バードウォッチングデビュー

双眼鏡を買ったので使いたい、そうだ円山動物園に行こう。
動物園の動物を見る為に使う人は結構居る。

…、

行ったら休館日でしたorz
年に3日しかない休館日が今日からorz
という訳で現場判断で急遽バードウォッチングに変更。
PC291715.jpg

持ってきたのは、モナーク7 8x42
PC291717.jpg
重量650g程度あるが、付属のストラップが良くて、首から掛けても重く感じない。
歩く邪魔になるかと思ってたが、首に掛けっぱなしで気にならない。
ラバーコートは滑らず持ちやすい。
防水なので降りかかる雪に神経質にならなくていい。

さて野鳥を見てみるか、…声は聞こえど姿が見えず、素人過ぎて鳥が見つけられませんorz
とりあえずカラスを見てみたら、羽根の一枚々々や顔の冬毛の一本々々まで見えてビビった。
すげえな、こんなに良く見えるんだ。
双眼鏡の方が裸眼よりも集光率が高いので明るく見えるのだが、そのお陰で対象物にスポットライトを当てて見てるような、はっきりくっきりした見え方になる。
それこそテレビで鳥のアップの映像を見る、あれそのままだ。
解像度はテレビよりもこの双眼鏡の方が高い。

鳥を求めて円山の山頂に向かうと、動物園の横辺りで、シジュウカラがあちこちを飛び回るようになった。
円山の鳥は人馴れしてるっぽく、かなり近くまで来てくれる。
それを双眼鏡で見てみるとこれが楽しい。
多分これはやってみないと何が楽しいのか判らないと思うが、やってみると思いの外楽しい。

アカハラ
PC291742 (2)
デジカメで撮った物だが、双眼鏡で見た感じもこのぐらいの大きさと明るさで見える。

エゾリス発見。
PC291727.jpg

餌付けされてるので、凄く近くまで来る。
PC291734 (2)

冬毛でもこもこしてるので、めっさ可愛い。
PC291740 (3)

円山山頂に登頂
PC291758.jpg
上の方に来たら鳥はいなくなった。
風が強くて寒いから麓の方に移動してるのだろう。
せっかくなので望遠鏡を覗いてみたら百年記念塔が普通に見えた。

さて帰ろう。
下山しながら思ったが、雪の斜面はアイゼンかストックが無いと、まともに下れない。
次は軽アイゼン買うかな。

Cafe Blueでチュコバナナパンケーキのドリンクセット(1188円)
PC291773.jpg
まだ口の中が万全では無いので、柔らかい物が食べやすい。
これは丁度良かった。

帰ってから双眼鏡のストラップに接眼レンズカバーを通した。
PC291781.jpg
首からぶら下げてると接眼レンズが上を向いてるので、雪が乗ってしまう。
それを吹き払うと、レンズが曇る。
曇りが晴れるのに時間が掛かる。
とりあえずカバーで雪が乗らないようにしてみよう。
小さなレンズ拭きを携帯した方が良いのかもしれないが、一つ一つ試していこう。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR