madVR 0.90.13 のartifact removalのテスト

前回artifact removalに注目した記事を書いたが、設定を変えて色々テストしてみた。
前回に引き続き、以後はartifact removalの事をdebandと書く。
以下debandの2つのチェックの組み合わせを変えた物。
ditheringは断りの無い物はnone。

deband無しの元画像
#none #none

low/low
deband01_l_l.png deband01_l_l_20160306111410679.png

low/medium
deband02_l_m.png deband02_l_m_201603061114125f7.png

low/high
deband03_l_h.png deband03_l_h_20160306111413559.png

medium/medium
deband04_m_m.png deband04_m_m_20160306111415937.png

medium/high
deband05_m_h.png deband05_m_h_20160306111531c15.png

high/high
deband06_h_h.png deband06_h_h_20160306111532cbe.png

medium/high dithering:ordered
deband07_m_h_orderd.png deband07_m_h_orderd_2016030611153363f.png

medium/high dithering:error diffusion2
deband08_m_h_error_diffusion2.png deband08_m_h_error_diffusion2_20160306111535b38.png

テスト映像はポーズ状態でスクリーンショットを撮ったのだが、フェードイン/アウト中のチェックの位置で、画像に差が出る。
この映像はポーズしてなくても、フェードイン/アウトしない。
フェードイン/アウト中のチェックの位置は、処理の強さの微調整に使える感じだ。
実際の強さは画像の並びの順になってる。
バンディングを強調した右の画像に注目すると、debandは偽色が消えずらいのが判る。
high/highでやっと消える。
ditheringを使えば、どのディザ手法でも偽色は消えるが、ノイズはdebandよりも増える。
因みにdebandとditheringの両方にチェックを入れるのは、ノイズが無駄に増えるのでお勧めしない。
どちらかだけで十分だろう。
debandによるバンディングの消え具合をチェックしてみたが、mediumで効果を感じられる程消える、highでまったく気にならない程消えるという感じだった。
しかしhighにすると、実写だと質感に変化を感じる程、絵が変わる。
二週間debandをditheringの代わりに使ってみたが、mediumでも若干この傾向がある事が感じられたので、中々悩ましい物だと感じた。

まとめると、
・アニメでは、debandをmedium~highにして、ditheringはnone。
・実写では、deband無しで、ditheringを使うのがスタンダード。
 興味があるならdebandをmediumで、ditheringをnoneで試してみるのが良い
という前回とあまり変わらない結論だ。
今回のテストでは、deband lowは効き目が弱過ぎて意味が無い、deband highは効き目が強過ぎてアニメ以外には使いずらいという事が判った。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR