自転車整備

自転車のフレームがBeOneになってから生じた問題、
P1020175.jpg
ペダルを外す時に六角レンチがダウンチューブと擦れる。
最近のフレームはカーボン製でチューブが極太になってるから良くある問題ではなかろうか。
とりあえずの対処はダウンチューブと交差しない角度で回す事だけど、そうすると可也ペダルが外しづらい。
ショートネックの六角レンチを買わなければと思っていたが、結局ネット通販時に価格合わせを兼ねてパークツール CCW-5を購入した。
P1020173.jpg
8mmヘックスと14mmソケットのペダル周り専用設計。
ちょっと判りづらい画像だが、ダウンチューブにも擦らない。
P1020178_20121229092434.jpg
これでペダルを外して清掃とグリスアップが出来た。
片方のペダルのベアリングのグリスが少し濁っていたので、いいタイミングだった。
ここもリチウムグリスに替えたがクルクルと良く回る。
リチウムグリスはデュラグリスと比較して潤滑性で勝り、耐水性とゴムや樹脂への攻撃性で劣るので、定期的にメンテナンスをする前提で適所に使うならデュラグリスよりも良い。

AZの自転車用チェーンルブ・ディグリーザーセット自転車用 チェーンルブ ロードレース用 110ml
P1020101.jpg
525円以上送料無料だったので買ってみた。
お試しセットは300円だけど結構使いでがある量でお得感が高い。

まずはディグリーザー
P1020191.jpg
チェーンを外してトレイに載せて振りかける。
P1020194.jpg
注意書きに防護手袋をして作業しろと書いてあったが、かなりアルカリ性が強いみたいで触るとヌルヌルする。
直接触らないように注意。
10分ぐらいしてから水洗いして洗浄終了。
P1020197_20121229092534.jpg
油落ちは良好、安いし頻繁にチェーンを洗う人にはお勧め出来る。
でもアルカリ性が強そうだからチェーン以外の部分に付着したら早目に拭きとった方がいいだろう。
そうすると製品のスプレー型容器は使いづらいかもしれない。

ロードレース用ルブ
P1020192.jpg
この瓶どうやって中の油を出すんだ?
付属のシリンジも瓶の口に引っかかって中の油まで届かない。
面倒くさくなったから中の蓋も外して全部トレイにぶち撒けてチェーンに染み込ませた。
その後チェーンに付いた無駄な油を拭き取って自転車に装着して注油完了。
走行してみると、チェーン鳴りが無く潤滑してるのが良く判る走行感。
今までテフロンプラスドライだったから特に差が大きいのだろうけど、値段も込みで良いチェーンオイルだと思う。
後はどの位の距離持つか。
そして他の3種類のルブも順次試してみないと。
なかなか遊べるセットだ。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR