HTPC機更新 ( Core i5-2500K、TH67XE )

パーツが届いた。
P1010527.jpg
Intel Core i5-2500K
BIOSTAR TH67XE
IOデータ DY1333 2GB x 2

メモリはメインPCから外してあった物なのでCPUとMBだけが新規購入。
31500円くらいの出費。
選択理由としては、HTPC機不調と同時期にこのCPUが発売されたのは買えという神様のお告げだと感じたので悩む事なく選択。
マザーボードはMicroATXでPCIとeSATAがある物を探して、これが内容的に良さげで安かったので決定。
入れ替え作業は比較的簡単に済んだ。
最初SSDのみを繋いで起動しようとしたら起動しなくて慌てたがHDD2台も繋げたら問題無く起動するようになった。
使っている電源が少し古い物のせいで、起動時の消費電力が低すぎると起動しないようだ。
最近の電源はPC自体の低消費電力化に合わせてこういう事が無くなっているそうなので買い替えを検討しよう。
Windows7は再インストールしなくても新しいハードを認識するという話を聞いてたのでそのまま立ち上げたら問題なく起動。
そしてある程度勝手に新ハード用のドライバーがインストールされるので、その後足りない分を手動インストールしてお仕舞い。
3時間で終了。
P1010531.jpg
PCは随分簡単になった。

幾つかベンチを走らせてみたが、内臓グラフィックのHD3000の性能はRadeon HD4650の半分程度、CPU性能はQ8200の1.8倍程度といった所だった。
CPU性能は事前にレビューをチェックして、2倍程度あると見積もっていたが、最近のベンチは64bitで動かしているので、32bitで動かしている場合はレビュー記事よりも低くなるようだ。
ちょっと残念。

体感では反応が良くなった感じがある。
よくIntelはもっさりしてると言われるが確かにこれと比べるともっさりしてたと思う。
といってもこれもIntelだから(笑)、欠点を克服しているという事なのだろう。

消費電力や発熱はQ8200よりも気を使う必要はなさそうだ。
技術の進歩を感じる。
アイドル時はCPU電圧が大分下がるし、重い処理をさせればそれなりに発熱するが想定範囲内だ。
満足のいく更新だった。

<さあ、早くHD3000の画質チェック記事を書く作業に戻るんだ!

…はい、このブログに求められてるのはそっちですね。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR