FC2ブログ

新しいロードバイクの調整完了と紅葉

変速が今一スムーズでは無い事と、ブレーキレバーが重いのが気になるので、ケーブルを交換する事にした。
シマノ ポリマーコーティングブレーキケーブルセットとシフトケーブルセット(合計6040円ぐらい)。
PA041411.jpg
引きが軽いと評判のポリマーコーティングケーブル、海外のレビューだと一番良いケーブルと評価されてたりする。

交換して早速走ってみた。
PA011380 (2)

まずビックリしたのはブレーキが効くようになった事。
ケーブルの抵抗が無くなった分が、ブレーキシューを押し付ける力になって、ガッツリブレーキが効くようになった。
そうだデュラエースのブレーキって良く効くんだったと久しぶりに思い出した。
ケーブルでブレーキの効きに違いが出るとは思ってなかったので、これは新しい発見だ。
BeOneの時は他社製のケーブルばかり使ってたが、勿体無い事をしてたかもしれないと、ちょっと後悔した。

そして変速の方だが、少し改善したが相変わらず変速がスムーズにいかないギヤがある。
ただレバーはミスって2段分変速してしまう程軽くなった。
そっとタッチするぐらいの感覚で、1段変速出来るので、こちらもケーブルの違いははっきりと感じられた。

結局何が問題で変速が今一なのか判らないまま、ニセコ登山に行く事になる。
そして帰ってから2週間後、ちょっと自転車に乗ってみると、何故か変速が全てのギヤでスムーズに出来るようになっていた。

昼飯は久しぶりの菜々兵衛で鶏白湯塩に煮卵とメンマ増量(950円)
IMG_20171021_121210.jpg

白石サイクリングロード
IMG_20171021_124755.jpg

IMG_20171021_125544.jpg

アルトラーチェでキャラメルナッツとカボチャのジェラート(430円)
IMG_20171021_132412 (2)

この期間何も弄ってないのに何故変速がスムーズになるようになったか?
ひとっ走りから帰ってから色々調べてみたが、多分ここの問題だったようだ。
IMG_20171021_130517.jpg


新しいロードバイクは、チェーンステーの端からケーブルが出てくる作りなので、必然的にリアディレイラーまでのアールがきつくなる。
それがリアディレイラーに不要なテンションを掛けてしまって、変速に影響が出てしまうという事だったようだ。
何も弄ってないのに時間が経ったら変速がスムーズになったのは、ケーブルに曲げ癖がついて、テンションが掛からなくなったからだろう。
実は買ったシフトケーブルセットはOT-RS900の入ってない旧タイプの方だった。
そちらの方が値段が安かったからだ。
もしこの時OT-RS900入りの方を買ってれば、最初から変速が決まるようになってただろう。
そうなると、ClarksのZERO-Gケーブルのせいだったかと判断して、本当の理屈は判らないままだった。
今回はトラブルが長引いたが、そのお陰でケーブルが意外に重要という事が判って、良い経験になった。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR