FC2ブログ

苫小牧・支笏湖ポタ

11:30に苫小牧のマルトマ食堂に到着。
PB041830.jpg
何時もよりも人が並んでると思ったら3連休か(11/4の話)。
せっかく来たのだから並んだら、1時間待ちになった。
この日の最高気温は7度で風が吹いてたので、並んでる間凄く寒かった。

左から北寄貝のバター焼き定食(1200円)、スケソウダラの煮つけ(100円)、カレイのフライ(50円)。
PB041837.jpg
煮つけとフライの値段がおかしい(^^;
味はちゃんと美味しい。
体を温める為に沢山食べようとしてたので、ボリュームがあって丁度よかった。
ホッキバターは味が濃厚。
この貝は元々味が濃いけど少し臭みがあるから、こういう食べ方が合ってると思う。

飯を食べて外に出ると13時。
真っ直ぐ帰れば間違いなく明るいうちに帰れるけど、支笏湖通りたいな。
PB041844.jpg
支笏湖は千歳から入る道が一番斜度が緩くて走り易い。
気温は低いが陽が出てて暖かく感じるので、気持ちよく支笏湖まで走る事が出来た。

到着。
PB041850 (2)

9月に登った樽前山はもう冠雪していた。
PB041854.jpg
北海道で私の装備で登山が出来るのはギリギリ10月までかな。
その後はGWまで雪が積もってるか、GWでも雪が積もってるって所だろう。

さて現在15時、本当はここで前から気になってたラーメン屋に入ろうと思ってたが、閉まってた。
それに飯を食べると帰る前に暗くなってしまいそうだ。
飯は食わずに帰るか。
PB041856 (2)
千歳方面から帰れば登り坂がなく、17時半頃に間違いなく帰れるが、何時も通ってる道で面白くないので、札幌方面から帰る事にした。
こちらは峠があって、舗装も悪くて大変だ。

PB041858.jpg

PB041860.jpg
MIRACLE MC566、今回ロングで峠道も走ってみたし、感想をまとめよう。
まず軽くて良く進む。
前に乗ってたBeOne Raw Carbonよりもよく進む感じがする。
エアロフレームの真逆を行くような、空気抵抗の高そうなパイプ形状だが、私の走る速度が速くない為か、特に空気抵抗が高いという感じは無い。
まあボトル2本に、ダウンチューブの下にツール缶付けてれば、どちらにせよパイプ形状の差なんて意味がないのだろう。
良く進む事から駆動系周りの剛性が高い事は感じられるが、激坂でダンシングしたり、リアバッグを付けて10kgの荷物を入れてダンシングしたりすると、少し力が逃げる感じがある。
BeOneでは感じた事がない撓み感だ。
フレーム設計にはっきりとした主張があるので、不向きなシチュエーションがあるのは仕方ないだろう。
このフレームの欠点が出ないようにするには、リヤに11-32tのスプロケットを入れればいい。
そうすれば何処でもシッティングで回して登れる。
実際その方が速く走れるのだから、そうすべきだ。
ここまでは好意的に受け取れるキャラクターを書いたが、反対の今一に感じるキャラクターは、まずハンドルがクイック過ぎる所。
多分これは誰でもクイック過ぎると感じるぐらいだろう。
タイヤを25cに変えたのと慣れてきたので、最近やっと気にならなくなってきたが、低速でもっとだるくなるように調整すべきだ。
そしてもっと嫌に感じるのは、振動吸収性が悪く、路面の振動を丸めずに伝えてくる所。
走ってて、ガタガタガタガタ、偶に飛び跳ねる、という感じだ。
BeOneが剛性の高いフレームの割には、乗り心地が良かったから、この面では辟易した。
これもタイヤを25cに変えて、空気圧を6気圧にした所でやっと許容範囲になった。
総評ではツーリングに使うフレームとしてはBeOneの方が良かった、レースに使うフレームとしてはMC566の方が良いだろう、という感じ。

オコタンペ湖
PB041873_20171105095000206.jpg
冬景色じゃん!
峠は既に雪が積もっており、道路の端も凍結していた。
非常に危険なので歩いて進んだ箇所が何か所もあった。
そんな事をしたので洞爺湖を出る前に陽が暮れてしまい、1時間半ぐらい夜道を走って帰る事になった。
あと当然下りが死ぬ程寒かったので、帰ってからすぐに風呂に入った。
その後は風邪を引かないように沢山食べた。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR