TA-ZH1ES購入とHD800リケーブル

SONY TA-ZH1ES(20万5千円ぐらい)
P6059569.jpg

今までFOSTEX HP-A8を使ってたが、前からHD800のバランス接続を試したかったのと、音に物足りなさを感じ始めてたので、グレードアップを検討していた。
USB-DAC+ヘッドフォンアンプの一体型で、バランス接続が出来て、リモコン有りで、HP-A8よりも上という条件で探すと、適合する機器はほぼこれしか無かった。
一体型に拘らなければ選択肢は幾らでもあったが、使うのが面倒くさいのはもう嫌だ。
なので一体型に拘った。

家に届いてHP-A8と交換して早速音出し。
HP-A8と比べて、音に密度があり、高域がさらさらと伸びて気持ちが良い。
低音も十分。
ネットの評判で高級ドンシャリと書かれてたが、確かにその傾向はあるが、調整可能な範囲内だ。
以前にTA-N1というSONYのパワーアンプを使っていたが、それと通じる所がある音と感じた。
SONYの音決めをしてる人はこういう音が好みなんだろうな。

TA-ZH1ESは希望小売価格がHP-A8の3倍。
付属の電源ケーブルを使った状態どうしで比較すると、音質差も価格差に比例した感じだと思う。
ただHP-A8の付属電源ケーブルはオーディオ用としては細く、これを取り換えれば音質は大分アップする。
対してTA-ZH1ESの付属電源ケーブルは極太だ。
P6059570.jpg
この電源ケーブルはESOTERICの高級オーディオ機器に付いてくる物と同じものに見える。
なのでTA-ZH1ESは電源ケーブルの交換での音質アップは大きな期待は出来ない。
何万もする電源ケーブルと交換するなら差は出るだろうが、それは私の感覚ではバランスが悪いやり方だ。

あとHP-A8は鉄板シャーシが鳴いてて、高域に安っぽい音が乗ってた。
これは鉛を乗せたりすれば改善する。
対して、TA-ZH1ESは側面がアルミの押し出し材で、上下も複合材。
剛性が高くて鳴きずらい作りだ。
試しに鉛を乗せてみたが音質の変化は少なかった。

何が書きたいのかというと、HP-A8は手を掛けてやると音質改善しやすい。
しかしTA-ZH1ESはメーカーが十分な対策をしてるので、購入後に出来る音質改善の余地が少ない。
HP-A8に上に書いたような音質対策をした物と、TA-ZH1ESのポン置きだと、音質差は価格差換算で2倍程度の差に感じた。
この辺購入検討されてる方は参考にして頂ければと思う。


さて、ここで話は変わって、HD800のバランス接続を試す為にケーブルを作る事にした。
買うとメーカー品で2万円以上、Aliexpressで売ってる中華ケーブルでも1万円以上と激高なので、作った方がいい。
TA-ZH1ESは3.5mmステレオプラグ2つでバランス接続出来るので、この形式でケーブルを2種類作る事にした。
一つはオーソドックスな物、もう一つは編組ケーブルが流行ってるみたいなので、流行りに乗った物。

オヤイデから3.5mmプラグとケーブルを購入。
OYAIDE P-3.5Gの実測重量2個で9g(1382円)。
アンフェノール ステレオミニプラグの実測重量2個で15g(992円)。
P6109591.jpg

OYAIDE HPC-24W V2 3m(1944円)とBX-S0.18sq2m×4(512円)。
P6109592.jpg

AliexpressからHD800用コネクター×4(4956円)を購入。
P6159599 (2)
このコネクターが専用品で何処で買っても糞高い。
HD800用のケーブルが他のヘッドフォン用と比べて高い理由だ。

編組ケーブルを作る為に、BX-Sを丸4つ編みしていく。
P6109597 (2)
初めてやったが、大して難しくも面倒も無く編めた。

そしてプラグを半田付け。
P6179621.jpg
3.5mmプラグの方は問題無く半田付け出来たが、HD800専用コネクターが難しかった。
端子間の距離が1㎜ぐらいしかなくて、予備半田したらブリッジしてしまった。
一回半田を取って、テフロンテープを持ってたので、それの小片を端子間に挟んで何とかブリッジしないように半田付けした。
難易度的には初心者では途方に暮れるぐらいなので、半田付けに自信が無いなら素直に出来合いのケーブルを買った方がいいだろう。

OYAIDE P-3.5G+OYAIDE HPC-24W V2 1.5m×2ケーブル完成
P6179624 (2)

アンフェノール ステレオミニプラグ+BX-S0.18sq 1.7mケーブル完成
P6179625 (2)

まずはOYAIDE P-3.5G+OYAIDE HPC-24W V2 1.5m×2ケーブルを接続して試聴。
レンジが広くて音に重量感があって良い音だ。
HD800付属のアンバランスケーブルよりもハッキリと音が良い。
ただしちょっと響きを多い。
多分プラグのキャラクターか、もっとデッドな方が好みだ。

次はアンフェノール ステレオミニプラグ+BX-S0.18sq 1.7mケーブルと交換して試聴。
これもHD800付属のアンバランスケーブルよりもレンジが広い。
ソリッドな音質なのは良いけど、腰高な音でもっと重心を下げたい。
編み込んだし、熱収縮チューブを被せて締めてる部分もあるし、少し使い込んで慣らさないと本当の音にならないかな?
暫く使ってみないとどちらも本当の音は分からないな。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR