PD-M980を開けてみた

少しだけ右ペダルがゴロゴロするし、回転も悪い。
取り合えず開けてみた。
P1030310.jpg
PD-M980のメンテナンスには専用工具は不用のようだ。
ペダルレンチで開けられる。
ベアリングとスリーブを止めているナットは7mmと10mmのスパナで外せる模様。
玉当たり調整もこのナットで行うのだが、完全に組み戻さないと、当たりが判らない仕組みで、調整が面倒そうだ。
心配していたベアリングは、緑のグリスがきれいなまま残っていて、異常は無さそう。
P1030312.jpg
P1030313.jpg
デュラグリスを少し足して、そのまま戻した。
他に左ペダルとの違いはないか色々チェックしてみたら、ペダル軸根元から防水用のパッキンがはみ出ているのを発見した。
P1030314.jpg
(画像は中に押し込んでしまった後)
爪楊枝を使って中に押し込んだ。
回転が悪かったのはそれのせいで間違いなさそう。
ゴロゴロするのも直っていてくれるといいが、駄目ならBBの方かな?


ついでにメンテナンスネタをもう1つ、audio-techica ATH-AD2000リコール
売り文句と実際の構造が違っていたとの事、このリコール以前の製品全てが対象。
私のも当然対象品だったので、コードを交換してもらいました。
音は期待してた通り、変化らしい変化は感じられませんでした(笑)。
修理期間中に使っていたATH-AD10とのあまりの音の違いにビックリしたぐらいです。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR