FC2ブログ

ファットバイクのブレーキ交換

今使ってるブレーキのTektro HDC-330には特に不満は無かったが、シマノのBL-M9000左右セットが15385円で売ってるのを見つけたので、軽量化の為交換する事にして購入。
PB105126.jpg

さらにBR-M9000BR-M8000をネットフリマで未使用品を購入(合計で9200円)。
PB135141.jpg PB105132.jpg
実測重量はBL-M9000が左右で124g、BR-M9000が81g、BR-M8000が101g。
この他にパッドのG02Aが15g、J02Aが20g、ブレーキホースセットのSM-BH90-SBMが前後セットで84gだった。
キャリパーを両グレード手に取ってみた感想としては、XTで十分だと思った。
20g減に価格差倍の価値は無い。
レバーはXTとXTRは機構が違うので、効き目を取るか軽さを取るかで選択肢が変わってくると思う。
レバーのXTとXTRは価格差も小さい。

組み付けは少し前に今のフレームにブレーキを移植してたので、やり方を覚えてるのでスムーズにいった。
あとAliexpressから購入した、複数メーカー対応のブリーディングキット(1248円)を使ってみたが、便利だった。
PB165210 (2)
オイルは50mlが2本、BL-M9000左右セットに付属していた(SM-BH90-SBMもセットに付属、単体×2の値段よりも高いのはこれらの為)。
実際には左右で1本で十分だった。
ブリーディングのコツを書くと、オイル1本分を全部漏斗に注いでやる事、ケチケチしない方が気泡が抜ける。
最終的には一定量しか減らないので、残りを再利用すればいい。
完了。
PB135157.jpg

ついでにシマノの上位グレードのブレーキは効くという話なので、フロントを180mmから160mmに変更してみた。
PB135156.jpg
これでローター重量が142gから102gになって40g減。
アダプターが無くなった分で31g減。
ただしこれは暫く走ってから180mmローターに戻すかもしれない。

少し残念な事があって、レバーのストロークがTektro HDC-330よりも長い。
PB135154.jpg
底付きする所まで握ると指が挟まる。
レバーが短いので、取り付け位置の調整で回避するようだ。
Tektro HDC-330はXTRの半分ぐらいのストロークだったが、こちらの方が好みに合ってた。
ストロークが短い為、ガッツンガッツン効くブレーキだったが、重たいファットバイクには合ってた。
対してXTRは握りに合わせてリニアに効く、コントロール性の高いブレーキだ。
最後まで握ると制動力は十分に高い。

外したTektro HDC-330だが、ホースにSM-BH59を使った方に少しのオイル漏れがあった(;^ω^)。
やっぱりホース外径が0.4mm細かった分密閉しきれてなかったようだ。
Tektro向けの外径5.4mmのホースを注文したので、これでやり直すつもりだ。
あと重量を測った所、チタンボルトに交換後で621gだった。
PB155207.jpg
ブレーキ交換でおおよそ230g減という所だ。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR