madVR 0.91.7のテスト

今回は、新しく追加されたNGUスケーリングを中心にテスト。

記事中で略称を使用する事があります。
アルゴリズム名等の略表記:
Lanczos → Lz
anti-ringing → AR
Anti-Alias → AA
luma doubling = → d=
luma quadrupling = → q=

まずは、chromaのテスト。
image upscalingはLz3+ARに固定。
(以下の画像は別タブで開いて切り替えて見ると違いが判り易いです)
NGU AA,low
NGU AA,low 

NGU AA,medium
NGU AA,medium 

NGU AA,high
NGU AA,high 

NGU AA,very high
NGU AA,very high 

NGU Sharp,low
NGU Sharp,low 

NGU Sharp,medium
NGU Sharp,medium 

NGU Sharp,high
NGU Sharp,high 

NGU Sharp,very high
NGU Sharp,very high 

NNEDI3 16neurons
NNEDI3 32neurons 

NNEDI3 32neurons
NNEDI3 32neurons 

NNEDI3 64neurons
NNEDI3 64neurons 

NNEDI3 128neurons
NNEDI3 128neurons 


次は、image upscalingのimage doublingのテスト。
chroma upscalingは、NNEDI3 32neuronsに固定。

image upscalingの、
algorithm quality:は、
luma quadruplling:disable
chroma:normal

activate doubling / quadrupling...は、
...only if scaling factor is 2.0x(or bigger)
...only if scaling factor is 4.0x(or bigger)

if any (more) scaling needs to be done:は、
upscaling algo:Laczos3 AR
downscaling algo:let madVR decide(※縮小処理が起きないので無関係)
に固定。

NGU AA,low
NGU AA,low 

NGU AA,medium
NGU AA,medium 

NGU AA,high
NGU AA,high 

NGU AA,very high
NGU AA,very high 

NGU Sharp,low
NGU Sharp,low 

NGU Sharp,medium
NGU Sharp,medium 

NGU Sharp,high
NGU Sharp,high 

NGU Sharp,very high
NGU Sharp,very high 

NNEDI3 16neurons
NNEDI3 16neurons 

NNEDI3 32neurons
NNEDI3 32neurons 

NNEDI3 64neurons
NNEDI3 64neurons 

NNEDI3 128neurons
NNEDI3 128neurons 


処理負荷的には、NGU high ≒ NNEDI3 32neuronsになるので、負荷を揃えて追試した。
上の画像は4倍変換を無効にしていたが、こちらは4倍変換有効。
NGU AA d=high q=high
NGU AA d=high q=high 

NGU Sharp double again -> high (d=high q=highと同等)
NGU Sharp d=high q=again 

NGU Sharp direct quadruple -> high
NGU Sharp d=high q=direct 

NNEDI3 d=32 q=32
NNEDI3 d=32 q=32 


まずNGU Sharpだが、リンギングが強すぎる。
それに追試の画像で顕著だが、輪郭がクッキリしすぎて、違和感のある画になる。
ただupscaling refinementで輪郭強調してる人は、NGU Sharpを使う事でアップスケーリングと輪郭強調を同時に行えるので、負荷低減になる。
direct quadrupleは、double againよりも負荷が少ないので、NGU AAにも付けて欲しい。

NGU AAとNNEDI3だが、NGUに軍配が上がる。
幾つか実写動画で確認してみた時は、NGU AAはNNEDI3よりもクッキリしてるが、情報量が少ないという評価になったが、情報量が少なく感じるのは、NGUの方がムラが少ないからのようだ。
リンギングも無いのでchroma upscalingにも使える。
ただしqualityを下げた時の画質低下は大きい。
なので出来れば、NGU AAのqualityはhigh以上で使いたい。
実際に、NGU AA mediumとNNEDI3 16neuronsのchromaの画像だと、どちらが良いとも言えない感じになる。
これはNGU AAのqualityを下げた時の画質の低下が大きいのと、アルゴリズムの向き不向きが重なった結果だろう。
image doublingはNGU AA low以上が使える時はNGU AAで良いが、chroma upscalingはNGU AA lowぐらいまでしか使えない時は、別なアルゴリズムと比較して決めた方が良いだろう。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR