FC2ブログ

銭函天狗山登山

PA064667.jpg
テナヤブーツを買ったんじゃないのか?と突っ込みが入るかもしれないが、実はこちらの方が注文は先で、テナヤブーツはこちらが間に合わなかったので店頭で買った物だ。
ツーリングの時に持ち歩く靴は嵩張らないローカットの方が良い。
なのでツーリング時と低山はローカットのシューズにして、難易度の高い登山の時と残雪期はミドルかハイカットブーツという使い分けにするつもりだった。
今まで使ってたSOUTHFIELDのローカットシューズは普段使いに格下げするので無駄は無い。
で、ローカットも紐靴じゃないのを探して、Amazonで安くなってたXA PRO 3D GTXに決定。
レビューを読んで細身らしいので、0.5cm大きい28.5cmを選択したら、届いて履いてみると、全然細身じゃない。
感覚的には今年モデルのテナヤブーツと同じ横幅で、多分Eタイプぐらい。
Amazonはサイズ違いの返品を30日以内なら無条件で応じてくれるので、28.0cmを買い直し。
その間に週末が来たので、紅葉時期を見逃すまいともっと後で買うつもりだった、テナヤブーツを前倒しで買ったのが先週の記事という訳だ。
XA PRO 3D GTXの実測重量は左右で28.0cmで818g、28.5cmで824g。
因みにSOUTHFIELDは左右28.0cmで837gだった。
XA PRO 3D GTXは土踏まずよりも後ろにシャンクプレートが入ってる。
爪先の保護は先端のみが硬くて、少し横にずれると柔らかい。
トレランシューズに分類されてるので、歩いたり走ったりしやすくなってる。
足の防護能力が高いのが必要な時は、テナヤブーツを使えばいいから、これでいいだろう。

早速使ってみよう。
家から30㎞離れた銭函まで。
PA084681 (2)
ここに標高537mの低山がある。
一時間で登れる山という事で慣らしに丁度良い。
8:45に登山開始、最初はなだらか、すぐに小屋が現れた。
PA084689.jpg
小屋の脇にトイレと思わしき建物があり、手を洗う用と思われる水もあった。
この後道がぬかるみだす。
PA084691 (2)
XA PRO 3D GTXのGTXはゴアテックスの意味。
このぐらいの水たまりなら何て事はない。
そして急坂になってきたと思ったら、それが緩まずに頂上付近まで続いた。
PA084705 (2)

距離は短いが一気に登る疲れる山だった。
PA084708 (2)

PA084724 (2)

登頂。
PA084711 (2)
丁度一時間ぐらいだった。

景色の良い座れる所を探して休憩、今日はコーヒーを持ってきた。
PA084715.jpg

時間が何時もよりも短かったのもあり、お湯は熱々で問題なくドリップ出来た。
PA084716 (2)
美味しい。
家で飲んだ時は味がぺらっぺらの安物だと思ったが、景色の良い所で飲むとめちゃめちゃ美味しく感じる。
PA084720.jpg 
天気が良くてポカポカ暖かかったのもあり、景色を見ながら40分程まったりと過ごしてしまった。

それはそうとサロモン XA PRO 3D GTXだが、この後下りも歩いた分も合わせて感想を書くと、
PA084718.jpg
グリップ性能はSOUTHFIELDのトレッキングシューズと大差なく感じた。
耐久性を捨ててグリップに全振りしたモンベルのトレイルグリッパとは比べるべくもない。
クイックレースはリールアジャストシステムと比べても締めやすい。
左右均等に締まるので、リールアジャストシステムにありがちな少し歩いたら増し締めするという作業をあまりせずに済む。
底の硬さは必要十分という感じだ。
前側にはシャンクプレートが入ってないので、前側で石を踏むと底が歪んで足の裏にも感触が伝わる。
しかし下りは踵から先に地面に着くので、シャンクプレートが盾になって地面の状態を気にせず足を着ける。
総じてテナヤブーツ程の安心感は無いが、今までに登頂した山ぐらいならXA PRO 3D GTXで問題無く登れると感じる。
芦別岳にリベンジする時だけはテナヤブーツを持って行くだろうけど、もっと経験を積んだ後ならXA PRO 3D GTXでもいいかもしれない。

下山は45分くらい掛かった。
昼飯は春別でつぶ昆そば(1100円)と小天丼(500円)を食べた。
PA084729.jpg
つぶ昆そばは思った通り、温そばの方が美味しい。
小天丼は普通サイズで通る量。
お腹一杯になった。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR