自転車用ヘルメットを破壊してみた

ロシア人が日本製と中国製のバイクヘルメットを金槌で殴る動画を見たので、真似して自転車用ヘルメットを破壊してみる事にした。
PA011160.jpg

エントリー1、OGKモストロ、多分9~10年使った。
新しいヘルメットを買った時に捨てるつもりだったが、軽くて小さいので、ツーリング時用ヘルメットとして使い続けていた。
後ろの方が崩れていて、リヤバックルもこの前壊れたので流石に破棄処分。
PA011151.jpg

エントリー2、aliexpressで買った中華ヘルメット、3年近く使った。
使用数か月で、リヤバックルの調整ダイヤルが無くなった。
PA011158.jpg
上部のシェルが内側と剥がれだしてる。
PA011156 (2)
品質的にはモストロと比べるまでも無い。
3000円ぐらいで買った物だから損したとは感じないが。

早速金槌で一発殴ってみた。
PA011164.jpg
モストロはあっけなく陥没。
三発目でこう。
PA011165.jpg

中華製ヘルメット一発目。
PA011167.jpg
砕けなかった。
三発目で急に破壊された。
PA011169.jpg

破片を比べてみる。
PA011166.jpg PA011170.jpg
モストロの方が発泡スチロールが薄いのが判ると思う。
モストロの実測重量は190gで、中華製ヘルメットが245g。
重量なりに厚みに差があり、殴った感じの強固さも厚み分の差と比例してると感じた。
ただし発泡スチロールは紫外線で劣化するし、汗の塩分でも劣化するので、モストロの発泡スチロールの方が劣化して、より脆くなっていた可能性はある。

自分の出した結論は、ヘルメットは安いのを3年毎に買い替えるのがベスト。
高いのを買って使い続けるよりも、多分その方が安全だ。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR