ドンキホーテ開店とフライパン購入

宜野湾にドンキホーテが開店したので行って来た。
P1010610.jpg
沖縄初のドンキホーテでしかも九州エリア初のMEGAドンキホーテだそうだ。
開店直後で来客が多く、店の周辺は駐車待ちの車が列をなして渋滞。
(ちなみに上の画像は開店の1ヶ月前くらいに撮った物で車が無い)
ていうか駐車場が狭い、郊外型店舗作った事ないのか?
店内
P1010735.jpg

P1010738.jpg
ドンキホーテってごちゃごちゃして見通せない商品展示が売りだったと思うが、店舗面積があるだけあってあんまりごちゃっとしてない。
ゆっくり買い物出来て丁度良いぐらい。
色々見て回ったが、目玉商品の価格は流石に手が出る程安かったので日用雑貨と食料品を中心に結構買って帰った。
通常商品の価格は沖縄の他の安売り店のビッグワンとかイオン系列のBigと差は無し。
種類が多いのでわざわざ見に来る価値がある感じか。
宜野湾は大型店舗が増えて最近俄然面白いエリアになってきた。


もう1ヶ月前くらいの話だけどフライパン購入。
P1010550_20121111133948.jpg
左の2つはついでに100均で買った105円フライパン、右が980円で買った24cmフライパン。
値段だけ見ると何の変哲も無い安売りフライパンだが、実は全体が18-10ステンレス製で底がアルミを挟んだ18-0ステンレスの高圧圧接の3重底。
P1010553.jpg
安売りフライパンは大抵はアルミ製でIH対応品は18-0ステンレスの貼り底。
新しく買ったフライパンはフジマルのアゲイズシリーズと同じ構造でコストが掛かってる。
アゲイズシリーズは全体もニッケル無しのステンレスだから素材だけ見ると、このフライパンの方が上。
作りから言えば980円は安過ぎる。
問題は素性だがSolingen Artというメーカーの物を沖縄の輸入会社が輸入した物という所までしか判らなかった。
Solingen Artはネット検索を掛けるとヨーロッパで販売してるのが分かるがメーカーHPは無いよう。
製造国も不明だが値段から見てMade in Chinaで間違いないだろう。
ともかくすごくお買い得だったので、まだフジマルのアゲイズがピンピンしてるけど買ってしまった。
ついでに20cmフライパン(880円)も追加で買ってしまった(笑)。
P1010743.jpg
左はアゲイズ、右2つが新規購入。
アゲイズのフッ素樹脂コートが剥がれて寿命になったら交換するとしよう。

ちなみにTOPVALUEセレクトのフライパンはフッ素樹脂コートが剥がれて数ヶ月前にお役御免になった。
それでアゲイズを復活させたのだが、使い比べてみるとアゲイズの方が火力が強い。
その分IHヒーターの火力設定を下げられる。
なんでこの差が出るのかと色々考えてみたが、全体がアルミで出来てるかステンレスで出来てるかの差だと思う。
アルミは非常に熱伝導率が高いせいでフライパンのツバの部分まで熱が回ってしまい、そこから放熱しているのだと思う。
結果火力が低く感じてIHの火力設定を上げる→フライパンのフッ素樹脂コートが痛むというサイクルだったのではないだろうか。
IHヒーターにベストの調理器具はステンレス製で底にアルミを挟んだ物だと思う。

話が長くなったが最初に出てきた100均のフライパン、どちらも炒め物には使えず。
シリコン樹脂加工が油を弾くくせに具材は貼り付く(笑)。
IHヒーターだと焼き剥がしが出来ないから加工無しよりも質が悪い。
なので卵焼き用は一回使ってごみ箱行き、丸い方が親子鍋に転用したらちょうど良かったので、その時用に取って置く事にした。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR