FC2ブログ

新年恒例の買い物ネタ

PC025386.jpg
ガレージの照明が40W×2の蛍光灯だけだったのだが、これが暗かった。
蛍光灯も使っていくと段々暗くなっていくので、新しい物と取り替えれば良かったのかもしれないが、さっくりLEDと交換した。
明るさは6900lmで、このサイズではもっとも明るい物。
取り付けて灯してみると、もう圧倒的に明るい。
体感では2倍明るい感じだ。
これで43.1Wなので、消費電力は半分だ。
光色も偏りが感じられずスッキリした色合いでよい。
LED照明は何年か前までは、色合いの悪い物が多かったが、技術の進歩で今ではそういう事もないようだ。
100W電球型LEDも2017年末に2種類3個買ったが、これも光色に偏りは無かった。
もっと昔に買ったアイリスオーヤマの照明や東芝の電球型は黄緑の強い光色だった。
照明の交換で、夜にガレージで作業する時に手元が見やすくなって、作業効率が上がった。

家を建てた時からある、ガレージの棚がこんな状態…、
PC225488.jpg
3段しかないので収納力が無く、テレビ台とかを置いて段数を増やして物を置いてた。
しかし後付けの棚板が撓んでたり、棚の高さが中途半端で使いづらく、思い切って取り換える事にした。
色々購入、
PC225487.jpg

ボルトレス スチールラック 棚耐荷重200kgタイプ 180cm×45cm×180cm 6段+転倒防止ベース2個セット(27000円ぐらい)。
PC235494.jpg
前の棚は横幅一杯だったが、新しい棚はわざと幅の狭い物にして、両側に縦長の物を置けるようにした。
これで今まで収まりの悪かった掃除用具等もきれいに収まるようになった。
棚板を下から見るとこうなってる、
PC225490.jpg
梁が2本入ってる。
この辺が耐荷重200kgな所か。
同じショップに耐荷重70kgタイプと150kgタイプもあったが、それぞれ梁無し、梁1本という所だろう。

さて、不要になった棚とその他もう要らないのに家にあった木材等をゴミに出す為に、エアーソーも購入(本体+替刃10枚で4000円くらい)。
PC225492.jpg
思ったよりも切れない( ̄▽ ̄;)。
具体的にはエアーコンプレッサー(本体は1月6日のブログ記事で登場)の空気圧が6気圧以上あればさくさく切れるが、そこから切れなくなって、3気圧で刃が木に噛んで動かなくなる感じ。
エアーソー自体の問題というよりも、エアーコンプレッサーの能力不足が原因のようだ。
8ℓのタンクでは気圧を保ってられる時間が短いし、550Wのモーターでは気圧を回復させる能力もこんな物という事だろう。
倍の値段のコンプレッサーだと39ℓのタンクに750Wのモーターになる。
そうなれば今の5倍の時間さくさく切れるようになる。
まあ毎日使う物ではないから能力不足は我慢するしかない、数秒切ったら気圧が回復するのを待ってという風にして、燃えるゴミに出せる大きさに切った。

ラトックシステム RS-EC32-U3RWSXとSEAGATE ST8000DM004×2(合計で4万円くらい)。
PC145452.jpg
家の24時間稼働のサーバーのストレージはSSDとポータブルHDDだったのだが、8TBの3.5インチ2つでRAID1を組んで容量アップする事にした。
今まで3.5インチHDDを使わなかった理由は、稼働音の五月蠅さと値段だったのだが、ST8000DM004はそのどちらも解消していた
HDDケースはレビューを色々読んで少し高いこれにした。
まず奥行きが177mmしかなく、非常にコンパクト。
HDDにしばらくアクセスしてないと自動的にスピンダウンする。
ファンはスピンアップ中もしくは、設定温度を超えた時しか回らないように出来る。
ファンの回転音は十分に静か。
と、要求を完全に満たしていたからだ。
実際の使用感も期待を裏切らない物だった。

HUAWEI nova lite 2(20304円)
P8304348 (2)
なんか結果的に毎年スマホを買い替えてしまってるが、ある日HUAWEI P9 liteのROMがいっぱいになってしまった。
ROM16GBしかないので今までにもこういう事があったが、設定からアプリのデータークリアすれば空きが増えるのでそれで凌いでた。
だが、今回はクリアしても十分な量戻らない。
アプリの更新さえ出来ない有様だ。
そして実は私のP9 liteはルート化して色々弄った影響で、初期化も出来ない程おかしくなっていた(;^_^A。
で、P9 liteには不満は無かったが、色々やって直そうとするよりも新しいのを買った方がコスト安なので、nova lite 2購入。
購入後にもう壊れてもいいやとP9 liteを弄繰り回してたら、あるアプリのデーターを手動で消せば、初期化した時並みにROMの空きが戻る事が判った。
…ちょっとお金の無駄遣いしたか。
まあ私には良くある事だ。
nova lite 2 の実測重量は144gだった。
P9 liteは実測145gだったので、ほぼ同じ。
少し縦長なのに重さが同じなのは、僅かに薄いから。
P8304349.jpg
性能的にはCPUもRAMもROMも上回ってるので完勝。
アプリの反応がキビキビしてる。
画面が富士額じゃないのが気に入ってる。
フレームが狭すぎて、持ってる手の指に反応して誤動作する事があるのは、ちょっとした欠点。
バッテリー持ちはP9 liteに少し負けてるが、一日中使っても持つので十分。
カメラ性能はP9 liteと比べてハッキリと悪い。
これこれの画像はnova lite 2で撮った物だが、のっぺりして情報量が少なく、不自然に鮮やかさを上げて誤魔化してるのが判ると思う。
カメラ性能が良ければデジカメを持ち歩かずに済むシチュエーションが増えるので、ここだけが残念だった。

HUAWEI MediaPad M5 lite Wifiモデル(27167円)
PC045392 (2)
画面真ん中がM5 lite、右が今まで使ってたHUAWEI MediaPad T2 8.0 Pro、左は比較用のHUAWEI nova lite 2。
家の居間に新聞の代わりにタブレットを置いてるという話を前に書いたが、最初はT1 8.0だったが、性能が低すぎて使っててイライラする事があったので、1年でT2 8.0 Pro(当時16800円で購入)に交換。
それから2年間使ってたが、画面が小さいと感じるようになったので、10インチタブレットのM5 liteを購入。
手に持ってみるとこんな感じ。
PC045388 (2)
実測重量は476gで、片手で持ちっぱなしで使う気にはならない重さだ。
テーブルの上に置いて使う使い方なら重さは無視出来て、画面サイズは丁度良い。
このタブレットはnova lite 2を10インチにしたようなスペックと、7500mAhの大容量バッテリーが気に入って選んだ。
実際に4800mAhのT2 8.0 Proよりも大分バッテリーの持ちがいい。
3日ぐらい充電しなくても、大抵はまだ大分バッテリーが残ってる。
操作感もT2 8.0 Proよりも圧倒的にキビキビしてる。
気付いたら自分のスマホも家のタブレットもHUAWEIばかりだが、バッテリー持ちの良い機種が好きなので仕方が無い。

PC105450.jpg
9月の地震の後、早速モバイルバッテリーの大容量を購入した。
これはAmazonで中古品があって安かった。
バッテリーの中古は容量抜けが心配だが、こんな大容量バッテリーを何百回も充電する人は稀なので、大丈夫だろうとポチッた。
実際容量の方は問題なさげだったが、満充電になっても充電中を示すLEDの点滅が終わらないという不具合があった。
Amazonのレビューでも同様の不具合が報告されてるので、ハズレ品だったようだが、どうせ充電する時は一晩置いとくというやり方になるし問題はない。
停電時以外にも長期ツーリングの時に持っていこうと考えている。
実測重量は382gだった。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR