北海道ツーリング2010夏 その25

7月19日(月)
朝飯。
P1110933.jpg
YHの飯で今まで当たりはなかったけどここは初当たり。
魚が美味い。
9:00出発、宿の人から今日は雨だよ気をつけてと言われる。
まだ道路が乾いてるうちにと積丹岬を跳ばして余市に急いだが残念すぐに降り出した。
だがもうそのまま進む、夏になり雨も冷たくなくなった。

12:40余市のニッカウイスキー工場到着。
P1110958.jpg

レストランでワインラムしゃぶしゃぶ(1200円)。
P1110960.jpg
P1110961.jpg
ワインの酸味と香りがラム肉と合っていて有り。
そしてウイスキーの試飲。
P1110965.jpg
シングルカスク10年は、スモーキーだがまだ荒い。
竹鶴17年は、香りは良いが味が腑抜けてる。
有料試飲コーナーに移って竹鶴21年(300円)。
P1110972.jpg
ワールド・ウイスキー・アカデミーのコンクールで2007年と2009年に受賞、欠点の無い洗練された素直に美味いと言える味。
一瓶10500円がこの値段で飲めるのは嬉しい。
次はシングルモルト、余市1989年(700円)。
P1110973.jpg
原酒で55%ある、度数が高いのに飲み口が良く、辛口で骨太。
久しぶりにたくさん飲んだので酔った。

ポットスチル
P1110978.jpg

工場見学後、柿崎商店に並ぶ。
安いのが売りの店でこの日も平日なのに50人ぐらい並んでる。
かに丼(1050円)、いか刺し(250円)、つぶ刺し(330円)。
P1110984.jpg
かにの身はこんなに厚く敷き詰められている。
P1110988.jpg
そりゃあ並ぶわ。

15:10雨が止んだので小樽に進む事にする。
16:50到着、なるとで若鶏定食(1100円)。
P1110997.jpg
若鶏の半身揚げがここの名物、皮はパリっとして身は柔らかく絶妙な揚げ具合だ。
小樽運河から北一硝子へと歩き、六花亭を発見。
シュークリーム(70円)、雪こんチーズ(150円)。
P1120013.jpg
雪こんチーズは注文を受けてからビスケットにチーズを挟むので、外はさくさくでチーズはしっとり柔らか。
六花亭を出ると、横に北菓楼、その向こうにLeTaoを発見、
P1120016.jpg
そうか小樽もスイーツが盛んなのか。
しかし18:00を過ぎていて既にイートインコーナーは閉まっていた。
また出直すか。
もう一店まだやっていたルタオチーズケーキラボでケーキ2個(703円)。
P1120024.jpg
チーズの味が濃い。
もう日が暮れるので輪行しようと小樽駅に向かった。
P1120035.jpg
一日の終わりになってやっと晴れ間が見えた。
7月に入ってからは天気に恵まれなかった。
こんな年もある。
これでもう、自転車で回るのはお仕舞い。
19:28の電車で実家に帰宅(810円)。
今日の走行距離:81.16km

コメントの投稿

非公開コメント

なつかしい

このへんは、自分でも行ったので懐かしいです。
なるとの鳥は美味かった。
北海道旅行してたときは、食べたいものが多くて、
晩ご飯は2回食べてたのを思い出した。
夕ごはんと晩ご飯、みたいな。

六花亭のイートインいいなぁ。
牛乳が新鮮だと、生クリームもバターも美味いからそりゃスイーツ系は美味いよなぁ。
そしてウイスキー。余市ってここなんだ。
車だと試飲できないから調べてなかったんだけど、今度行くときは電車で行って寄ってみよう。

そして、いよいよ、次回でこの長い旅も終了でしょうか。

Re: なつかしい

なるとは美味いですね。
TVで見てずっと行きたかったのですが今回やっと適いました。
今回の旅行は実は食べたい物巡りの旅と言ってよかったのですが、その中での改めての発見は北海道はスイーツが美味いという事でした(^^)。
六花亭は北海道にはあっちこっちにありますがイートインでケーキが食べられる店は限られてますのでお気を付け下さい。
そしてお勧めなので北海道に行った時は行ってみてください。
ニッカ工場は有料試飲場でへべれけになる程飲みたくなりますから、車は絶対やめた方がいいですw
電車使えば小樽からでも札幌からでも近いですよ。

> そして、いよいよ、次回でこの長い旅も終了でしょうか。

どうしよっかな~w
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR