FC2ブログ

空沼岳登山

寝坊して6:45出発、登山口に掛かる橋が通れるようになったはずなので、空沼岳にリベンジしよう。
PA144734.jpg

9時頃、登山口の前にある採石場まで来たら車の列。
PA144737 (2)
多分全部登山者の車だ。

橋は歩行者のみが通れるようになっていた。
PA144739 (2)

この奥に登山口があるという事でそこまでファットバイクで進む。
PA144740 (2)

1km程で岩がごろごろした河原に出て、その奥に登山口があった。
PA144746 (2)
ファットバイクで進めるのはここまでなので、道の端に置き去りにして登山開始する事にする。
未舗装路を走るのがこの程度の距離だったらロードで来てもよかったかな?
ここまで25kmファットバイクで走る事で消費する体力と時間を考えると、採石場の前に自転車を置いて歩いて登山口まで行った方が体力も時間も掛からないかもしれない。
次来る時はそうしてみよう。

登山口の前に最初で最大の難関、沢渡りがあった。
ここの木橋が水没してて水に足を浸けないと渡れなかったので、最低ミドルカットの防水シューズで来た方が良いと思った。
今回はサロモンXA PRO 3D GTXで来たが、帰りの沢渡りで靴の中に水が入ってしまった。

その後の登山道は最初から最後まで緩やかな道だった。
PA144749.jpg
ただし倒木が多かったので、乗り越える為に軍手等があると便利だと思う。
紅葉は標高の低い所が見頃で、上の方では終わっていた。
PA144750.jpg

PA144751.jpg

足を滑らせそうな木橋。
PA144768.jpg

滝と登山者。
PA144771 (2)

目の前に開けた場所が、
PA144777 (2)

万計沼だ。
PA144779 (2)
この辺りから小雨が降ってきた。
天気予報は曇りだったが外れたようだ。
念の為レインウェアを持って来てたのに自転車に置きっぱなしにしてきたのは失敗だった。
だがこの程度なら自転車用のウェアは浴びてても平気なので、このまま進む事にする。

真簾沼。
PA144784 (2)

PA144786 (2)
天気が良い時に来たかったな~。

3時間40分歩いて登頂。
PA144790 (2)
空沼岳の登山ルートは斜度は大した事なかったが距離が長かった。
8kmぐらいあるようだ。
自分が登頂した中で次に長いのが札幌岳で5.5kmなので、大分記録更新だ。
晴れてれば山頂から札幌が一望できるらしいが、今日は真っ白なので、早々に今来た道を戻る。
PA144792 (2)

PA144801.jpg

14:30万計山荘。
PA144812.jpg
万計沼の前にある山小屋。
ここまで戻ってきた所で雨が上がり始める兆しが出てきたが、まだぽつぽつ来るので、小屋の中で休憩させて貰う事にした。
遅い昼飯。
PA144809 (2)
お湯をサーモボトルに入れてから8時間半経ってるがまだ熱い状態だった。
PA144810 (2)
この後珈琲も入れて飲んだが、少し温い出来上がりにはなったが十分だ。
今日は終日気温が低かったから、これだけ保温してくれれば性能に文句は無い。

今後のツーリングの為に買った物紹介、ショートゲイター(Aliexpressで650円)。
PA144806 (2)
芦別岳ツーリングと今年の東北ツーリングのどちらでも雨に降られたのだが、防水の靴を履いててもレインパンツの裾から落ちた雨水が靴下に沁みて、最終的に靴の中まで濡れてしまうという目にあった。
(ローカットシューズだった為です)
これを回避する方法としてショートゲイターを履いて、レインパンツの裾がゲイターの上に来るようにすればOKという事で試しに購入。
今日の雨で登山道が泥だらけだったが、ゲイターの中には泥が入っておらず、靴の中が汚れるのを防いでくれた。
今日は小雨だったので実感はなかったが、雨水も防いでくれてただろう。

エゾシカ。
PA144827.jpg

16:45登山口に戻る。
17時頃採石場から出たが、沢山あった車は1つも無くなっていた。
時間的に私が最後って事か。
北海道は冬が近づくと極端に日が短くなるので、この頃には暗くなり始めていた。
ライトを点けて走って18:40に帰宅。
ほぼ下りだったので、ファットバイクでも速く走って帰る事が出来た。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR