FC2ブログ

東北ツーリング2018 その9

8月27日(月)
昨晩体が冷えないように気をつけて寝たお陰か、腹痛を起こさずに朝を迎えられ。
久しぶりに気持ち良く寝れたので起きたのが遅く、キャンプ場を出発したのは8時頃になった。
海沿いの道を北上。
今回の旅の前半が山ばっかりだったので特に強く感じるが、海沿いの道ってのは走ってて気持ちがいい。
理由は道がなだらかなのと、景色の変化が大きいからだろうな。

9時頃十二湖駅前に到着。
青池ソフト(300円)。
P8274223 (3)
ラムネ味。
売店の人に十二湖までの道は坂が厳しいかと聞いてみると、日本キャニオンと書いてある辺りまでが厳しいと答えた。
既に乳頭温泉郷の登りと玉川温泉の登りでやられてるので、自転車はここに置いてバスで行く事にした。

10:35のバスで青池まで(360円)。
ここから歩いて10分で青池。
P8274243.jpg
深みのある紺色の水と水面の落ち葉の金色の取り合わせが素晴らしい。
その後はブナ林を歩く。
P8274245.jpg

P8274246.jpg
画面の真ん中下に人が居るのが判るだろうか?
こんな巨木のブナ林は初めて見た。
もののけ姫の世界だ。

沸壺(わきつぼ)の池。
P8274253.jpg

P8274258.jpg

日本キャニオン。
P8274265.jpg

12:30十二湖駅に戻る(バス代230円)。
ここからまた北上を開始する。
13:45ウェスパ椿山内のレストランで昼飯。
P8274271 (2)
深浦はマグロの漁獲高が青森一だそうだ。
大間の方が有名だが、それに対抗する形で新しく作ったご当地グルメ。
3つご飯茶碗があって、左から刺身丼、片面焼き丼、両面焼き丼で食べてくれとの事。
P8274272.jpg

P8274273 (3)

P8274274 (3)
マグロは焼いた方が美味しいと思う。
なのでこれは美味しかった。

14:40不老ふ死温泉(600円)。
P8274277 (2)
画像奥はテレビでもよく紹介される海岸沿いにある露天風呂。
おれは人間をやめるぞ!ジョジョーーッ!!
P8274282 (2)

上がって休憩所で休みながらスマホで帰る方法を検索した。
本当はこのまま北上して竜飛崎まで行くつもりだったのだが、腹痛と雨ばかりの天候、しかも天気予報はこの先もずっと雨、すっかりモチベーションが下がってしまった。
腹痛は昼間は起きないと前に書いたが、飯を食べると少し痛くなる。
満腹になる程食べると特に痛み出すので、気を付けて腹八分目しか食べないようにしてたが、それでは旅先で美味しい物を食べる楽しみが堪能出来ない。
あと体を冷やすと痛みだす気がするので、冷たい物を飲みすぎたり食べ過ぎたりしないように気を付けてるのも面倒くさい。
夏で自転車漕いでるので冷たい物はがんがん口に入れたいぐらいなのだ。
要はこのまま旅を続けても面白くないのだ。

16:53ウェスパ椿山に戻って、五能線に乗って東能代まで(切符代以下合計で3870円)。
P8274289.jpg

P8274292 (2)
乗ってみたいローカル線として人気のある路線なのだそうだ。
成程確かに海沿いの景色が続いて窓の外の風景をずっと見てても飽きない。

東能代で駅弁、鶏飯(880円)。
P8274303 (3)

18:30の奥羽本線快速で弘前まで。
P8274301 (2)

19:55の奥羽本線で青森まで。
20:40青森到着。
今日の宿は、青森駅の近くのホテルニュームラコシ
トイレが使えないツインルームが2500円だったので、ここに決めた。
トイレは1Fのトイレを使ってくれという事だ。
この程度の不便さはライダーハウスで寝泊まりしてた経験からすればなんて事ない。
実際のホテルは建物が古く、内装も古く、絨毯が破れてたりホコリが積もってる所があったりするので、もうやる気はなく、惰性で続けてる感じだ。
キレイ好きな方は敬遠した方がいいだろう。
駅から近くて安いので拘りのない人にはお勧めだ。

この日の走行距離:37.38km
この日の経費:12029円

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR