ブレーキナットとPD-M980のペダル軸のチタン化とシューズ交換と最近の軽量化の結果

左:チタン製ブレーキナット13mmと31.5mm($5.38×2)
右:BR-7900付属のブレーキナット13mmと32mm
P6093617.jpg 
3gの軽量化。

因みにここの部品
P6113620.jpg 
ブレーキキャリパーをとめるナット。

シマノは安全第一でネジやナットは鉄製の事が多い。
それ自体は賛同できる事なのだけど、ブレーキナットは水や泥を被る位置にあるので、よく錆びる。
ネジ穴の中に赤錆が出来て、六角レンチが入らなくなって、難儀した経験がある。
それでAliexpressでチタン製ナットを見つけた時にすぐポチッた。

アップで見るとこんな感じ、
P6113623 (2) 
左の鉄製ナットはメッキで錆止めしてるが、チタンは錆びないので、地色のまま。
ただしチタンは、異種金属と接触してると電蝕を起こしやすいので、ネジやボルトに使う時はたっぷりグリスを塗って、定期的なメンテナンスが必要になる。
私には問題の無い事なので、あちこちにチタンボルトを利用している。

左:PD-M980用チタンペダル軸($25.99)
右:PD-M980の純正ペダル軸
P6093619.jpg 
スポーツ自転車には64チタン信仰があるが、実の所64チタンは鋼と同じ硬さだが、鋼よりも脆い(ぼっきり折れる)。
軽いのに性能が同じなんて都合の良い話はそうそう無く、ちゃんと劣ってる所があるのだ。
だからコンポーネントの一部のチタン化は今まで手を出さないでいた(金の無駄と考えてた)、3000円なら試してみても良いかと思って、この度手を出してみる事にした。

並べてみた。
P6113627 (2) 
…形状が違うな(右がチタンペダル軸)。
これは大丈夫なのか?(^^;
あと右ペダルの先端のネジが逆ネジになっていた。
後でネットで調べてみると、PD-M9000がこうらしい。
つまりPD-M980用と書いてあったが、実はPD-M9000用らしい。
実際にパーツを移植してみると、問題無く組み付け出来た。
組み付けながら構造を確認してみると、ペダル軸のベアリング用レースと、ナットのベアリング用レースの間の距離が決まってるだけで、多少の事は許容出来る構造だった。
実際にはこのペダル軸に交換すると、違いが出るのはQファクターだけだった。
片側当たり2~3mm増える。
だがクリート側で調整出来るので問題無いとは言える。

交換終了、
P6113632 (2) 
36gの軽量化。
チタン製のペダル軸は、折れたという話がネットで散見されるので、これが大丈夫かどうかは、しばらく使ってみないと判らない(結局ダメでした)。
取り敢えず今回の交換で、最近の自転車軽量化の合計が100gになった。

さて、Qファクターの差を吸収する為にクリート位置を調整しようと思って、シューズを見てみたら、摩耗しきっててクリートボルトが外れなさそう。
…ついでにシューズも取り換えるか。
:パールイズミ クエストMTB (45サイズ:786g)
:パールイズミ アタックMTB (45サイズ:835g)
P6123635.jpg 
パールイズミのアタックMTBはどのくらい使ってるのかと思って調べたら、6年10ヶ月使っていた
それまでに使っていたSIDIやシマノのシューズが割とすぐに壊れたのに比べると、本当に丈夫なシューズだった。
結局最後までノートラブルだった。
クエストはその下のランクのシューズ。
見た感じソールは一緒だが、中敷きと上面の豪華さで差を付けてる。
その分重くなってて実測で49g差があった。
履いてみると軽い。
今まで爪に火を点すようにちまちま軽量化してたのが馬鹿みたいな気がしてきた(笑)。
まあともかくQファクターの差を埋める為にクリートを思いっきりずらして付けた。
P6123638 (2) 
これで前よりも狭くなったくらい。
早速試し乗りしてみると、流石に足が軽く感じる。
自転車が軽いというよりも、回してる足が軽いというダイレクトな感触。
ペダル+シューズで85g軽くなったら、流石に体感出来るか。
今までペダルが重いとかシューズが重いとか考えもしなかったが、軽くなってみると、これは疲労感に差が出るなと思った。
100km以上走る時なら、この差は大きい。
あと自転車自体も、前よりも少し軽く感じられるかな?
通常走ってる状態の重量が約250g鍵で96g、シューズで49g、ちまちました軽量化の合計で100g)軽くなったから、ちょっとは感じられるようになってきたようだ。
ペダルのチタン軸は特に問題無く使えてる。
乗って即ぼっきりいくような粗悪品でなければこんな物だろう。

元々軽量パーツてんこ盛りの自転車を、一度絞った雑巾をもう一度絞るようにして軽量化してきたが、やれる事は大体やった。
これで軽量化は一段落という所だろう。
そうだ久しぶりに重量を計ってみよう。
P6123654.jpg 
通常付けてる付属品全部有りの状態で7.08kg。
ここからツール缶を抜くと、
P6123655.jpg 
6.81kg。
ボトルケージとサイコンも抜くと、6.70kgになるはず。
組み立て直後は6.78kgだったけど、この時はスプロケットがデュラエースでタイヤがコンチネンタルGP4000S、チューブが53gの超軽量チューブだった。
今使ってるのはアルテグラのスプロケットで重量差は40g。
タイヤとチューブの重量差は約50g。
タイヤとチューブは軽量タイプのストックがあるので、それに替えれば6.65kgにはすぐに出来る。
よくここまで軽くしたなという感じだ。
フレームサイズ59でここまで軽い自転車は少ないだろう。

栗山ポタ

札幌近隣でまだ行った事のない栗山町に行ってみるか。
まずは栗山公園を目的地として出発。

P6193661.jpg 
の、一角に見つけた看板。
P6193665 (2) 
はえばる?
これは行ってみるしか。
沖縄そばはメニューにあるのか?
あれ?
P6193667 (2) 
潰れたのかな?
窓には営業中と書いてあるけど、建物の周りは板で遮られて入れないようになっていた。
帰ってから検索してみたらホームページを見つけた。
今年の4月19日にリニューアルオープンと書いてあるが、情報が全然書いてない妙なホームページだ。
ともかくこの時は潰れたと判断して通り過ぎた。

栗山町に到着、家から35kmぐらいか、丁度良い位置だ。
道すがら北の錦と書かれた酒蔵を見つけた。
P6193677.jpg 
正式には小林酒造株式会社と言うそうだ。
北の錦記念館、
P6193681.jpg 
旧本社事務所。
この辺りが石炭事業で儲かってて、この酒造も儲かってた頃に建てた物だそうで、立派な建物だ。
中も豪華な作りだ。
P6193695 (2) 

昔使ってたボイラー
P6193685.jpg 

大きな杉玉
P6193690 (2) 

P6193693.jpg 

11時になったので、併設の錦水庵で昼飯。
そば屋だが、コース(1500円)があったのでそれにした。
そば雑炊
P6193703.jpg 

かしわごぼう(そばがき入り)
P6193704.jpg 

せいろそば
P6193705.jpg 

最後はアイスクリーム
P6193707 (2) 
そばの味はなかなか。
酒蔵がある場所だけあって、水が良いのだろう。
だから蕎麦の風味が良く出てる。
値段がお高めだが、ご馳走としてありだと思う。

小林家邸宅
P6193715.jpg 
小林酒造の初代が建てた住宅。
110年以上前の建物だそうだ。
中はとても贅沢な作り。
2年前に四代目に代替わりした時に、維持が大変なので、一般公開して維持費を稼ぐようにしたそうだ。
中で案内をしていた中年と老年の女性は、後でパンフレットを読んでみたら、ご親族の方だそうだ。

甘酒しるこ(500円)
P6193711.jpg 
器は小林家所蔵の110年前からずっと使ってた輪島塗だそうだ。
P6193713 (3) 
おしるこは甘さ控えめでほっとする味。
横に付いてた甘酒が流石に美味しかった。

さてなんか満足したから帰るか。
行きと違う道を選んで岩見沢経由で帰ろうとしたら途中で変な光景を発見。
P6193722.jpg 
何もない田舎道で遊園地?
近づいてみたら北海道グリーンランドだった。
P6193725.jpg 
TVCMで何度も見た事がある遊園地だけど、こんな場所にあったのか。
まあ騒音が問題にならないような場所ってなるとこうなるんだろうな。
入場料が掛かるので中には入らずに引返した。
そして帰宅してから栗山公園に行くのを忘れた事に気付いたが、それはまた今度でいいやと思った。

ディレイラープーリー交換とSTIのブラケットカバー交換

左:RD-7900のガイドプーリーとテンションプーリー
右:RD-9000のガイドプーリーとテンションプーリー(3132円)
P5283418.jpg 
RD-9000用のプーリーは肉抜きされてるので1gくらい軽くなってるかと思って、購入してみた。
外から見た違いは肉抜き以外は、テンションプーリーの刃先の形状が9000用の方がチェーンに入りやすい形になってるぐらいか。
実測重量はどちらもセットで17gで変わらず。

しかしベアリングのカバーを外してみると、
P5283421.jpg 
予想外の差。
RD-9000の方は上下ともベアリングが赤いシールの物になっている。
ネットで調べてみると、9000シリーズからテンションプーリーにもセンタロンプーリーという、シマノが特許を取ってる構造を採用したのだそうだ。
センタロンプーリーとは左右に少しガタのある構造で、ディレイラー調整の許容度が上がる。
11速化でいよいよ調整がシビアになってきたので、投入したという事だろう。
RD-7900に比べて、ベアリング外径が大きくなってるのは、耐久性を上げたのだろう。
それらに伴う重量増加を打ち消す為に肉抜きの穴を開けたという訳か。
シマノのパーツ設計には最適化への執念を感じる事がある。
こんな事を大メーカーにされたら、小メーカーは太刀打ちできないではないか。

RD-7900にRD-9000のプーリーを取り付けて試乗。
特に問題無く動く。
チェーンは10速と11速で互換性があるので、これは予想通り。
ちょっとチェーン鳴りが減った感じだ。
これはガイドプーリーの刃先の形状と、センタロン機構の採用によるものか。
上下ともにセンタロン機構が入る事で、この間のチェーンの捻じれが無くなるはず。
チェーン鳴りが減ったという事は抵抗が減った事と見なして良いので、今回の交換は予想外の効果があった。
旧世代のディレイラーを使ってる人は、やってみても良いパーツ交換だ。

ST-7900のブラケットカバーの交換。
P5293470.jpg 
左:今まで使ってた物
右:新品(1706円)
7900を使い始めてから5年ぐらい経ってるが、ブラケットのゴムが劣化してきていて、表面がボロボロ崩れ初めていたので交換。
重量を計ったら、今まで使ってたものが4g軽かったけど、これはこの分表面が削れたのだろう。
現行シリーズはスキップする事に決めたので、次のシリーズが出るまでこれで持ってくれるといいな。

プレッシャーアンカーをまた交換

AVEDIOアンカーナット スリー(766円)
P5263403 (2) 
実測重量12g。
TANGE CCX1-TG82で止めておけば良い物を、値段が安かったので試しに購入してみた。
家にあるプレッシャーアンカーを並べてみた。
P5293457.jpg 
構造はどれも一緒。
長さと重量が比例してる感じだ。

AVEDIO カーボントップキャップ・チタンボルト(20mm)付き(1134円)。
P5263404 (2) 
実測重量6g。
フレーム買った時に付いてたトップキャップのアルミネジが、白錆を噴いてきてたので購入。
裏返して並べてみた。
P5293454.jpg 
AVEDIOのトップキャップは薄くて、ねじ切りが根元まであるので、プレッシャーアンカーとの距離をぎりぎりまで短く出来る。
軽量化目的のトップキャップ交換品の決定版といえる物。

さて交換作業だが、TANGE CCX1-TG82以上に難航した。
プレッシャーアンカーの上面に何もない作りなので、コラム内の丁度良い位置にアンカーをセットしようとするだけでも大変だ。
色々考えて実際に取った方法が下記。

まずアンカーの底からボルトをねじ込んで持つ所を作る。
P5293459.jpg 
上部のネジを回してアンカーの開き具合を調整して、きついけどコラムに何とか入るという程度に調整する。

次にアンカーの上部からボルトをねじ込んで、アンカーにファイバーグリップを塗って、コラム内の適当な位置に差し込む。
P5293461.jpg 
ボルトを持って引き出す事が出来るので、位置調整が楽になる。

ここで一度ステムのボルトを軽く締めるといい。
そうするとコラムが圧縮されて縮むので、アンカーが滑らなくなる。
そしてアンカーを本締め。
P5293463.jpg 
8mmの六角レンチが必要。
最初は8mmのソケットビットが無かったので、画像のように六角レンチで感覚で締めたが、後でソケットビットを入手。
そして滑らなくなるトルクを確認してみると、なんと8Nm必要だった。
ちなみにカーボンコラムにプレッシャーアンカーを取り付ける時のトルクは、推奨4Nm、最大6Nmが目安となってる(GIANTのマニュアルが出典)。
8Nmはそれを大分超えてて、コラムが割れる危険性を感じるトルクだ。
実際に割れない理由は、画像のように外側にステムの壁があるからだと思う。
それで補強されてて、コラムが大丈夫なのではないだろうか。
AVEDIO アンカーナット スリーはとても人に勧められるプレッシャーアンカーでは無い。
人に勧めれらるのは、ファイバーグリップ有りで3.5Nmで締めて滑らなかった、TANGE CCX1-TG82までだ。
これよりもグリップ部が短いプレッシャーアンカーは選ぶべきではない。

ともかく組み付け完了。
P6053613.jpg 
重量は16g軽くなった。
フレーム付属のプレッシャーアンカーからだと33g軽くなった。
AVEDIOのトップキャップのお陰でステム上のコラムを無くす事が出来たので、見た目もスマートになった。
これで走ってみたが、差は体感出来なかった。
軽量化は塵も積もれば山となる物で、あちこちちょっとずつ削って、トータルでやっと100g削って、なんとなく軽くなったという物である。

えにわ湖ポタ

恵庭の道の駅
P6053538 (2) 

P6053543.jpg 

天満(ビュッフェ)
P6053548 (2) 

内装は外観と同じく木をふんだんに使っていて可愛い。
P6053556 (2) 

ランチビュッフェ、メインディッシュハンバーグ(2030円)
P6053551 (2) 

P6053552 (2) 
ベジタリアンビュッフェ。
メインディッシュ無しでビュッフェのみだと1490円。
内容からすると、ちょっと高い。

山林で行方不明になった児童発見!!
P6053564 (2) 

トマトの木
P6053569.jpg 

美味しそう
P6053574 (2) 

テラリウムという物だそうだ。
P6053579 (2) 
盆栽。

117号を走る。
P6053581.jpg 

えにわ湖(ダム湖)
P6053584.jpg 

三段の滝
P6053595.jpg 

ラルマナイの滝
P6053596.jpg 

白扇の滝
P6053608.jpg 
前日は雨で、この日は晴れて気温も上がって良い一日だったが、山の中で花粉の最後っ屁にやられて、帰ってから花粉症が発症してしまった。
でも走れてよかった。

キャットアイ VOLT400 HL-EL461RC

P6043483.jpg 
VOLT200を購入した時は、VOLT400をすぐに買う気は無かったのだが、楽天のセールで大分お得に購入出来る機会が出来たので購入。
画像上から、VOLT200、VOLT400、Fenix LD20 Premium Q5。
実測重量は上から73g、129g、135g。
ランタイムは上から200ルーメンで2時間、400ルーメンで3時間、200ルーメンで2時間(eneloopだともう少し持つという噂)。
正面から見るとこんな感じ。
P6043486.jpg 
VOLT200とVOLT400の作りを比べてみたが、VOLT400の方が大分防水に気を使ってる。
VOLT400の方がハードな条件下での使用を想定しているようだ。
そのせいで、USB充電するのにアダプターを外さなければ駄目で、ちょっとだけ面倒臭い。

では投射テスト。
P6043522.jpg 

水平
P6043526.jpg 
(画像をクリックすると大きな画像が見れます)
左から、Fenix LD20 Premium Q5、VOLT200、VOLT400。
コンパクトデジカメのオートで撮ってるので、厳密に同じ条件で撮ってはいないが、目視の明るさと大体同じ感じで撮れてる。
この3つだと、VOLT200がハッキリと暗い。
でも広い範囲を照らしてる。
VOLT400は、VOLT200よりも明るいが、LD20よりは暗い。
400ルーメンあっても拡散してるので、200ルーメンで狭い範囲を照らしてるLD20の方が明るく見えるという訳だ。
しかし照らす範囲はもっとも広い。

自転車をガレージぎりぎりの後ろまで下げて、投射角を下向きに。
P6043535.jpg 
画像をクリックすると大きな画像が見れます
こうするとVOLT200は遠くの光量が足りず、街灯の無い場所では心もとない感じがする。
VOLT400は中心の明るい所の周りの暗い部分が気になる。
LD20の方が中心から段階的に暗くなってて、照らせてる範囲は見易く感じる。
LD20は光の色が真っ白なのも見易く感じる理由だと思う。
VOLT200とVOLT400は光の色が少し黄緑がかってている。

最後に3つ同時点灯。
P6043518.jpg 
これが一番良いな(笑)。

幾つか不満もあるが、ツーリングに持ってくライトはVOLT400で決定。
少し先を広範囲に照らしてくれる能力とコンパクトさとUSB充電である事と必要な条件を満たしている。
LD20はもう時代遅れの物かと思っていたが、今回のテストで見直した。
照らしてる範囲の見易さはこれが一番。
手放すのは惜しいので、自転車に乗ってない時に使う事にしよう。

自転車の鍵変更と定山渓ポタ

P5263406.jpg 
実測重量144g。
ありそうでなかった短いチェーンロック。
そして軽量。

今まで使ってた鍵と並べるとこんな感じ。
P5283413 (2) 
今まで使ってた鍵は35cmのワイヤーロック。
35cmという半端な長さが実に使い易く、この前に使ってた同型の鍵が摩耗で使えなくなった時に、ネットで探しだして購入したぐらい気に入ってた。
リキセンカウルのミニアダプター(コインロック対応)で自転車に取り付けて、総重量は240g。
最近のマイブーム、自転車軽量化の一環で、ここも変更してみた。

アダプターごと取り外して、新しいチェーンロックは小型軽量なので、ポケットに入れて持ち運ぶ事にした。
P5293445.jpg 
これで96gの軽量化。

ちょっと走ってみよう。
P5293428.jpg 
定山渓に出発。

途中小金湯さくらの森で休憩。
P5293430.jpg 
サドルバッグも鍵のアダプターも無くなったので、サドル下がずいぶんスッキリした。
ダンシングして自転車を振ってみると軽い。
合計500g以上の物がサドル下から無くなったから、流石に体感出来る。
あと走行中に鍵が振動で結構鳴ってたらしく、走行音が静かになった。
ポケットの中の144gの鍵の重量は気にならない。
小さいのでかさばるという事も無い。
ただやっぱりあと5cm長さが欲しいかな。
P5293432.jpg 
ギリギリだ。
でも乗り換えの障害になるような問題は無いし、自転車が軽く感じられるのが良いので、採用だ。

芝桜
P5293437.jpg 

ビロードツリアブ
P5293440.jpg 

エゾハルゼミ
P5293442.jpg 

この後は定山渓万世閣ホテルミリオーネでランチビュッフェと入浴のセット(2400円)。
P5293451.jpg 
味はビュッフェとしては良い。
動物性たんぱく質のメニューが少ないので、若い人だと物足りないか。
タオルもセットで定山渓の温泉に入れる事を考えるとこんな物だと思う。

そしてまだ日が高いうちに帰ったが、帰りの下りで、カンパの旧ボトルを落としてしまったorz。
長年使ってるTNIのプロカーボンボトルケージが、摩耗と多分カーボンの劣化でホールドが緩くなっており、新しいボトルケージを探さないといけない。
軽量で出し入れがし易くてホールドも良い物となると、なかなか難しい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR