FC2ブログ

ロードバイクのチューブレス化を試してみた

WH9000-C24-CLのリムの内側をアルコールで拭いて脱脂。
P7147822.jpg
ファットバイクのカーボンリムと違って随分汚れていた。
そして幅20mmのカプトンテープ(Aliexpressで224円)を貼る。
P7147825.jpg
リムホールにはベロプラグがハマってるので、テープは一重にした。
貼った後はタイヤとチューブを組み付けて空気を入れて押し付けた。
チューブレス用バルブコアはAliexpressで購入した物(347円)を使用。
P7147826.jpg

そしてエアーコンプレッサーで空気を入れていく。
P7147827.jpg
結果、空気が漏れまくってリムが上がらず、どうにもならない。
タイヤもリムもチューブレス用ではないので、何処に文句をつける話でもない。
多分もうホイールを変えるまでロードのチューブレス化は試さないので、中途半端な結末で記事化した。

由仁町ポタ

7/6、最高気温26度の晴れの日、取り敢えず自転車に乗りますか。

多分麦。
P7067784.jpg

多分じゃがいも。
P7067795.jpg

おにぎり あぜっこに到着。
P7067798.jpg
実は一週間前に風邪を引いてて、これが長引いてこの日でもまだ体調が上がってなかった。
ここまで40㎞ぐらいの距離だが、可也疲労感があった。

あぜっこからの風景。
P7067801 (2)

P7067810.jpg

昼飯、全部で1328円。
P7067806.jpg

P7067807.jpg
高いけど味は美味しいのでまあいい。

飯を食った後は暫くベンチで休んでから帰宅。
P7067814.jpg

牛小屋のアイスでいちごパフェ(950円)。
P7067817.jpg
由仁町産のイチゴのようだ。
味は文句無し。

その後は途中で2回休憩を挟んで家まで帰った。
P7067820 (2)
病み上がりで思ったよりも体力が無かった。
そして途中で栄養補給してる割には帰ってから腹が減った。
ただこれが荒療治になったのか、体調はこの後上がった。

ボトムブラケットのグリスアップ

SRAM DUB BBの左側、ベアリングと椀の境目が錆色になってるのが判るだろうか?
P6167763.jpg

比較用に右側、
P6167764.jpg
こちらが正常な状態。
オーバーホールでBBに錆が出てるのを見つけた。
今までシマノのBBしか使ってなかったから、BBは使い捨てというイメージだったが、SRAM DUBのBBは購入難なので、グリスアップしてみる事にした。
ネットでやり方を調べて、作業開始。
先の細い物でカバーを外す。
P6167768.jpg
隙間に先が入れば簡単だった。
精密ドライバーの細い物がいい。
そしてベアリングのシールドも外す。
P6167771.jpg
こちらも先が入れば簡単。
露わになったベアリング。
P6167773.jpg
見た感じ錆はないし、グリスの濁りもない。
どうやら錆はベアリングの外側が錆びた物だったようだ。
これなら問題無い。
パーツクリーナーで洗って、デュラグリースを詰め込む。
P6167775.jpg
そして元に戻していく。
カバーを嵌める時、撓ませないと嵌められなくて、それが一番難儀した。
完全に組み戻して終了。
グリスをしこたま詰め込んだので、少しクランクの回転が重くなったが、そのうち元に戻るだろ。

今回のグリスアップでデュラグリスを使い切った。
P6167776.jpg
自転車の趣味を初めて最初に買ったグリスなので、10年以上持った事になる。
その間にリチウムグリス、ウレアグリス、シリコーングリス等も使ったが、樹脂を侵さないのと耐水性の高さからくる安心感ではこれが一番だった。
今後はベアリング等潤滑が必要な場所にはウレアグリス、樹脂と接触する場所やネジ穴にはシリコーングリスと、使い分けていく予定だ。

最近食べた物 その8

Mari iida で生中華そば(800円)。
IMG_20190521_115012.jpg

トリュフTKG(350円)。
IMG_20190521_115139.jpg
別のメニューが始まったかな?と行ってみたが、まだこの2つが追加されただけだった。
生中華そばは特製よりも具が少ないが、こちらの方がすっきりしたスープに合っていて好印象。
TKGは美味しかったが、冷静に考えるとこれで350円は高い。

天ぷら まねき屋でランチ定食 松(1280円)。
IMG_20190521_130149.jpg

IMG_20190521_130529.jpg

IMG_20190521_130637.jpg
五点盛りが美味しかったので定食を食べてみた。
これも美味しい。
でも五点盛り頼んだ方が美味しく食べられるかな。
天ぷら定食のご飯は、口直しで食べる量以上は天ぷらの味を損なう。

IMG_20190602_105652 (2)
沖縄発のステーキチェーン店。
既に札幌にも二店舗あるという事で食べに行ってみた。
やっぱりステーキ(180g/1000円)とサーロインステーキ(200g/1680円)。
IMG_20190602_110554.jpg
左がやっぱりステーキ、可成り厚みがあった。
赤いのが嫌いな人は来たらすぐに切り分けて焼いた方がいいだろう。
IMG_20190602_111532.jpg
やっぱりステーキは少し硬い肉で味は今一、だが値段を考えると十分。
サーロインステーキは柔らかいが、味は可もなく不可もなく。
総じて美味しいステーキが食べたいなら別の店に行け、ここは安く食べる所という感じ。
ライス、サラダ、スープは取り放題。
なのでやろうと思えば1000円で腹一杯に出来る。
客層は若い人とおばちゃんが多かった。
常に腹を空かせてる人達とコスト至上主義の人達だ。

イシヤカフェでストロベリーヨーグルトパフェ(1188円)。
IMG_20190602_120220.jpg
量が多い(;´Д`)。
腹一杯になりかけるような量だったが、味も良いしお得感はある。

うどんのそうま屋でピリ辛ひき肉トマトうどん(780円)。
IMG_20190605_193829.jpg

クロック
IMG_20190609_110038.jpg
円山にあるカレー専門店。
食べログで評判が良いので食べに行った。
ビーフカレー特盛(1280円)。
IMG_20190609_113259.jpg
特盛と言っても他所なら大盛ぐらいの量。
まず一口食べてみると、札幌で一番美味いと評する人が居るのも納得する程美味しい。
そして最後まで食べ進むと、・・・しょっぱいな。
塩分が可成り多めで、沢山食べると段々と嫌になってくる。
とはいえ特盛ならギリギリ美味しいと思える範囲で食べきれる。
普通盛なら最後まで手放しで美味しいと感じたまま食べ終えるだろう。
それで量が足りなかったら別の店に入ればいい。

IMG_20190615_120602.jpg
突然カニが食べたくなったので、昼に入れたここにした。
あやめ会席(3218円)。
IMG_20190615_121748 (2)

タラバ一本焼(3240円)。
IMG_20190615_122355.jpg
会席は一番安いのを頼んで、単品でこれを頼んだ。
レモンとの比較で大きさが判ると思う。
流石3000円、でかい。
IMG_20190615_122832 (2)
味が濃くて、たっぷり食べられて満足。
その後は会席の残りをいただく。
IMG_20190615_123545.jpg

IMG_20190615_123830 (2)

IMG_20190615_124125.jpg
正直会席は最初の品以外はカニを食べた感はなかった。
北海道でも札幌だとこんな物か。
ツーリングに行った時に何処かでがっつり食べよう。

ウミエールセカンドでソフトクリーム(430円)。
IMG_20190615_130810 (2)
TVで紹介されてたので食べてみた。
甘さの付け具合がなかなか上手い。
オシャレな店内と合わせていいのではないだろうか。

欧風カレーKEN。
IMG_20190616_120148 (2)
クロックと並んで紹介される札幌の有名ルーカレー店。
ハンバーグカレー(1590円)。
IMG_20190616_122818.jpg
この店の看板メニューだ。
ハンバーグは300g、値段はこの店のメニューの中で一番高い。
IMG_20190616_122915.jpg
まずハンバーグが美味しい。
これとご飯だけでも美味しく完食出来る。
カレーはボンディやクロックと通じる欧風カレー。
最後までよい塩梅に感じた分、クロックよりもKENの方が好き。
札幌駅から歩ける距離なので、また来てみよう。

IMG_20190616_124750 (2)

モンブランとコーヒー(890円)。
IMG_20190616_125644.jpg
欧風カレーKENの後に寄ってみたケーキのお店。
ケーキの味が複雑で、下拵えが丁寧なのが判る。
ここもまた来てみようと思う店だ。

BIKE HAND YC-97購入。

ロードバイク用のスタンドは下のタイプを使っていた。
P6097754.jpg
この他にハブ軸を挟み込むタイプと、チェーンステーとシートステーにフックを引っ掛けるタイプも持ってる。
どれも一長一短だが、その中で立て掛ける時の手間が一番少ないのがこれなので、普段はこれを使ってた。
このタイプの欠点はリヤホイールが浮かないので整備には使えない事、ハブ軸を挟む所にうっかりと入ってなくて、手を放して離れた時に倒れる事がある事等だ。
整備時は他のスタンドを使うので実質問題は無いし、うっかりと倒すというのも一年に一回あるかどうかぐらいなので、本質的な問題ではないが、ファットバイク用に購入したスタンドがすごく使いやすいので、ロード用もこのタイプに変更する事にした。
BIKE HAND YC-97(送料込み3400円ぐらい)
P6097757 (2)
日本の代理店はNOGUCHIなのでNOGUCHI YC-97で販売してる事もあるようだ。
似たようなタイプは送料込み2000円ぐらいから売ってるが、センタリング用のローラーが付いてるのはこれだけなので、これにした。
そして実際ロードの細いタイヤでも真っ直ぐ立てる事が出来るので、これにして良かったと思った。
ちなみにケージの内幅は9cmぐらいあるので、太いタイヤでも入る事は入る。
ただし重たい車体にこれを使うとレッグの片方が短いのが気になるかもしれない。
重たい車体の場合はタイヤが太いだろうから、ローラー無しでレッグが前後とも長いタイプの方が良いだろう。

空沼岳登山

6/8、日鉄鉱業 常盤採石所。
P6087751.jpg
空沼岳の登山口はこの脇にある。
登山口に続く橋を渡って未舗装路を自転車で行ける所まで行って登山の準備。
P6087707.jpg
今回はファットバイクのリヤラックの具合を確かめる為、ファットバイクで来た。
特に問題は無いようだ。
これならキャンプツーリングもOKだろう。

登山開始。
P6087711 (2)

P6087716.jpg

P6087719.jpg

P6087723.jpg

万計沼。
P6087727.jpg

P6087733.jpg

真簾沼。
P6087736.jpg
ここから1.6kmで空沼岳の頂上だが、足がフラフラなので、ここで折り返す事にした。
去年の秋は頂上まで行けたが、冬の間に体力が落ちてる。
毎年春から自転車に乗ったりして体力が付いて、秋頃に体力MAXになって、冬の間に体力が無くなるというサイクルだ。

適当な岩に座って昼飯にする。
P6087739 (2)
今回はテナヤブーツで来たが、この靴がやっと足に馴染んできて、終始快適だった。
このブーツ、無雪期のグリップは素晴らしいのだが、冬の雪道で使ってみたら滑りまくって全然ダメだった。
この前のバージョンのツォロミーブーツも使った事があるが、それは雪道でも滑らなかった。
ビブラムソールとトレールグリッパーの差か。

3分経った。
P6087740 (3)
美味しい。
セイコーマートブランドのチャンポン風カップラーメンだが、野菜が沢山入ってる。
また買おう。

その後はコーヒー。
P6087741 (2)
インスタントコーヒーでもこの風景の中で飲めば美味しく感じる。
登山で一番美味しいのは景色の良い所で飲む暖かい飲み物だ。

帰りはスタスタ歩いて、行きの半分の時間で戻った。
P6087749.jpg
登山を始めた頃は下りで他の人が早足で歩いてるのに、自分がそれが出来ないのが不思議だったが、何の事はない、ちゃんとした登山靴を履いてれば出来る事だった。
ちゃんとした登山靴は足の防護がバッチリなので、無造作に足を下ろしても怖くない。
だから速く歩ける、それだけの事だった。

帰り道でお腹が空いたので白樺山荘に寄って味噌ラーメン(780円)。
IMG_20190608_142936.jpg
ここの味噌ラーメンは塩分が多いのだが、疲れてる時はそれが美味しく感じる。
そして支笏湖からの帰り道は何時も疲れてるので、何時も美味しく感じる。

小樽のSizzleポタ

6/1、小樽のSizzleでランチビュッフェを食べたくなったので行ってきた。
P6017667.jpg

道の途中にあった神社、お祭りの準備をしてるようだ。
P6017670 (2)

小樽に到着。
P6017685 (2)

Sizzle(ランチビュッフェ1800円)。
P6017671 (2)

前回食べて美味しかった物を主に食べる。
P6017672.jpg

勿論海鮮丼も作って食べる。
P6017673 (2)
ああ美味しい。
食材の質と料理の手の掛かり具合は札幌市内のランチビュッフェよりも上だ。
小樽まで来て食べる価値は十分にある。

さて、帰ろう。
南小樽の辺りで屋台を見つけた。
P6017694.jpg
やっぱり何かお祭りをやるのだろう。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR