madVR 0.90.8 のimage upscalingテスト

前回の続きで、まずはimage upscalingのテスト。
設定は、ARを有効に出来る物は有効、doublingは無し。
(以下は画像を別タブで開いて切り替えて見ると違いが判り易いです)
Bicubic75
bc75-bc75 hqv

Bicubic100
bc100-bc100 hqv

Bicubic150
bc150-bc150 hqv

Lanczos3
lz3-lz3 hqv

Lanczos4
lz4-lz4 hqv

Spline3
sp3-sp3 hqv

Spline4
sp4-sp4 hqv

Jinc
jinc-jinc hqv


次はimage doublingのテスト。
image upscalingはLanczos3+ARに統一、chroma upscalingは断りの無い限りdoublingと同じ手法、ARを有効に出来る物は有効。
super-xbr50
lz3-s_xbr50all hqvlz3-s_xbr50all velz3-s_xbr50all hqv

super-xbr75
lz3-s_xbr75all hqvlz3-s_xbr75all velz3-s_xbr75all hqv

super-xbr100
lz3-s_xbr100all hqvlz3-s_xbr100all velz3-s_xbr100all hqv

super-xbr150
lz3-s_xbr150all hqvlz3-s_xbr150all velz3-s_xbr150all hqv

NEDI(chroma upscalingはNNEDI3 64)
lz3-NNEDI3_n64-NEDI hqvlz3-NNEDI3_n64-NEDI velz3-NNEDI3_n64-NEDI hqv

NNEDI3 64
lz3-NNEDI3_n64all hqvlz3-NNEDI3_n64all velz3-NNEDI3_n64all hqv
super-xbrは、doublingでは75が良さそうだ。
image doublingにsuper-xbr75、chroma upscalingにsuper-xbr50~25という組み合わせはいける気がする。
NNEDI3が負荷的に使えない環境では、試してみる価値があるだろう。


最後はupscaling refinementのテスト。
image upscalingはLanczos3+AR、chroma upscalingとimage doublingにNNEDI3 64に統一。
チェック無し
none.pngnone_20160213223939281.pngnone_20160213224338040.png

sharpen edges 1.0
sharpen edges10sharpen edges10sharpen edges10

sharpen edges 4.0
sharpen edges40sharpen edges40sharpen edges40

crispen edges 1.0
crispen edges10crispen edges10crispen edges10

crispen edges 4.0
crispen edges40crispen edges40crispen edges40

thin edges 1.0
thin edges10thin edges10thin edges10

thin edges 4.0
thin edges40thin edges40thin edges40

enhance detail 1.0
enhance detail10enhance detail10enhance detail10

enhance detail 4.0
enhance detail40enhance detail40enhance detail40

LumaSharpen 1.0
LumaSharpen10.pngLumaSharpen10_20160213223855cce.pngLumaSharpen10_20160213224252c0a.png

LumaSharpen 3.0
LumaSharpen30.pngLumaSharpen30_20160213223856cd8.pngLumaSharpen30_20160213224254453.png

AdaptiveSharpen 1.0
AdaptiveSharpen10.pngAdaptiveSharpen10_20160213223859916.pngAdaptiveSharpen10_20160213224257442.png

AdaptiveSharpen 1.5
AdaptiveSharpen15.pngAdaptiveSharpen15_20160213223857e04.pngAdaptiveSharpen15_201602132242559f8.png

SuperRes 1
SuperRes1.pngSuperRes1_20160213223936b85.pngSuperRes1_20160213224335d9c.png

SuperRes 4
SuperRes4.pngSuperRes4_20160213223938cf9.pngSuperRes4_20160213224336564.png
テスト映像での感触は、
sharpen edgesは数値を上げても問題は出ずらい。
crispen edgesとthin edgesは絵の変形が激しく、数値を控え目に設定した方が良い。
enhance detailは数値を上げると人の肌があばた状になるので、その辺を基準に調整すると上手くいくだろう。
LumaSharpenは負荷が低く、設定も0.01単位で調整しやすい。
ただしリンギングが出やすい。
AdaptiveSharpenは鮮鋭度が高くなりやすく、NNEDI3と相性が良い。
0.1単位で調整出来るのも利点。
SuperResは1でも効きすぎるのが欠点。
という感じ。

upscaling refinementを自分で使うなら、DVDを見る時だけ使うので、アップスケーリングにNNEDI3で、AdaptiveSharpen 0.2で軽くエッジを立てるという使い方。
高画質な映像を見る時はupscaling refinementは使わない。
なのでこの項目については実はあんまり突き詰めてテストする気がない。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR