽くならないと体感とか出来ない。
だからこんな軽量化は自己満足でしかない。

北広島でパン屋発見。
P4162939 (2) 
何も無い所に突然あった。
フランスパンのサンドイッチ(160円)
P4162940 (2) 
処分品のパン(一袋80円)
P4162941 (2) 
食パンには北海道産の小麦粉100%と書いてあったけど、こちらはゴールデンヨットみたいな味だ。
でもリーズナブルなので文句は無い。

まる貴そば
P4162946.jpg 
普通の一軒家でお店を開いてる。

つけ鶏板そば(950円)
P4162949 (2) 
細い蕎麦と、画像の太い蕎麦が選べる。
太い方は十割蕎麦。
極太なので風味が十分に感じられ、つけ汁に浸けずに何本でも食べられる。
つけ汁はそのまま飲めるぐらいの濃さで量が多く、蕎麦を浸けてもなかなか冷めない。
知床鶏モモ肉で味も良い。
初めて入ったが、隠れた人気店のようだ。

自転車の空気入れ購入

先週注文した空気入れが届いた。
ルーラー(Ruler) GF-54 (2645円相当)。
P4092843.jpg
(右は今まで使ってたWrenchForceの空気入れ)
ルーラーという会社名は聞いた事が無かったが、低価格な自転車用アクセサリーを販売している会社のようだ。
アマゾンやヨドバシカメラで見付ける事が出来る。
新しく買った空気入れは多分GIYO GF-54やSERFES FP-200、LOUIS GARNEAU PP-LG-001/002、BRIDGESTONE PM-SP56、サイクルプロ CP-FP54辺りと同型機。
細部が少しずつ違うが、基本は同じなので、全部同じ工場製だろう。
廉価帯の製品なのに11気圧まで入るのは価格破壊で、5年前ぐらいまでは色々バラエティーがあった空気入れが、廉価帯はこの機種で席巻されてしまっていた。
ルーラーにしたのは、その中で一番安かったからだ。

メーター部(右は比較用に今まで使っていた物)。
P4092849.jpgP4092850.jpg
メーターは今までの物よりも一回り小さく、ちょっと読みずらい。
でも何時も入れる気圧に赤い矢印を合わせておけるのは使い易い。

ヘッド部(右は今まで使ってたHIRAME横カム)。
P4092848.jpgP4092852.jpg
WrenchForceに元々付いてたヘッドは差し込み辛くて使いづらかったが、このヘッドはまあまあ使い易い。
ただし空気を入れ終わって抜く時に、ポンと言って跳ねてハブにぶつかったので、やっぱりHIRAMEと取り換えた。
HIRAMEはこの空気入れよりも高いのだから、使い易さが違うのは当たり前だ。

ポンピングは結構重い。
その代わり空気は一度に沢山入る。
WrenchForceは軽いけど空気は少しづつしか入らなかった。
WrenchForceに慣れてるので、最初は戸惑ったが、そのうち慣れるだろう。

総合ではまあまあという評価。
この値段ならこんな物だろう以上は無い。
もし買い直しが出来るなら多分別のを買うだろう。
それはダメだからという理由では無く、面白くないからという理由。
ちなみにネットで購入する前に、スポーツデポに物色に寄った時に見つけた空気入れ。
P4102887.jpg
値段は3679円。
これも同型機だと思われる。
比べるとルーラーの物よりもメーターがちょっと大きくて読みやすい。
P4102886.jpg
ヘッドが米仏英式対応で差し込み口がアルミ製で高級。
P4102885.jpg
と、1000円の差に見合う違いがあるので、ヘッド交換せずに使うなら、こっちを買った方がいいかもしれない。

さて自転車に空気も入れたし出掛けるか。
あれ?
P4092871.jpg
家の近くにある喫茶店、一度も入らないうちに閉店したか。
P4092872.jpg
時計台を真似た建物で、ちょっと知名度のあるお店だった。
そのうち入ろうと思ってたが、喫茶店に入る行動パターンが無くて、何時も素通りしてしまっていた。

昼飯はみよしのでみよしのセット(470円)
P4102889.jpg
最近1000円超える物ばかり食べてたけど、基本的にはこれで味も量も満足なんだよな(;^ω^)。
期間限定であったおしるこ(130円)。
P4102891.jpg
甘すぎ。

札幌あいの里温泉なごみ(入浴料440円)
P4102898.jpg
ナトリウム塩化物強塩泉。
湧出量230リットル、泉温43.4度、源泉掛け流し。
値段以上の泉質だ。
浴槽は大きくないが、湧出量に見合ってる。
隠れた良温泉、JRのあいの里教育大駅から歩いて行ける所にある。

自転車の空気入れ破損と長沼ポタ

寒いけどジンギスカン食いたいから出発するかと、自転車のタイヤに空気入れたら、何時もと違う手応え。
空気入れを調べたらメーターの針が折れてた。
P4032825 (2)
チューブのバルブが開かないのに気づかず、シュカシュカ入れてたら、空気入れの限界を超えてしまったようだ。
気圧は判らないが、空気は入れられるので直ちに問題は無い。
最初にスポーツ自転車を買った時に一緒に買った空気入れで、もう10年以上使ってるから、壊れる時期だったのだろう。
確か当時2700円で買った物で、安くてメーターが上にあるから見易くて、空気も入れやすくて、良い空気入れだった。
今までご苦労様。
P4032823.jpg

ともあれ出発。
途中でボトルを忘れた事に気付いた。
P4022805.jpg
空気入れのトラブルで、ボトルケージに挿すのを忘れたようだ。
コンビニに立ち寄って、ポカリスウェットの900mlを買って、今日はこれで凌ぐ事にした。
P4022807.jpg
このサイズのペットボトルはサイクルボトルとほぼ同じ太さで、代わりに使えるので、重宝する。

レストランかねひろに到着。
ロース定食と特ラム(1080円+756円)
P4022812.jpg
帯広でジンギスカンを食べた時に、ここのジンギスカンを思い出して、食べ比べしたいと思ってた。
記憶にある味と比べると、ロースとなら値段込みで白樺の方が良い、特ラムは明らかに肉の格が違うので、こちらの方が良いという感じ。
マトンの値段と味で白樺のコスパが際立つけど、帯広まで行ってわざわざ食べる程の差ではない。

ジンギスカンを食べた後は、ながぬま温泉(入湯料600円)。
P4022816.jpg
湧出量1150リットル/分、源泉温度51度。
当然源泉100%の掛け流し。
札幌近辺では一番良い温泉だと思う。
温泉も去年の帯広以来なので、気持ちよかった。

帰り道でアルトラーチェ(720円)
P4022821.jpg
今年一発目、変わらず美味しい。
こんなに食べるせいで、帰り道で寒い思いするのだけど、止められない。

どうでもいい話、近くの生協、何時見てもおかしい自転車置き場の鉄柵の向き。
P4022822.jpg
90度回転させた向きが正解だと思うのだが。

そして家に戻ってから新しい空気入れをネット注文した。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR