FC2ブログ

ファットバイクに4.8インチタイヤを履かせた

ファットバイクに前後ともSchwalbe Jumbo Jim 26x4.8を履かせた。
PB031822.jpg
雪が降る前に一回ぐらい普通の路面での乗り心地を確かめてみようと思って、早目に履き替えた。

後輪のクリアランスがギリギリなのはネットの情報で知ってたが、実際これぐらいだった。
PB031823.jpg

PB031824.jpg

一番軽いギヤに入れた時のチェーンとのクリアランスは6mmぐらい。
PB031827.jpg
フロントシングルなので、ネット情報よりも少しクリアランスが多くなるようだ。

タイヤ交換の時にフレームのリヤのクリアランスも測ったので、それも記録しておこう。
タイヤが入る部分の横幅140mm。
PB031815.jpg

縦幅385mm。
PB031816.jpg
ちなみに80mm幅のリムに4インチタイヤを履かせた時の半径が大体355mmで、
4.8インチタイヤを履かせた時の半径が大体375mmだった。
横幅は4.8インチタイヤで大体115mmぐらい(ネット情報だと125mmぐらいに見ておくようだが、これは多分10㎝リムに嵌めた時)。
4インチタイヤの時の横幅は測り忘れた。

一応フロントフォークも測ったのでそれも載せておこう。
タイヤが入る部分の横幅140mm。
PB031818.jpg

縦幅405~410mm。
PB031817.jpg
ハブ軸が見えてない写真になってしまった(^^;
でも4.8インチタイヤを履かせても縦方向には十分なクリアランスがある事は判る。

タイヤ交換後少し走ってみたが、可也クッション性が上がってるのに、漕ぎは軽く感じた。
この時の空気圧は0.8気圧。
直前のMAXXIS Mammoth 4インチを嵌めてた時は0.9気圧。
空気圧を0.1気圧下げても逆に漕ぎが軽くなったのは、Jumbo Jimの走行抵抗が低いからだろう。
このサイトで測定をしてるが、Jumbo Jimのローリングレジスタンスは図抜けて低い。
同じサイトにMammothの測定があるのもこの記事を書いてる時に見つけたが、測定結果は体感での結果と一致してた。
ここの測定結果でも、体感での印象でも、MAXXISのMammothはあまり良いタイヤではないので、このタイヤはとっとと使い切って捨ててしまうのが良さそうだ。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR