自ブログの統計 2016

人気ページランキング (開設から現在まで) 順位 人気ページ 件 
1 19:00のニュース (北海道版) 24532 
集計対象:71569 件  
この記事を書いてる時点でのアクセス数が約209800、年間で25900のアクセスがあった。 去年よりも約20%アクセス数が減った。
ガクンと減ったのは記事の内容に魅力が無いからだろう。
振り返ってみてもマンネル感のある内容だ。
でもまあ自分の備忘録として有用なので、このまま続けていこう。

今年食べた麺類

画像は撮ったけど放置したままの食べ物画像を、今年が終わる前に放出。

菜々兵衛で多分濃厚とんこつ醤油(750円)
P3192733.jpg

菜々兵衛で多分つけ麺+辛そぼろ+煮卵+メンマ(1050円)
P4172955.jpg

弁慶で多分二色そばつけ天
P5039003.jpg
2015年5月のGW中に食べた時に撮った物。
また食べにいった時と合わせて紹介しようと思ってたが、何時まで経ってももう一度行かないので、もう放出。

ヌイユで冷そばのランチセット
P7233855.jpg
ここは何時食べても美味しい。
自分の味覚に合ってる。

三井アウトレットモール内の八雲で
P8164576.jpg
沢山頼んだけど後悔。
別の物で腹を膨らませれば良かった。

はな月の化かし蕎麦
P8174587.jpg

同じくはな月でミニ天丼
P8174589 (2)

菜々兵衛で多分鶏白湯
P8204590.jpg

かばと製麺所できのこうどんと冷たいぶっかけと天ぷら
PA106480.jpg
食べ過ぎだ。

ミートショップでミートボールスパゲッティ(1180円)
PB237299.jpg

はなまるで730円分
PB237301.jpg
値段を考えるとはなまるは美味しい。

最近食べた寿司

スシロー
P8063994.jpg 

P8063995 (2)

P8063996 (2)

P8063997.jpg
16点食べて2656円。
家の近くにスシローが出来たが何時も混んでる。
それで入ってみたが、混んでる理由は値段が安い事と、寿司以外のメニューも豊富で、ファミリーで来易い事あたりか。
単純な寿司の味だと、札幌の他のメジャーな回転寿司の方が良い。


誠寿司
P8214592.jpg 

以下すし天セット(980円)
P8214595 (2)

P8214596 (2)

P8214597 (2)

P8214599 (2)
コスパは可也良い。
味は普通、唯一味噌汁が生臭かったのが減点。
あえて食べに来たいと思う程ではないが、家の近くなので悪くはない。


PB066845.jpg 
回転寿司の根室花まるの姉妹店。
札幌駅の根室花まるは最低でも一時間並ぶが、こちらなら15~30分待ちで入れる。
おまかせ握りセット(2484円)
PB066847 (2)
味的には根室花まると違いがない。
仕入れが同じだろうから、不思議な話ではない。
ただしこちらの方がちょっと高い分ネタが大振りだ。
PB066848 (2)
ボタン海老が凄く大きい。
これは根室花まるで出ても400円以上の皿になるサイズ。

追加でたらばふんどし(518円)
PB066851 (3)

さんま(388円)
PB066852 (2)

いか(259円)
PB066853 (2)
全部で3649円。
コスパは根室花まるとそんなに変わらないかも?
すぐに入れるという事を考えれば、ステラプレイスの根室花まるに行くぐらいなら、こちらの方がいいと感じる。

新札幌ポタ

昨日は50年ぶりの大雪。
今日は晴れた。
PC247613 (2)
まだ雪が踏み固められてないので、遠出は無理なので、リニューアルオープンした新札幌のサンピアザまで出発。
PC247617 (2)
タイヤの空気圧は0.5気圧にした。
走り出してすぐに今までの空気圧は高過ぎだったと気づいた。
初めてファットバイクの浮遊感のある乗り心地というのが分かった。
雪道のデコボコをいなしてくれて、体が疲れない。
グリップも今まで以上にある。
今までの空気圧ではスリップしまくってた新雪も、踏み固めるように何とか進んでいける。
成程雪道では空気圧を非常に下げるべきだ。

新札幌到着、いきなりステーキ
PC247618.jpg 
並んでて、食べるまでに30分ぐらい掛かった。
国産牛本格熟成!リブロースステーキ(247g/2668円)とガーリックライス(200円)
PC247635.jpg 
注文時グラム数を言うと、その大きさに切って秤に乗せて、これでどうでしょう?と聞いてくる。
並んでる間ずっと見てたが、客の指定したグラムよりも、何時も50gぐらい大目に切ってた。
私の時も200gで注文したら、最初300gちょっとの肉を秤に乗せて、そこから1/4ぐらい切って、また秤に乗せて、これでどうでしょう?と言った。
300gの肉を200gにするなら1/3切ればいいのは、ちょっと考えれば判る話。
つまりそういう風にやるように指導されてるのだろう。
ここで注文する時は食べたい量よりも少なめに注文するのがコツだ。
注文後は10分ぐらいで出て来た。
ステーキソースが付いてきたが、肉の塩味がしっかり付いてたので不要だった。
肉は20日間熟成した物だそうだが、今まで食べたドライエージングビーフ程、味が凝縮された感じは無い。
普通の肉よりは濃いというぐらい。
値段も考えれば十分美味しい部類。
もっと安い肉も食べてみたいので、何度か通ってみよう。

Cfarmで野菜キーマカレーポーク麺(950円)
PC247642.jpg 
ステーキを食べた後、フードコートをうろついたら目に付いたので食べる事にした。
味は普通、量が少ない。
次は無いかな。

更にサンピアザの中をあちこち歩き回ってると、ジェラッテリア ミルティーロ発見!
PC247643.jpg 
帰ってから調べてみたら、今年の3月に札幌PARCOに出店して、3店目としてここに開店したみたいだ。
恵庭まで行かなくてもここのジェラートが食べられるのは喜ばしい事だ。
トリプル(540円)
PC247646.jpg 
抹茶と黒ゴマとキナコを選んだ。
どれも美味しい。
札幌市内で食べられるジェラートなら、フルーツ以外を選んでもお勧めレベルの美味しさだ。

いっぱい食べて満足したので一度家に帰った。
そしてまだ時間が早いので、タイヤの空気圧をもっと下げて試してみようと思い立ち、空気圧0.3気圧にして、家の近くを走ってみた。
PC247650.jpg

0.3気圧まで空気圧を下げると、タイヤを指で押しても凹む程柔らかくなる。
この柔らかさが効いてか、さらに浮遊感のある乗り心地になった。
その代わり曲がる時とかに腰砕け感が出てきた。
タイヤがへにょっとなる感じ。
あまり空気圧を下げると、ホイールからタイヤが外れる可能性が出てくるそうなので、もう下限間近かもしれない。
前回雪道で適正な空気圧を0.5~0.7気圧ではないかと書いたが、前言撤回、0.3~0.5気圧が雪道で適正な空気圧に訂正する。
この辺で常用する所を探していこう。

北広島ポタ

まずは昨日の話、ネットで検索して、ファットバイクで雪道を走る時は、タイヤの空気圧を可也低く設定する物だと知ったので、タイヤの空気圧を色々試す事にした。
最初に走った時の空気圧は0.9気圧。
ファットバイクの空気圧は、1気圧以下が標準という事は既に知っていたので、体重のある自分ならこの辺が適当だろうと思って決めた圧。
これは高いと感じたので、昨日は0.8気圧にして走ってみた。
PC177547.jpg 
気温は-3度くらい。
路面は凍結して固く走り易かった。
0.8気圧にしたタイヤは、0.9気圧よりもクッション性が良く、デメリットは見当たらなかった。

久しぶりのいせのじょう。
PC177556.jpg 
辛口白菜ラーメン(650円)
PC177552.jpg 
焼きぎょうざ(300円)
PC177550.jpg 
このラーメンと餃子は人にお勧め出来る美味しさ。

そして今日、タイヤの空気圧を0.7気圧にして、北広島まで走ってみる事にした。
白石サイクリングロード
PC187579.jpg
キレイに除雪されて、平らに踏み固められて、非常に走り易かった。
0.7気圧にしたタイヤは、0.8気圧よりも更にクッション性が上がって、グリップも上がったのが感じられる。
道のデコボコが怖くない。
もし滑っても、スライドする速度が立て直し可能な範囲なので、怖さがない。
ただし走行抵抗も増えてるように感じる。
雪道じゃない所を走るなら、この空気圧は低すぎかもしれない。
雪道ならもっと低い空気圧も試す価値がありそうだ。
多分0.5~0.7気圧ぐらいの間に適切な所がありそうだ。

サイクリングロードは、北広島の入り口で行き止まりになっていた。
そこからは274号を使って北広島駅前近くまで進む。
PC187584.jpg
今日は気温6度まで上がったので、道の雪が緩んできた。
だけど湿った重い雪や、シャーベット上になった雪は、新雪よりも走り易かった。

かず屋
PC187588.jpg 
ミッシュランガイド2012でビブグルマン店になった店。
しかし食べログ等の評判はそんなに良くはない。
私もずっと素通りしていた。
味噌ラーメン(780円)
PC187593.jpg 
餃子(340円)
PC187594 (2) 
どちらも普通。
食べログの評判通りだった。

PC187597.jpg 
何故かライオン
PC187597 (2) 
ホームページを見たら、東本願寺の公式キャラクターらんおんくんだそうだ。

アルトラーチェ
PC187600.jpg

クマ
PC187602 (2) 

きびとろぷりん
PC187603.jpg 
賞味期限が今日までの処分品が、半額の140円だったので購入。
美味しい。
家にお土産にする為に追加購入。

スーパー5
PC187604.jpg 
今日は暖かかったので、汗かいたので、ジェラートが美味しい。

帰り道の途中
PC187607.jpg

アップで、
PC187609.jpg
北海道の冬の遊びの定番、そり滑り。
ミニスキーは全然見なくなったな。
後で気付いたが、ファットバイクはヒャッハー!といいながら、この坂位は下れるはず。
まあ人が遊んでる所ではやらないけど、もう少し慣れてきたら、川の土手とかでやってみるか。

ガスバーナーとクッカーセット購入

PC017398.jpg 
秋に東北ツーリングに行った後ぐらいから、キャンプツーリングをしたいと思うようになった。
主な理由は、宿泊まりは金が掛かる事、北海道のライダーハウスがどんどん無くなって来てる事、キャンプしないと行き辛い所に行きたい事、等だ。
今までの旅の仕方だと、例えば朝山に登って、日が暮れる前に山を下りる、というふうにスケジュールを組まないといけなかった。
もしくは次のライダーハウスのある場所まで、日が暮れる前に着かなければいけないので、ここは寄り道できない、という感じだった。
キャンプ場も宿泊ポイントに含められれば、これらの問題は大分解消する。
で、上のバーナーが安くなってるのを見つけたので、購入した。
これはカセットボンベを使うバーナーで、キャンプツーリングする人の間では定番になってる製品だ。
アウトドア缶を使うバーナーだと、もっとコンパクト軽量になるが、使い勝手もランニングコストの感覚も判らないので、定評のある物から使ってみよう。
本体のみ実測重量272g。
箱込みの実測重量340g。

そしてバーナーを買ったので、クッカーセット(1950円)も買った。
PC177561 (2) 
広げるとこう、
PC107490 (3) 
購入に当たって、ソロキャンプの話をネットで色々読んだが、最終的にはお湯が沸かせればOKという事なので、クッカーは小さい方1つで十分かもと思ったが、小さい方だけ買っても1150円だったので、+800円でセットにした。
小さい方のクッカーの実測重量236g。
大きい方のクッカーの実測重量277g。
AmazonやAliexpressで売ってる。
目盛りがある物と無い物が混在してるので、もし購入される時は目盛り有りを確認してから、購入されるといいです。

手で持った画像で、サイズ感が判って貰えると思うが、結構でかい。
正直一人用にはデカすぎると思った。
まあいいや、ともかく一度持っていってみよう。
そうしないと改善点はハッキリしない。
因みに上のバーナーのCB-JCBは箱ごとすっぽり入る。
PC107491.jpg 
バナー本体だけ入れるとこんな感じ。
PC107492.jpg 
小さな袋にバーナーを入れて、他の荷物と一緒に詰め込むのが正解かな。

動作確認の為にご飯を炊いてみる事にした。
PC177536 (2) 
小さい方のクッカーに、米一合+水200ml。
炊き方はネット検索すると沢山出てくる。
今回は、吸水時間45分、沸騰するまでは強火で箸でかき混ぜながら(底に張り付くのを防ぐ為)、沸騰後は弱火にして蓋をして15分炊く、火を消して10分蒸らす。
で、出来上がり。
PC177541 (2) 
蓋はカップとして使えるのでご飯をよそうと丁度良い盛り具合になった。
PC177544.jpg 
頂きます。
…水が多かったか。
180mlぐらいがちょうど良かったようだ。
実際にキャンプでご飯を炊くとすると、無洗米を使うから、また水加減は変わるだろうな。
あと吸水時間は1時間取った方が良かったようだ。
ちょっと芯が残ってる感じがある。
北海道の冬の水は冷たいので、夏ならこの位の吸水時間でも大丈夫だったかもしれない。
火にかけてる時間が20分弱ぐらいなので、吸水時間と蒸らし時間を十分に取るのがコツだろう。
正直電気炊飯器で炊いたご飯の美味しさを思い知った。
自然の中で食べる補正が無ければ、クッカーで炊いたご飯の味は負けてる。

追記:
スパゲッテイも作ってみた。
大きい方のクッカーの蓋をフライパンにして、ベーコンと野菜を炒める。
PC177564.jpg 
スパゲッテイは早ゆで3分スパゲッティを使う。
PC177565.jpg 
登山キャンプご用達の食材だそうだ。
600mlのお湯に100g投入。
PC177567.jpg 
固ゆでの段階でお湯を捨てて、炒めた野菜を投入、塩コショウして出来上がり。
PC177569.jpg 
味は申し分無し。
調理時間も短くて済むし、成程ご飯よりもパスタがよく食べられるのは分かる。
あとはインスタントラーメンが人気があって、ご飯はパックご飯を温めればいいという話。
確かに米をもっていっても、食べるまでに1時間半も掛かるから、5分湯煎するだけで食べられるパックご飯の方が合理的だ。
コンビニやスーパーで買えるのでこまめに補充も出来る。

さらに追記:
ご飯をもう一度炊いてみた。
PC187571.jpg 
水の量は180ml。
前日の夜から水に浸けて炊いた。
PC187575.jpg 
今回は上手くいった。
でもやっぱり電気炊飯器で炊いたご飯の方が美味しいな。

自分用パーツ実測重量

charge COOKER MAXI 2 (2016)の各パーツの実測重量。
ハンドルとステム:389g
P1087945.jpg 

コラムキャップ:14g
P1087946.jpg 

コラムスペーサー5mm×3:10g
P1087947.jpg 

ハンドルグリップ:43g(両方で86g)
P1087954.jpg 

サドル:319g
PC257664 (2) 

シートポスト:324g
PC257661 (2) 

シートクランプ:26g
PC257659.jpg 

フロントホイール(ディスクローター、リムテープ付き):1.75kg
PC017417 (3) 

リヤホイール(スプロケット、ディスクローター、リムテープ付き):2.41kg
PC017407 (3) 
ネット検索してみると、リムテープは60gぐらい。
スプロケットのSRAM XG-1150 10-42tはカタログ値394g。
160mmのディスクローター:127g
PC287670.jpg 

180mmのディスクローター:143g
PC277667.jpg 
ローター取り付けボルト6個で12g。
ここからホイール単体の重量を求めると、
フロントホイール:1.53kg
リヤホイール:1.82kg
フロント&リヤ:3.35kg

タイヤ MAXXIS Mammoth 120tpi 26x4.0  1.30/1.31kg
PC017409 (3) 

クイックリリース前:71g
PC017411.jpg 

クイックリリース後:62g
PC017412.jpg 
短い前の方が重いのは、シャフトが太いせい。
MTBでは、前輪の負荷が大きいので、前輪側の強度を上げるのがセオリーらしい。

charge COOKER MAXI 2 に乗った

昨日は一日で積雪65cmの大豪雪、12月に降った量としては29年前の68cm以来の量だそうだ。
今日も少し降ったが、日中晴れてきたので、charge COOKER MAXI 2に試乗する事にした。
まず家の前で少し乗ってみて、サドルを少し下げた。
PC117524.jpg
ペダル軸からサドル上辺までの距離を、ロードは78cmにしていたが、ファットバイクは75cmにした。
雪上は不安定なので足付きしやすくする為だ。
で、早速失敗したなと思ったのがペダルをSPDにした事だ。
雪が詰まる。
泥なら力を入れて押し込めば何とかなるが、雪で同じ事をすると固まって氷になって、まったく入らなくなる。
ファットバイクで雪道走ってる人が大体フラットペダルにしてる理由が分かった。
まあ取り敢えず出発。
道路の状態はこんな感じ。
PC117504 (2) 
画像のように圧雪になってる所は問題無く走れる。
アイスバーン気味になってる所も同様。
しかし新雪が積もってる所は駄目だった。
タイヤが埋まると途端にペダルが重くなるし、雪の下のデコボコにハンドルを取られて転びそうになる。
というか一回転んだ。
今日は雪が降った後だから、コンディション的には悪い。
こういう状況ではファットバイクでも基本駄目という事が判った。
まあバイクも走ってないような状況で、それよりもタイヤが細いファットバイクが走れる訳がない。
この辺ちょっと期待し過ぎたが、納得の行く所だ。

ついでに前回の記事で紹介したNorthWave Celsius Arctic 2 GTXもこの日初使用だったが、期待通りの防寒性を発揮してくれた。
PC117494.jpg 
気温-3~-4度くらいだったが、足が冷たく感じる事は無かった。
また、水が染み込む事もなかった。
これからもっと寒くなるので頑張って欲しい。

うちから2.5km離れたベスに到着、スープカレー(1410円)
PC117510.jpg 
スープの緑色はほうれん草だそうだ。
ベスは最近えびスープやトマトスープ等、スープの種類を増やしてる。

次は7.5km走って、厚別の六花亭でデザート(全部で590円)
PC117514.jpg 
ここまで走ってみて、感覚的にはロードで走った時の倍くらいの時間と疲労度だ。
道路状況が良ければ一日に50kmぐらいは走れそうな気がする。
それから乗る前はこんなに軽いギヤは使わないだろうと思ってたが、実際には軽いギヤを結構使う。
雪の登り坂は、ギヤを下げてシッティングで、ゆっくり上がるのが一番だからだ。

六花亭から出るとまた雪が降ってきたので帰る事にした。
PC117518 (2) 
家に戻って整備してみたが、自転車のあちこちに氷がこびり付いて取りようが無かった。
溶かせば早いが、車庫内の温度は外気温とあまり変わらないので、溶けない。
シャッターを閉めれば5度くらいになるので、そのうち溶けるとは思うが、何時間後だ。
となるとキレイに水分を取る事は実質無理なので、早い段階で鉄製のフレームや部品が錆びるだろう。
大事に使うのが無理なら、逆に使い倒していこう。

去年食べたカレー

年が明けてしまったが、画像フォルダーの大掃除。

ベスで多分チキン野菜カレー、エビフライトッピング
P3202739.jpg

同じくベスで詳細不明
P8074000.jpg

PB056803.jpg

多分チキンベジコンビ(1290円)
PB056806.jpg
取り立ててグッとくる味ではなかった。

ユつぴーで多分ヒレ辛カレーライスセット(1260円)
PB126856.jpg
結構辛い。
後で胃に来る(笑)。
しかし美味しかった。

PB196909.jpg
札幌から定山渓に行く途中にある。
多分から揚げカレー(650円)
PB196913 (2)
カレーがちゃんと自家製っぽかった。
期待せずに頼んで食べた割には美味しかったという記憶がある。

ベスで詳細不明
PB207295.jpg
今回載せたベスのスープカレー3つともエビフライをトッピングしている。
どうやら私はこのトッピングが好きみたいだ(笑)。

自転車の冬用ブーツとファットバイク用空気入れ購入

PC077465.jpg 
EU44サイズで実測1044g。
今まで冬用として、Craft Neoprene Bootieを利用していたが、これは防寒性能不足だった。
モンベルのアルパイン用の分厚い靴下を履いて、普通の自転車用シューズ履いた上から、Craft Neoprene Bootieを付けた状態で、なんとか0度に耐えられるという所。
底が完全に開いてるからどうしようもないのだろう。
あと水を通さないから上面が蒸れるという問題もあるし、一番気に食わなかったのは、脱着が面倒くさい所だった。
で、ファットバイクを買ったのに合わせて、自転車の冬用ブーツを購入。
カタログスペックでは適応温度-25~5度の厳冬期向けブーツだ。
ゴアテックスで覆われており、底にはSPD用の金具がついてる。
内側はボア生地が張ってあって、履いただけで暖かい。
海外レビューでも評判が非常に良いし、性能には問題が無いだろう。

実物を手にして唯一気になった点がここ、
PC077469.jpg 
靴ひもが妙に長い。
コードロックで止めるタイプだから、こんなに長い必要は無いのになんでだ?
マジックテープの下でまとめて、外側から見えないようにしないといけないので、長すぎると面倒くさい。
ちょっと悩んだが、結局短く切った。
PC077470.jpg 
これで使いやすくなった。
これから一冬活躍してもらいたい。

PB186894.jpg 
ファットバイク専用の空気入れ。
どの辺が専用かというと、まずメーターが2気圧(30psi)までしかない。
PB186895.jpg 
ファットバイクのタイヤは0.3~2.0気圧までしか空気を入れない物で、ロード用の高圧ポンプだと適正な空気圧にする事が難しいので、さっくりと購入した。
因みにお金をあんまり掛けない方法で、単体の気圧計を買うという方法もある。
こちらだと1000円ぐらいの出費ですむ。
そちらを選ばなかった理由は、手持ちの空気入れは、バルブアダプターをKUWAHARAのHIRAMEに交換してあるので、仏式バルブ専用なので、MTBでよく使われる米式バルブ対応にするのが面倒だったのと、一度に入れられる空気の量がジョ-ブローファットが大分多いというのがあった。
PB186897.jpg 
ロード用のポンプと並べると胴が太いのが判ると思う。
外径から断面積を求めると3倍近い差がある。
一度のポンピングで入れられる空気の量が3倍近く多いという事だ。
実際にジョ-ブローファットで空気を入れてみたが、成程通常ポンプだと大変だろう。
このポンプでも何十度もポンピングしないとタイヤが膨らんでいかなかった。
ファットバイクのタイヤのエアーボリュームは想像以上だった。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR