FC2ブログ

SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX VEGA 64 8G HBM2

P5212913.jpg
メインPCを更新したらPCのパーツ交換欲が久しぶりに湧いてきて、ネットショップをあちこち見て回ってたら、Amazonでアウトレットで安くなってたので購入(84992円)。
安くなってたといっても、Radeonのグラフィックボードは今高過ぎるので、十分高い。
高値になってる理由は今解消しつつあるので、あと1~2か月待てばアウトレットじゃなくてもこの値段で買えるようになってると思う。
本来は8万以下が適正な価格だと思う。

それはそうとして、品物が届いて実物を箱から出した時の最初の印象、デカい!!
P5212915.jpg
仕様の外径寸法は、約310×133×54mmとなってる。
比較用の下のPowerColor AXRX 480 8GBD5-3DH/OCの外径寸法が310×128×38mm。
長さ絶対同じじゃないだろ(笑)。
P5212917.jpg
実測してみると、SAPPHIRE NITRO+はバックプレートより右側の本体部分のみの長さが310mmだった。
PowerColor AXRX 480は全長が310mmだった。
PowerColorが全長表記だとすると、AXRX VEGA 64 8GBHBM2-2D2H/OCは316mm×150mm×55mmとなってるが、実は全長はSAPPHIRE NITRO+の方があって、体積は同じくらいかもしれない。
因みに実測重量は、SAPPHIRE NITRO+が1494gで、PowerColor AXRX 480が856gだった。

追記:
SAPPHIRE NITRO+とAXRX VEGA 64 8GBHBM2-2D2H/OCの画像を、スケールを掛けて比較出来るようにした。
81xFz0s_NML_SL1500_2.jpg 
71cX_SAJeCL_SL1280_2.jpg 
上の画像を別タブで開いて切り替えて見た方が判り易いが、重ね合わせた画像も作った。
Fusion.jpg
SAPPHIRE NITRO+の方が大きい。
一般にサイズがデカい方が冷却には有利なので、購入を検討してる人は参考にしてみてください。

取り付けた。
P5212918.jpg
グラフィックボードの下に付属のサポートステーを付けた。
このサポートステーを付けると4スロット占有になる。
ともかく今までに見た事が無い程デカくて嵩張る。

前面ファンとの隙間。
P5212921.jpg
ケースのFractal Design Define Cが前面ファンを付けた状態で315mmまでのグラボを設置可能となってるが、310mmが限界と見た方がいいだろう。

稼働。
P5262928.jpg
前もRadeonだったのでトラブル無しで動いた。
想定外の事が一つあって、グラボのLEDイルミネーションはアプリで消せると思ってたら、TriXXアプリが現時点で対応しておらず、今の所消灯する方法が無い。
実際Sapphireのサイトでは何処にも消せるとは書かれてない。
askの商品サイトの情報は間違ってるので注意して欲しい。

また、Turbine-Xシステムというグラボに4pinファンコネクタが付いてて、グラボ連動でファンコントロールできる機能の方だが、グラボのファンが止まってる時でも、グラボの4pinコネクタに繋いだファンの方は回ってた。
それも回転数は割と高めだったので、最低でも20%以上の回転数で回してると思われる。
アイドル中は静音にしたいなら、最低回転数の低いファンを繋いだ方がいいだろう。

さて性能だが、ネットに幾らでもベンチ結果があるし、そちらの方が確実な情報なので細かい事は割愛。
だいたいRX480と比べてVEGA64は1.7~2倍程度だ。
代わりに消費電力を載せよう。
変更前構成:
Ryzen 1700
DDR4-2666 8GBx2
ASUS B350-PLUS
SSDx2 2.5インチHDDx2 3.5インチHDDx2
Seasonic SSR-650TD
PowerColor AXRX 480 8GBD5-3DH/OC

アイドル時(普段使ってる常駐アプリは終了、HDDはスタンバイ状態):43.7~44.1W
モニターオフで-0.1W
LANケーブルを抜くと-0.3W
prime95:115W(瞬間的な最大値は無視)
OCCT GPU:230W(瞬間的な最大値は無視)
OCCT POWER:314W(瞬間的な最大値は無視)
前の計測時よりもアイドル時の消費電力が少し下がってるのはちょっと意外だった。
インテルCPUの方がアイドル時は低消費電力だと思ってたからだ。
OCCT GPUとOCCT POWER時の消費電力が大分下がってるのは、前回は瞬間的な最大値を採用してたのと、電源がプラチナからチタニウムに変わったからだろう。

次はグラボをSAPPHIRE NITRO+に交換後、
アイドル時(普段使ってる常駐アプリは終了、HDDはスタンバイ状態):46.7~47.2W
モニターオフで-0.1W
LANケーブルを抜くと-0.3W
prime95:119W(瞬間的な最大値は無視)
OCCT GPU:367W(瞬間的な最大値は無視)
OCCT POWER:446W(瞬間的な最大値は無視)
1440x1080 60iの動画をmadVRを使って4Kモニターで再生してる時:156Wぐらい
1920x1080 24pの動画をmadVRを使って4Kモニターで再生してる時:159Wぐらい
OCCT時は130W消費電力が高い。
しかしにも拘わらずファン音は最大時で同等ぐらいに感じた。
SAPPHIRE NITRO+の分厚いヒートシンクと95mmファンx2+80mmファンの組み合わせは強力な排熱能力があり、Turbine-Xシステムに繋いだファンがフレッシュエアーを効果的にケース内に供給する。
トータルな冷却システムを構築できるので130W分の熱の差が吸収出来るのだろう。
静かで高性能を体現したグラボだ。

最後にHTPC的な話をしよう。
1920x1080 24pでmadVRのchroma/image samplingにNGU AA highが余裕。
しかしimage sampling very highは無理だった。
他の設定を妥協すればいけるかも?てぐらいだが、very highとhighの差は見ても判らない位なので、他の設定を妥協する意味は無い。
逆にhighで使うと、余裕があって発熱しないのでファンが低速でしか回らず、静かというメリットがある。
インターレース動画では困った事が起こった。
本来いけるはずの高負荷設定にしても、GPU周波数が十分な所まで上がらず、ガンガンドロップフレームが出る。
設定をどんどん下げていくと、RX480の設定に毛が生えた程度の設定で、やっとドロップフレームが無くなった。
現状解消する手は無さそうなので、諦めてこれで使う事にした。
高価なグラボを買った意味が無いじゃないかとガッカリしたが、代わりにこちらも発熱しなくてRX480の時よりも静かになったので、まあいいかと思う事にした。
そのうちドライバーで改善するかもしれないし、madVRの更新で改善するかもしれないので、このまま待つ事にしよう。

ポールジロー トラディション(5830円)
P5262930.jpg
東京に居た20年位前は割と酒を飲んでたのだが、その時に記憶に残った酒が2つ、1つはシングルトンだが、今はもう同じ物は売ってないようだ。
もう一つはポールジロー、当時飲んだのは多分15年だったが、トラディションがAmazonで安くなってたので、こちらを買った。
飲んでみるとやはり記憶にある物よりも若々しい味だ。
しかしブランデーらしくない、どちらかというとシングルモルトウイスキーを飲んでるような、ストレートで混じりっけの無い味は同じだ。
ブランデーの中で唯一手放しで美味いと言える酒だ。

スウィートグラス

今週は自転車に乗って恵庭まで、
P5202889.jpg
晴れてるけど風が強い。
行きは追い風だからいいけど、帰りが辛いな。
P5202890.jpg
郊外のグルメを検索したら引っかかった店。
人気があるようで20分待ちになった。
P5202901.jpg

スパイシーカツカレー(1700円)
P5202897.jpg
まず値段にビックリすると思うが、出た物を見て納得、凄いカツが乗ってる。
P5202896.jpg
200gのトンカツだそうだ。
材料は地元産に拘ってて豚も米もその他色々も地元から仕入れてるそうだ。
となればこの値段も納得。
味は美味しい。
トンカツもカレーも単品でも美味しいって言うレベル。
他のメニューのスパゲッティ等もボリュームがあるようなので、今度はそちらを食べにくるか。
また良い店を一つ見つけた。

飯を食べた後は、本当は恵庭湖を回って帰るつもりだったが、風が強いのでやめて直帰した。
P5202905.jpg
白石サイクリングロードの八重桜は今が満開。
北海道の自転車もこれからシーズンだ。

小樽散策

先週は晴れてたけど自転車に乗る気にならず。
小樽駅の中にある立ち食い寿司の伊勢鮨で食べたくなったので、小樽に行った。
おまかせ8貫(1800円)
IMG_20180512_125733.jpg

IMG_20180512_130005.jpg

IMG_20180512_130209.jpg

IMG_20180512_130415.jpg
ああ美味しい。
追加でツブとシャコを注文。
IMG_20180512_130843.jpg
全部合わせて二千何百円。
この値段でこの味で文句を付ける所は無い。
寿司屋通りの適当な店に入るよりも、ここで食べる方がお勧めだ。

寿司を食べた後は小樽公園の方に歩く。
IMG_20180512_133006.jpg

ミルク・プラント
IMG_20180512_133445.jpg
テレビで紹介されて初めて知ったが、小樽でソフトクリームで有名な店だそうだ。
となれば行くしかないと、前回小樽に来た時にも立ち寄ったが、その時は期間外で閉まっていた。
バニラ(270円)
IMG_20180512_133900.jpg
味は正直特別美味しいという程でもない。
どうやらニューヨークジャンボという大きなサイズに人気があるようだ。
バニラとは別に北海道ミルクという味があるので、夏頃にもう一回食べにくるか。

その後はルタオ本店の喫茶室でショコラの誘惑セット(1300円)
IMG_20180512_142635.jpg 
何時もパトスに入ってて、本店の喫茶室には一度も入った事が無かったので入ってみたが、パトスの方がいいかな。
レトロな雰囲気が好きならこちらでもいいけど。

旧手宮線を横切って小樽駅に戻り、帰った。
IMG_20180512_150908.jpg


平岡公園の梅

IMG_20180505_153341.jpg

IMG_20180505_153447 (2)

IMG_20180505_155115.jpg

IMG_20180505_154215 (2)

IMG_20180505_153924.jpg

IMG_20180505_155408 (2)

今年試した花粉所の薬

Dezlorid(デザレックスジェネリック)
有効成分デスロラタジンを含む薬。
デスロラタジンはロラタジンの活性代謝物(ロラタジンは最近市販薬になったクラリチンの有効成分)。
活性代謝物とは、ロラタジンを飲むと肝臓でデスロラタジンに作り替えられるという事で、デスロラタジンになってから初めて花粉症に効果を発揮する。
それを最初から効果を発揮する形で薬にしたので、早く効いてロラタジンの半分の量で同等の効果を発揮すると、良い事尽くめ。
実際に飲んだ感じも上に同じ。
デスロラタジンもロラタジンも眠気等の副作用がほぼ無いので、現在メインで飲んでる。

IF2点眼液
有効成分オロパタジン塩酸塩。
去年マリンアイALGを使ってみたら、目の痒みが大幅に抑えられて良かったので、今年は医薬品になるIF2を使ってみた。
IF2はマリンアイALGに比べて効き目が2倍長持ちする感じだ。
マリンアイALGだと一日4~5回は注すけど、IF2だと2~3回。
しかし抗ヒスタミン成分のみのIF2と違って、消炎成分も入ってるマリンアイALGの方が、注してすぐに痒みが無くなる。
マリンアイALGは薬局でも売ってるし、通販で探せば可也安く買える。
個人輸入で買うIF2とマリンアイALGの通販だと価格差3倍以上。
総合ではどちらが上とも言えない、ニーズに合わせて選ぶべきだろう。

ベコナーゼ点鼻薬
花粉症用の目薬が良かったので、今年は点鼻薬も使ってみた。
有効成分ベクロメタゾンプロピオン酸エステル。
ナザールのジェネリックに当たるようだ。
鼻づまり、鼻水(鼻汁過多)、に加えて、くしゃみにも効果があると書いてあったのでこれにしたが、後で調べたらステロイド系だった。
なので使用期間に制限がある。
(ステロイドを長期使用すると逆に症状を重くしてしまう副作用がある)
でも一本しか買ってないし、花粉症の時期しか使わないからまあいいか。
試しにくしゃみが止まらなくなった時に一回使ってみたら、思ったよりも効かない(笑)。
直ぐに効くとなってる割には、注してから1時間後ぐらいに症状が和らぐ感じ。
多分鼻がムズムズすると感じる日に予め注しておかないと、症状を抑える事は出来なさそうだ。

Smarti(ルパフィンジェネリック)
有効成ルパタジンを含む薬。
ルパタジンは最新の花粉症用の薬。
抗ヒスタミン作用に加えて、抗PAF作用がある。
抗PAF作用とは、くしゃみ、鼻水、鼻閉等の症状を抑える効果。
ルパフィンは早く効いて、効果が1日中持つ。
ただし眠気が出る頻度は高い。
体内に入ると代謝されてデスロラタジンに変化するので、途中からは上で紹介したDezloridと同じ効き目のはず。
ロラタジンやデスロラタジンよりも効くという臨床結果はある。
最高血中濃度到達時間が0.9時間という速さから、急に症状が出た時の頓服薬という使い方が適してると思われる。
飲んでみた感想は、アレグラやクラリチンや後述のザイザルよりも効果はあるが、眠気や倦怠感もある。
痒みやくしゃみが収まるのが私に取ってはポイントが高い。
効果が高い分副作用も多いタイプと感じた。

Crebros(ザイザルジェネリック)
ついでなので2年前の記事で紹介したけど効果の程を書いてなかったこれも再度紹介。
有効成分はレボセチリジン塩酸塩。
花粉症の薬としては一番効く方にランクされてる薬。
飲んでみると確かに鼻水は止まるが、くしゃみや目の痒みが収まらない。
その点ではアレグラやロラタジン系に劣る感じ。
なのでどうにも自分とは相性が悪い薬と感じて、全部使ってお終い。
去年からはメインをロラタジン系にした次第だ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR