シュラフとサイドバッグ購入

P4138454 (2) 
画像上にあるのは、比較用のテント。
GWにキャンプツーリングに行こうと決めたので、今まで使ってたモンベル U.L.スーパーストレッチダウンハガー#7 ロングでは防寒性が足りないので、新規購入。
【実測重量】767g(スタッフバッグ込み797g)
【収納サイズ】φ16×32cm(5.1L)
【リミット温度】-6℃
【コンフォート温度】0℃
【適応身長】~190cm
GWの観光地の最低気温を調べたら、4~5度くらいだった。
それで最初はコンフォート温度5度のダウンハガー#3ロングかな?と思ったが、持ってる#7がカタログ値快適温度10度だが、経験的に快適に寝れるのは15度程度だったので、余裕を見て#2。
その後アウトレットにあるUS#1ロングが1万円安いので大分悩んだが、結局収納サイズ2L増、重量300g増は容認出来ないと、#2にした。

広げてみた所。
P4148464 (2) 
#7と比べてちょっと小さい。
U.L.スーパーストレッチダウンハガー#7の適温身長は~193cmだったので、適応身長が3cm減った分、丈が縮んでるようだ。
腰の辺りの横幅も狭い。
これは多分以前のモデルは快適さ重視で横幅広めに作ってたのだが、重量の割に寒いという評判があったので、暖かさ重視で細くしたのではないかと思う。
寝袋は体にぴったりしてる方が暖かい、しかし細くすると横幅の広い人には窮屈になる。
モンベルのコンプレッションスタッフバッグに入れてみた。
P4138460 (2) 
Sサイズで丁度良く入る。
付属のスタッフバッグに入れるよりも一回り小さくなった。

P4158479 (2) 
テントを運ぶには、今まで使ってたリキセンカウルマッチパックでは容量が足りないので購入。
因みにシュラフもこれもふるさと納税で貯めたポイントで買った。
モンベル製品から選んでる理由はその為。
このサイドバッグはオルトリーブバックローラのパクリ製品。
サイズはこちらの方が縦に長くて、幅と奥行が少ない。
縦に長いのはテントのポールを入れる時に有利。
キャリアに取り付ける為のフックはこんな感じ。
P4158478 (2) 
上も下も位置を変えられるので、ほぼどんなキャリアでも取り付けられる。
上のフックに付いてるベルトを引っ張ると、フックが外れるので、着脱は容易。
良く出来てる。

サイドバッグを取り付けるキャリアも当然買った。
P4148469.jpg 
Axiom Streamliner Road DLX Racks (5000~5500円だったはず)
実測重量547g。
海外通販で購入。
ロードバイクに取り付けられるキャリアはあんまり無く、あっても耐荷重が低い。
これは耐荷重50kgある。
通常のクイックで取り付けられると書いてあったが、私の自転車のリヤハブ部が厚みがあったので、MTB用のクイックで取り付けた。
バッグを付けてみた所。
P4148472.jpg 
ロードのチェーンステーは詰まってるので、普通のキャリアを無理矢理付けると、サイドバッグが前に付きすぎて、踵と干渉する事がある。
このキャリアは後ろにオフセットしてあって、それが起きないようになってる。

さて必要な道具は全て揃った。
GWの予行演習をしてみよう。
P4158493.jpg 
詳細は次回記事で。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR