SEA TO SUMMIT コンフォートライト インサレーテッドマット

初キャンプして、スリーピングマットを検討すべきと感じたので、早速ネット検索。
数年前まではインフレータブルマットが人気だったが、今はエアーマットが人気。
理由はウルトラライトが流行ってるからだろう。
エアーマットはコンパクトだけど断熱性が低いというのが通説だったが、今ではエアーマット内の空気の動きを妨げる構造にしたり、中綿を入れたりして、断熱性が高い製品が多数出ている。
最初はその中でサーマレストの製品が高評価でコンパクトで軽量なので、これにするかと思ったが、国内ショップでは買う気にならない程高価だし、海外通販でも手に入れるのが難しくなってた(ほとんどのショップで日本に発送しなくなってた)。
なので考え直して、ウルトラライトマットで好印象を持ったSEA TO SUMMITの製品から探す事にした。
このメーカーのマットはバルブの作りが良いし、サーマレストやモンベルのマットよりも数センチ幅が広いのがいい。
わずか数センチでも腕がはみ出ないように感じる。
そして海外通販で安い所を見つけて購入、SEA TO SUMMIT コンフォートライト インサレーテッドマット レギュラー(送料込みで12847円)。
P4268645.jpg 
SEA TO SUMMITのエアーマットは、ウルトラライトコンフォートライトコンフォートプラスの3つの分類と、中綿有り無しで計6種類ラインナップしている。
今回は断熱性が高い物が欲しかったので、インサレーテッド(中綿有り)の中から選んで、最終的にコンフォートライトに決めた。
理由はこれが値引が良かったからだ。
他の理由としては、ウルトラライト インサレーテッドだとR値が3.3で、初キャンプ時に使ったSEA TO SUMMITウルトラライトモンベル U.L.コンフォートシステムパッドの推定R値3.1とあまり変わらないので、断熱性が十分ではないかもと思った事。
逆にR値5.0のコンフォートプラス インサレーテッドだと、収納時の体積が手持ちマット2つの合計とほとんど変わらないし、重量はむしろ増えるので、現状よりコンパクトで暖かくなるという条件から、消去法でやはり真ん中のモデルになった。

ここでSEA TO SUMMITのエアーマットの中綿有り無しでのR値と重量の差をまとめよう。
ウルトラライト:重量85g増でR値2.6増
コンフォートライト:重量105g増でR値3.2増
コンフォートプラス:重量75g増でR値2.5増
中綿の量をモデル毎に変えてるのが判る。
一番暖かいコンフォートプラスが、一番中綿が少ないのは意外だった。
コンフォートプラスのみ空気室が2層になっていて、この構造の為に元々のR値が高く、重量も嵩んでいるので、中綿を減らして調整したのだろう。
まとめてみるとコンフォートライト インシュレーテッドは、中綿を増やして断熱性を上げる手堅い作りで、安パイなのが判る。
目立つ所は無いが失敗も無いモデルだ。

広げてみた。
P4268653.jpg 
黄色がウルトラライトで黄緑がコンフォートライト インサレーテッド。
縦横サイズはまったく同じ。
空気を入れた所。
P4268657.jpg 
気温20度の部屋で下着姿で寝転んでみた所、1分くらいで背中が熱くなってきた。
モンベルのU.L.コンフォートシステムパッドよりも明らかに暖かい。
マットの凹凸の細かくなってる部分に何の意味があるのだろうと思ってたが、実際に寝てみると、この部分はボヨンボヨンする感触が少なく、固めに感じる。
3つ折マットレスで腰の乗る真ん中だけ固いスポンジになってる製品があるが、あれと同じ感じだ。
一様にフワフワのウルトラライトよりも寝心地が良い。
次に試しに上で座ってみると、底付きした。
モンベルのマットよりも座り心地が悪い。
空気をパンパンに入れるか2つ折りにすれば底付きせずに座れるが、基本的にはエアーマットは座り心地が悪い物と諦めよう。
ここまで使ってみて、体積0.4l増で重量165g増になるが、コンフォートプラス インサレーテッドの方が良かったかも?という気持ちが沸いてきた。
空気室2層のコンフォートプラスなら、底面は空気をパンパンに入れて固くして、上面は空気を程々に入れて柔らかくして、断熱性と快適さの両立が出来そうだ。
その設定なら座っても底付きしなさそうだ。
実際にSEA TO SUMMITのエアマットで評価が高いのは、一番軽いウルトラライトと一番重いコンフォートプラス インサレーテッドだ。
その2つが利点が明確で使用者の満足度が高いのだろう。

最後に畳んだ状態で手持ちのマットを並べてみた。
P4268650.jpg

P4268651.jpg
コンフォートプラス インサレーテッド レギュラーとモンベルのU.L.コンフォートシステムパッド120は大体同じ大きさ。
コンフォートプラス インサレーテッドの実測重量は609g(スタッフバッグ込みで619g)。
マット2つ持っていくのに比べて体積0.55l減で重量150g減だ。
これをGWに持って行こう。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR