HTPCの高音質設定 その3

現在この記事が最新です。

映像の設定と音声の設定で記事を分けています。
最新の設定はHTPC (画質音質)ジャンルから確認して下さい。

以下の設定はOSがWindows7/Vistaで音声デジタル出力という前提で書かれています。
WindowsXPの場合WASAPI排他モードが無いので設定が変わります。
旧記事の「HTPCの高音質設定 その2」を参考にして下さい。

ボリューム設定:
・ボリュームはMAX
ボリューム調整は接続されている外部デバイス(AVアンプ等)の方だけで行うので基本的にMAX。
OSもプレイヤーも忘れずにしておこう。


ReClockの設定:
以下、Configure ReClockで設定。
・「PCM」→「WASAPI Exclusive」
・「Bitstream」→「WASAPI Exclusive」
・「Sound pre-buffer」→動画再生専用なら100ms程度まで下げてもOK
・「PCM Output」→Quality:「Best Sinc Interpolation」
以下、動作時にトレイアイコンをクリックして設定。
・「Clocks correction」→「Slave reference clock to audio」にチェック
・「Media adaptation」→「Speed」を「Original Speed」
・「Media adaptation」→「Locked」にチェック
・動画再生時に「Renderers infos」に「Audio:WASAPI exd.(bit exact)」と表示されるのを確認
ReClockは例えば、29.97fpsの動画を30.0fpsに変更して音声もそれに合わせてサンプリング周波数変更(48000Hz→48048Hz)して、画面のリフレッシュレートとの食い違いによる動画のカクツキを無くす事を狙った物。
しかし現在では様々なメディアプレイヤーと接続出来て、WASAPI排他モードが使えるのでPCオーディオ発祥で高音質化フィルターとして使用されるようにもなった。
上記の設定はReClockをWASAPI排他モードで接続するだけでfpsの変更も音声データの変更もしないようにする。
色々やってみたが音声のリサンプルはしないに越した事は無く、そのままDACに送るのがベストという結論に至った。
Sound pre-bufferの数値は大きい程ノイズが出ずらいがシーク時の無音期間が長くなる。
動画再生専用機なら小さくしてもバッファがカラになる事はないので小さめの値で良い。


ffdshowの設定:
・「プロセッシング」→「16ビット整数」「32ビット浮動小数点」にチェック
・「プロセッシング」→「ディザリング」にチェック
・「プロセッシング」→「ノイズシェービング」は「なし」
・「出力」→「サポートされた出力サンプル形式」をWASAPI排他モードが受け付ける形式にチェック(わからない時は「16ビット整数」)
WASAPI排他モード使用前提だとffdshowで設定する事はあまり無い。
WASAPI排他モードでサンプリング周波数32kHz等を受け付けてくれない時等にリサンプルの設定を追加するぐらいだ。
リサンプルの設定は「HTPCの高音質設定 その2」のffdshowの設定の項目を参考。


ffdshowで7.1(5.1)ch→2chの設定:
この設定は2chのシステムのみで行う。
・「ミキサー」にチェック
・「ミキサー」→「出力スピーカー」を「2/0/0 - stereo」
・「ミキサー」の「LFE」、「カスタムマトリックス」、「マトリックスをノーマライズ」、「ステレオをセンターに拡張する」、「ステレオをサラウンドに拡張する」のチェックを外す
・「ミキサー」→「ボイス」と「LFE」を71~100%
・「ミキサー」→「サラウンド」を100%
「ボイス」と「LFE」が100%のままだと一般的なスピーカーの設定ではセンターやLFEの音が大きくなり過ぎると思う。
LRのスピーカーとリスナーの成す角度が開く程100%に近く、狭まる程71%に近く調整するといい。


メディアプレイヤーに共通する設定:
・ReClockの接続を許可する
ReClockの接続設定はConfigure ReClockのAdvanced settingタブで再設定出来るので心配する事は無い。


MPC-HCの設定:
・「再生」→「出力」→オーディオレンダラを「ReClock Audio Renderer」
MPC-HCはオーディオレンダラを明示的に指定できるのでReClockに接続を聞かれたらNever loadにして上のように指定した方が良い。
また、「再生」→「出力」→オーディオレンダラを「MPC Audio Renderer」も試してみよう。
これもWASAPI排他モードで動作するのでReClockが不用になるはずだが現在ではプチノイズが乗るので私の環境では常用出来る状態ではなかった。
将来に期待。


CDや音声ファイルを高音質で聞きたい場合:
今の所uLilith等の音声再生専用プレイヤーと関連付けてWASAPI排他モードを利用するのが一番良い。
ReClockを利用しない理由はuLilithの最新版の方がWASAPI排他モードの対応が進んでいるからだ。(他の音声再生専用プレイヤーでも同様の可能性がある)
それにWASAPI排他モードの利用により、リサンプルの設定に凝る必要も無くなりffdshowの利用に拘る必要も無くなった。
音声と動画でプレイヤーを分けた方が使い易い。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR