島牧ツーリング その3

島牧YHの朝飯
P7129654.jpg
このYHは人に勧められる宿だ。
宿を出る時に、次は秋に来て下さいと言われた。
ブナの森は秋になれば黄色く色づいて、さぞキレイな事だろう。
何時かそうしたい物だ。

今日は札幌に帰る日なので、2日前に来た道を逆に進む。
この3日間は天気に恵まれて暑かった。
実に夏っぽい日々だった。

朱太川
P7129666.jpg

寿都で、ゆべつの湯(入浴料500円)に立ち寄る。
硫黄泉と強塩泉に2泉の源泉がある。
どちらもかけ流しの浴槽あり。
硫黄泉が気に入った。
あちこちで温泉に入ったが、温泉も料理と同じで香りは重要なポイント。
硫黄臭は温泉気分に大きく貢献する。
この地方は良泉ばかりだ。

かき飯(500円)で軽く腹ごしらえ。
P7129676 (2)

岩内に向けて走る。
P7129682.jpg

北海道昆布サイダー(216円)
P7129694 (2)
昆布のとろみと旨みを少し感じるが、割と普通のサイダー。

13:30岩内到着、昼飯を食べた後、余市まで走る事にした。
天気も良いし、気分的にもまだ走れる。
今日は峠があって交通量が多い、岩内⇔余市間が嫌では無い。

16:15余市のニッカウイスキー工場に到着。
マッサン後なだけあって、観光客が沢山居た。
P7129707.jpg

ブラックニッカディープブレンド(200円)
P7129708.jpg
安酒にしては味も香りも立ってて頑張ってる。
安くても飲み応えのあるウイスキーが欲しい人に合ってると思う。

シングルモルト余市2000's(400円)
P7129710.jpg
2000~2009年度の原酒を混ぜてるそうだ。
500mlで6500円の酒が、この値段で飲めるなら安い。
まだ若いけどパンチがあり、ディープブレンドとは格の違いを感じる。
ウイスキーとしての完成度では、ブレンデッドの竹鶴に負けてるので、単一蒸留所の味を楽しみたいマニア向け。

シングルモルト余市1980's(1500円)
P7129712.jpg
1980~1989年度の原酒を混ぜた物。
500mlで38400円だそうだ。
ヘビーで濃くて良質のウイスキー。
これもマニア向け。
でも久しぶりに美味い酒が飲めた。

そして余市駅から輪行で帰った。
これで今回の旅はお終い。

この日の走行距離:117.14km
この日の経費:6401円
3日間の総走行距離:182km
3日間の総経費:26183円

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR