最近食べた肉

札幌味噌豚丼きんちゃんで味噌煮込み牛ホルモン丼(630円)
P7183826 (2) 

サッポロボーンでドゥミドゥミ ビーム&ラム(1200円)
P7243869.jpg 
この間テレビを見てたらTKG食べ比べで一番になってた。
言われてみれば卵かけご飯の一種とも言えるが、まあローストビーフをご飯に乗せた物だ。
味は美味しいけど人に勧める程ではない。
根本的にローストビーフをご飯に乗せたからといって、味の化学反応が起きる訳ではない。

ユっぴーでヒレカツセット(3枚)(1160円)
P9034780.jpg 
この店は安定して美味しい。
同じくユっぴーでビーフカレーカツのせセット(1180円)
PA016385.jpg 
ユっぴーにはカツカレーが3種類ある。
そのうち全部制覇するつもり。

十勝豚丼いっぴんで特盛り豚丼(1166円)
P9044788.jpg 

カマラード札幌でコース(3800円)
PA226648.jpg 

PA226652.jpg

PA226655.jpg

PA226656.jpg
3回目の来店で今までと同じ料理が出た。
レパートリーが少ないんだろうな。
料理の内容と値段の割にお店が混んでないのは、この辺に原因があるか?

昨日、Tボーンステーキを食べる為にサッポロボーンに行ってきた。
Tボーンステーキは最初にお肉を見せて貰って、その中から食べたい物を選ぶ事が出来る。
PA296681.jpg 
一人なので、小さいサイズを出してもらった。
ヒレの部分が小さいですねと言ったら、このサイズだとそうなるとの事。
もっと大きい肉ならヒレの部分が増えるのだそうだ。
結局一番小さい586gの肉にした。
PA296682.jpg 
この辺が最後まで美味しく食べられる限界だろう。
15分ぐらい経って焼いたのが出てきました。
Tボーンステーキ(6195円、値段はサイズによって変わる)
PA296685.jpg
さすがに迫力がある。
隣の席からの視線が痛い(笑)。
ナイフとフォークの他にトングとハサミが付いてきたので、それでカット。
PA296689.jpg 
焼き方は聞かれなかったけどミディアムになってた。
沢山肉を食べる時は中まで火が通ってる方がいい。
味は文句無く美味しい。
値段に見合った肉だ。
ただ量的には1ポンドステーキ並みかな?
骨と脂身が結構あったので、食べられる部分はその分減る。
お得感で言えば、この店はランチでサーロインステーキ450gが3980円で食べられるので、そちらの方が大分上だろう。
Tボーンステーキはネタで食べる物だ。
ご馳走様。
PA296691.jpg 
もう一回り大きい肉でも食べられたな。
でもそう思わせるという事は、最後まで美味しく食べられたという事だ。
ブログのネタにもなったし十分元は取れた。

パームレストを自作

ダイソーで売ってた木材(400×60×18mm)。
PA236667.jpg 
これでパームレストを作ってみよう。
まずキーボードの長さに合わせて長さを365㎜にカット。
そして手のひらの当たる側に大きなRを付ける為にカンナで荒く削る。
PA236669 (2) 
次に全体に紙やすりを掛けて形を整える。
PA236670.jpg 
凄く工作しやすい木材でここまであっという間だった。
あとで材質を確認したら桐だった。
着色したいのと、塗装した方が丈夫になるので、ホームセンターで塗料購入。
PA236668 (2) 
パームレストの自作例はネット検索掛けると出てくるが、木の場合はオイルフィニッシュする方が多い。
手触りが良いから納得いく仕上げなので真似しようと思ったが、近くのホームセンターに置いてあったウッドオイルが1000円以上して量も多かったので、700円ちょっとのこちらにした。
成分と木目を活かした仕上げになると書いてある所から、オイルフィニッシュ的な仕上げになるだろうと考えた。
買って帰ってからどういうものか検索してみたが、ほぼウッドオイルと見てよい物のようだ。
ウェットサンディングをしないし、二回塗り推奨だから、助剤を配合して作業が簡単になるようにした物だろう。
一回目塗り。
PA236672.jpg 
刷毛を持ってないのでボロキレにしみこませて塗り込むように薄く塗った。
ここで表面のサンディングが甘くて木目がキレイに出ないのが発覚。
久しぶりの木工だから基本を忘れてる。
まあいいやこのまま仕上げよう。
三回塗りでフィニッシュ。
PA266674.jpg 

PA266677 (2)
ボロキレで塗ると薄塗になるので、二回塗りでは十分に色が付かなかった。
塗った後は可也オイルの匂いがきつかったので、三日置いてから使用開始。
使ってみると今までと感覚が違って戸惑う。
何十年もパームレスト無しでキーボード打ってたから、手のひらに物が当たるのに違和感を感じる。
まあお金を掛けずに作れた物だし、自分には向いてないと結論が出た時は、捨てればいいだけだ。

キーボードとマウスパッド更新

新しいキーボードはBitTradeOneのBFKB92UP2(4280円)。
新しいマウスパッドはKINGMAS 大型 ゲーミングマウスパッド (900 X 300 X 3mm)(734円相当)。
PA226659.jpg
実は昔からテンキーレスキーボードが使いたいと思っていたが、1万円以上するので諦めていたが、BFKB92UP2という手頃な値段のテンキーレスキーボードを見つけたので、この度購入。
このキーボードが他に比べて安い理由は、他がメカニカルスイッチ方式なのに対して、メンブレン方式を使用しているからだ。
メンブレンは安いキーボード全般に使用されている方式だ。
高級キーボードはキータッチの良さを重視して、メカニカルスイッチを使っている。
つまりメンブレンはローコストで、キータッチが悪い方式という訳だ。
BFKB92UP2はメンブレンだが、キータッチを改善する為に、ブランジャー構造というのを採用している。
そのお陰で、キーはわざと斜めに押しても引っかからず、タッチがスコスコしてて、安いメンブレンキーとの違いを感じる。
全体的に作りが良いし、キータッチも良い、私が買った値段ならお買い得だと思う。
後はamazonのレビューにあった、キートップの印字がすぐ消えるという問題が起きなければ、他人に勧められるキーボードだ。

ここから欠点と感じる部分を書いていこう。
まず前縁が高くて、キートップも高いと感じる。
PA226664 (2) 
東プレやダイヤテックのキーボードを真似してるのだと思う。
東プレやダイヤテックのキーボードが丈が高いのは、メカニカルスイッチを使用してるから必然的に高くなるのであって、メンブレン方式のこのキーボードは多分もっと低く作れたはず。
丈の高いキーボードはパームレストを組み合わせるのが基本らしいが、色々置くのは好きじゃないので、可能なら低く作って欲しかった。
あとキーストロークが長くて若干重い。
押下特性55gとなってるが、せめて45g、出来れば30gぐらいの軽さが欲しかった。
でもまあ家でキーボードを打つ量ならこの重さでも許容範囲なので、我慢は出来る。
最後に我儘を書くが、ワイヤレスなら良かった。
自分の理想は、ロジテックのK270のテンキー部分をばっさり切ったキーボードだ。
K270ぐらいの値段でそれが出てくれれば、すぐに買う。


さて、キーボードを取り換えたらマウスの位置を中央に寄せる事が出来るようになって、マウスが随分使い易くなった。
そして今までスペースの問題で幅の狭いマウスパッドを使っていたが、もっと大きなマウスパッドが置けるなと思って、マウスパッドも交換する事にした。
今まで使ってたマウスパッドは、パワーサポート エアーパッドプロIII 大サイズという物で20年ぐらい前に買った物だったはずだが、今でも売ってて値段も記憶と変わってないのに驚いた。
ていうか物持ちいいな俺。
そんな訳でまず買ってみたのが、SteelSeries QcK mini ゲーミングマウスパッド(1054円相当)。
PA226658.jpg 
定番品で評判が良いのが決めて。
ちょっと使ってみて、成程滑りが良いし、止めやすいし良いと感じた。
ゲームをやる人が使うマウスパッドの定番が布製というのにも合点がいった。
特に不満はなかったが、amazonで物を買った時に2000円以上にする為に、ほかに何かないかと探してて処分価格のマウスパッドが目に入ったので買ったのが、最初の画像の大型マウスパッドだ。
実質700円ぐらいなら試して損は無い。
敷いて使ってみると、滑り具合はSteelSeries QcK miniと大きな違いはなく、大きい分マウスの移動を妨げられる事が無いのが非常に良かった。
例えばマウスポインタを画面の右上から左下まで動かす時に、普通の大きさのマウスパッドだと、マウスパッドの端に引っかかって、一度持ち上げて置きなおす事があるが、このマウスパッドではそれが起きない。
このストレスの無さが決めてで、これに決定となった。
今回の更新でインターフェイス周りの不満が全て解消した訳ではないが、大分使い易くなった。
金を掛ければ思い通りになるとしても、こういう所に金を掛けない事が趣味の内なので、安く整えられた事に満足している。

白石サイクリングロードの紅葉ポタ

先週日曜日の話。
10月の中旬にも関わらず最高気温20度のポカポカ陽気。
朝から出発したかったが、まずは自転車整備。
チタン軸に取り換えたペダル、元に戻す事にした。
PA166591.jpg 
500㎞走った所で一回チェックしたらガタが出ていたので、一度ばらしてベアリングを挟んでるナットを締め直して様子を見ていたが、その後2回緩んだので、使えないと判断した。
で今回バラした時に気付いたが、ナットが緩んでいたわけではなく、ベアリングレースが削れてガタが出ていたような感じだ。
チタンは鉄に比べて削れやすいし、そもそもの話をすると、Aliexpressから買ったこの品物は商品説明通り64チタンかどうかも怪しく、もっと柔らかくて加工しやすいチタン合金の可能性さえある。
となれば数百キロの使用でガタが出る程削れてもおかしくはない。
真実は分からないが3000円で買った物はこんな物だという良い勉強にはなった。
最初に緩んだ時に、交換を予測してベアリングを注文しておいたので、作業は滞りなく一時間程度で終了。
次はパンク修理、実は前回の記事の小樽の駅前まで来た時に、パンクしてたのだ。
輪行する事にしたので、その場では修理せず、そのままにしてあった。
記事には書いてないが、最近パンクが連発してる。
ペダルのトラブルといい、パンクといい、起きると自転車に乗る時間が削られるので、無いに越したことはないと痛感する。
極端な軽量パーツも怪しげな中国製パーツもリスクが高いから、時間が無い人が使う物ではない。

自転車が治った所でやっと出発。
まずは近場で昼飯。
サンライズでサンライズスペシャルセット(1350円)
PA166595.jpg 
味とボリュームと値段の兼ね合いを考えるとお勧めのお店。

野幌森林公園
PA166604.jpg 

PA166598.jpg
山の上が紅葉したのに合わせて平地も紅葉した。
今年は山が遅かったのか、平地が早かったのか、不思議な秋の始まり方だ。

白石サイクリングロード
PA166611.jpg 

PA166619.jpg 

PA166622.jpg 
PA166630.jpg 

アルトラーチェ
PA166636.jpg 
スーパー5(720円)
PA166635.jpg 
この日は暖かかったのでお店にはたくさん人が並んでた。
久しぶりに食べたが何時も通り美味しかった。

紅葉ポタ

11時豊平峡温泉
PA156493 (2) 
レストラン開店時間でこの並び、既に満員。
30分待って食べる事が出来た。
ドーキシミキカレー(1300円)
PA156489.jpg 
茄子とトマトのカレーとチキンカレーのセット。
これにナンが一枚付く。
PA156491.jpg 
温泉地で本格的なインドカレーが食べられて、値段も安いという事で、テレビで何度も紹介されて、人気がある店なのだ。
上にプラスしてモモチャ(430円)も頼んだ。
PA156490.jpg 
餃子の具をナンに乗せて焼いた物だ。
カレーの量が結構あるので、ナンはこれでバランスが良かった。
札幌の街中にあればこんなに混まないだろうと思う店だが、ダムを見て温泉に入ってカレーを食べると3点セットなら魅力的な店だ。

食べた後は温泉に入ってから豊平峡ダムに向かう。
おや?
PA156496.jpg 
駐車場に入る順番待ちの車の列だった。
駐車場に入るのに60分待ちの看板が出てた。
ここは紅葉の名所なのでみんなやって来たのだろう。
こういう時自転車はいい。

PA156516.jpg 

PA156505.jpg 

PA156508.jpg 

PA156518.jpg 
前回来た時は少し早かったが、今回は素晴らしい紅葉を見る事が出来た。
多分今週から来週に掛けてが見頃だろう。

豊平峡ダムを堪能して定山渓に戻って14:30。
PA156529.jpg 

まだ十分に陽が残ってる時間なので道道一号に向かう。
PA156531.jpg 

定山渓ダム
PA156539 (2) 

峠の最高所付近
PA156551 (2)標高が高いのでさすがにもう真っ赤だ。
気温は9度だった。
因みにこの日の平地の最高気温は18度。
久しぶりの温かい一日だった。
 
PA156557.jpg 

朝里ダム
PA156574.jpg 

ここから小樽に向かう。
17:30和楽で晩飯。
PA156579.jpg 

鱈の三平汁
PA156581 (2) 
山を下ってきた後で体が冷えてたから凄く美味かった。

PA156583.jpg 
13皿食べて4183円。
前回の反省を生かして回ってる鮨にはなるべく手を出さずに注文して食べたが、値段に見合った美味い鮨が食えた。
北海道の回転寿司としては価格帯が高めの店だが、内地で言えば回らない寿司屋並みの物が食べられるから納得出来る。

飯を食べた後はお約束の運河の写真を撮って、
PA156587.jpg 
運河前の交差点の写真も撮って、
PA156589.jpg
小樽駅から輪行で帰った。

定山渓、支笏湖ポタ

豊平峡温泉のバス停
PA026388.jpg 
九段の滝
PA026396.jpg 

豊平峡ダム
PA026400.jpg 

PA026416.jpg 
PA026417.jpg
まだ紅葉には早かった。

帰り道、定山渓ビューホテルでランチビュッフェ(温泉入浴込み2500円)
PA026429.jpg
動物性タンパク質の料理が多く、若者向けで腹一杯に出来る。
温泉も川沿いの露天風呂があって、景色が良い。
定山渓で昼にバイキングをやってる所だと、ここが一番のお勧めかな?


昨日、支笏湖に向けて走る。
PA086438.jpg 
本格的な紅葉は来週かな?
ちょっと画像を弄って鮮やかにして、今回の記事は紅葉気分を出してみた。
PA086439.jpg 
支笏湖温泉郷の翠明閣内のレストランazzurroで昼飯にする。
PA086445.jpg 
湖畔沿いでロケーションが良い。
ランチコースBにした。
PA086447.jpg 

PA086449.jpg 

PA086451.jpg 

PA086452.jpg 
これにパンとコーヒーがついて3024円。
お高めだが、支笏湖温泉郷に来たついでに贅沢しようって気分の時は、ありだと思う。

PA086458.jpg 
千歳バーガー
PA086463.jpg 
さっきのイタリアンがちょっと物足りなかったので食べてみる事にした(680円)。
PA086465 (2) 
美味しいけど、値段と大きさの兼ね合いから言うと、あえて食べる程でもない。
そしてハンバーガーを食べてる間に雨が降ってきた。
雨が止むのを待って帰ったが、気温が下がった上に下りで運動量が低いので、凄く寒かった。
途中の温泉に入りたかったが、小雨がぱらついてるので、本降りになったら死んでしまうので、ともかく家に帰った方が安全と判断して走り続けた。
帰った頃には体が凍えてて、すぐに風呂に入ったが、少し風邪をひいてしまった。

モニターを4KにしたのでmadVRの設定を見直し

モニターを4KにしたのでmadVRの設定を見直す事にした。
・新しく追加されたchromaのスケーリングアルゴリズムのテスト
・新しく追加されたimage doublingアルゴリズムのテスト
・image doublingのquadruple {luma|chroma} resolution (以後4倍変換と書く)のテスト
・新しい設定の作成
を行う事にした。

以下記事中で略称を使用する事があります。
アルゴリズム名等の略表記:
Bicubic → Bc
Lanczos → Lz
Jinc → Jn
super-xbr → Xbr
anti-ringing → AR
anti-bloating → AB
image upscaling = → i=
chroma upscaling = → c=
image doubling, double resolution = → d=
image doubling, quadruple resolution = → q=

例:i=Lz3+AR、d=Bc75、d=Xbr100、q=none
image upscaling : Lanczos tap3 + anti-ringing
chroma upscaling :  Bicubic 75
image doubling, double resolution : super-xbr sharpness 100
image doubling, quadruple resolution : none

また特に記述の無い時は、今回の画像のimage upscalingはLz4+ARで統一してあります。

まずは、chromaに新しく追加されたスケーリングアルゴリズムのテスト。
(以下の画像は別タブで開いて切り替えて見ると違いが判り易いです)
c=Bilateral old
hqv #03 bilateral_old 

c=Bilateral soft
hqv #04 bilateral_soft 

c=Bilateral sharp
hqv #05 bilateral_sharp 

以下比較用、
c=Lz3+AR
hqv #01 lz3_ar 

c=Jn+AR
hqv #02 jinc_ar 

c=NNEDI3 32
hqv #10 NNEDI3_32 

Bilateralが3つに分かれたが、oldが良いように見える。
Bilateralはこちらの記事でより詳しくテストしてる。
Bilateralでoldの次に試してみたいのがsharp、Bilateralは鮮鋭度が低いので、sharpで改善されるかもしれない。

次はimage doublingに新しく追加されたアルゴリズムのテスト。
d=Xbr-AB25、q=Xbr-AB25
hqv #41 q=super-xbr_ab25 d=super-xbr_ab25 c=NNEDI3_32 

d=Xbr-AB50、q=Xbr-AB50
hqv #42 q=super-xbr_ab50 d=super-xbr_ab50 c=NNEDI3_32 

以下比較用
d=Xbr50、q=Xbr50
hqv #15 q=super-xbr50 d=super-xbr50 c=NNEDI3_32 

d=Xbr75、q=Xbr75
hqv #16 q=super-xbr75 d=super-xbr75 c=NNEDI3_32 

d=Xbr100、q=Xbr100
hqv #17 q=super-xbr100 d=super-xbr100 c=NNEDI3_32 

anti-bloatingがどういう処理なのか不明だが、見た目は数値が上がる程ボケる。
多分Xbr100をベースに、クッキリさを抑える処理を加えて、自然に見えるようにしてるのだと思う。
クッキリさの順で言うと、
Xbr100 > Xbr-AB25 > Xbr75 > Xbr-AB50 > Xbr50 の順。
実質好みのクッキリさに合わせる為の選択肢という感じだ。

次は4倍変換のテスト。
まずはimage doublingを使わない場合の画像
i=Lz3+AR
hqv #26 i=lz3_ar c=NNEDI3_32 

i=Spline4+AR
hqv #28 i=spline4_ar c=NNEDI3_32 

i=Jn+Ar
hqv #29 i=jinc_ar c=NNEDI3_32 

i=Bc75+AR
hqv #30 i=bc75_ar c=NNEDI3_32 

拡大率4倍以上になると、Jincの良さが判る。
他のアルゴリズムと比較して、輪郭が滑らかだ。
ただし拡大率2倍程度だとここまでの差が出なかったので、低倍率の拡大に使うにはJincは負荷が高過ぎるので、勿体無いだろう。
GPUの性能的にimage doublingは使えないが、image upscalingのJincは使えるという時には有用な選択肢だろう。
もっともJincの負荷の高さからいって、そういう状況は余り無い気はする。

double {luma|chroma} resolution (以後2倍変換と書く)のみを使用した時の画像
d=Xbr75
hqv #13 q=none d=super-xbr75 c=NNEDI3_32 

d=Xbr100
hqv #14 q=none d=super-xbr100 c=NNEDI3_32 

d=Xbr-AB25
hqv #37 q=none d=super-xbr_ab25 c=NNEDI3_32 

d=NNEDI3 16
hqv #20 q=none d=NNEDI3_16 c=NNEDI3_32 

d=NNEDI3 32
hqv #21 q=none d=NNEDI3_32 c=NNEDI3_32 

d=NNEDI3 64
hqv #22 q=none d=NNEDI3_64 c=NNEDI3_32 

2倍変換については、今までもテストしてきたので、使った方が良いのは分かってる。

4倍変換を使用した時の画像
d=Xbr75、q=Xbr75
hqv #16 q=super-xbr75 d=super-xbr75 c=NNEDI3_32 

d=Xbr100、q=Xbr100
hqv #17 q=super-xbr100 d=super-xbr100 c=NNEDI3_32 

d=Xbr-AB25、q=Xbr-AB25
hqv #41 q=super-xbr_ab25 d=super-xbr_ab25 c=NNEDI3_32 

d=NNEDI3 16、q=NNEDI3 16
hqv #23 q=NNEDI3_16 d=NNEDI3_16 c=NNEDI3_32 

d=NNEDI3 32、q=NNEDI3 32
hqv #24 q=NNEDI3_32 d=NNEDI3_32 c=NNEDI3_32 

d=NNEDI3 64、q=NNEDI3 64
hqv #25 q=NNEDI3_64 d=NNEDI3_64 c=NNEDI3_32 

全体的に4倍変換を使用した方が良好な画質になる事が分かった。
4倍変換ありの方が輪郭の繋がりがよく、クッキリする。
ただし差は僅かだ。

次に2倍変換と4倍変換のどちらに輪郭強調の強いアルゴリズムを使うべきか試してみた。
d=Xbr75、q=Xbr100
hqv #19 q=super-xbr100 d=super-xbr75 c=NNEDI3_32 

d=Xbr100、q=Xbr75
hqv #18 q=super-xbr75 d=super-xbr100 c=NNEDI3_32 

2倍変換と4倍変換のどちらもXbr100だとザラザラしすぎるので、この辺がニーズのある設定と見てこの設定を選んでみた。
結果、d=Xbr75、q=Xbr100の方が良好な画質になった。
こちらの方が若干ボケが少ない。
多くのスケーリングアルゴリズムで、拡大率が大きい程リンギングが目立つというのもあり、輪郭強調が強い処理は拡大の後半で持っていくのが望ましいだろう。

また、AdaptiveSharpenも試してみたが、4KにAdaptiveSharpenを使うと2Kの時の4倍の負荷になってしまい、とても使えなかった。
4Kになると拡大後に行う処理が全て4倍重くなって、とてもではないが今までのように使えない。
考えれば当たり前の事だが盲点ではあった。

さてRadeon RX480では720×480i用の設定は、
i=Lz4+AR、c=NNEDI3 32、d=Xbr75、q=Xbr75が、
hqv #16 q=super-xbr75 d=super-xbr75 c=NNEDI3_32 

hqv #16 q=super-xbr75 d=super-xbr75 c=NNEDI3_32 
良さそうだったので、これで色々視聴してみたが、どうも絵の質感が一本調子になって好みに合わない。
鮮鋭度は低いけどザラザラして単調な感じだ。
それで色々弄って最終的に決めた設定がこちら、
i=Lz4+AR、c=NNEDI3 32、d=NNEDI3 32(lumaのみ)、q=Xbr100
hqv #45 q=super-xbr_ab100 d=NNEDI3_32(lumaのみ) c=NNEDI3_32 

hqv #45 q=super-xbr_ab100 d=NNEDI3_32(lumaのみ) c=NNEDI3_32 
NNEDI3を使う事で絵に繊細さが出て、今まで見ていた絵のイメージと合うようになった。
今のところq=Xbr100にしてるが、q=Xbr75でも見た感じに差が無いので、後でq=Xbr75に変更するかもしれない。
ここからは暫く使ってみないと決まらない所なので、今回の記事には間に合わなかった。

以上で今回のテストは終了。
設定は結局以下のようになった、
720×480i→3840×2160:i=Lz4+AR、c=NNEDI3 32、d=NNEDI3 32(lumaのみ)、q=Xbr100
1440×1080i→3840×2160:i=Lz4+AR、c=NNEDI3 32、d=Xbr75、q=none
1920×1080i→3840×2160:i=Lz4+AR、c=NNEDI3 32、d=Xbr75、q=none
3840×2160:c=NNEDI3 32(これ以外のスケーリングは行われない)
プロファイルで分けてるので、動画解像度とインターレスの有無で設定が違う。
上は全てインターレス映像用で、プログレッシブ映像はもう少し重い設定をしてるが、特に公開する必要無いと思うので、今回は割愛する。
Radeon RX480で4Kだとこの程度の設定が出来るという参考だ。

東北ツーリング2016 その10

9/20(火)
8:30出発、9:00報恩寺
P9206202 (2)

五百羅漢(拝観料300円)
P9206131 (2)

P9206132 (2)

P9206138 (2)

P9206166 (2)

P9206159 (2)
一体々々作り込まれていて味があり、なかなかに見応えがある。
これは見に来る価値がある。

9:45盛岡駅に戻り、自転車を畳んで輪行状態になる。
今日は台風の影響で昼から雨予報、ここより南は全部雨予報、帰り時だ。
駅の売店で昼飯用に福田パンを2つ買って(390円)、
P9206212 (3) 

P9206214 (3)
(やっぱり本店で買う物程のボリュームが無いな)
新青森までの新幹線の切符を購入(5610円)。
E2系
P9206215 (2) 
最高速度は275km/h。
E5/H5系
P9206223 (2) 
最高速度は320km/h、今から乗るのはこちら。
10:32分発、
P9206225.jpg 

11:19に新青森駅到着。
P9206239.jpg
たった47分、新幹線速い。
自転車を組み立てて、青森駅前のワ・ラッセ(八甲田丸との共通券900円)に12:00に到着。
P9206240.jpg

ねぷたの山車が展示してあるのだが、入り口にある小物の展示が面白くて色々撮ってしまった。
P9206241 (2) 

P9206249 (2)

P9206251 (2)

P9206253 (2)

P9206255 (2)

P9206256 (2)

P9206260 (2)

そして山車、
P9206265 (2)

P9206271 (2)

P9206277 (2)

P9206278 (2)

P9206282 (2)

P9206284 (2)

P9206290.jpg

P9206293 (2)


P9206306 (2)

P9206307 (2)

P9206308 (2)
実物は巨大で凄い迫力。
カメラのシャッターを切る指が止まらない。
本当にバシャバシャ撮ってたら、残り撮影枚数が100枚を割ってしまったので、自重しないといけなくなった。
はじめて知った事はねぷた祭りをやるのは青森市で、県庁所在地の弘前市ではないという事だ。
なのでここに山車が展示してあるのだ。
ねぷたの山車の迫力は実物を見ないと分からない、青森に来たら真っ先に見るべき物がねぷただろう。

13:30八甲田丸見学。
P9206324.jpg

P9206333 (2)

P9206342 (2)

P9206343 (2)

P9206347 (2)
元青函連絡船を使った展示施設。
2階の展示物はあんまり面白くないが、操舵室やエンジン室や列車を丸ごと積み込んだ貨物室等の船本来の展示が面白かった。

14:45新青森駅に戻って、自転車を畳んで再び輪行状態になり、新青森から札幌までの切符を買った(12880円)。
15:31新青森を発車、
P9206359.jpg 
北海道新幹線の乗車率は25%という話だが、本当にガラガラだった。
1時間後に新函館北斗駅に到着、新幹線速い。
でも途中の景色はトンネルと遮音壁ばかりだった。
ここから3時間40分掛けて特急で札幌に向かう。
P9206362 (2) 
掛かる時間に辟易するので、早く札幌まで新幹線が来て欲しい物だ。
これで今回の旅はお終い。
振り返ってみると、今回の旅行はずっと涼しかった。
去年帯広に行った時が天気が良くて半袖で過ごせたのと対照的な旅だった。
南の方に行けば温かいかな?という目論見が外れた形だ。
南下するかどうかよりも、晴れてるかどうかの方が重要というのが良く分かった。
その代わり紅葉の始まりが見れたのでこれはこれで良しとしよう。
あと温泉が楽しかった。
青森は良泉が多く、まだまだ行ってない観光地も残っており、少なくとももう一回は来なければ行けないという気になった。
そこから南の県はまだまだ未開の地だ。
日本は広い、まだあと何年も楽しめる事だろう。

この日の走行距離:15.92km
この日の経費:21380円

10日間の総走行距離:406km
10日間の総経費:117828円

東北ツーリング2016 その9

9/19(月)
8:00出発、9:15盛岡駅到着。
早速駅内の観光案内所で安い宿を聞く。
駅前のR&Bホテルがモーニング付きで4220円だったのでここに決めた。
P9196105 (3) 
ホテルで荷物を預かって貰って、盛岡観光。
駅前、駅中の繁華街をブラブラと歩く。
繁華度合いから言うと北海道の旭川並みか。

ずんだシェーク(250円)
P9195943 (2) P9195949 (2)
ミルクの味が強く、ずんだの味があんまり感じられない。
そのお陰で普通に美味しい飲み物。

11:00盛岡冷麺で有名なぴょんぴょん舎
P9195953 (2) 
開店前からまあまあ人が並んでたが、後で分かったが、昼時を外せば並ばずに入れた。
盛岡冷麺(885円)。
P9195956 (3) 
美味しいけどその辺の焼肉屋で食べる盛岡冷麺と大差があるとは感じなかった。
盛岡冷麺は何処で食べても美味しくて同じ味だ。

11:30福田パン
P9195959 (2) 
駅内の売店で、ここのパンが売ってるのを見て、県民ショーで紹介されたパン屋だと気づいて、やってきた。
1時間半待ちとなってたが実際には1時間待ちだった。
これも後で分かった事だが、昼時を外せばこんなに並ばなくてよく、このパン屋は朝7:00開店だから、朝来れば多分並ばずに買えたと思われる。
P9195972 (2) 
4種類買って822円。

一番人気あんバター
P9195976 (3) 
あんもバター(実際はマーガリン)もたっぷり入ってる。
これだけで可也腹が膨れる。

焼きそばとスパゲティナポリタンの半々
P9195980 (2) 
重たい。
意外に味が良い。
普通は先のとこれの2個で満腹になる。

ハムとキーマカレーの半々
P9195983 (3) 
これだけパンが一回り小さかった。
出来合いの奴を取ったのだが、多分駅の売店で売ってる物と同じ仕様の物だったのだと思う。
駅の売店で売ってる物は「少し小ぶりです」との注釈が書いてあった。
3つ食べて流石に私も腹一杯。
4つ目は後にとっておく事にして、観光に向かう。

13:00盛岡城跡公園に到着。
P9195986.jpg

烏帽子岩
P9195989 (2) 

天守閣のあった場所
P9196004 (2)
今は銅像の台座だけが残ってる。

13:30もりおか歴史文化館に移動すると、屋台が出てた。
P9196013 (4) 

いわて地ビール飲み比べセットを購入(1000円)
P9196015 (3) 
全体に味のあるビールだったが、その中では山椒を使ったビールが風味が違ってて良かった。

その後歴史文化館に入る(入場料300円)。
チャグチャグうまっこ
P9196023 (2) 

P9196025 (2) 

P9196028 (2)

P9196043 (2)

 P9196045 (2)

石割桜
P9196067 (2)
裁判所の敷地内に生えてる。
P9196071 (2) 
元々大名屋敷の庭石だったものが雷で割れ目が入り、そこに桜の種が入って成長した物だそうだ。

三石神社の鬼の手形
P9196089.jpg

P9196082 (2)
てっきり岩に手形状の窪みがあるのかと思ってたら、苔の生え方で手のひらに見える模様が出るだけという事だそうだ。
ガッカリだ。

17:00宿に戻って、福田パンの最後の一個を食べる。
P9196107.jpg 
粒ごまクリームとピーナッツの半々。

19:00福田パンの予想以上のボリュームに腹が減ってないので、わんこそばを食べる予定を取り止めて、駅地下の小吃店で棒棒餃子(400円)とじゃじゃめん(中:600円)。
P9196111 (3) 

P9196112 (3)
盛岡で食べれば安くて腹が膨れるジャンクフード。
これなら存在価値がある。

この日の走行距離:39.30km
この日の経費:9477円

東北ツーリング2016 その8

9/18(日)
7:15出発。
ここから八幡平の峠まで18㎞ぐらい、しかしずっとキツイ登り。
結局峠までの道は、可也の区間、自転車を押して歩いてた。

8:00に大沼の散策路を歩く。
エゾアオヤマリンドウ
P9185698 (2) 

サルノコシカケ
P9185711 (2) 

ウメバチソウ
P9185713 (2) 

9:00にビジターセンターを見学。
9:45に後生掛温泉に到着。
P9185736.jpg

温泉宿の奥にある自由研究路の景色が良い。
P9185738 (2)  P9185746 (2)

おんせん黒ゆでタマゴ(60円×2)を食べて一休み
P9185753 (2) 

中まで火を通した物と半熟の2種類があった。
P9185757 (2) P9185758 (2)

茶屋にあった本
P9185755 (2) 
誰の趣味なんだ(笑)。

大湯沼
P9185774_bonded (2)
(上の画像はクリックすると大きくなります)

標高が大分高いので山が色づき始めてた。
P9185784 (2)

11:00に温泉に入る(入湯料500円)。
P9185799 (2) 
乳白色のお湯、箱蒸しが有名。
しかし木箱には誰も入らず、何処でも見掛ける蒸気サウナにみんな入ってる。
試しに木箱に入ってみたら理由が分かった、足元から出てくる蒸気が熱すぎるのだ。
ふくらはぎが火傷するかと思った。

温泉から上がって、11:30昼飯にきりたんぽ定食(900円)。
P9185803 (2) 
高い。

P9185806 (2) 
八幡平最古の温泉だそうだ。
露天風呂が外にある。
P9185807_20160925100307bd9.jpg

男女別の露天風呂
P9185814 (2) 
こちらは外から覗けないように壁で囲ってある。

混浴露天風呂
P9185810.jpg
こちらは外から見え放題なのだが、割と若い女性も入ってた。
(勿論バスタオルを巻いてちゃんと隠してました)
一緒に入ってた方が盛岡から来た人で、ここは9月末頃になると紅葉して凄い景色になると言ってた。
その頃に来てみたい物だ。

14:50大深沢展望台
P9185829 (2) 
標高1560m、ほぼ峠の高さまで登り切ったが、残念な事に雲の中で景色がまったく見えない。

15:00峠にあるレストハウスに着いた。
大分疲れたので食事を取って、30分後に外で出てみると、先まで雲に覆われていた山頂が、一時的に晴れた。
P9185845.jpg

P9185842.jpg 
なので今のうちに散策路を歩く事にする。
オコジョ
P9185851.jpg 
ガマ沼
P9185864 (2) 
八幡沼
P9185869.jpg

湿原地帯
P9185890 (2)

P9185893.jpg

見終わってレストハウスに戻ってくると17:00。
やばい時間だ、今日の宿もまだ決めてない。
ともかく下るしかない。
27㎞の急坂を安全な速度で1時間かけて下る。
画像真ん中は雲に覆われた岩手山。
P9185915 (2) 
P9185927 (2)
下りきった後は盛岡方面に向けて走る。
18:40大更という割と大きな街に出る。
宿がありそうなので探してみると、ビジネスホテル西根(素泊まり5600円)が見つかった。
ビジネスホテルに泊まっても楽しくも何ともないし、値段も高いが、既に陽が落ちて真っ暗、三連休の中日で盛岡に着いても安い宿が空いてる見込みがない、今日は仕方がないか。
P9185934.jpg 

この日の走行距離:60.76km
この日の経費:9740円

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR