新年恒例の買い物ネタ(ガジェット編)

PB056811.jpg 
今まで小物は、100均で買ったプラスチックケースで、分けて入れてた。
画像の上の方に写ってるのがそう。
これを何個も重ねて置いてると当然使い勝手が悪い。
以前から引き出し式にしたいと考えてて、A4レターケースを物色してた。
で、ラックの横幅的に二つ入るのがこれだけだったので、Amazonのアウトレットで出物を待って購入。
使い勝手は劇的に改善。
引き出しはスムースで使いやすいし、収納量も上がった。
もっと早く導入すれば良かった。

ZTE Blade V6 (1万円弱)
PC067460 (2) 
5インチ画面のスマホ。
携帯の類は持ち歩かないと豪語してたが、遂に購入した。
理由はツーリング時に不便に感じる事が増えてきたからだ。
ガスバーナーとクッカーセット購入の時にも書いたが、北海道のライダーハウスが減少してるし、その日の宿はその日に決めるというやり方で旅をするには、どうにも電話が必要になってきた(ライダーハウスはその日飛び込みが普通だったけど、減少に伴って電話で満員か聞く必要が出てきた。普通の宿は当然事前に聞くべき)。
しかし公衆電話がもう本当に見掛けなくなってしまった。
10年前なら「昔は携帯が無くても皆旅行してた」と言えたが、現状は携帯を持ってないと、連絡手段の確保に難儀する。
記事を書くにあたって調べてみたら、2000年頃73万台あった公衆電話は2016年には17万台しかなくなっていた(参考記事)。
因みに一番多かったのは1984年頃で93万台あったそうだ。
それでも大抵はJRの駅に行けばあったが、自宅の近くの駅から公衆電話が無くなったのを見た時に、これは観念する時だと悟って、スマホ購入を決意した。

ZTE Blade V6にした理由は、新機種が出て処分価格になっていた事と、実測120gとスマホの中でも特に軽量な事。
PC067459.jpg 
ツーリングに持っていくのでコンパクトで軽量な事は重要だ。
ゲームをする気は無いので、性能は廉価機で十分。
0simにしなかった理由は、
・FREETELは節約モードにする事で、速度が200kbpsになるが、データー利用量を増やさなく出来る(最低料金のままで使い続けられる)。
・FREETELはキャンペーンで1年間基本料金分が無料になる。
だ。
普段は積極的に使う気は無いので、ツーリング時以外は確実に金が掛からないように出来るのが決め手。

現在は街中に電車で行く時だけ使ってる。
家にはWifiがあるので、家を出る前にオフラインで使えるgReaderSmartNewsに記事をダウンロードして、電車の移動時間読む。
街中は無料Wifiスポットだらけなので、速度も利用料も気にせず使える。
電話はSMARTalkを入れたがまだ試してない。

バッテリーの持ちだが、巷の評判通り悪い。
バッテリー消費を抑えるアプリを入れたり、監視アプリを入れたりして、色々試してみたが、通信した時のバッテリー消費が特に大きい事が判り、最終的には機内モードショートカットを入れて、長時間使用しない時は手動で機内モードに切り替えるようにした事と、スケジュール電源OFFで毎日夜中に電源を切るようにした事で解決した。

モバイルバッテリーも買った。
PC157528 (2) 
実測重量本体のみ178g。
付属メッシュケースとUSBケーブル込みだと199g。
ZTE Blade V6と合計でも319g。
因みにツーリングマップル北海道版が実測309g。
PC157533 (2) 
ツーリングの時に着けてる腕時計のSUNNTO モスキートが実測52g。
PC187576.jpg 
この2つが不要になるから、重量面サイズ面でスマホ+モバイルバッテリーの勝ち。
カメラのXZ-10(SDカード、バッテリー込み実測223g)も不要になるかな?と思って、カメラ機能を試してみたが、これは流石に差があった。
以下ZTE Blade V6で撮った物、
IMG_20161225_115156.jpg

IMG_20161225_115208.jpg

IMG_20161225_130128.jpg

IMG_20161225_140311.jpg

IMG_20161225_141853.jpg

IMG_20161228_135836.jpg

IMG_20161228_135825.jpg
レンズが小さく暗いので、明るい所では良く撮れても、暗い所が全然駄目。
ホワイトバランスは手動で合わせないと駄目だし、手ぶれが酷いし、なんとか撮れても実解像度が低いし、色乗りが悪い。
XZ-10も室内だと、基本ホワイトバランスがおかしいが、rawで撮ってPCに取り込んでから修正で問題ないし、コンパクトデジカメの中では明るいレンズを積んでるお陰で、手ぶれが問題になる事はまず無い。
暗い所で撮った画像は、歴然とした性能差が出る。
もしかしたらカメラ性能に定評のあるスマホにすれば、XZ-10も不要になるのかもしれないが、それらは5万円以上するので、取り敢えずはいいか。
XZ-10が壊れるか、飽きるかした時に考えよう。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR