FC2ブログ

Deuter スピードライト16

普段使いのバックパックを更新した。
画像左が新しく買った、Deuter スピードライト16
画像右が今まで使ってた、Deuter スピードライト15
P9184359.jpg

P9184360.jpg
どちらも海外通販で4千円台での購入。
今まで使ってたスピードライト15はこのシリーズの初代で、この後マイナーチェンジを繰り返して販売を続けている。
初代は10lと15lの2モデルのバリエーションしかなかったが、最新型では12lから32lまで7モデルで展開されているので、人気のあるシリーズのようだ。
その間に細部が色々と改良されてて、最新型はバッグの四隅と中央下部にループがあって、カナビラ等を引っ掛けられるようになった。
ワンズポケット(サイドポケット)の形状が変更され、ペットボトルや水筒を入れた時に落ちづらくなった。
小物を入れるポケットが大きくなり、スマホと財布が余裕で入るようになった(実はこれが購入理由)。
P9184365.jpg

P9184366.jpg

ここまでは良くなった所、微妙になった所はベルトやジッパー部のフィンガーループや吊り手が軽量化の為に小さくなった事。
P9184362.jpg

P9184361.jpg
ベルトは許容範囲だがフィンガーループや吊り手は元の大きさの方が使い易かったので、小さくしないで欲しかった。
これで初代はウエストベルトを外した状態で実測370gだったのに対して、最新型は最初からウエストベルトが無くて実測350gだった。
悪い所も書いたが長年続いてるシリーズだけあって完成度は高い。
海外通販だと探せば安い所があるし、国内でもアウトドアショップの処分品コーナーに置かれる事があるので、そういう風にして買えばお買い得で使い勝手の良い品だ。

ついでなのでツーリングの為に新規購入したリアラックを紹介しよう。
P8103302 (2)
ロードバイクに取り付け出来るリヤラック。
海外通販で他の物と一緒に買ったので、購入価格を忘れてしまったが、多分7500円ぐらいだったと思う。
今まで使ってた物があるのに何故これを買ったのかと言うと、ブレーキキャリパーの所に小さなアダプターを残して取り外す事が出来る為だ。
P8103301.jpg
今まで使ってた物はブレーキキャリパーを外さないと取り外す事が出来なかった。
ブレーキキャリパーを外して付け直すと、当然ホイールとの隙間の調整が必要になる。
これならその手間が省ける。
たったそれだけか?と思われるかもしれないが、輪行する時の手間がこれだけでも大分減る。
重量は実測501gで46g減。
しかしバッグ込みで10kgぐらいの荷物を積む時に使う物だから、正直この重量差は意味は無い。
今年の夏のツーリングはこのラックで行ってたが、実感でもそう感じる。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR