LG OLED55B6P

グラボをHDMI2.0対応の物にしたので、テレビの交換もした。
新しく買ったテレビは、LG OLED55B6P(39万円でポイント10%付き)。
P9024778 (2) 
↓は比較用に取り換え前の状態(更に前の状態はこちら
P8284772.jpg
ついに画面サイズ55インチになった。
42インチテレビを2年9か月使ってきたが、半年前ぐらいから画面をもっと大きくしたい欲求が出た。
32インチテレビは使って1週間で画面サイズが物足りなくなったが、42インチは2年ちょい持ってくれた。
だがまだ欲求を完全に満たす大きさではなかったという訳だ。
それで新しくテレビを購入するとして、まずは画面サイズをどこまでアップするか検討した。
そして机の幅一杯の55インチがいいだろうと判断した。
中途半端はダメだ。
限界までやっちゃった方がいい。
あとは店頭に何度か足を運んで実物を物色、VAはどうしても色変位が判るから選択外、IPSも大画面では動きボケが気になる、となれば有機ELしかない。
実物を見てそう思った。
明らかにコントラストが高く、鮮やかで、動きボケも少ない(後で海外レビューを見るとフレーム補完無しの状態では他方式と比較して圧倒的に動きボケが少なかった)。
あちこちで欠点に挙げられてる、映像エンジンの弱さは、私にとっては問題にならない。
PCモニターとしての使用しか考えておらず、動画はmadVRで映像調整して、再生するからだ。
基本性能が液晶とは段違いだから高価なのには目を瞑る。
これに決定。

届いて早速机に乗せて、HDMIケーブルを繋いで、電源を入れてみた。
テレビの初期設定が終わった後にPC画面が表示された。
トラブル無しかと思ったが、解像度をチェックしてみると4096×2160。
3640×2160に変更すると画面の両端に黒い帯が出る。
これは結局この日は治らなかった。
次の日、PCをスリープ復帰して、テレビの電源を入れた所、1分ぐらいで画面がブラックアウト。
PCを再起動すると最初は移ってたが、また1分くらいでブラックアウト。
何が問題なのか判らないのでテレビの設定を変更したり、PCの解像度を変更したりしてると、3640×2160が画面いっぱいに表示されるようになってるのに気づいた。
つまり前日は出来なかったドットバイドットが出来るようになってた。
そしてこれに合わせてブラックアウトもしなくなり、以後安定した。
何が起きてたのか判らないが、日本のテレビ程安定してないという印象を受けた。
これからこのテレビを購入したいと考えてる人の為に記述を残しておく。

その後一週間使ってみた感想としては、画質は店頭でのイメージと変わらず良い。
但し元の映像の質がそのまま出るので、映像の画質が悪い物は粗が目立ち、良いと息をのむ程の映像が見れる。
液晶に比べて劣ってる点もあり、例えば輝度性能では液晶に負けてる。
明るさのコントロールをしていて、全白の画面を出すと画面全体の明るさが落ちる。
また画面に動きが無い状態でしばらく経つと、勝手に画面が暗くなる。
この制御が切れれば、液晶に負けてるという事はないが、rtingのレビューを見てもこの制御を切る事は出来ないようなので、負けてるという事になる。
これは有機ELの最大の弱点の焼き付きを防止する為の物で、有機ELは明るい色を表示する程焼き付きが進行して、それが短い時間であれば、しばらく残像になるが回復はする。
が、長時間になると回復不能になる。
なので念入りに焼き付きを回避する為の制御が入ってるという訳。

他の画質上の欠点としては、画面との角度が付くと、色合いが青み掛かるというのがある。
近接視聴だと、全白時に画面の真ん中が黄み掛かり、回りが青み掛かって見える。
もっと離れて見てれば気にならないが、視野角上の欠点ではある。
この点ではIPSに劣る。

しかしまあ上記のような欠点があっても、総合画質では液晶に圧勝している。
焼き付きが問題だとしても、テレビとして使うなら、お金を出せる人は買ってよい機種。
有機ELのパネル寿命は1.5~3万時間あり、焼き付きは普通のテレビ映像なら問題になる事はないはずだ。
それに高画質を求める人の買い替えサイクルは早いから、どうせ焼き付く前に買い替える。
HTPC用途としても、PCモニターとしての使用率が低ければ同様に問題ない。
表示設定を弄る事でPC画面による焼き付きを防止する事も可能だ。
しかしPCモニターとしても長時間使いたいとなると、今の所焼き付きが怖いし、近接視聴での色変位も気になるし、画面に変化が無いと勝手に暗くなるし、ウインドウの最大化で明るさが変化するしで、あまりお勧めできない。
PCモニターとしては、IPS液晶の方がコストも安いし、使いやすい。
要は用途をよく考えて選ぶべきという事だ。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR