FC2ブログ

東北ツーリング2018 その4

8月22日(水)
朝風呂。
P8223770 (2)

通り雨。
P8223775 (2)

朝飯。
P8223776 (2)

7:45アルパこまくさに来たが、予定していた駒ケ岳八合目行きのバスが土日祝しか出てないのが分かった。
毎日出るのはお盆までだそうだ。
歩いていくと7.1kmの距離がある。
あとはタクシーで行くしかないそうだが、そこまでしなくてもいいので諦める事にした。
予定変更して朝から乳頭温泉郷に行こう。
鶴の湯温泉だけ場所が離れてるが、それ以外の6つの温泉宿は集まってて、歩いてハシゴ出来るのだ。
今日は温泉三昧と行こう。
バスに乗って乳頭温泉郷入り口の休暇村まで(300円)。
ここからまずは黒湯温泉を目指す。
後で知ったが一時間に一回周遊バスが回ってて、それでも行ける。
この時は距離1.1kmだったので何も考えず歩いた。
途中遊歩道があったので入ってみる。
P8223781 (3)

P8223782 (3)
蚊が多くて閉口した。
虫除けを塗ってるのに刺してくるので、遊歩道はもう入らない事にした。

P8223789.jpg
到着したところで脇に抜けて、一本松たつこの湯を目指す。
乳頭山登山道の途中にある温泉だ。
昔は温泉宿があったのだが、廃業して露天風呂の浴槽だけが残ってるのだそうだ。
ネットで検索すると行き方が沢山出てくるので道に迷う事はないが、登山道を30分くらい歩いて途中で沢を横切る所もあるので、それなりの格好で行った方がいい。
あった。
P8223807 (2)

メンテナンスされてる様子が伺える。
P8223808 (2)
表面に浮いてるゴミを取る為の網も置いてあった。
入ってみると底に泥が溜まっててその分浅いが十分浸かれる深さがある。
P8223810 (2)
温度も適温だ。
しばらく浸かってから上がろうとしたが少し難儀した。
湯舟の底にたまったゴミや泥が付着するのだが、それを流したくても手桶が無い。
あと回りもどこもかしこも土や砂だらけなので、汚さずに服を着るのが不可能だった。

ヒガシニホントカゲ
P8223816 (2)

11時頃に戻ってきて、黒湯温泉(600円)で体をきれいにする事にする。
二泉あるがどちらも単純硫黄泉、上の湯下の湯となってる。
上の湯にまずは入ってみたが、温くした清水が被れる設備と建物の日陰から山が見れる作りが気に入った。
11:30黒湯温泉の食堂でおむすび定食(750円)。
P8223822 (3)
高いけど腹減ってるし仕方がない。
食後は下の湯に入る。
P8223824.jpg
こちらは湯治棟が隣にあって、設備もシンプル。
日帰りと旅館部は上の湯でという棲み分けかな?

黒湯温泉の湧き水
P8223826 (2)
乳頭温泉郷の湧き水は何処のでも飲めるそうだ。

黒湯温泉を出た後はすぐ傍の孫六温泉に入る(520円)。
P8223831.jpg

P8223835 (2)
鄙びた風情はいいけど湯船だけなので、黒湯温泉みたいに温い湧き水で体を洗ったり冷ましたり出来ないのが不便だ。
涼しい時期ならそんなに気にならないのだろうけど。

13:45また歩いて休暇村に戻ってみると、13:30でレストラン終了。
腹減ってたのにあてが外れた。
フロントの人にこの辺でこの時間に飯を食べる所は無いか?と聞いたらバスに乗って下に降りないとないそうだ。
仕方ないので栗ぜんざい氷パフェ(700円)。
P8223844 (3)

さらにケーキセット(750円)。
P8223846 (2)
これで夜まで持つだろう。

14:50蟹場温泉(600円)。
単純硫黄泉。
P8223853 (2)

混浴露天風呂が母屋から50m離れてる。
P8223861 (2)

歩いて行くと、渓流沿いに露天風呂があった。
P8223863 (2)

なるほどこれは良い風情だ。
P8223864 (2)
ここも虫のいない時期に来たいものだ。
今日の温泉巡りでは虫除けをマメに塗ってたにも関わらず10箇所は蚊に刺された。

18:00晩飯。
P8223872 (2)

上にプラスして山の芋鍋と岩魚の味噌焼きときりたんぽ。
P8223873 (3)

P8223876 (3)

この日の走行距離:0km
この日の経費:4620円

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR