洞爺湖キャンプツーリング2017 その4

5/2(火)
5:10に起きるが、スマホでネットなんか見てだらだらする。
スマホって時間つぶしに最適だねっと、世間から二周遅れな感想を言ってみる。
今日は道の途中にある温泉に入りたいから、時間調整する必要がある。

朝飯。
P5029062 (3)
昨日買ったパン。
普段もこういう食生活なので、これが一番しっくりくる。

8:00出発。
9:30北湯沢に到着。
御宿かわせみ(500円)。
P5029069 (2)

箱にお金を入れてくれという長閑なシステム。
P5029070 (2)

小さな内風呂の奥に扉があり、そこから色んな物をかき集めて作ったような通路を通ると、
P5029073.jpg

渓流沿いの露天風呂に出る。
P5029075 (2)
素晴らしい景色の露天風呂だ。
ただし周りからも丸見え。
そういうのが気にならない人には最高の露天風呂なのでお勧めします。

北湯沢 白絹の床
P5029092.jpg

11:00きのこ王国北湯沢店できのこ丼(600円)ときのこ天ぷら盛り合わせ(390円)。
P5029104 (2)
きのこ王国は今までに二度食べた事があるが、いずれもおいしくなかった。
が、今回は美味しい。
メニューを選べば美味しいのかな?

三階滝。
P5029112 (2)
パワフルで良い滝だ。

アロニアソフトクリーム(320円)。
P5029123 (2)
アロニアを食べた事が無いので、何味かよく分からない味のソフトクリームだった。

13:00きのこ王国本店。
P5029126 (2)
隣りが道の駅フォーレスト276大滝なので、先にそちらに寄る。
ピザ窯があったので、ピザを食べる事にする。
P5029127.jpg

マルガリータ(980円)。
P5029129.jpg
モッツァレラチーズ、トマトソース共にしっかり味が感じられるし、美味しい。
きのこ王国に戻って、プレミアムきのこ汁(270円)。
P5029134 (3)
きのこがどっさり。

ここから再出発して、少し登った所で峠を越えて下りになった。
P5029139 (2)
後で調べたら標高450mぐらいの峠でそんなに高くはない。
そこから10kmぐらいで支笏湖到着。
美笛キャンプ場に向かう。
P5029147 (2)
途中800mぐらい未舗装で、本当にこの先にキャンプ場が有るのか疑ったが、ちゃんとあった(宿泊:大人1000円)。
自転車で来た人は何処でもテントを張ってよいという事なので、湖畔に張る事にした(自動車だと色々ルールがある)。
P5029148 (2)
目の前に恵庭岳だ。
周りに人工物が見えず、素晴らしい景色だ。
なるほど北海道のキャンプ場一番人気という噂にも納得だ。
このロケーションと札幌からの近さを考えれば当然の人気だ。

ここをキャンプ地とする。
P5029150 (3)

設営完了。
P5029155 (2)
奥に見えるのは風不死岳と樽前山。
ここでペグを一本無くした事が発覚。
多分仲洞爺キャンプ場に刺さったままだな(^^;。
ガイラインを一つ張らないで対処。
キャンプしてみてわかったけど、テントもテントのパーツも消耗品だ。
ペグは2回打ち込んだだけで傷だらけ、グランドシートは一回敷いたら泥だらけ、フライシートも雨を浴びたら茶色い汚れが付いて、鳥の糞も一か所付いてた。
大事に使う意味が無いから、何年かで使い潰して、また買うのが正解だ。
無くしたペグの代わりも安物で充当しよう。

キャンプ場を少し散策。
P5029157.jpg
札幌から近いからファミリーが多い。

まだ陽が残ってるうちに晩飯。
P5029161.jpg
この日は暖かくて風も無かったのでテントの横の砂浜に座って食べる事にした。
因みにこのキャンプ場の近くには飲食店が無いので、食べに行くという選択肢はなかった。
定山渓でキャンプした後は朝飯だけ自炊出来れば良いとか言ってたが、蓋を開けてみれば最初の日以外は晩飯自炊。
こっちの方が気楽だし、ロケーションのお陰で、飯が美味しく感じるんだよな~。

P5029170 (3)
裏の作り方を見たら20㎝径以上の鍋で作る事となってた。
そうじゃないとスパゲッテイが水に浸からないからだ。
クッカーに水を入れて1/3ぐらいが水に浸かった状態で上から力を加えてスパゲッティが茹って柔らかくなるのに合わせて何とか水に沈めて作った。
味の方は早ゆで3分スパゲッティを茹でて、適当なソースを絡めた方が美味しい。

次は道の駅で買ったチキンサンド。
P5029175 (3)

そしてきのこ王国で買ったレトルトのクリームシチュー(きのこ入り)。
P5029179 (3)
満足。

飯を食べた後は再びキャンプ場の中を散策した。
P5029166.jpg

P5029180 (2)

P5029191.jpg

P5029197.jpg
今のテントは凄く大きい。
これを2~4人ぐらいで使うんだからそりゃ快適だろう。
パッキングすればすごく小さくなって、車に余裕で積めるようになるんだから、便利な世の中になった物だ。
それとはまったく逆方向のテントも一つ見つけた。
P5029194 (2)
一人が横になって寝るか上体を起こせるかだけの空間しかない。
ウルトラライト系だろうけど、どういう装備なのか勉強の為見せて貰いたくなった。

日が暮れた。
P5029203 (2)
対岸に文明の明かりが見えない。
試しにデジカメ手持ちで北斗七星を撮ったら撮れた。
P5029206.jpg
このカメラ凄いな。

この日の総走行距離:59.08km
この日の総経費:4769円

コメントの投稿

非公開コメント

ペグ

ペグはSnowPeakというメーカーの「ソリッドステーク」という製品をお勧めします。
SnowPeakは、アウトドアに対する情熱はないくせにブランド戦略ばっかり力を入れているような匂いがプンプンして好きになれないメーカーですが、
ソリッドステークだけは素晴らしいです。こんな良いペグを作っているほかのメーカーを少なくとも私は知りません。しかも安い。
何種類か長さのバリエーションがありますが、一番短いモデルがいいです。よっぽどどでかいタープでもない限りそれで十分固定できるしムダに重くなりません。
熱間鍛造の鋼なので石混じりの地面にもガンガン打ち込めて回収時に折れたりもしません。
私も登山で重さを気にするときでも愛用しています。

興味を持たれたようなテントは一人が寝るための空間しかなくて中で座って食事もできません。それにたぶん安物はないでしょう。
どうせ値高いなら山岳用の1人用のほうが雨風にも強いし雨でも中で食事したり着替えたりできます。
さらにテントの重さや大きさを気にするとなるとツエルトという物を考えますが、ツエルトはいろいろと割り切って削ぎ落とすための装備なのでお勧めしません。

Re: ペグ

色々アドバイスどうもありがとうございます。
ペグですが実はツーリングから帰ってすぐに、Aliexpressで10個469円の安物アルミペグを注文しました(^^;
どうせまた回収し忘れて無くすので、このぐらいが私にはちょうどよいと思います。
でもいつかペグを打ち込んだら曲がったみたいな目にあった時に、お勧めのソリッドステークを買ってみようと思います。

> 興味を持たれたようなテントは一人が寝るための空間しかなくて中で座って食事もできません。それにたぶん安物はないでしょう。

はいそれだけにどうやり繰りしてるのか興味があります。
私も荷物を減らして旅行したい派なので、きっと勉強になる事があると思いましたので。

> さらにテントの重さや大きさを気にするとなるとツエルトという物を考えますが、ツエルトはいろいろと割り切って削ぎ落とすための装備なのでお勧めしません。

そうですね。
実はテント購入の時にモンベルのU.L.ドームシェルターも候補に入れてたのですが、今はそれを選ばなくて良かったと思ってます。
買ったテントは十分に快適でくつろげます。
そしてそういうテントを使ってこそ旅行が楽しめるという物です。
軽量化の為に何もかもそぎ落としたようなテントは寝る為の道具で、そこに楽しみはありませんから。
別の目的を優先させる為に使う物ですね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR