PowerColor AXRX 480 8GBD5-3DH/OC

HDMI2.0と低騒音化目当てで購入。
RX480の中で、この機種にした理由は、豪華な冷却機構が理由。
冷却能力はヒートシンクサイズで決定するといってよく、でかいヒートシンクさえ付いていれば、あとは何とでもなる。
また、代理店がASKでは無いお陰で、まあまあ納得のいく値付けになっていたのも良かった。
本当は内外価格差が大きくて馬鹿らしいから、今回から個人輸入で買おうと思ってた。

今まで使っていたGigabyte GV-R929XOC-4GDと並べてみた。
P8284746.jpg 

P8284759.jpg

P8284753.jpg

P8284755.jpg
でかい(笑)。
AXRX 480 8GBD5-3DH/OCはチップサイズからいえば、R9 290Xよりも3段ぐらい下のチップなので、この冷却機構は大袈裟とも言えるし、むしろR9 290Xの冷却機構が消費電力に見合ってなかったとも言える。
ベンチ結果はネットに沢山転がってるので割愛するが、大体同等。
クロックが28%アップ、シェーダー数とメモリ帯域幅が2割減で、結果的にトントンになってる。
消費電力の測定結果を以下に記載する。

システム構成:
CPU:Core i5-4590
MB:GA-Z87X-UD3H
MEM:AMD AP38G1869U2K (4GB×2)
POW:SS-660XP2
SSD、HDD2.5インチ、HDD3.5インチ×2

不要な常駐物を終了して、HDDはスタンバイになってるのを確認してから計測。

Gigabyte GV-R929XOC-4GD Silenceモード:
アイドル時、モニターオフ:45.9~46.6W
アイドル時、モニターオン:47.4~48.0W
OCCT GPU:最大430W
OCCT POWER:最大422W

AXRX 480 8GBD5-3DH/OC:
アイドル時、モニターオフ:44.4~45.3W
アイドル時、モニターオン:45.6~46.5W
OCCT GPU:最大305W
OCCT POWER:最大360W

R9 290XのOCCT POWERベンチ時の消費電力が低いのは、多分ドライバーで特定のベンチをチェックして、制限を掛けてるせいだと思う。
RX480では素直に増えてるのは、そういう事をする必要が無い、まっとうな消費電力に収まってるという証拠だろう。
GPUの最大消費電力は125W減っており、冷却機構は同等と見なせるので、ベンチ中も温度上昇がゆっくりで、ベンチ終了時に温度が下がるのが早かった。
温度上昇による性能低下が前のグラボよりもだいぶん起こりずらいと思われる。

ここからHTPCに関係するレビュー。
madVRの設定は変える必要が無かった。
性能が大体同等なので予想通り。
あとR9 290X時、目標温度85度で2800回転まで上がっていたものが、RX480では、目標温度80度で1800回転までしか上がらなかった。
その分静かになった。
これも期待通り。

Crimsonドライバー16.8.2でのインターレス解除チェック
RX480 EVR trim 
(比較用画像はこちら
Crimsonドライバーはインターレス解除手法を選択する事が出来ないが、ベクター適応になっていた。
R9 290Xでも多分同じだろう。
Crimsonドライバーにも以前のドライバー並みの設定項目が欲しい物だ。

総評:
ベンチ性能で言えば交換する価値は無いが、消費電力と発熱の低下が大きく、大分使い易いので、ヘビーにゲームをする場合や、HTPC用途では十分に交換する価値があるだろう。
あとは4Kモニターに繋ぐかどうかが判断の分かれ目だ。
性能がもっと欲しい場合は、来年出る予定のRX490を待つのがいいだろう。

交換前
P8284745.jpg 

交換後
P8284762.jpg

日高十勝ツーリング2016 その9

8/13(土)
朝飯
P8134499.jpg 
この後朝風呂。
10:00までダラダラしてから出発。
豊頃に向かう。

12:00アメリカンドーナツで人気がある、朝日堂でドーナツを買って食す(合計490円)。
P8134508 (2) 

12:30豊頃のハルニレの木。
P8134512.jpg 

14:20池田町に到着。
よねくらでいけだ牛ビーフシチュー(1600円)といけだ牛ヒレステーキ(200g/4968円)。
P8134524 (2) 

P8134525.jpg 

P8134529.jpg 
ビーフシチューも美味しいが、ヒレステーキが絶品。
ステーキにした時の美味しさは、いけだ牛が一番だと思う(北海道産牛内での比較)。
今回の旅で一番の贅沢だが満足だ。

P8134533 (2) 

スイカとハスカップのフロマージュ(だったかな?)のジェラート(330円)。
P8134535 (2) 
スイカが本当にスイカ味、ハスカップはあまり酸味が感じられずフロマージュ感が強かった。
池田町で人気のアイス屋さんという事で寄ってみたが納得。

16:05池田清美温泉に入る(入浴料440円)。
泉質が定まっておらず、ナトリウムー塩化物強塩泉だった物が、塩味がしなくなり、再検査した所、ヨード泉になっていて、今再び温泉の色が変わって泉質が変化しているそうだ。
ぬるい浴槽があったので、日焼けした体に嬉しかった。

風呂から上がって帯広に向かう事にした。
17:10頃前輪がパンク。
ホッチキスの針みたいな物が刺さっていた。
チューブを取り換えて、残り18km程の距離を走り、18:40頃帯広に到着。
帯広で何時も泊まってるライダーハウスにしなに向かうと、ライダーハウスを辞めていた。
愕然。
ライダーハウスに使っていた建物は老朽化していたし、維持に使う体力が続かないのだろう。
今までどうもありがとうございました。

急遽宿探しをしなければいけなくなったので、ツーリングマップルを開いて、同じ市内にあるやどかりの家にまず向かう。
満員。
話を聞くと、今日は帯広で花火大会をやってるので、常よりも人が多く、宿が埋まってるとの事。
西帯広にあるライダーハウスも既に満員、帯広市内の安宿も既に埋まってるという情報を頂いた。
パンク、そして宿が無いと不運が連続、これは多分帰り時だという気になった。
帯広からなら特急電車一本で札幌に帰れる。
それに今回の旅の目標は、天馬街道を走る事と、晩成温泉に行く事で、その2つはクリアしてるし、その後はノープランだ。

旅の最後の晩飯、インディアンで野菜カレーにハンバーグとエビトッピング(798円)。
P8134542 (2) 
やっぱりここのカレー好きだわ。

そして20:34特急列車に乗って札幌に帰った(7220円)。
P8134546.jpg 
今回の旅はこれでお終い。
予定よりも短い旅になったが、良い景色が沢山見れて、美味しいものも沢山食べれて充実した旅だった。
次は何処に行こうかな。

この日の走行距離:106km
この日の経費:16546円

6日間の総走行距離:526km
6日間の総経費:57924円

日高十勝ツーリング2016 その8

8/12(金)
10:00頃、大樹町の道の駅で水牛の乳を使ったリコッタチーズ 湖水の天使(500円)他で朝飯。
P8124433 (2) 
見た目よりも弾力があり、しっかりしたチーズ。
癖が無く食べやすい。
ただし味が付いてないので、本当はこのまま食べる物ではないと思う。

同じく道の駅内で見つけたスイーツ3種(合計740円)。
P8124436.jpg 

少し進んで11:00半田ファーム。
P8124441.jpg 

P8124442.jpg 

ケーキセット(650円)と牛乳(220円)と熟成味噌漬けチーズピザ(Sサイズ650円)を食べる。
P8124450 (2) 

P8124451 (2) 

P8124456.jpg 
ケーキもピザも美味しかった。
道の駅でスイーツを食べずに、こちらでピザをもう一枚食べるべきだった。

更に半田ファームでソフトクリームも食べる(300円)。
P8124461 (2) 
脂肪分が少なくシャリシャリしたソフトクリーム。

P8124463.jpg 
この地でナウマン象の全身骨格復元可能な化石が発掘された。
忠類で発掘されたナウマン象の化石の復元模型は、現在21箇所の博物館で展示されている。
それだけ価値のある発掘物だったという事だ。

ここまで帯広に向かう道を走っていたが、右に逸れ、14:40晩成温泉に到着。
P8124479 (2) 
全国的にも珍しい、高濃度のヨード成分を含んだ温泉。
ヨードは殺菌作用があるので、何等かの薬効が期待出来る。
ところで衝立に書いてあるギャバンみたいなのは何だ?
別の所に正体の看板があった。
P8124480 (2) 
宇宙航空研究開発機構(JAXA)の研究施設がある自治体の交流組織を「銀河連邦」と称して、その各地域毎に居るローカルヒーローの一人。
ローカルヒーローの中では設定が大掛かりで面白い。

今日の宿は晩成温泉の正面にある晩成の宿(一泊二食付き4500円)。
P8124482 (2) 
大樹町が運営している宿のようだ。
正式名称は「学童農業研修センター」で、それを宿泊施設として一般に開放しているという感じか。
ともかく格安で泊まれる宿で、温泉も入り放題、素晴らしい。

まだ明るいので生花苗沼(オイカマナイトー)を見に行く。
なんかデカいキノコ。
P8124483 (2) 

生花苗沼(オイカマナイトー)
P8124485.jpg 
アオサギが一羽飛んでいった。
もう少し居たかったがアブの襲来が酷く、逃げ帰った。

帰って温泉に浸かる。
泉質はナトリウム-塩化物泉に分類される、湧出量は310L。
色は茶色。
ヨード成分の多さは入り心地からは判らなかったが、良泉の一つには間違いない。

晩飯は併設のレストランで、
P8124496 (2) 

足りなかったので追加で冷やしラーメン(850円)
P8124498 (2) 
その後また温泉。

この日の走行距離:61.33km
この日の経費:9341円

日高十勝ツーリング2016 その7

8/11(木)後編

天馬街道を進むと牧場が無くなり、本格的な山道になった。
P8114392.jpg 

P8114399.jpg 

P8114401.jpg 
標高500mまで登った所が最高所、そこに北海道で3番目に長い野塚トンネル(延長4232m)があって、峠を越える。
トンネルを抜けると20kmの長い下り。

キタキツネ
P8114409.jpg 
まだ子供。

豊似まで下ってきた所で右に折れ、広尾に向かった。
17:00今日の宿、シーサイドパーク広尾
P8114416.jpg 
キャンプ場。
この傍らに常設のテントサイトがあり、テントを持ってない人でもキャンプする事が出来る。
P8114415 (2) 

一泊1000円のテントを借りた。
P8114412 (2) 
テントと言っても、鉄パイプで梁を作って、天幕はブルーのキャンバス布を被せてるだけ、コンクリートの床にゴザ。
下の方は開いてるので虫は入り放題。
あまり良い作りではないが、4人で寝れる広さがあるし、この辺にライダーハウスは無いから、まあ有難い。

晩飯は広尾市内の桃源楼であんかけ焼きそばとミニチャーハン(1100円)。
P8114420.jpg 

19:30にテントに戻り、この旅で初の寝具フルセット設営。
P8114424 (2) 
灯りはCateyeのVOLT400
このライト照射範囲がやたら広角なので、室内照明として使い勝手が良い。
意外な使い道の発見だった。

ここでついでにSEA TO SUMMITのウルトラライトマットの使い勝手のレビュー。
まず空気を入れる所が凄く使い易い。
空気を入れる時はこの状態にする。
P8063984.jpg 
逆止弁が付いてるので空気が抜ける事が無い。
膨らますのが可也楽。
画像の真ん中のポッチを押すと空気を抜いて調整する事も出来る。
そして完全に空気を抜く時をこうする。
P8063985.jpg 
一気に抜ける。
モンベルやサーマレストのインフレータブルマットよりもずっと使い易い。
この構造だけでSEA TO SUMMITのマットのファンになろうと思うぐらいだ。
マットに直接寝てみると、空気を入れすぎなければ、寝心地は十分に良い。
入れすぎるとボヨンボヨンして、エアマットの上で寝てるという感じになる。
寝た時に、お尻がマットの下の床に着くぐらいの空気量にするのがコツだ。
そして保温性は皆無。
気温が高いから寝袋無しで寝れるかと思って、マット直でしばらく寝てみたが、何時まで経っても背中側が暖かくならない。
熱が全部下のコンクリート床に逃げてるのだと思う。
暑い時はこれも良いかもと思ったが、結局この日は寝袋に入って寝た。
このマットを使う場合、寝袋は一段暖かいのを用意すべきだろう。
マットの保温性が無い分を寝袋で補う。
装備軽量化にこのぐらいの試行錯誤は常にある事だ。

この日の走行距離:132.07km
この日の経費:4854円

日高十勝ツーリング2016 その6

8/11(木)前編
朝からまぶりっとのお父さんがやってる昆布漁を見に海まで、
P8114345.jpg 

P8114346 (2) 

P8114347.jpg 

ハマナス
P8114348 (2) 

朝飯はその場でお弁当
P8114350.jpg 

P8114352 (2) 

P8114354 (2) 

P8114355 (2) 

P8114360 (2) 


9:00出発
P8114365.jpg 

2日前に来た道を西幌別まで戻る。
P8114371.jpg 

P8114375.jpg 

そして天馬街道に入る。
P8114376.jpg 
前回日高に来た時は黄金道路を走ったが、天馬街道の方が良い道だという話を聞いて、次来た時は天満街道を走ろうと決めていた。
それで回り道になるが、わざわざやって来たという訳。
天馬街道という名前の理由は走ってみるとすぐに分かった。
道の両脇にサラブレッドの牧場が連なっていた。

P8114377.jpg 
浦河町と日本中央競馬会が共同営業している総合保養施設。

昼飯にツブ焼きカレー(930円)
P8114378 (2) 

P8114381.jpg 

昼飯がちょっと足りなかったので、道の途中で見つけたローカルコンビニに立ち寄り。
P8114384.jpg 
フローズンドリンク + ホイップクリーム = 間違いない!!
フラペリッチ(350円)
P8114388 (2) 
間違いない!!

後編に続く

日高十勝ツーリング2016 その5

8/10(水)後編
食事の後、本当は15時にチェックインだが、早めに荷物を部屋に置かせて貰った(一泊二食付き8640円)。
P8104271 (2) 
その後は失礼して敷地内で自転車の整備。
昨日の後半、軽い雨とその後湿度の高い中を走ったせいで、チェーンが錆びてしまってた。
P8104273.jpg 
ずっと海沿いの道だったので、潮風の影響もあるだろう。
こんなにあっという間に錆びたのは初めてで、びっくりした。

その後はまぶりっとの方に教えて貰った道を走る、
P8104274.jpg 
観光客は通らない景色の良い素晴らしい道だった。

シマヘビ
P8104285 (2) 

短角牛
P8104297 (2) 
冬以外は放牧しっぱなしだそうだ。
その期間は自然に生える牧草のみを食べて、夜も外で寝て、野生に近い暮らしをしている。
潮風を含む草を食べるので肉に塩味が付いて、飼料をあまり食べさせないのでサシが付かない。
サシの多い肉が高級とされる日本では不利な肉だが、こちらの方が好みという人も多いだろう。

昼飯がちょっと足りなかったので、襟裳岬の土産物屋でちょっとつまむ。
P8104304 (2) 
左が真ツブ刺し(570円)、右がホッキ刺し(570円)。
地物で美味しかった。

昼になって靄が晴れたので、もう一回襟裳岬の画像を撮る。
P8104322.jpg 

P8104323.jpg 

16:00宿に戻って寝る。

19:00晩飯。
P8104335.jpg 
短角牛の焼肉ひゃっほーい。
これで一人前。
宿代の元は十分取れた。
味はどれも美味かったが、ホルモンの美味しさと、レバーの臭みの無さが心に残った。
最初は食べててレバーだと思わなかったぐらい。
健全な牛のレバーには臭みが無いとか昔の美味しんぼに書いてあった気がするが、このレバーはまさにそう。

で、焼肉で十分腹一杯になった所で、宿の方が鮭のチャンチャン焼きを作り始めました(笑)。
P8104339 (2) 
鮭も地元で捕れた物だそうだ。
勿論頂きました。
大満足です。

その後は皆で星を見に、百人浜に行った。
空は晴れており、満天の星空を見る事が出来た。


この日の走行距離:20.88km
この日の経費:13863円

日高十勝ツーリング2016 その4

8/10(水)前編
民宿仙庭は襟裳岬のすぐそばにある宿、朝出発して襟裳岬を再訪。
P8104245 (2) 

昆布拾い
P8104247.jpg 

P8104248.jpg 

P8104250.jpg 

11:45今日の宿まぶりっとに向かう。
P8104257.jpg 
まぶりっとは上の画像のだいたい正面辺りに牧場を構えてる。
襟裳岬周辺で他に食べる所が無い事もあり、レストランが結構人気がある。
ので到着したらまずは昼飯にハンバーグセット(1512円)。
P8104265 (2) 

P8104266 (2)
ここで育ててる短角牛は赤身の肉質で、ハンバーグでも肉に味があり、噛み応えがあるのがよく判る。
私はサシの多い肉よりもこちらの方が好き。
デザートは様似産のフローズンイチゴとバニラのイチゴアイス(350円)とコーヒー(335円)。
P8104269 (2) 

後編に続く

日高十勝ツーリング2016 その3

8/9(火)後編
14:00雨は止んだので再出発。
P8094141.jpg 

浦河のセブンイレブンで練乳の味わいシロクマとアイスコーヒー(合計400円)
P8094153 (2) 

様似の親子岩
P8094156 (2) 
左から父、母、子供だそうだ。

左が大正時代のトンネル、右が昭和のトンネル、
P8094160.jpg 
画像左の材木が積んである箇所の裏に明治時代のトンネルもあったらしいが、現在は埋められていた。

P8094162 (2) 

P8094168.jpg 

P8094172.jpg 

P8094174.jpg 

襟裳岬方面に向かう道路の途中で、
P8094178.jpg 
この辺から緑の勢いが全然違う。
人間がメインの場所から、自然がメインの場所に来た感じが凄くする。

虹だ!!
P8094186.jpg 
雨は降ってないが、道路が濡れっぱなしで湿度が高い状態で、何時までも虹が消えずに進行方向に出続けていた。

P8094194.jpg 

P8094198.jpg 


P8094200.jpg 

P8094203.jpg 

P8094207.jpg 

P8094214.jpg 

P8094221.jpg 

P8094222.jpg 
もしかしたら襟裳岬の先に虹が落ちてるかもと期待しながら走ってきたが、期待通りの景色が見られた。
展望台に居た先客さんは三重から来た人で、35年ぶりに襟裳岬に来たのだそうだ。
この素晴らしい景色に出くわす事が出来て幸運な方だ(私もだけど)。

P8094227.jpg 

P8094228.jpg 

今日の宿、民宿仙庭
P8094230 (2) 
何年か前にユースホステルを辞めたと聞いて、その時廃業したものと思ってたら、実は民宿として営業を続けていた。
しかしそれも来年の5月までだそうだ。
45年だかやっていて、既に設備も老朽化、女将さんも歳だ。
無理は言えない、辞め時なのだろう。
実は前日泊まったライダーハウス遊々仙人倶楽部で、まだやってるという情報を教えて頂いて、浦河の情報ステーションに泊まる予定だったのを急遽変更して、こちらを今日の宿にした。
その際話に食い違いがあって、現在ではやってない料金で泊めて頂ける事になり、申し訳なく感じた(一泊夕食付き2300円、一時的にゲストハウスとしてやってた時の料金)。
中は昔ながらのユースホステル。
P8094231 (2) 
最早泊まる人も少なく、8人の共同部屋を私一人で使用させて頂いた。

この日の走行距離:119.5km
この日の経費:7270円

日高十勝ツーリング2016 その2

8/9(火)前編
7:30新冠のサラブレッド銀座
P8094087.jpg 
サラブレッドの牧場が両脇に並ぶ道路。
持ってきた双眼鏡が馬見物に役立った。
P8094097 (2) 

P8094102 (2)

P8094104 (2)


オグリキャップ号もここ産。
P8094115 (2) 

新冠の道の駅で発見。
P8094117 (2) 

ピーマンソフト(300円)
P8094119 (3) 
ピーマン臭い(笑)。
でもこれは有り、不味くはない。

10:00静内のねこや食堂で朝飯。
P8094121.jpg 
7:00からやってる食堂だそうだ。
冷やし桶サルサうどん(900円)と茄子(100円)
P8094125 (2) 
うどんは手打ちで不揃い。
鶏天に辛いサルサソースで食が進む。
追加で浦河産イチゴのコンポートを乗せたアイス(300円)とコーヒー(250円)
P8094127 (2) 
テレビでオリンピックをやってたので、それを見ながらまったりと時間を過ごした。

三石に向かうと、靄が掛かるようになってきた。
P8094133.jpg 
三石の道の駅でぽつぽつと降ってきたので雨宿り、三石昆布温泉で入浴(440円)。
その後併設のレストランで昼飯、こぶくろ牛カットステーキ膳(1980円)
P8094140 (2) 
こぶ黒牛とは日高昆布ともち米粉を食べさせて飼育した牛だそうだ。
ただ正直味は取り立てて特徴が無かった。

後編に続く

日高十勝ツーリング2016 その1

8/8(月)
苫小牧駅まで輪行して、9:30出発。
まずは朝飯、マルトマ食堂でほっけの開き(400円)、ミルフィーユカツ(110円)、
P8084008 (2) 

ホッキカレー(1000円)
P8084009.jpg 
北寄貝の身が沢山入った甘いカレー。
やっぱり美味しい、人気に納得の味。

10:25襟裳岬に向けて出発。
苫小牧から隣町の沼ノ端まで市街地が長く続き、その後は鵡川まで何もない道が続いた。
途中で鹿にあったぐらいがこの間の出来事。
P8084012 (2) 

今回の旅行装備、
P8084016 (2) 
リアには何時ものリキセンカウルマッチパック
トップチューブには今回試しにZefal Zライトフロントバッグ(1220円で購入)を付けてみた。
フロントバッグという名前だが、一般的にはトップチューブバッグと呼ばれている物だ。
実際に使ってみると微妙な物で、ダンシングする時膝に当たるし、停車時にも太腿に良く当たる。
容量が少ないので補給食と鍵を入れるぐらいが限界。
あまり重い物を入れると垂れ落ちてくる。
と、中途半端。
ポケットが一つ増えたぐらいの物でしかなく、荷物が多い時は素直にハンドルバーに付けるフロントバッグが正解と感じた。

コンビニで休憩、
P8084022 (2) 
セブンイレブンのイチゴがおいしいシロクマ(300円)とアイスコーヒー(100円)。
イチゴがおいしいシロクマ、初めて食べたけど美味しい。
この組み合わせ、暑い時にお勧めします。

鵡川の道の駅で休憩、たんぽぽサイダー(160円)
P8084023.jpg 
味は普通のサイダー。
タンポポは入ってないし、香り付けもタンポポの香りを付けてるのかよく判らなかった。

P8084024.jpg 

門別でとねっこの湯(入浴料500円)に入る。
ナトリウム-塩化物泉で湧出量480L。
かけ流しで加温。
茶色いお湯で札幌周辺のモール泉と似た泉質に感じる。
鵡川や三石の温泉よりも良泉と感じる。

P8084049.jpg 

この辺から馬が目に付くようになる。
P8084055 (2) 
左が馬の牧場で右が海という景色が続く。

海沿いの線路に何故か踏切を見つけたので止まってみた。
P8084060 (2) 

P8084061 (2) 
どうやら漁船の停泊場所との行き来をする為の踏切のようだ。
何処でも歩いて横断すればいいんじゃないかと思ったが、車で行き来するのに必要か。
海は台風の接近で波が高く、多分この日は漁に出てないのだろう。
P8084062.jpg 

17:00節婦町に到着。
P8084079 (2) 
日高本線は高波の被害で線路が壊れ、ずっと運休しており、現在はバスが代行運行している。
この駅は現在はバスの停留場として使われている。

今日の宿は節婦駅そばにある、ライダーハウス遊々仙人倶楽部(宿泊料金は100円以上、全額ユニセフに寄付するそうです)。
P8084067 (2) 
車庫を改装したライダーハウス。
2Fが寝るスペース。
ご主人が旅好きで旅行者への理解があり、完全に慈善事業で泊めさせてくれてる。
ツーリングマップルの掲載を断ってるので、知ってる人が少なく、この日も私一人だけの宿泊だった。
この辺りは富川の西陣も新冠のブルートレインもライダーハウスを辞めてしまって、ここが唯一のライダーハウスになったので貴重だ。

17:30にいかっぷの壁画の下にある店、山翔で晩飯。
P8084069.jpg 

日替わり定食(950円)
P8084074.jpg 
この日は鮭と青南蛮のチャーハンと醤油ラーメン。
お腹一杯になった。

お店に貼ってたポスター
P8084072 (2) 
売ってる物に土地柄が出てる(笑)。

この日の走行距離:86km
この日の経費:6050円

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR