FC2ブログ

中華自転車ライト購入

新しいロードバイク用のパーツを買いあさってる時に目についたのでついでに買ってみた(1823円)。
P9111102.jpg
実測重量114g、アダプター込みで140g。

Cateye VOLT400と並べてみた、
PA011403.jpg

PA011402.jpg

PA011404.jpg
ちょっとだけVOLT400よりも嵩張って重量もある。
性能の方だが、買った商品ページだと1200lm/3時間とか嘘が書いてるので、LED素子が違うだけで他は共通と思われる他製品の400lm/2時間半辺りが実性能と思われる。
バッテリーは2500mAhなので2時間半で割ると、1000mAh/h電流を流してる。
CREEXMLのページのData SeetだとT6で25度下で1000mAh流すと388lm。
因みに他製品で使われているXPGだと同条件で347lm(R5)、XPG2だと同条件で450lm(S4)。
他製品は商品ページによってXPGだったりXPG2だったりするが、製造時期によってどっちかが使われているという感じだろう。

何時ものようにガレージで投射してみた。
左から中華ライト、VOLT400、両方同時、
PA011391_3.jpg
(画像をクリックすると大きな画像が見れます)

ガレージ内で出来るだけ距離を取って投射した所、
PA011391_4.jpg
(画像をクリックすると大きな画像が見れます)

VOLT400はやはり照射角が広すぎる。
400lmあっても拡散し過ぎて薄暗くしか照らせない。
この傾向は外で使うとよりはっきりする。
その為自転車用には今一なライトだが、実はVOLT400は手持ちで使うと良いライトだったりする。
2~3m先を照らすと丁度良い範囲と明るさで照らしてくれる。

対して中華ライトだが、照射角は広くはないが、ホットスポットが広く、照射範囲内は明るく見やすい。
距離を取って投射した方で分かり易いが、VOLT400はホットスポットの周りが暗くて見ずらいが、中華ライトはそんな事はない。
地面にも明るい光が行ってるのもいい。
あと光の色が白に近いのもいい。

自転車用ライトとしては、新しく買った中華ライトの方がバランスが良いので、乗り換える事にした。
中華製品は壊れやすかったりバッテリーがダメになり易かったりとか信用出来ない面もあるが、この値段なら2年ぐらい使えれば十分だ。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR