ベロシティ ベロプラグ

Velocity Veloplug Red
P1020309.jpg
6g/40個

Velocity Veloplug Yellow
P1020310.jpg
8g/40個

ホイールのリムテープの代わりに使用する物。
WH-7850-C24-CLの初期出荷分にのみ付いていたのを記憶されている方も居るかと思う。
これを使うとパンクが頻発するという事でシマノはリコールを出して回収、リムテープと交換を行った。
でもその後もこの製品は売られ続けてるし、使うとパンクするという評判は聞かない。
という事で試しに使ってみる事にした。
WH-7850-C24-CLのリムテープを剥がして、念の為リム面を清掃。
元々このプラグを使う前提の製品だったから繋ぎ目もキレイで本質的な問題は無さそう。
P1020316.jpg

装着した所
P1020318.jpg
WH-7850-C24-CLのリムホールは8.5mm径で黄色が適合した。
ただし物凄く硬くて入れるのに難儀した。
もしかして赤か?と思ったが、赤はスカスカで絶対に違う。
あと嵌めた後でも縁が浮いてて、大丈夫かと不安になった。
でもきっと、空気圧で押し付けられて密着するのだろう。
これでリムテープ2本42gからベロプラグ36個7gで35gの軽量化。
重量的にはカセットスプロケットをCS-7900(185g)からCS-6700(226g)に変更したのが帳消しになる位だが、ホイール外周部の軽量化にはそれ以上の意味がある。

早速走ってみようと、タイヤとチューブを嵌めて空気を入れたら、前輪がパンクした(^^;
チューブのパンク箇所を調べるとリム側……、でも傷の付き方がベロプラグのせいでは無さそうな感じ。
とりあえず別のチューブを入れて空気を入れたら、こっちは大丈夫。
パンクしやすいかどうかはもう少し様子を見てから結論を出そう。

で、早速少し走ってみた。
P1020329.jpg
軽くなったと感じた。
なんというかどの場面でも少しづつ楽な感じだ。
スプロケットの交換で41g重くなった時はまったく体感に差が無かったが、ホイール外周部は体感出来る。
あとクッション性が上がって乗り心地が良くなった。
多分リムテープが無い分チューブが膨らんでエアボリュームが増えてるのだろう。
パンクが頻発する訳では無いと結論が出れば良いアイテムだ。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。
カンパニョーロのニュートロンにベロプラグを装着するつもりでおります。
シマノが同様のパーツをリコールしていたことを知り、パンクの発生が少し心配です。

その後のベロプラグの使用感はかがなものでしょうか。
お手数おかけいたしますが、パンクの発生状況など教えていただけると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

Re: No title

初めまして。
その後のベロプラグの使用感は特に問題はありません。
不審なパンクは記事に書いた前輪のパンク一回だけです。
現在もベロプラグ+超軽量チューブ(53g)+25Cタイヤの組み合わせで使っております。
考えるにベロプラグを使うとリムテープが無い分チューブがより膨らみます。
それが理由で古いチューブを使ってるとパンクしやすくなるのではないか?と思います。
今現在前後とも割と新しいチューブを入れてるおかげか、パンク発生率はベロプラグを使う以前と変わり無く、何不自由なく走っております。
ご参考になれば幸いです。

No title

お返事ありがとうございます!!
とても参考になりました。
購入して使ってみることにします!!


Re: No title

お役に立てれば光栄です。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR