ASUS R9290-4GD5 その3

その2
ASUS GPU Tweakの設定:
ASUS GPU Tweak
クロックを1000MHzにオーバークロック。
電圧を1213mVに下げ(デフォは1250mV)。
電圧はアイドル時にこけるのでここが下限。
電圧下げは発熱に対してかなり有効で、-37mVでも温度上昇がはっきりと緩やかになる。
オーバークロックしてるのは動画でちょっと厳しい物があった為。
1000MHzは290Xのデフォルトクロックで、問題の無い範囲でのオーバークロック。

AMD Catalystの設定:
AMD Catalyst
最大ファン速度を47%→100%に。
デフォルトの47%では冷やしきれない事がはっきりしている。
そして目標GPU温度を超えるとクロックが下がる。
それでは困るのでファンを最大まで回るようにした。
目標GPU温度95度はメーカーが大丈夫って言ってるんだから、信じてそのままに。

SpeedFanの設定:
SpeedFan.png
ケースファンをGPU温度に応じて回転するように設定。
排気を吸気に変更。
排気はVGAカードファンと電源ファン。
窒息状態にならないように。

工作:
P1070396.jpg
ダンボールと100均で買ったアルミテープとマジックテープで作成。

装着
P1070404.jpg

真後ろから
P1070399.jpg
VGAカードの排気を吸い込まない為のカバー。
これも効果大。
熱い空気を吸い込まなくなるので当たり前だ。
これでエアフローの見直しは完了。
現在の気温なら、高負荷の動画を再生してる状態で、GPUファン40%で安定する。

そして静音対策の最終手段、部屋の外に出した。
P1070389.jpg

扉の部分アップ、
P1070391.jpg
扉の下をHDMIケーブルと同軸デジタルケーブルとUSBケーブルを通してる。
扉の下に1cmの隙間があったので問題無く通った。
USBケーブルが通ってれば操作も電源のオン・オフも出来る。
楽な時代になった物だ。
ちなみに普通の人は2本通せば足りる。
これで扉を閉めれば動作音に悩まされない静音空間の出来上がり。
オリファンのVGAカードに買いなおさなくても良さそうだ。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR