パームレストを購入したり作ったり

少し前にパームレストを自作という記事を書いたが、その後そのままなんとなく使っていた。
ある日札幌TSUKUMOに行ったら、A-JAZZ ウッドパームレスト ラバーウッドが、セールで1814円だったので、衝動買い。
P3208255.jpg 
使ってみると非常に使い心地が良い。
表面が塗装されてるので滑りが良く、ちょっとヒンヤリする感触が好みに合ってる。
手のひらが当たる部分の角度と奥行も丁度良い。
P3208256.jpg 
なるほど製品は良く出来てる。

こちらは自作1号
P3208260.jpg 
表面のサンディングが甘かったので、A-JAZZのパームレストと交換した時に、ヤスリ掛けと塗装をやり直してリペアした。
リペア後にもう一度使ってみたが、素材が桐ゆえに密度が低く、手触りが暖かい。
塗装に使ったアサヒペンのナチュラルウッドが塗膜が出来ないタイプなので、表面が木質そのままのざらざらした感触で好みに合わない。
横からみるとこう、
P3208261.jpg 
手のひらが当たる部分はもっと削って斜めにすべきだったし、奥行が根本的に足りてない。

という事で自作1号のリペア時に一緒に作った自作2号
P3218268.jpg 
ダイソーで売ってた400×90×12mmの木材で作った。
側面から見るとこう、
P3218269.jpg 
ゴム足を付ける事で斜めにした。
裏から、
P3218270.jpg 
こちらの方が自作1号よりも使い心地が良かった。
形状的には良いが、やはり暖かくてざらざらした手触りが好みじゃない。
もっと密度の高い木で作るか、ウレタンクリアを塗ればいけそうだが、A-JAZZのパームレスト買った方が安いし早い。
という訳で自作は諦めて、別のPC用に、札幌TSUKUMOでA-JAZZのパームレストをもう一つ購入した。
そしたらこれが捩じれてる不良品。
平たい所に置くと、1cm位片縁が浮く。
実は最初に買った物も少し捩じれてて、右前が2mmぐらい浮いてたが、この程度は木だから仕方ないと、ゴム足を一か所貼らないで、ガタが出ないように調整して使ってた。
追加購入分はどうにもならないので返品した。
こんなに捩じれた物が出来る理由は、木材を良く乾燥させずに加工してるからではないだろうか。
つまり手抜きしてるからではないだろうか。
とはいえ値段が手頃だし、最初に買った物は気に入って今も使ってるので、店頭で実物を確認して買えるなら、買ってもよい品物だと思う。
通販で買うのはまったくお勧めしない。

返品後に、別なパームレストを使ってみたくなったので、ネットで検索を掛けたが、評判の良いFILCOのパームレストは、タモ材の割には高価なので食指が動かない、アクリル製や大理石製は形状が気に入らない、柔らかい素材の物は全部感触が好みでは無いだろうと、決め手に欠ける。
Aliexpressでも何度か検索したが、製品がヒットしないので、こういう物を欲しがるのは日本人だけなのかな?と思ってたが、ある日綴りが違うせいで引っかからなかった事が判明(^^;
それでやっと、ウェンジ、アフリカンパドック(カリン)、ウォールナット、Verawood(リグナムバイタ)等の、銘木使用のパームレストを見つけた。
価格的に日本で同じ大きさの木材を買うのに少し上乗せした程度だし、購入者のFeedbackも良いので購入。

Verawoodのパームレスト($37.32)
P3208251.jpg 
横から、
P3208252.jpg 
Verawood(リグナムバイタ)は、世界で一番重い木材で比重が1.28ある。
この製品は実測重量555g。
因みにA-JAZZの実測重量は334g、自作1号は108g、自作2号は119g。
自作品は体積が少ないので、その分割り引いて比較して欲しい。
ともかくVerawoodは重く、密度が高く、表面がすべすべしてる。
無塗装だと思うのだが、塗装した物のような手触りだ。
(↓表面の比較)
P3208267.jpg
手触りが良いし、木目はきれいだし、香木なので良い香りがするし、捩じれもまったく無い。
文句の付けようの無い品物で、メインPCのキーボード用パームレストに決定した。

因みにVerawoodは切り出した直後は色が赤っぽいが、経年で緑がかるらしい。
緑檀という名前で呼ばれる事もあるようだ。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR